2style.net

ピロリ菌とは

腸の中には様々な細菌が生息しています。
これらの菌は、体に良い働きをしてくれる「善玉菌」と「悪玉菌」とに分けることができ、腸の中で善玉菌の割合が高いほど、腸内環境は良い状態であると言えるのです。

ほとんどの細菌は定着する事がないのですが、悪玉菌の1つである「ピロリ菌」は、胃の中で定着して、胃潰瘍や胃がんの原因にもなる菌として問題視されています。
最近ではピロリ菌を撃退する乳酸菌を含むヨーグルトも開発されていて、話題になっていますよね。

ピロリ菌はどうして胃の中で定着することが可能なのでしょうか。
私たちの胃の中は胃酸のために、強い酸性となっています。このため、ほとんどの最近は生息することができないのです。
ですがピロリ菌は、「ウレアーゼ」という酵素をたくさん持っているため、胃の中の尿素をアンモニアに変化させてアルカリ性にしてしまうのです。
ピロリ菌の周囲だけアルカリ性に緩和されてしまうので、他の菌は生息不可能でもピロリ菌は定着することが可能なのですね。

ピロリ菌は、どこから体の中に入ってきてしまったのでしょう。
はっきりとした感染経路はまだ分からないのですが、口から入ってしまったのではないかと言われています。
幼い頃に、汚染された水が口に触れたり、ピロリ菌を持っている親と食事の口移しをしたりしたことなどによるものではないかと考えられているのです。

ピロリ菌が胃の中に生息しているからといって、全ての人に病気が引き起こってしまうわけではありません。
ピロリ菌を持つ人のうち、病気を発症してしまう人は約2~3%程度で、生息してから発症するまでには、数十年かかる場合もあるのです。

ですが、胃炎や胃潰瘍、胃がんなどを引き起こす原因となることは事実です。早期発見、早期治療が大切ですよ。
簡単な検査で発見することが可能なので、一度検査しておくと安心です。

ピロリ菌を撃退する「LG21」

最近の健康ブームの中、腸内環境を整える「乳酸菌」の働きはとても注目されています。
一言で乳酸菌と言っても様々な種類がありますよね。ビフィズス菌は乳酸菌の代表格とも言える菌ですが、「LG21」という乳酸菌も知っている人は多いのではないでしょうか。テレビCMや雑誌などでも話題になることが多い乳酸菌です。

LG21は「Lactobacillus gasseri(ラクトバシルスガッセリー)OLL 2716」の略号で、胃がんなどの要因になると言われている「ピロリ菌」に対する抗菌作用が期待されていることで注目されています。

LG21は、もともと私たちの体の中に存在している菌です。
明治乳業とわかもと製薬、また、東海大医学部の古賀教授の研究グループによって、LG21の研究は進められていきました。
体内にピロリ菌を持つ30人の被験者にLG21を配合されたヨーグルトを1日2回、8週間にわたって食べてもらう実験を行った結果、26人の被験者のピロリ菌が減少し、この内の3人はピロリ菌が消失したのです。
LG21を摂取すると、体の中で生きたまま胃まで到達し、胃の粘膜に付着した後に、ピロリ菌を溶かす働きが発見されたのです。

2000年3月、明治乳業はLG21を配合した新しいヨーグルト製品を販売開始しました。抗生物質を含む薬のように副作用がなく、胃が荒れる心配もありません。
ピロリ菌を完全に除菌できると断言することはできないのですが、予防効果は十分に期待できると考えられていますよ。

LG21を配合したヨーグルトは、明治乳業が販売を独占している商品です。
ヨーグルトの中でも人気のある商品となっていますよ。
ピロリ菌が気になる人にはおすすめのヨーグルトです。