キャッシング枠はどのくらいが妥当か


申込むときにキャッシング枠というのがあって希望枠というかね、そういうのがあるわけじゃないですか。

でもまだ幾ら具体的に欲しいとか、

そういった状況になっているわけじゃないのに幾らに設定すればいいのかなんてわかんないですよね。

でも本当に困った時に30万円必要なのに設定10万円にしといたばっかりに足りなかったなんてことを想像すると辛いわけです。

本当辛いですよ。だって自己責任ですから。

でもそうなってみないとわかんないわけだし。

あんまり借金ばんばんしちゃうのもどうかなって弱気なってみたり。

でも本当はお金なんか誰も借りたくないものなんです。

だって貸し作るわけでしょ。個人的に個人間での貸しって皆嫌いますよね。

そりゃ思惑だとか利用とかならそうじゃないかもしれないけど、健全な交友関係で貸しなんて作りたくないですよ普通は。

そこで近所の地方銀行だったり信用金庫なんですけど、それがまた審査が遅いんです。

そこで即日融資できますとうたっている銀行カードローン申込んでみると、実際は振込むのは明日とか言われちゃう始末。

そうなるとやっぱりね頼りになるのは対面で貸す消費者金融とかになっちゃう。

高金利でもそれはそれで受け入れないと。

即日で手渡しの消費者金融はいまそんなありませんよ。

大体が潰れちゃったから。そういうの探すのは大変です。


ローンクレジットカード初級編

 

 

 


キャッシング枠の妥当性


クレジットカードの実質年率


リボ払いとは決まっていない


現金化かキャッシングか


自営業で融資

2style.net