2style.net

植物性乳酸菌とは

「乳酸菌」というとヨーグルトやチーズなどに含まれる菌を想像する人は多いですよね。ですが、乳酸菌を含んでいる食品はそれだけではないのです。
漬物や味噌などにも乳酸菌は含まれていますよ。

ヨーグルトやチーズに含まれている乳酸菌のように、牛乳の発酵食品に生息している菌は「動物性乳酸菌」、漬物や味噌に含まれる乳酸菌のように野菜や米、大豆などの発酵食品に生息している菌は「植物性乳酸菌」と呼ばれています。

動物性乳酸菌は乳糖だけを分解して乳酸を作りますが、植物性乳酸菌はブドウ糖や果糖、麦芽糖など、色々な糖類を分解して乳酸を作ります。

また、動物性乳酸菌は他の微生物との共存が難しく生息環境は制限されていますが、植物性乳酸菌は様々な微生物と共存することができ、塩分濃度が高かったり酸性度が強かったりと、菌にとって厳しい環境の中でも生息することができるという特徴があります。

生命力の強い植物性乳酸菌は、活き活きとした状態のまま腸の中まで届くと言われていますよ。私たちの体の中で、乳酸菌のパワーを存分に発揮してくれるのです。

日本人に馴染みの深い「漬物」は植物性乳酸菌を多く含んでいるだけでなく、野菜を使っているので食物繊維も同時に摂ることができますね。漬物にすることで野菜が小さくなるので一度にたくさんの量を摂ることができます。

漬物の中でも、古くから親しまれている「ぬか漬け」は、良質な乳酸菌を含む漬物としてお勧めですよ。
和食はあまり好きではない、漬物は食べる習慣がない・・という人もいるかと思いますが、腸内環境を考えるなら漬物はお勧めの食品です。毎日の食卓に少しずつ取り入れてみてくださいね。

ぬか漬けに含まれる植物性乳酸菌

健康を維持するためには腸内環境を整えておくことが大切です。
善玉菌を増やして悪玉菌の働きを抑制し、腸内細菌のバランスを良くしてくれる「乳酸菌」を多く含む食品を積極的に取り入れていきましょう。

乳酸菌といえば「ヨーグルト」を思い浮かべる人は多いかと思いますが、日本で古くから親しまれている「漬物」にも乳酸菌はたくさん含まれていますよ。

漬物に含まれる乳酸菌は「植物性乳酸菌」と呼ばれています。
ヨーグルトなどの乳製品に含まれる乳酸菌より厳しい環境の中で生息している植物性乳酸菌は、生きたまま腸まで届く乳酸菌として、より効果的に働いてくれるのです。

一言で漬物といっても様々な種類がありますが、中でも「ぬか漬け」は良質な植物性乳酸菌がたくさん含まれている漬物です。

ぬか漬けを作る時に使われる「ぬか床」には、たくさんの植物性乳酸菌が生息しています。ぬか床1g当たりに10億匹もの乳酸菌が含まれていると言われていますよ。
きゅうりやニンジンなど、好みの野菜をぬか床に漬け込んでおくと、野菜の栄養分をエサにして乳酸菌が育っていき、野菜にしっかりと染みこんで風味良い漬物となります。

ぬか床にはビタミンB類や酵素もたくさん含まれていますよ。
中でもビタミンB1は、きな粉などに多く含まれる栄養分ですが、他の食品にはあまり含まれていないものなのです。ぬか漬けされた野菜の中では、ビタミンB1が5倍程度にも増加するものもありますよ。

酵素には消化の手助けをする働きがあります。
ぬか漬けされる野菜には植物繊維がたくさん含まれているので、酵素の働きと一緒に善玉菌が優勢に働くような腸内環境を作り、便秘を解消して美容にも効果的です。
美味しくて体にも良い「ぬか漬け」。毎日の食事に取り入れてみてくださいね。