2style.net

ビフィズス菌とオリゴ糖

私達の健康を保つためには、腸内環境を整えることが大切です。
乳酸菌を積極的に摂取して、善玉菌を増やし、悪玉菌の働きを抑制しましょう。
乳酸菌の代表格といえば「ビフィズス菌」ですが、ビフィズス菌と一緒に摂取すると効果的な栄養素に「オリゴ糖」があります。

オリゴ糖とは、大豆やバナナ、玉ねぎ、ごぼうなどに多く含まれている糖質で、腸の中にあるビフィズス菌のエサとなるものなのです。

オリゴ糖が口から摂取されると、腸の中までどんどん進んでいきます。
オリゴ糖は体内に消化されにくく、胃で1.5%、小腸では5%程度しか分解されずに、ほとんどが大腸まで達していきます。
大腸ではビフィズス菌などの乳酸菌のエサとなり、善玉菌を増やす働きをしてくれます。善玉菌の敵である悪玉菌はオリゴ糖を食べることはできないので安心ですよ。
オリゴ糖を毎日5g程度摂取すると、2週間で腸内の善玉菌が飛躍的に増えたという実験結果もあります。

オリゴ唐は糖類だけど太らないのかしら?と不安に思う人もいるかと思いますが、消化されにくいオリゴ糖は、摂取しても太ることはありません。ダイエット食品としてもおすすめですよ。

オリゴ糖を含むサプリメントや健康食品も多くあり、最近では腸内環境を整える食品として、乳酸菌とオリゴ糖が同時に摂取できる商品もたくさん市販されていますよ。

注意しなければいけない事として、オリゴ糖は摂取しすぎると下痢をしてしまう場合があるのです。
サプリメントなどで摂取する場合は、まずは少量から始めてみましょう。
お腹の調子を崩さない量を自分で把握しておくことが大切です。