スロット 蒼天の拳 解析

基本フラグ解析情報

■スイカについて
順押し・中押し小役狙い時でスイカの入賞ラインが変化する
スイカには強・弱のフラグが存在し、第1停止リール(順押しor中押し)によって、入賞ラインが変化する特徴がある。
「順押し→平行揃い」と「中押し→斜め揃い」時は強スイカ確定となるが、弱スイカと同じリール制御の強スイカも存在しているので、停止目で全てを判別するのは不可能となっている。

■ベルについて
大別すると2パターン存在する。5択ベルは押し順正解で12枚(中リール中段にベル停止)、不正解で4枚の払い出し(中リール上段に上段にベル停止)となる。強ベル(12枚払い出し)は、払い出し音で5択ベルとの区別が可能となっている。

■リプレイについて
通常リプレイ以外には様々なフラグが存在するが、特定役であるチャンスリプレイさえ覚えておけば特に問題はない。青7揃いのスペシャルリプレイは、ART当選確定or同時当選確定のプレミアフラグとなっている。

■チェリーについて
チェリーには中段チェリーと角チェリーが存在し、基本的には見た目で判別が可能。ただし、中段チェリー成立時に左リール下段にビタ押しすると角に停止する。したがって、通常時の小役狙い手順はチェリーを余裕を持って狙うようにしよう。

モード移行契機の解析情報

通常時だけでなくART中もモードの概念が存在!
・通常時 → 基本的に低確・通常・高確3つのモードを行き来
・ARR中 → 高・低2種類のモードしか存在しない
スロット 蒼天の拳では通常時のみならず、ART中にもモード移行抽選が行われている。ART中のモードはART突入時に決定され、高・低2種類しか存在しないようだ。

また、モード移行において低確からいきなり高確に移行するパターンは稀で、橋渡し的な存在として通常モードが存在している。高確での特定役のヒキが、ART突入のカギを握っている。なお、モード転落契機は通常リプレイとなっている。

■モード昇格期待度
 角チェリーハズレ < チャンスリプレイ < スイカ < 強ベル < 中段チェリー 

白7BIG後は超高確に期待しよう!
白7BIG→ART非当選後は「泰聖院」ステージからスタート、若しくは高確以上を示唆する演出が頻発する傾向がある。白BIG直後の特定役成立は大チャンス!

■ステージで滞在モードを示唆
・黄西飛ステージ → 低確の可能性が高い
・呉東来ステージ → 通常の可能性が高い
・章烈山ステージ → 高確の可能性が高い
・泰聖院ステージ → 高確or前兆の可能性が高い

通常時の4つのステージは、滞在モードを示唆している(完全にリンクしているわけではない)。「章烈山」ステージは高確濃厚で、「泰聖院」ステージなら高確or前兆の期待が大きい。ステージ移行に注目しよう。
なお、青オーラ・大(発生タイミング不問)や拳志郎・振り向く(レバーON時or第3停止時)が発生したら高確以上が濃厚となる。

ART抽選契機の解析情報

・中段チェリー ・強スイカ ・1枚役 ・スペシャルリプレイ
・角チェリー ・弱スイカ ・強ベル ・チャンスリプレイ

メイン契機は特定役成立時
スロット 蒼天の拳は豊富なART突入ルートがあり、モードアップ同様、ART抽選のメイン契機となるのも特定役成立時となっている。全8種類の特定役が絡み合って成立することにより、常にART当選の期待感を持続してプレイできる。
また、BIG成立時やBIG中、天井到達時などのART抽選もあり、その突入ルートが多岐にわたるのも魅力で、さらにはエウレカセブンと同じく「SIN天井」(=ボーナス後の特定ゲーム数間、SINが成立しなければART確定)も搭載しているようだ。

■特定小役別前兆(ART)移行率
・中段チェリー → 低確からだと25%、高確なら100%
・強スイカ → 高確なら50%
・チャンスリプレイ → 高確なら25%

こちら パチスロ蒼天の拳のボーナス直撃打法

2style.net