2style.net

乳酸菌を増やす

健康を考えるなら腸内環境を整えることが大切です。
腸の中には様々な菌がありますが、善玉菌の代表格である乳酸菌が多いほど腸の中が健康に保たれていることになります。

無菌状態で産まれてくる赤ちゃんのお腹の中に最初に入ってくるのが「悪玉菌」です。
ですが、すぐに乳酸菌の代表格でもあるビフィズス菌が腸の中で増えていき、赤ちゃんのお腹の中は100%ビフィズス菌となります。
この状態がずっと続いてくれれば良いのですが、残念ながらその後の生活習慣により、ビフィズス菌はどんどん減少していってしまうのです。
年齢的には若くても、腸内環境が悪くて腸年齢はずっと年配・・という人も少なくありませんよ。

乳酸菌が減少してしまう理由には様々な事がありますが、大きなポイントは「食生活」でしょう。

好き嫌いが多く、栄養バランスが乱れていると悪玉菌が増殖してしまう原因になります。また、お肉中心の食事も良くありません。悪玉菌はお肉が大好きなのです。消化不良となったお肉は、腸の中で悪玉菌のエサとなります。悪玉菌が優勢になると、便秘や下痢を引き起こす他に、動脈硬化やガンの原因になってしまう場合もありますよ。
食事はバランス良いものを心がけ、乳酸菌と一緒に食物繊維を多く含む食品も摂取して、老廃物を外に出すことを心がけましょう。

食生活の乱れ以外にも、ストレスが溜まっている状態も悪玉菌の増殖に大きく関係しています。
健康な胃は酸性が強くて体に悪影響を与える細菌を防御する働きをしていますが、ストレスが溜まって自律神経に影響を与えるようになると、胃酸の分泌が制御されて正常な働きができなくなり、結果、腸の中に悪玉菌を増やしてしまうことになってしまうのです。

乳酸菌を増やして若々しい体を手に入れるためにも、まずは日常生活を見直すことから始めてみましょう。

乳酸菌を含む世界の食品

私たちの体にとって大きな働きをしてくれる「乳酸菌」。乳酸菌はヨーグルトなどに含まれる「動物性乳酸菌」と、野菜や大豆などの発酵食品に含まれる「植物性乳酸菌」の2種類に分けることができます。

動物性乳酸菌が含まれるヨーグルトやチーズは、一般的に良く知られていますよね。最近では乳酸菌を多く含んでいることをキャッチフレーズにしているヨーグルトがたくさん市販されています。

植物性乳酸菌を含む食品にはどのようなものがあるのでしょう。
日本人に馴染み深い食品としては「漬物」でしょう。中でもぬか漬けは多くの乳酸菌を含む漬物です。
また、「味噌」も良質な乳酸菌を多く含む発酵食品です。
テトラジェノコツカス・ハロフイルスという難しい名称をもつ、耐塩性の強い乳酸菌が多く使われていますよ。

世界の食品をみても、様々な食品があります。
韓国でお馴染みの「キムチ」、ドイツでは「サワークラウト」というキャベツの漬物、ヨーロッパでは「サワーブレッド」という酸味のあるパンが古くから親しまれていますよ。
日本の漬物を含むこれらの食品には、「ラクトバチルス・プランタラム」、「ラクトバチルス・プレビス」という乳酸菌が使われています。漬物特有の酸味や、香り付けの効果がありますよ。酸味には食欲を増進させたり、疲れを癒したりする効果があります。

中国の「ザーサイ」も植物性乳酸菌を多く含む食品として代表的なものでしょう。
最近では日本の食卓にも使われる機会が多くなっていますよね。
スープに入れたり、炒めたりと、色々な使い方で楽しむことができます。

その他、インドでは「チャツネ」と呼ばれる、野菜と果物を煮込んで作られたスープや、インドネシアでは「テンペ」という食品があります。テンペは日本の納豆に似ている食品で、納豆よりも粘りが少なく、食べやすい健康食品ですよ。

乳酸菌は世界の色々な国々で利用され、様々な食品を作り出しているのです。
美味しくて体に良い発酵食品を楽しんでみましょう。