2style.net

プロバイオティクスとは

「プロバイオティクス」という言葉を知っていますか?
最近テレビや雑誌などでよく耳にするようになったので聞いたことのある人は多いですよね。

プロバイオティクスとは、腸内環境を整えて病気になりにくい体を作ろうという考え方のことです。
1989年にイギリスの学者、フラー博士によって定義されました。

プロバイオティクスと対比される考え方に「アンチバイオティクス」があります。
アンチバイオティクスとは、抗生物質を利用して健康を取り戻そうという考え方です。
抗生物質は病原菌を攻撃し症状を回復させる働きがありますが、体に良い細菌にまで影響を与えてしまう場合があります。また、抗生物質を利用しても効果のない病原菌も少なくありません。

プロバイオティクスは抗生物質に頼ることのないよう、事前に免疫力を高めて人が本来持っている自然の力で病気を予防しようという考え方です。

免疫力を高めるためには、腸内環境を整える必要がありますね。ビフィズス菌などの乳酸菌を積極的に取り入れて、腸内の善玉菌を増やしてやることが大切です。

最近ではプロバイオティクスをキャッチフレーズにしているヨーグルトや乳酸菌飲料も多く市販されているので、そのようなものを毎日の生活の中で積極的に食べるようにしてみましょう。

プロバイオティクスと似ている言葉に「プレバイオティクス」という言葉があります。
プレバイオティクスとは、乳酸菌のエサになるオリゴ糖や、乳酸菌の働きの手助けをする食物繊維のことを意味します。
プロバイオティクスとプレバイオティクスを組み合わせて、より効果的に腸内環境を整える健康食品もあり、こちらは「シンバイオティクス」と呼ばれていますよ。
腸の調子が気になる人は是非利用してみましょう。