ローンクレジットカード初級編かどうかは不明


カードについてはズブの素人だった私が、何時の日か少し興味を抱くようになった。

やはり日本ではカードが必需品なのである。

どうしてもカードイコール借金ということになるのだが、それも間違いではなく正しい。

だがカードローンしにしてもカードにしても、どちらかはきっと必要なときも来るかもしれない。

かなり高い確率で来るような世の中。

そういうと大袈裟かもしれない。

それでも持っていて良かった、本当あのとき発行しておいて良かったって思えることも全くないとはいえません。

いざ発行しようと思っても発行できない人も沢山いるのです。

どうしてなのかそれは信用情報機関の審査否決可決の判断にも問題があるようです。

まあ現状は個々それぞれきちんと信用情報を把握するのは難しいのでしょう。

信用情報のみのボーダーラインといいますか、そんな感じで駄目なら駄目と言う感じで否決してしまうこともあります。

ブラックでもカードは作れますかと言う質問が知恵袋なんかでも多いと思うのですけど、これも時が経てば可能なんでしょうね。

時が経てばの話です。絶対に発行できるのかというと、これも明確には何ともいえませんよね。

よくクレジットカードなんかはキャンペーン中は甘くなると言われますけど、

実際は総量規制とかで厳しくなってからは、あんまりそんな甘い審査で発行していないような感じがします。

というのは知人などもカードローンにしてもカードにしても落ちたという話はよく聞くからです。

じゃその人は借金まみれで俗に言う多重債務者なのかというと、そうじゃありません。

審査基準というのは一般的に開示されていません。

申込み資格とか対象者とかが明記されていますが年齢とか定期的に収入ある方ぐらいで、それこそ具体的にそれ以上は書いてないですよ。

年収とかの上限みたいのはありますが、対象としては要するにフリーターとかでも全然OKなんです。

それでフリーターでも可決すると人とそうでない人いるわけで難しいですよね。




ローンクレジットカード初級編

 

 

 


キャッシング枠の妥当性


クレジットカードの実質年率


リボ払いとは決まっていない


現金化かキャッシングか


自営業で融資

2style.net