朱日記

泉鏡花


小使こづかひ使づかひ。」
 ほどもあらせず、・・・・・ 廊下らうかいそいで、もつと授業じゆげふちう遠慮ゑんりよしづか教員けうゐん控所ひかへじよ板戸いたどまへ敷居しきゐごしひげづら・・・・・とふがあごほゝなどにたくはへたわけではない。不精ぷしやう剃刀かみそりてないから、むじや/\としてくろい。胡麻ごましほあたまで、まゆせまつた澁色しぶいろまつ正面しやうめんしたのは、苦蟲にがむし揮名あだな古物こぶつたゞひとをとこである。

「へい。」
 と唯云たゞいつたばかり、素氣そつけなくくち引結ひきむすんで、眞直まつすぐつてる。

「おゝ、源助げんすけか。」
 職員しよくゐんしつ眞中まんなか大卓子おほテイブル向側むかうがは椅子いすかゝつた先生せんせいは、しま布子ぬのこ小倉こくらはかま羽織はおりそで白墨はくぼくずれのあるのを背後うしろかべ遣放やりばなしに更紗さらさうらよぢつてぶらり。かみうす天窓あたま俯向うつむけにして、土瓶どびんやら、茶碗ちやわんやら、ときかけた風呂敷ふろしきづゝみ混雑ごつた職員しよくゐんのがちらばつたが、ひかへたまへだけ整然せいぜんとして、硯箱すゞりばこ右手めて引附ひきつけけ、一冊いつさつ覺書おぼえがきらしいのをぢつながめてたのが、抜上ぬけあがつたひたひひろい、はなのすつとたかい、ひげい、おとがひほそい、まゆのくつきりしたかほげた、雜所さいしよ教頭けうとう心得こゝろえなに落着おちつかぬいろで、
此方こつちはひれ。」
 とむねつてはかまひざちやんく。

 意味いみありげなていなり。茶碗ちやわんあらへ、土瓶どびんせ、ではさゝうなところから、小使こづかひ氣構きがまへで、卓子チイブルかどすゝんで、ふとまゆをもじや/\とうごかしながら、
御用ごようで?」
なには、さん衞門ゑもんは。」
 といた。

 これ抜群ばつぐんたかい、年紀とし源助げんすけより大分だいぶわかいが、仔細しさいからう、けれども發心ほつしんをしたやうに頭髪とうはつをすつべりと剃附そりつけた青道心あをだうしんの、何時いつ莞爾々々にこ/\した滑稽おどけたをとこで、矢張やつぱ學校がくかうる、一人ひとり小使こづかひである。

同役どうやく (と何時いつふ、さむらひはてか、仲間ちうげんあがりらしい。) はばんでござりまして、唯今たゞいま水瓶みづがめみづ汲込くみこんでりまするが。」
みづ汲込くみこんで、水瓶みづがめへ・・・・・むゝ、かぜで。」
 とふ。閉込しめこんだ硝子がらすまどがびり/\とつて、青空あをぞら灰汁あくたゝへて、うへからゆすつて沸立わきたたせるやうなすさまじいかぜく。
 まど見向みむいた片頬かたほに、さつ砂埃すなぽこりかげがさして、雜所さいしよまゆひそめた。

かぜが、・・・・・なにか、かぜ・・・・・がはげしいから用心ようじんか。」
 と唐突だしぬけめうこと言出いひだした。が、成程なるほどはうかぜなれば、まで不思議ふしぎとはおもはぬ。

いえかねておさとしでもござりますし、不斷ふだん十分じふぷん注意ちういはしまするが、差當さしあたり、用心ようじんまをすではござりませぬ。・・・・・やがて、」
 とれいしぶかほで、横手よこてはしらかゝつたボン/\時計どけいにらむやうにじろり。ト十一・・・・・ちやうはん。ーー小使こづかひ心持こゝろもちでは、時間じかんちつつてさうにおもつたので、まつてはらぬか、とさてみつめたもので。ーーかぜまぎれてはりおとまつたきこえぬ。

 へば、全校ぜんかうの二かい下階した教場けうぢやうからも、聲一こゑひとつ、しはぶき半分はんぶんひゞいてぬ。一日中にちぢう、また正午ひるる一時間じかんほど、寂寞ひつそりとするのはい。ーーそれ小兒こどもたちが一しん不亂ふらんまじろぎもせずにお辨當べんたうとき待構まちかまへて、無駄むだ足踏あしぶみもせぬからで。しづかなほど、組々くみ/\の、一人々々ひとり/\こゑ澄渡すみわたつてるやうだし、ひろ職員しよくゐんしつ時計とけいのチックタックなどは、ながら小使こづかひ部屋べやでもよくきこえるのがれいところを、トみつめてもはりはソツともひゞかぬ。羅馬ろうま數字すうじかぜ硝子がらすまどのぶる/\とふるのにられて、なみゆすつてえる。が、分銅ふんどうだけは、調子てうしちがへず、とうん/\とつーー時計とけいまつたのではない。

う、これ午餉おひるりまするで、生徒せいとがたみに、どや/\とえますで。たぎらせましたがーーいや、小兒こどもしゆ性急せいきふで、かわかしつてござつて、突然いきなりがぶりとあがりまするで、けてしんぜませぬと、きに火傷やけどを。」
火傷やけどを‥‥‥‥ふむ。」
 とながかほかたむける。






同役どうやくとも申合まをしあはせますることで。」
 と對向さしむかひひの、なり年配ねんぱい先生せんせいさへわかえるくらゐ、老實らうじつくち
加減かげんをして、うめてしんぜまする。貴方樣あなたさまみづをフト失念しつねんいたしましたから、精々せつせ汲込くみこんでりまするが、なにか、べつしてさん衞門ゑもんにお使つかひでもござりますか、手前てまへではおにはね・・・・・」
 と言懸いひかけるのを、さへぎつて、かたむけたまゝかぶりつた。
「いや、さん衞門ゑむでなくつて丁度ちやうどいのだ、あれは剽輕へうきんだからな。・・・・・源助げんすけじつ年上としうへのおまへ見掛みかけて、はなしがあるがな。」
 出方でかた出方でかたで、源助げんすけ一倍いちばいまじりとする。

 先生せんせいすこきまつて、
つと此方これらんかい。」
 と椅子いすをかたり。卓子チイブルすみ座取ざとつて、身體からだはすに、はかまをゆらりと踏開ふみひらいてこしおとしつける。まへへ、小使こづかひはもつそりすゝむ。
卓子チイブルむかまへでも、砂埃すなほこりかすれるやうで、はなしがよくわからん、喋舌しやペるのにほねれる。えゝん。」としはぶきをするしたから、煙草たばこめて、吸口すひくちをトほゝてゝ、
ひどかぜだな。」
 
「はい、屋根やね憂慮きづかはれまする・・・・・の二三ねんまをしたうござりまするが、うでござりませうぞ。五ぐわつなかば、とまをすに、北風ならひはげしいことは、十年以來ねんこのかたにも、つひぞおぼえませぬ。いく雪國ゆきぐにでも、貴下樣あなたさまうこれ布子ぬのこから單衣ひとへものびまするところを、今日こんにちあたりはういたして、また襯衣しやつ股引もゝひきなどを貴下あなたさま下女げぢよ宿下やどおまするやうに、ふる葛籠つゞら引覆ひつくりかへしますやうなことでござりまして、一寸ちよつと戸外おもて御覽ごらうじませ。はなみゝ吹切ふきゝられさうで、なんともしのれませんではござりますまいか。
 さん衞門ゑもんなども、はなさき眞赤まつかいたして、えらい天狗面さるだひこにござります。はゝ。」
 と變哲へんてつもない愛想あいさうわらひ。が、源助げんすけはなあかし、これは如何いかこと雜所さいしよ先生せんせい小鼻こばなのあたりもあけにじむ。

實際じつさいきびしいな。」
 と卓子テイブルうへへ、煙管きせるつたまゝなが露出むきだししに火鉢ひばちかざした、鼠色ねずみいろ襯衣しやつうでを、先生せんせいぶる/\とふるはすと、をくひしばつて、引立ひつたてるやうにぐいともたげて、床板ゆかいた火鉢ひばちをどさり。で、あし踏張ふんばり、兩腕りやううでをづいとしごいて、
御免ごめんかうむれ、行儀ぎやうぎ作法さはふつちやられん、遠慮ゑんりよ不沙汰ぶさただ。源助げんすけあたれ。」
 
「はい、同役どうやくとも相談さうだんをいたしまして、昨日きのふにもふさがうとおもひました、部屋へや (とたまりことふ) の又噛またかじりつきますやうな次第しだいにござります。」と中腰ちうごしつて、鐵火箸かなひばしすみあらけて、五徳ごとくつて引傾ひつかたがつたあかゞね大藥鑵おほやくわんはだを、毛深けぷかかふ無手むづでる。

「一杯沸ばいたぎつたのをしませうで、ーーやがてお辨當ペんたうでござりませう。貴下樣組あなたさまくみは、時間じかん御休憩ごきうけいで?」
源助げんすけことだ。」
「はい。」
 と獅噛面しがみづらあと引込ひつこめてゑる。

 雜所さいしよまへのめりに俯向うつむいて、一服吸いつぶくすつたあとを、くちでふツ/\と吹落ふきおとして、雁首がんくびつてかへして、吸殻すひがら丁寧ていねいはひ突込つゝこみ、
閉込しめこんでいてもかぜゆすつて、吸殻一すひがらひとつも吹飛ふきとばしさうでらん。あぶないよ、こんなは。」
 と又一またひとはひあびせた。ひとみかへして、かべくろい、廊下らうかながめ、
鹽梅あんばいに、其方そつちからは吹通ふきとほさんな。」
「でも、貴方樣あなたさままるで野原のはらでござります。お兒達こだち歩行あるいたあとは、平一面たひらいちめん足跡あしあとでござりまするが。」
 
「むゝ、まるで野原のはら・・・・・」
 と陰氣いんきかほをして、伸上のびあがつてかしながら、
源助げんすけときに、なに今小兒いまこども一人ひとりすこ都合つがふがあつて、お前達まへたちなんだ、小使溜こづかひだまりつたつけが、なには、・・・・・部屋へやるか。」
 
りまするで、悄乎しよんぼりとしましてな。はい、・・・・・あの、ぢやうちやんぼつちやんのことでござりませう、 部屋へやりますでございますよ。」






ぢやうちやんぼつちやん。」
 と先生せんせい一寸口ちよつとくちうち繰返くりかへしたが、ぐに意味こゝろつてうなづいた。今年ことしる、校内第かうないだい一の綺麗きれい少年せうねん濱宮浪吉はまみやなみきちつて、までやさしい。いろしろい、かみうつくしいので、源助げんすけはじめ、ぢやうちやんぼつちやん、とぶのであらう?・・・・・
悄乎しよんぼりしてる。小使溜こづかひだまりに。」
 
ときならぬ時分じぷんに、部屋へや茫乎ぼんやりはひつてて、おなかいたむのかとうていたでござりますが、雜所先生さいしよせんせい小使溜こづかひだまりつてるやうに仰有おつしやつたとばかりで、しをかへつてりまする。はてな、ほかのものならめづらしうござりませぬ。かぎつて、惡戯いたづらをして、課業中くわげふちうせきから追出おひだされるやうなことはあるまいが、うしたものぢや。・・・・・さむいで、まあ、あたりなさいと、ふちすわらせまして、手前てまへ胡坐あぐらいて、をほじり/\、仔細しさいきましても、なにはずに、恍惚うつとりしたやうに鬱込ふさぎこみまして、あの可愛かはいげに掻合かきあはせたうつくしいえりに、しろう、のふつくらとしたあご附着くつゝけて、しきりと懷中ふところ覗込のぞきこみますのを、じろ/\ますと、淺黄あさぎ襦袢じゆばんはだけまするまで、艷々つや/\つゆれるげな、べにいてたまにしたやうなものを、こぼれまするほど、な、貴方樣あなたさま。」
 
「むゝう。」
 とかんがへるやうにして、雜所さいしよはまたうなづく。

手前てまへ御存ごぞんじの少々せう/\近視眼ちかめで。それう、かすみかゝりました工合ぐあひに、うす綺麗きれいかみつゝんでつてるのを、なに干菓子ひぐわしででもあらうかとぞんじましたところ。」
 
茱萸ぐみだ。」とつて雜所さいしよ居直ゐなほる。はな此所こゝはこぶのを待構まちかまへたていであつた。

「で、ござりまするな。目覺めざめるで、いや、小兒こども夢中むちうるのも道理だうりでござります。」と感心かんしんした樣子やうす源助げんすけふのであつた。

 青梅あをうめにがころ、やがて、すもゝでもいろづかぬうちは、實際莓じつさいいちごけば、小蕪こかぶのやうに干乾ひからびたあをたばねてる、黄色きいろだ、とおもつてる。うした雪國ゆきぐにでは、蒼空あをぞらしたに、しろあたゝか茱萸ぐみの、えだ撓々たわゝところなど、大人おとなさへ、ゆるがごとくのである。

うちからつてござつたか。教場けうじやうなんことぢや、大方其おほかたそ所爲せゐ雜所樣さいしよさましかられたものであらう。まあ、大人おとなしくしてなさい、とうてりまして、じつなんでござります。・・・・・あののおわびを、とりましたところを、丁度ちやうどめしでござりまして、・・・・・はい。なに小兒こどもでござります。日頃ひごろ日頃ひごろで、つひぞ世話せわかしたことい、評判ひやうばんでござりまするから、今日こんにちところは、源助げんすけ、あのりかはりまして御訴訟ごそしよう。はい、ちひさいかいたして、くちけずに、とぼんとして、可哀かはいや、病氣びやうきにでもりさうにえまするがい。」と揉手もみでをする。

うだい、ことは。ひどいぞ。」
 とまどと一しよに、かたをぶる/\とゆすつて、卓子テイブルうへ煙管きせるてた。

源助げんすけ。」
 と再度更さいどあらたまつて、
小兒こども懷中ふところ果物くだものなんか、たもとれさせればことよ。
 うもへんに、かゝことがあつてな、小兒處こどもどころか、おたがひに、大人おとなが、とぽんとらなければいが、とおもふんだ。
 昨日夢きのふゆめた。」
 といできの茶碗ちやわんのこつた、つめちやをがぶりとんで、
昨日きのふな、・・・・・昨夜ゆうべとははん。が、晝寐ひるねをしてたのぢやない。れようとふ、そち此方こちくらつた山道やまみちだ。」
 
山道やまみちゆめでござりまするな。」
實際山じつさいやま歩行あるいたんだ。それ、日曜にちえうさ、昨日きのふは。ーー源助げんすけ、おまへおのづからる。わたしほん首引くぴつぴきだが、本草ほんさう好物かうぶつでな、つてるとほり。で、昨日些きのふちやまおくまではひつた。つい浮々うか/\谷々たに/\釣込つりこまれて。
 こりや途中とちうくららなければいが、とやまかげ憂慮きづかはれるやうなざしにつた。それからいそいで引返ひきかへしたのよ。」






山時分やまじぷんぢやないからひとはず。又茸狩またたけがりにだつて、あんなにおくまでくものはない。隨分ずゐぷんみちでもないところもぐつたからな。三ツばかりたにりては攀上よぢのぼり、りては攀上まぢのぼりしたときは、心細こゝろぼそつた。昨夜ゆうべ野宿のじゆくかとおもつたぞ。

 でもな、あきとはちがつて、いりおそいから、まあ、かつた。つと舊道きうだうめぐつてたのよ。

 今日けふとはちがつたうそのやうな上天氣じやうてんきで、かぜなんかくすりにしたくもなかつたが、薄着うすぎたから晩方ばんがたさむい。それでもあせるまで、脚絆掛きやはんがけで、すた/\ると、かすかしろえてた。しろはうにな、可厭いやいろくもたにはたよーーかぜつたんだらう。

 うちに、物見ものみまつこずゑさきいた。もうまへみねすと、あの見霽みはらしのをかる。・・・・・あと一雪崩ひとなだれにずる/\と屋敷町やしきまちわたしうちへ、すべまれるんだ、とほついきをした。ところまたつてるとほり、あの一町場ひとちやうばが、一方谷ぱうたに、一方覆被ぱうおつかぶさつた雜木林ぎふきばやしで、めう眞晝間まつぴるま薄暗うすぐらい、可厭いやところぢやないか。」
 
名代なだい魔所ましよでござります。」
なにらんが。」
 と兩手りやうてあごしごくと、げつそりせたやうな顔色かほつきで、
「一ツきり洞穴ほらあなくゞるやうで、それまで、ちら/\城下じやうかえた、大川おほかはほそもやも、大橋おほはしちひさな も、なにえぬ。

 ざわ/\ざわ/\とおとがする。・・・・・えだぢやい、みぎのな、がけ中腹ちうふくぐらゐなところを、熊笹くまざさうへへむく/\とあかいものがいてた。幾疋いくひきとなく、やがて五六十、夕燒ゆふやけ其處等そこいら迂路うろつくやうに・・・・・みんなさるだ。

 をかすみにや、れたが、それ山王さんわうやしろがある。時々とき/\山奥やまおくからさるるとところだから、かずおほいにはぎよつとしたがーーべつさるふにおどろくこともなし、又猿またさるつらあかいのに不思議ふしぎはないがな、源助げんすけ

 れもれも、うだ、總身そうしん眞赤まつかだらう。

 しかかずが、其處そこた五六十びきふ、そればかりぢやない。あとあとへとむらがつゞいて、裏山うらやまみねいて、はるかにたかところから、あかたきおとけたのが、いはくゞつて又流またながれる、すゑひらいたところが、したえるかずよ。もつととほくのはう中絶なかだえして、一ツ二ツづゝつゞいたんだが、かぎりがれん、幾百居いくひやくゐるか。

 で、なんことはない、蟲眼鏡むしめがね赤蟻あかあり行列ぎやうれつやま投懸なげかけてながめるやうだ。それが一ツもかず、しづまりかへつて、さつ/\さつとうごく、熊笹くまざさがざわつくばかりだ。

 ゆめだらう、ゆめでなくつて。ゆめだとおもつて、源助げんすけ、まあ、け。・・・・・じつゆめぢやないんだが、現在げんざいたとつても眞個ほんとにはしまい。」

 源助げんすけこれくと、彌々いよ/\しぶつて、あごをすく/\とてた。

「はあ。」
 といきうちきながら、
隨分ずゐぷん眞個ほんとうにいたします。場所ばしよがらでござりまするで。雜所樣さいしよさま、なか/\源助げんすけうたがひませぬ。」
 
うたがはん、眞個ほんとおもふ。其處そこでだ、源助げんすけついでひと眞個ほんとにしてもらひたいことがある。

 其處そこへな、背後うしろの、くらみちをすつとて、わたしに、トならんだとおもうちに、大跨おほまたまへ抜越ぬけこしたものがある。‥‥‥

 山遊やまあそびの時分じぶんには、むすめ駕籠かごとほる。せまくはないから、肩摺かたすれるほどではないが、まざ/\とあしならんで、はつと不意ふいに、此方こつち立停たちどまるところを、けた。

 下闇したやみながらーー此方こつちう、わづかのところだけれど、あかさるおびたゞしいので、人戀ひとこひしい。
 でかしてると、判然はつきりとよくわかつた。

 それゆめかな、源助げんすけくらいのに。ーー
 裸體はだか赤合羽あかがつばた、おほきな坊主ばうずだ。」
「へい。」
 と源助げんすけこゑめた。

眞黒まつくろまる天窓あたま露出むきだしでな、耳許みゝもとはなしたところへ、赤合羽あかがつぱそで鯱子張しやちこばらせるかたちに、おほきひぢを、ト鍵形かぎなりげて、みじかあかはた翻々ひら/\せて、しやんとかまへて、ずん/\とほる。‥‥‥

 はた眞赤まつかちうあをつ。
 まさかとはおもふ・・・・・とくつたとほ人戀ひとこひしいをりからなり、對手あひて僧形そうぎやうにも何分なにぶんゆるされて、
 (御坊ごばう御坊ごばう。)
 と二こゑほど背後うしろんだ。」






物凄ものすごさもさきつ。さあ、んだつもりの自分じぷんこゑが、くちたかんかわからないが、一も二もない、んだとおもふと振向ふりむいた。
 かほおぼえぬが、あごひたひあかいやうにおもつた。

 (何方どちらへ?)
 とぐにいた。
 トたけるやうなこゑで、
 (城下じやうかきにまゐるのぢや。) とふ。ぬいと脚許あしもとへ、五つ六つのさるとゞいた。あかくもいたやうにな、源助げんすけ。」

「・・・・・ 」
 小使こづかひくちかず。

爾時そのときはたげて、
 (物見ものみから見物けんぶつなされ。) とふと、げたはたよこに、飜然ひらりかへして、したとおもへば、みねならんだむかうのをかの、まつこずゑさつ飛移とびうつつたかとおもふ、はたあふつやうな松明たいまつ投附なずつけたやうにばつあがる。かほ眞赤まつかに一めんつたが、はるかにちひさく、ちら/\と、唯矢張たゞやつば物見ものみまつこずゑところに、丁子頭ちやうじがしられるやうにて、しづまると、坊主ばうずさるかげい。あかはたも、花火はなびちるさまになくなつたんだ。

 小兒こどもころんでくやうだ、他愛たあいがないぢやないか。さてってから、きふわれながら、にもおびえたこゑして、
 (わつ。)といふつてな、三だんばかり山路やまみちはうちうんで遁出にげだしたとおもへ。

 はじめてゆめめたつて、さむいぞ、今度こんどは。がち/\ふるへながら、傍目わきめらず、坊主ばうずつたとおもところ爪立足つまだちあしをして、それから、おまへまへみね引掻ひつかくやうに驅上かけあがつて、・・・・・まじくらに又摺落またずりおちて、見霽みはらしへると、うだ。けたやうに廣々ひろ/\として、がけのはづれからたかところを、乘出のりだして、城下じやうか一人ひとりで、つききやくましてながめて物見ものみまつの、ちやうど、あかはた飛移とびうつつた、と、今見いまみところに、五日頃かごろつき蒼白あをじろなかに、まつはおまへ大蟹おほがに海松房みるふさ引被ひつかづいてやま這出はひでかたちに、しつとりとれて薄靄うすもやまとつてる。はるかにしただが、わたし町内ちやうないおもふあたりを・・・・・場末ばすゑ遲廻おそまはりの豆腐屋とうふやこゑが、かすかきこえようとふのぢやないか。

 はなしらん。いやしく小兒こどもあづかつて教育けういく手傳てつだひもしようとふものが、宛然狐まるできつねつままれたやうな氣持きもちで、・・・・・家内かないにさへ、はなし出來できん。

 かへつてはひつて、た。が、綿わたのやうにつかれてながら、なにか、それでも寢苦ねぐるしくつて時々とき/\早鐘はやがねくやうなおときこえて、吃驚びつくりしてめる、と寝汗ねあせでぐつちより、それ半分はんぷん夢心地ゆめごこちさ。
 明方あけがたからかぜさな。」
 
正寅しやうとらこくからでござりました、海嘯つなみのやうに、どつと一とき吹出ふきだしましたによつぞんじてりまする。」と源助げんすけことばつき、あたか口上こうじやうなにか、恐入おそれいつてていがある。

があけると、砂煙すなけむり。でも人間にんげん雲霧くもきりはらつた氣持きもちだ。そうして、赤合羽あかがつば坊主ばうずかたちもちらつかん。」やがてわすれてな、
、九、十何事なにごともなく課業くわげふまして、の十一讀本とくほん課目くわもくなんだ。
 な、源助げんすけ

 授業じゆげふかゝつて、讀出よみだしたところが、怪訝をかし消火器せうくわき説明せつめいがしてある。火事くわじたいする種々いろ/\設備せつびのな。しかしそれさへらずにげふをはじめて、ものゝ十ぷんつたとおもふと、入口いりくちとびらけて、ふらりと、あのはひつてたんだ。」
「へい、ぢやうちやんぼつちやんが。」
 
う。宮濱みやはまがな。おや、とおもつた。あのは、それ、すみなかゆきだから一番目ばんめく。・・・・・あさ、一二時間じかんともちやんせきいて授業じゆげふけたんだ。ーー硝子窓がらすまどならびの、運動場うんどうば矢張窓際やつばりまどぎはせきがあつて、・・・・・もつと二人竝ふたりならんだ内側うちがははうだが。薩張氣さつばりきかずにた。・・・・・成程なるほどせきが一ツあなつてる。

 またはしたふれたことでも、沸返にえかへつて騒立さわぎた連中れんぢうが、一人其ひとりそれまでなかったのを、だれもいゝつけぐちをしなかつたもあやしいよ。

 ふらりと廊下らうかから、ときならない授業中じゆげふちうはひつてたので、さすがに、わつと動揺どよめいたが、おと戸外おもてかぜ吹攫ふきさらはれて、どつととほくへ、やまつかるやうにつてかれる。くちばかり、ばら/\と、うごいて、さわいで、小兒等こどもらこゑかすかひゞいた。・・・・・」






わたし不意ふいだから、へんかれたやうにつて、とぼんと、あの可愛かはいらしい綺麗きれいたよ。
 そつ椅子いすそばて、愛嬌あいけうづいた莞爾につこりしたかほをして、 (先生せんせいねえさんが。)
 といふふ。ーーねえさんがて、今日けふえる、大火事おほくわじがあつてあぶないから、早仕舞はやじまひにしておかへりなさい。先生せんせいうおねがひして、ーーとひますから・・・・・うちかへらしてください、といふふんです。ーー含羞はにかだから、ちひさなこゑして。

 かぜこれだ。

 きこえないで僥倖さいはひ一寸ちよつとでも生徒せいとみゝはひらうものなら、かべ打抜ぶちぬ騒動さうどうだらう。

 うな、火事くわじと、くとあたまから、ぐら/\とむねひゞいた。

 さわがぬかほして、みんなには、宮濱みやはまきふ病氣びやうきつたから今手當いまてあてをしてる。かねとほしづかにしてるやうに、と言聞いひきかしていて、精々せい/\落着おちついて、づ、あの控所ひかへじよしてたんだ。

 ところで、しづめて、とおもふが、何分なにぶんかぜが、時々とき/\、くわつとあかつたり、くろつたりする。な源助何げんすけどうだ。こりや。」
 ととき言葉ことば途切とぎれた。二人ふたりともゑてみまもるばかり、一時ひとしきり屋根やねつてひしぐがごとなぐる。

さわいでらんが。」
 と雜所さいしよは、確乎しつか腕組うでぐみをして、椅子いすかゝりに、背中せなか摺着すりつけるばかり、ぴたりとかまへて、
「よく、宮濱みやはまいたところが、本人ほんにんにもなんだかわからん、ねえさんとふのが見知みしらぬをんなで、なに自分じぶんあね意味いみではいとよ。

 はじめてつたのかと、たづねる、とさうではない。七日なぬかばかりまへださうだ。

 授業じゆげふんでかへるとる、大勢列おほぜいれつつくつて、それな、もんまでる。足並あしなみたゞさして、わたしが一二とおくす‥‥‥

 すると、頃塗直ごろぬりなほした、あのあをもんはしらうらに、袖口そでぐちくちてゝ、小兒こどもことかたちらん。頭髪かみ房々ふさ/\とあるのが、うつくしい水晶すゐしやうのやうなを、う、俯目ふしめながらすゞしうみはつて、れつ一人々々ひとり/\見遁みのがすまいとするやうだつけ。

 物見ものみまつ此處こゝからもえる・・・・・くものやうなはそればかりで、よく/\れたあたゝかだつたといふふ・・・・・の十四五にち、お天氣續てんきつゞきだ。

 わたしも、毎日門外まいにちもんぐわいまで一どう連出つれだすんだが、七日前なぬかまへにも二日此方ふつかこつちも、つひぞ、そんなむすめ見掛みかけたことはない。しかもおまへむすめが、ちら/\としろゆびでめんない千鳥ちどりをするやうに、手招てまねきで引着ひきつけるから、うつかりれつけて、そばつたさうよ。それわたしなにらん。

 (宮濱みやはまなみちやんだねえ。)
 とくにのぢやない、ほんむやうなことばくとさ。うなづくと、
 (いものをげますからわたしと一しよに、さあ、きませう、みんなかまはないで。)
 と、私等わたしらかまはぬぶんあつつたはひどい! なあ、源助げんすけ

 で、られるから、ついてくと、何處どこか、學校がくかうからまでとほくはなかつたさうだ。れにはれたが、おほきな背戸せど裏木戸うらきどから連込つれこんで、茱萸ぐみはやしのやうななかれてはひつた。o瞼ふちあからむまで、ほか/\としたといふふ。で、自分じぷんにもれば、あのにもらせて、してことめうではないか。

 (澤山たんとあがんなさいよ。みんな貴下あなた阿母おつかさんのやうなうつくしいになるから。)
 とつたんださうだ。土産みやげにもくれた。かへつてだれくだすつた、とちゝひませうと、くと、
 (貴下あなたのおなくなんなすつた阿母おつかのおともだちです。)
 とつたつてな。あの母親はゝおやはなくなつたはずだ。
 が、此處こゝまでは角無事かくぶじだ、源助げんすけ

 婦人ふじんが、今朝けさまた、學校がくかうたんだとな。」

 源助げんすけは、びくりとして退さがる。

今度こんど運動場うんどうば。で、十算術さんじゆつんだ放課はうくわときだ。かぜにもめげずに皆駆出みんなかけだすが、あゝだから、一人ひとりで、それでも遊戯いうぎさな・・・・・石盤せきばん姉樣あねさまかほいてると、硝子戸越がらすどごしに・・・・・ゆめにもわすれない・・・・・うつくしいかほせて、そとるやうをしへる・・・・・一度逢どあつたばかりだけれども、小兒こども一目顔ひとめかほると、こゝろつうじたさうよ。」






宮濱みやはまはな、今日けふは、婦人ふじんあかかんざししてた、矢張やつぱ茱萸ぐみだらうといふふが、果物くだものかんざしからう・・・・・小兒こどもだもの、珊瑚さんごかもれん。

 そんなことかくだ。

 ぐに、嬉々いそ/\廊下らうかから大廻おほまはりに、ちやう自分じぷんせきまどそと婦人ふじんつてところると、それ、散々さん/\吹散ふきちらされながら、小兒こどもが一ばい、ふら/\してるだらう。

 源助げんすけ、それ、近々ちか/\學校がくかうでーーやがあつさにはなるしーーあま青苔あをごけえて、石垣いしがきくづれたとふので、井戸側ゐどがは取替とりかへるに、いし大輪おほわもんうちにあつたのを、小兒こどもだちが惡戯いたづらにはころがししたのがある。ーー那個あれだ。

 大人おとななららず、まるくて、すべるにせい、小兒こどもが三にんや五にんでは一寸動ちよつとうごかぬ。其奴そいつだが、婦人ふじんが、あのれて、すつととほると、むくりとみやくつたやうにえて、ころ/\としばうへ斜違はすつかひにころがりした。

 (やあい、井戸側ゐどがはかぜばい。) か、なにか、どつ吶喊ときげて、小兒こども皆其みんなそれ追懸おつかけて、一團ひとかたまりくろつて駆出かけだすと、反對はんたいはうへ、だれにも見着みつけられないで、まして、すつとつたといふふが、うだ、これへんだらう。

 横手よこて土塀際どペいぎはの、あの棕櫚しゆろの、ばら/\とかげはひつて、だまつてせなでなぞしてな。

 其處そこ言聞いひきかされたといふふんだ。

 (いま火事くわじがありますから、はやうちへおかへんなさい、先生せんせいつて。でも學校がくかう教師けうしさん、そんなことがありますかツてきなさらないかもれません。だまつてづん/\かへつてうござんす。怪我けがにはへられません。けれども、あとしかられると不可いけませんから、なりたけおゆるしをうけてからになさいましよ。

 時刻じこくはまだ大丈夫だいぢやうぶだとはおもひますが、そんな、こんなでかへりがおくれて、途中とちう、もしものことがあつたら、これをめしあがれよ。うするとけむかれませんから。)
 とつてな。・・・・・其處そこで、たもとから紙包かみづゝみのをして懷中ふところれて、おさへて、抱寄だきよせるやうにして、してえり掻合かきあはせてくれたのが、茱萸ぐみなんだ。

 (わたしがついてられるといんだけれど、ねえさんは、今日けふ大事だいじですから。)
 といふうちにも、かぜのなぐれで、すつと黒髪くろかみいて、まるでかほかくれるまで、むら/\とかゝる、と黒雲くろくもはしるやうで、はらりと吹分ふきわける、とつきたやうにしろほゝえたとふ‥‥‥

 けれども、えもせぬ火事くわじがあると、そんなこと先生せんせいには言憎いひにくい、と宮濱みやはまかぶりつたさうだ。

 (では、なみちやんは、教師けうしさんのおつしやることと、わたしことと、どつちを眞個ほんたうだとおもひます。

 こりや小兒こども返事へんじ出來できなかつたさうだが、うだらう・・・・・なあ、無理むりはない、源助げんすけ

 (先生せんせいのおことばうそはありません。けれどもわたしこと眞個ほんたうです・・・・・今度こんど火事くわじわたしうにもる。ーーわたしがあるものにまかせれば、えません。のものが、おもひかなはないあだに、わたしこゝろ一つから、澤山たくさんいへも、ひとも、なくなるやうに面當つらあてにしますんだから。

 まあ、これだつて、なみちやんが先生せんせいにおきなされば、自分じぷん身體からだつてなりとも、ひといへけないやうにするのがみちだ、とおつしやるでせう。

 殿方とのがた生命いのちらず、をんなみさをふものは、ひとにもいへにもかへられぬ。・・・・・とわたしおもふんです。わたしおもうへは、火事くわじがなければなりません。今云いまいとほり、わたし面當つらあてにくのだから。

 まだわたしたちをんなこゝろは、貴下あなたとしでは得心とくしんかないで、矢張やつぱ先生せんせいがおつしやるやうに、我身わがみてゝも、ひとすくふが道理だうりのやうにおもふでせう。

 いゝえちがひます・・・・・殿方とのがた生命いのちらず。)
 と繰返くりかへして、

 (をんなみさをふものは。)
 とぢつかほ凝視みつめながら、
 (ひとにもいへにもへられない、となみちやんわすれないでおいでなさい。いまわかります・・・・・あか澤山食たくさんたべて、うつくしく綺麗きれいには、のかはり、さくらつゆつて、うつくしくるばかりですよ。さ、らつしやい、はやく。けて、わたし身體からだ大切たいせつですから。)
 といふうちにも、すそたもとつてそらへ、頭髪かみながら吹上ふきあげさうだつたつてな。これだ、源助げんすけ窓硝子まどがらすなみつ、あれい。」






 



 雜所先生さいしよせんせい一息吐ひといきついて、
わたしふのにこたへてな、あの宮濱みやはまかね記憶きおくところを、はゝのないだ。ーーやさしいひとことは、よく/\みておぼえたとえて、まるで口移くちうつしに諳誦あんしようをするやうに此處こゝわたしげたんだ。が、一々いち/\、ぞく/\はだあはつた。雖然けれども婦人ふじんふ、なぞのやうなことわからん。そりやわからんが、しかしせんずるに火事くわじがある一でうだ。

 (まるでうそともおもはんが、まつた事實じじつぢやなからう、かく小使溜こづかひだまりつて落着おちついてなさい、ちつねつもある。)

 ひたひでてるとあついから、其處そこで、あの其方そららつてよ。
 さあ、るのは昨夜ゆうべ山道やまみちの一けんだ。・・・・・あかさるあかはたな、赤合羽あかがつぱ黒坊主くろぱうずよ。」
 
法衣ころもたでござります、赤合羽あかがつぱではござりません。ひとでござりますが。」とガタ/\胴震どうぶるひをしながら、たしなめるやうにふ。

「さあ、なにわからぬが、あの、ゆきれるたけのやうに、バシリとしたこゑして・・・・・なんつた。

 (城下じやうかきにまゐるのぢや。)

 源助げんすけ宮濱みやはまつたあとで、天窓あたま引抱ひつかゝへて、う、かぜおとわすれるやうにぢつかんがへると、ひよい、とるばかりに、あかうつつたのが、これなんだ。」
 と兩手りやうて控帳ひかへちやうはしつて、なゝめにせると、楷書かいしよ細字さいじしたゝめたのが、かゞやごとく、もそりとした源助げんすけかほくわつとつてえたのは、しゆく、一めん文字もんじである。

「へい。」
「な、なにからはじまつたことだからんが、ちやうど一週間前しうかんまへから、不圖ふとしゆもつつゞけた、こりや學校がくかうでの、わたし日記につきだ。
 昨日きのふ日曜にちえうけてる。ーー一週間しうかん。」
 とさつかみねて、小口こぐちをばら/\と繰返くりかへすと、戸外おもてかぜ渦卷うづまきに、ひとちぎれのあかくも卓子テイブル氣勢けはひする。

まへ時間じかんにも、 (暴風ばうふう) にいてして (烈風れつぶう) を又消またけして (颶風ぐふう) なり、といた、矢張やつばしゆで、な‥‥‥  しかへんことには、なに狼狽うろたへたか、一枚半まいはんだけ、罫紙けいしのこして、明日あすぶんを、此處こゝへ、これ (火曜くわえう) としたぜ。」
 とゆびが、ひつゝりのやうに、びくりとした。

讀本とくほんところ・・・・・源助げんすけおもふ。ほか先生方せんせいがたみんわたしよりえらいにはえらいが年下とししただ。校長かうちやうさんもづゝとおわかい。

 こんな相談さうだんは、故老こらうかぎるとおもつてんだ。うだらう。まん一のことがあるとなら、あへ宮濱みやはま兒一人こひとりでない。・・・・・ どれも大事だいじ小兒こどもたちーー過失あやまちで、わたし學校がくかうめるまでも、地蹈〓ぢだんだんでなりとぐに生徒せいとかへしたい。が、なんでもないことのやうで、これまた大事だいじだ。いやしく父兄ふけい信頼しんらいして、子弟してい教育けういくゆだねる學校がくかうぷんとして、をんな小兒こどもや、茱萸ぐみぐらゐのことで、臨時りんじ休業きうげふ沙汰さたかぎりだ。
 私一人わたしひとり間抜まぬけまん。

 だいやうな迷信めいしんは、にんとして、私等わたしらやぶつててゝらなけりやらんのだらう。うかツてな、もしやのことがあるとすると、なによりおそろしいのはかぜだよ。ヂヤンとろ、全市瓦ぜんしかはらかぞへるほど、板葺いたぶき屋根やね半月はんつきうへ照込てりこんで、焚附たきつけ同樣どうやう。ーーなん私等わたしら高臺たかだいまちでは、ときならぬ水切みづぎれがしてようと場合ばあひではないか。つちそこまで燒拔やけねけるぞ。小兒こどもたちが無事ぶじいへかへるのは十にん一人ひとりもむづかしい。

 思案しあんあまつた、源助げんすけでないのは、ときおくれて驚破すはつたら、あかへ、とつたは心細こゝろぼそいーー一とき半時はんじあらそふんだ。もし、ひよんなことがあるとするとーーおもふ、おもふ、源助げんすけ考慮かんがへは。」
 
尋常たゞ尋常たゞごとではござりません。」と、かツと卓子チイブルこぶしつかんで、
城下じやうかいへの、壽命じゆみやうたんでござりませう、あらそはれぬ、あらそはれぬ。」
 と半分はんぷんRuby>目ねむつて、盲目めくらがするやうに、白眼しろまなこくびゑて、天井てんじやうおそろしげにながめながら、
「ものはあるげにござりまして・・・・・舊藩頃きうはんごろ先主人せんしゆじんが、夜學やがくはしうけたまはります。昔其むかしそからみやこ大道だいだうを、一時あるときなんでござりまして、あやしげな道人だうじんが、かみさばいて、なんと、ほねだらけなあをむね岸破々々がば/\けました眞中まんなかへ、ひとひといたのを掻開かつぱだけて往來中わうらいぢう驅廻かけまはつたげでござります。何時いつかも同役どうやくにもはなしたことでござりまするが、なんことわかりません。からみやこでも、みんなが不思議ふしぎがつてりますると、其日そのひから三日目かめに、年代記ねんだいきにもないほどな大火事おほくわじおこりまして。」
 
源助げんすけ源助げんすけ。」
 と雜所大さいしよおほきにいて、
なんだ、それは。むねひといたのは。」とかゝをりから、自分じぷんかんがへるのがまだるこしさうであつた。
「へい、まあ、一寸ちよいとしたところはやいがうございます。これへ、ひといて御覽ごらんじやりまし。」

 かぜの、あわたゞしいなかでも、對手あひて教頭けうとう心得こゝろえ先生せんせいだけ、ものとはれたこゝろほこりに、はなしさかせたい源助げんすけが、薄汚うすよごれた襯衣しやつぼたんをはづして、ひく/\としたむねす。

 雜所さいしよ急心せきごゝろに、ものをもはず有合ありあはせた朱筆しゆふでつて、ちゝけてあかひと。とかれて、カチ/\と、なにか、をくひしめてこらへたが、突込つきこふでしゆねて、いきほひで、ばつと胸毛むなげかゝると、くやうにうごいた。

熱々あつツ!」
 と唐突だしぬけをどあがつて、とんと尻餅しりもちくと、血聲ちごゑしぼつて、
火事くわじだ! 同役どうやく、 三右衞門うゑむ火事くわじだ。」
 とわめく。
なんだ。」
 と、雜所さいしよ棒立ぼうだちにつたが、物狂ものぐるはしげに、
何故なぜげる。何故なぜ茱萸ぐみ投附なげつける。宮濱みやはま。」
 とこゑげた。廊下らうかをばら/\とあかぶのを、浪吉なみきち茱萸ぐみなげうつと一目見めみたのは、ごと窓硝子まどからすであつた。

 途端とたんに十二りんつのが、ブン/\とかぜひゞくや、一つづつ十二ケしよ、一おこ摺半鉦すりばん早鐘はやがね

 廊下らうかにもけむりはひつて、くらなかからそらかすと、學校がくかうあをもんが、眞紫まむらさき物凄ものすごい。

 大火たいくわは、物見ものみまつ差向さしむかふ、高臺たかだいにあつた、本願寺ほんぐわんじ末寺まつじ巨刹おほでら本堂ほんだう床下ゆかしたからほのほげたあやで、唯三時たゞみときあひだ約全部やくぜんぶ燒拂やきはらつた。

 けむりかぜよりもく、とりよりもはやんだ。
 人畜じんちく死傷少ししやうすくなからず。

 火事くわじ最中さいちう雜所先生さいしよせんせいはかま股立もゝだちを、たかつたは效々かひ/\しいが、羽織はおりず・・・・・布子ぬのこ片袖かたそで引斷ひつちぎれたなりで、足袋たび跣足はだしで、据眼すゑまなこ面藍おもてあゐごとく、けむりはし大道だいだうを、蹌踉ひよろ/\歩行あるいてた。

 屋根やねから屋根やねへ、ーーこずゑから、二かいかい黒烟くろけむりにたゞようへへ、飜々ひら/\千鳥ちどり飛交とびかふ、眞赤まつかさるかずを、く/\幾度いくどた。

 足許あしもとには、ひとくるまたふれてる。

 ある十字街じがいかゝつたときよこからひよこりとて、はすまがかどれてく、昨夜ゆうべ坊主ばうずつた。おなはだかに、赤合羽あかがつばたが、こればかりはかぜをも踏固ふみかためてとほるやうなしかとした足取あしどりであつた。

 が、赤旗あかはたいて、そでくやうにして、いさゝ逡巡しゆんじゆんていして、
ざる、これは、ざる。」
 とくちうちつぶやいた、とおもふとえぬ。かほられたら、雜所さいしよはひらう。

 かきも、へだても、あとはないが、たふれた石燈籠いしどうろうおほきなのがある。何某なにがしやしきにはらしいなかへ、けむりはれてはひると、枯木かれき夕燒ゆふやけのしたやうな、みきえだつた大樹たいじゆもとに、ちひさなあし投出なげだして、横坐よこすわりにつた、浪吉なみきち無事ぶじ姿すがたた。

 學校がくかうは、便宜べんぎたいんで避難ひなんしたが、みなちり/\につたのである。

 唯見とみると、恍惚うつとりしたうつくしいかほ仰向あをむけて、えだからばら/\と降懸ふりかゝを、あられ五合ごんごすくふやうに、綺麗きれいたもとけながら、
先生せんせい澤山たくさん茱萸ぐみが。」
 とつて、臈長らふたけるまで莞爾につこりした。

 雜所さいしよ諸膝もろひざつて、たふれるやうに、かたはらいきいた。が、其處そこではう、ゆきのやうに、そでかゝつても、はらへばれもしないでえるのであつた。






   【完】










    *********

●表示について

2style.net