龍潭譚

泉鏡花

目次



    目次
 躑躅か丘
 鎮守の社
 かくれあそび
 あふ魔が時
 大沼
 五位鷺
 九ツ谺
 渡船
 ふるさと
 千呪陀羅尼


躑躅が丘


 なり。あらゝのたら/\さかかげもなし。てらもん植木うゑきやには花屋はなやみせなど、坂下さかしたさしはさみてまち入口いりぐちにはあたれど、のぼるにしたがひて、たゞはたけばかりとなれり。ばん小屋ごやめきたるものだかきところゆ。たにには花殘はなのこりたり。みちみぎひだり躑躅つゝじはなくれなゐなるが、見渡みわたかた見返みかへかた、いまをさかりなりき。ありくにつれて汗少あせすこしいでぬ。

 そらよくれて一點いつてんくももなく、かぜあたゝかに野面のづらけり。
 一人ひとりにてはくことなかれと、やさしき姉上あねうへのいひたりしを、かで、しのびてつ。おもしろきながめかな。やまうへかたより一束ひとたばたゝぎをかつぎたるをのこおりたれり。眉太まゆふとく、ほそきが、むかうざまに顱巻はちまきしたる、ひたひのあたりあせになりて、のし/\と近付ちかきつゝ、ほそみちをかたよけてわれをとほせしが、ふりかへり、
あぶないぞ/\。」 といひ、ずてにまなじりしわせてさつ/\とぎぬ。

 見返みかへればハヤたら/\さがりに、そのかた躑躅つゝじはなにかくれて、髪結かみゆひたる天窓あたまのみ、やがて山蔭やまかげえずなりぬ。くさがくれの徑遠こみちとほく、小川流をがわながるゝ谷間たにあひ畦道あぜみちを、菅笠すげがさかむりたる婦人をんなの、跣足はだしにてすきをばかたにし、ちひさきむすめをひきて彼方あなたにゆく背姿うしろすがたありしが、それもすぎ樹立こだちりたり。

 かた躑躅つゝじなり。かた躑躅つゝじなり。山土やまつちのいろもあかくえたる、あまりのうつくしさにおそろしくなりて、家路いへじかへらむとおもとき、わがたる一株ひとかぶ躑躅つゝじのなかより、羽音はおとたかく、むしのつとちてほゝかすめしが、かなたにびて、およそ五六尺ごろくしやくへだてたるところつぶてのありたるそのわきにとゞまりぬ。はねをふるふさまもえたり。をあげてはしりかゝれば、ぱつとまたがりて、おなじ距離きより五六しやくばかりのところにとまりたり。そのまま小石こいしひろいあげてねらひうちし、いしはそれぬ。むしはくるりとひとツはまりて、またもとのやうにぞる。ひかくればはやくもまたげぬ。ぐるがとほくにはらず、いつもおなじほどのあはひをきてはキラ/\とさゝやかなるばたきして、鷹揚おうやうそのそのふたすぢのほそひげ上下うえしたにわづくりておしうごかすぞいとにくさげなりける。

 われは足踏あしぶみしてこゝろいらてり。其居そのゐたるあとをみにじりて、
畜生ちくしやう畜生ちくしやう。」
 とつぶやきざま、をどりかゝりてハタとちし、こぶしはいたづらにつちによごれぬ。

 かれ一足ひとあしさきなるかた悠々いう/\づくろひす。にくしとおもこゝろめてみまもりたれば、むしうごかずなりたり。つく/\ればありかたちして、それよりもやゝおほいなる、はたゞ五彩ごさいいろびてあをみがちにかゞやきたる、うつくしさいはむかたなし。

 色彩しきさいあり光沢こうたくあるむしどくなりと、姉上あねうへをしへたるをふとおもでたれば、打置うちおきてすご/\と引返ひつかへせしが、足許あしもとにさきのいしふたツにくだけてちたるよりにはかに心動こゝろうごき、ひろひあげてつてかへし、きと毒蟲どくむしをねらひたり。
 このたびはあやまたず、したゝかうつてころしぬ。うれしくはしりつきていしをあはせ、ひたとうちひしぎて蹴飛けとばしたる、いし躑躅つゝじのなかをくゞり小砂利こじやりをさそひ、ばら/\と谷深たにふかくおちゆくおとしき。

 たもとのちりちはらひてそらあふげば、日脚ひあしやゝなゝめになりぬ。ほか/\とかほあつき日向ひなたくちびるかわきて、のふちよりほゝのあたりむずがゆきことかぎりなかりき。

 心着こゝろづけば舊來もときかたにはあらじとおも坂道さかみちことなるかたにわれはいつかおりかけたり。をかひとつえたりけむ、もどみちはまたさきとおなじのぼりになりぬ。見渡みわたせば、まはせば、赤土あかつち道幅みちはゞせまく、うねり/\てしなきに、兩側りやうがはつゞきの躑躅つゝじはなとほかた前後ぜんごふさぎて、かげあかくさきめたるそらのいろの眞蒼まあをしたに、たゝずむはわれのみなり。


鎮守の杜


 さかきふならずながくもあらねど、ひとつくればまたあらたにあらはる。起伏きふくあたか大波おほなみごと打續うちつゞきて、いつたんならむともえざりき。

 あまりみたれば、ひとツおりてのぼるさかくぼみつくばひし、のあきたるまゝなにならむゆびもてつちにかきはじめぬ。さといふ出來できたり。くといふきたり。まがりたるもの、すぐなるもの、こゝろおもむくまゝに落書らくがきしたり。しかなせるあひだにも、ほゝのあたり先刻さき毒蟲どくむしれたらむとおぼゆるが、しきりにかゆければ、そでもてひまなくこすりぬ。こすりてはまたものきなどせる、なかにむつかしきのひとつかたちよく出來できたるを、あねせばやとおもふに、にはかにそのかほたうぞなりたる。

 ちあがりてゆくてをれば、左右さいうより小枝こえだみてあはひもかで躑躅つゝじきたり。日影ひかげひとしほあかうなりまさりたるに、たればたなそこりそひぬ。

 いち文字もんじにかけのぼりて、唯見とみればおなじ躑躅つゝじのだら/\おりなり。はしりおりてはしりのぼりつ。いつまでかかくてあらむ、こたびこそとおもふにたがひて、みちはまたうねれるさかなり。ふみ心地こゝちやはらかく小石こいしのひとつあらずなりぬ。

 いまだいへにはとほしとみゆるに、しのびがたくもあねかほなつかしく、しばらくも得堪えたへずなりたり。
 ふたゝびかけのぼり、またかけりおりたるとき、われしらずきてつ。きながらひたばしりにはしりたれど、なほいへあるところいたらず、さか躑躅つゝじすこしもさきにことならずして、かたむくぞ心細こゝろぼそき。かたのあたりさむうなりぬ。ゆふあざやかにぱつとあかねさして、もあやに躑躅つゝじはな、たゞくれなゐゆき降積ふりつめるかとうたがはる。

 われはなみだこゑたかく、あるほどこゑしぼりてあねをもとめぬ。ひとたびふたたびたびして、こたへやするとみゝすませば、はるかたき音聞おときこえたり。だうだふとひゞくなかに、いとたかえたるこゑかすかに、
「もういゝよ、もういゝよ。」
 とびたるきこえき。こはいとけなきがなかまのかくあそびといふものするあひなることをみとたる、一聲ひとこゑくりかへすと、ハヤきこえずなりしが、やう/\こゝろたしかにこゑしたるかたにたどりて、またさかひとつおりてひとつのぼり、こだかきところちておろせば、あまり雑作ぞふさなしや、だうかわら屋根やねすぎ樹立こだちのなかよりえぬ。かくてわれ踏迷ふみまよひたるくれなゐゆきのなかをばのがれつ。背後うしろには躑躅つゝじ花飛はなとび/\にさききて、あをくさまばらに、やがてだうのうらにたつせしとき一株ひとかぶはなのあかきはなくて、たそがれのいろ境内けいだい手洗水みたらしのあたりをめたり。柵結さくゆひたる井戸ゐどひとつ、銀杏いてふりたるあり、そがうしろにひといへ土塀どべいあり。此方こなたうら木戸きどのあきにて、むかひにちひさき稲荷いなりだうあり。いし鳥居とりゐあり。鳥居とりいあり。この鳥居とりゐひだりはしらにはれめありてふとてつめたるさへ、こゝろたしかにおぼえある、こゝよりはハヤいへちかしとおもふに、さきのおそろしさはまつたわすてつ。たゞひとへにゆふ日照ひてりそひたるつゝじのはなの、わがたけよりもたかところ前後ぜんご左右さいう咲埋さきうづめたるあかきいろのあかきがなかに、みどりと、くれなゐと、むらさきと、青白せいはくひかり羽色はいろ毒蟲どくむしのキラ/\とびたるさまのひろ景色けしきのみぞ、ごとちひさきむねにゑがゝれける。


かくれあそび


 さきにわれきいだしてすくひあねにもとめしを、かれみとめられしぞさいはひなる。いふことをかで一人ひとりいでしを、よわりてきたりとられむには、さもこそとてわらはれなむ。やさしきひとのなつかしけれど、かほをあはせてひまけむは口惜くちをしきに。

 うれしくよろこばしきおもむねにみちては、またきふいへかへらむとはおもはず。ひとり境内けいだいたゝずみしに、わツといふこゑわらこゑかげ井戸ゐどうらだうおく廻廊くわいらうしたよりして、いつツよりツまでなる五六人ごろくにん前後あとさきはしでたり。こはかくれあそびの一人いちにんいだされたるものぞとよ。二人ふたり三人みたりはして、わが其處そこてるをつ。皆瞳みなひとみあつめしが、
「おあそびな、一所いつしよにおあそびな。」とせまりてすゝめぬ。小家こいへあちこち、このあたりにむは、かたゐといふものなりとぞ。風俗ふうぞくすこしくことなれり。どもが親達おやたち家富いへとみたるも衣着きぬきたるはあらず、大抵たいてい跣足はだしなり。三味線さみせんきて折々をり/\わがかどきたるもの、溝川みぞかはどぜうとらふるもの、附木つけぎ草履ざうりなどひさぎにるものだちは、みなこのどもがはゝなり、ちゝなり、祖母そぼなどなり。さるものとはともにあそぶな、とわがともつねいましめつ。るに町方まちかたものとしいへば、かたゐなるどもたふとうやまひて、頃刻しばらくもともにあそばんことをこひねがふや、したしく、やさしくつとめてすなれど、不斷ふだん此方こなたよりとほざかりしが、其時そのときさきにあまりさびしくて、友欲ともほしきねんへがたかりし其心そのこゝろのまだせざると、おそろしかりしあとのたのしきとに、われはこばまずしてうなづきぬ。

 どもはさゞめきよろこびたりき。さてまたかくれあそびを繰返くりかへすとて、けんしてさがすものをさだめしに、われ其任そのにんにあたりたり。おもておほへといふまゝにしつ。ひツそとなりて、だう裏崖うらがけをさかさにつるたきおとだうだふと松杉まつすぎこずゑゆふかぜわたる。かすかに、
「もういよ、もういよ。」
 とこゑこだまひゞけり。をあくればあたりしずまりかへりて、たそがれのいろまた一際ひときはおそきたれり。おほいなるのすく/\とならべるが朦朧もうろうとしてうすぐらきなかにかくれむとす。

 こゑしたるかたをとおもところにはたれらず。こゝかしこさがしたれどひとらしきものあらざりき。
 またもと境内けいだい中央ちふわうちて、ものさびしくみまはしぬ。やまおくにもひゞくべくすさまじきおとしてだうとびらとざおとしつ、げきとしてものもきこえずなりぬ。

 したしきともにはあらず。つねにうとましきどもなれば、かゝる機會をりてわれをばくるしめむとやたくみけむ。かくしたるまゝひそかりたらむには、さがせばとてらるべき。やくもなきことをと不圖ふとおもひうかぶに、うちすてゝくびすをかへしつ。さるにても萬一もしわがみいだすをちてあらばいつまでもでくることをざるべし、それもまたはかりがたしと、心迷こゝろまよひて、とつ、おいつ、いたづらちてこうずるをりしも、何處いづくよりきたりしともえず、くらうなりたる境内けいだいの、うつくしくいたるつちのひろびろと灰色はひいろなせるに際立きはだちて、かほ色白いろしろく、うつくしきひと、いつかわがかたはらて、うつむきざまにわれをばき。

 きわめて丈高たけたかをんななりし、其手そのてふところにしてかたれたり。やさしきこゑにて、
此方こちらへおいで。此方こちら。」
 といひてさきちてみちびきたり。見知みしりたるをんなにあらねど、うつくしきかほゑみをばふくみたる、よきひとおもひたれば、あやしまで、かくれたるのありかををしふるとさとりたれば、いそ/\としたがひぬ。


あふ魔が時


 わがおもところたがはず、だうまへひだりにめぐりてすこしゆきたるつきあたりにちひさき稲荷いなりやしろあり。あをはたしろはた、二三ぼん其前そのまえちて、うしろはたゞちにやますそなる雜樹ざうきなゝめひて、やしろうへおほひたる、其下そのしたのをぐらきところあなごと空地くうちなるをソとめくばせしき。ひとみみづのしたゝるばかりなゝめにわがかほうごけるほどに、あきらかに其心そのこゝろまれたる。

 さればいさゝかもためらはで、つか/\とやしろうらをのぞきむ、はなうつばかりつめたきかぜあり。落葉おちば朽葉くちばうづたかみづくさきつちのにほひしたるのみ、ひと氣勢けはひもせで、えりもとのひやゝかなるに、とむねをつきて見返みかへりたる、またゝくまとおもひとはハヤえざりき。何方いづかたにかりけむ、くらくなりたり。

 よだちて、おもはず〓呀あやなさけびぬ。 人顔ひとかほのさだかならぬときくらすみくべからず、たそがれの片隅かたすみには、あやしきものひとまどはすと、姉上あねうへをしへしことあり。

 われは茫然ぼうぜんとしてまなこを(目爭みは)りぬ。あしふるひたればうごきもならず、かたくなりてちすくみたる、左手ゆんでさかあり。あなごとく、そのそこよりはかぜづるとおも黒闇々こくあん/\たる坂下さかしたより、ものゝのぼるやうなれば、こゝにあらばとらへられむとおそろしく、とかうの思慮しりよもなさでやしろうらせまきなかににげりつ。ふさぎ、呼吸いきをころしてひそみたるに、四足よつあしのものゝあゆむけはひして、やしろまへよこぎりたり。

 われはひと心地ごゝちもあらでられじとのみひたすら手足てあしちゞめつ。さるにてもさきのひとのうつくしかりしかほやさしかりしわすれず。こゝをわれにをしへしを、いまにしておもへばかくれたるどものありかにあらで、何等なんらおそろしきものゝわれをとらへむとするを、こゝにひそめ、たすかるべしとて、みちびきしにはあらずやなど、はかなきことをかんがへぬ。しばらくして提灯ぢやうちん火影ほかげあかきが坂下さかしたよりいそぎのぼりて彼方かなたはしるをつ。ほどなく引返ひきかへしてわがひそみたるやしろまへちかづきしときは、一人ひとりならず二人ふたり三人みたり連立つれだちてきたりしかんあり。

 あたかその立留たちどまりしをりから、べつなる跫音あしおと、またさかをのぼりてさきのものと落合おちあひたり。

「おい/\わからないか。」
「ふしぎだな、なんでも此邊このへんたといふものがあるんだが。」
 とあとよりいひたるはわがいへにつかひたる下男げなんこゑたるに、あはやでむとせしが、おそろしきものゝはたばかりて、おびきいだすにやあらむとおそろしさはひとしほしぬ。
「もう一度いちどねんのためだ、田圃たんぼはうでもまはつてよう、おまへたのむ。」
「それでは。」といひて上下うへしたにばら/\とわかれてく。
 ふたゝせきとしたれば、ソとうごきして、あしをのべ、いためにをかけてばかりとおも顔少かほすこ差出さひいだして、かたをうかゞふに、なにごともあらざりければ、やゝ落着おちつきたり。あやしきものども、なにとてやはわれをみいだしむ、おろかなる、とひやゝかにわらひしに、おもひがけず、たれならむたまぎるこゑして、あわてふためきぐるがありき。をどろきてまたひそみぬ。

「ちさとや、ちさとや。」と坂下さかしたあたり、かなしげにわれをぶは、姉上あねうへこゑなりき。


大沼


ないツてわたしうしやう、ぢいや。」
ツからさつしやらぬことはござりますまいが、れまする。なにせい、御心配ごしんぱいなこんでござります。お前様まへさまあそびにしますときおびむすびめをとんとたゝいてやらつしやればいに。」

「あゝ、いつもはさうしてしてやるのだけれど、けふはお前私まへわたしにかくれてそツとつたらうではないかねえ。」
「それはハヤ不念ぶねんなこんだ。おびむすびめさへたゝいときや、なにがそれで姉様あねさまなり、母様はゝさまなりのたましいはひるもんだでエテめはうすることもしえないでごす。」

「さうねえ。」とものかなしげにかたらひつゝ、やしろまへをよこぎりたまへり。
 はしりいでしが、あまりおそかりき。
 いかなればわれ姉上あねうへをまであやしみたる。
 ゆれどおよばず、かなたなる境内けいだい鳥居とりゐのあたりまでひかけたれど、其姿そのすがたえざりき。

 なみだぐみてたゝずとき、ふと銀杏いてふのくらきよるそらに、おほきなるまるかげしてしげれるしたに、をんな後姿うしろすがたありてわがまなこさへぎりたり。

 あまりよくたれば、姉上あねうへばむとせしが、よしなきものにこゑかけて、なまじひにわが此處こゝにあるをられむは、つたなきわざなればとおもひてやみぬ。
 とばかりありて、其姿そのすがたまたかくれりつ。えずなればなほなつかしく、たとへおそろしきものなればとて、かりにもわがやさしき姉上あねうへ姿すがたしたるうへは、われをとらへてむごからむや。さきなるはもなくて、いままぼろしえたるがまこと其人そのひとなりけむもわかざるを、なにとてことばはかけざりしと、打泣うちなきしが、かひもあらず。

 あはれさま/\のものゝあやしきは、すべてわがまなこのいかにかせし作用さようなるべし、さらずばなみだにくもりしや、すべこそありけれ、かなたなる御手洗みたらしにてきよめてみばやとりぬ。

 すゝけたる行燈あんどう横長よこながきがひとうへにかゝりて、ほとゝぎすのなどいたり。をともしたるに、みづはよくみて、あをこけむしたる石鉢いしばちそこもあきらかなり。むすばむとしてうつむくときおもひかけずたるわがかほはそも/\いかなるものぞ。おぼえずさけびしがこゝろめて、しずめて、りやうまなこぬぐひ/\、みづのぞむ。

 われにもあらでまたとはるににんびぬを、いかでわれかゝるべき、かならこゝろまよへるならむ、いまこそ、いまこそとわなゝきながら見直みなほしたる、かたをとらへてこゑふるはし、
「お、お、千里ちさと。えゝも、おまへは。」と姉上あねうへののたまふに、すがりつかまくみかへりたる、わがかほたまひしが、
「あれ!」
 といひて一足ひとあしすさりて、
ちがつてたよ、ぼうや。」とのみいひずてにりたまへり。
 あやしきかみのさま/\のことしてなぶるわと、あまりのことに腹立はらだたしく、あしずりしてきにきつゝ、ひたばしりにひかけぬ。とらへてなにをかなさむとせし、そはわれらず。ひたすらものゝ口惜くちをしければ、とにかくもならばとてなむ。

 さかもおりたり、のぼりたり、大路おほみちおぼしきまちにもでたり、くらこみち辿たどりたり、もよこぎりぬ。あぜえぬ。あとをもずてけたりし。
 みちいかばかりなりけむ、漫々まん/\たる水面すゐめんやみのなかに銀河ぎんがごとよこはりて、くろき、おそろしきもり四方しほうをかこめる、大沼おほぬまともおぼしきが、前途ゆくてふさぐとおぼゆるあししげきがなかにわが身體からだたふれたる、あとはらず。


五位鷺

のふち清々すが/\しく、すゞしきかをりつよくかをると心着こゝろづく、やはらかき蒲團ふとんうへしたり。やゝまくらをもたげてる、竹縁ちくえん障子しやうじあけはなして、にはつゞきにむかひなる山懐やまふところに、みどりくさの、ぬれ色青いろあを生茂おひしげりつ。その半腹はんぷくにかゝりある巖角いはかどこけのなめらかなるに、一挺いつちやうはだからふともしたる灯影ほかげすゞしく、かけひみづむく/\ときてたまちるあたりにたらひゑて、うつくしく髪結かみゆうたるひとの、一絲いつしもかけで、むかうざまにひたりてたり。

 かけひみづそのたらひにちて、あふれにあふれて、くぼみにながるゝおとしつ。 
 らふくとなきやまおろしにあかくなり、くらうなりて、ちら/\とえいずるゆきなす膚白はだしろかりき。

 わが寝返ねがへおとに、ふと此方こちら見返みかへり、それとうなずさまにて、片手かたてを、ふちにかけつゝ片足かたあしてゝたらひのそとにいだせるときさつおとして、からすよりはちひさきとり眞白ましろきがひら/\とまいひおりて、うつくしきひとはぎのあたりをかすめつ。そのまゝおそれげもなうつばさやすめたるに、ざぶりとみづをあびせざま莞爾につことあでやかにわらうてたちぬ。手早てばやきぬもて其胸そのむねをばおほへり。とりはをどろきてはた/\と飛去とびさりぬ。

 よるいろきわめてくらし、らふりたるうつくしきひと姿すがたさやかに、には下駄げたおもおとしつ。ゆるやかにえんはしこしをおろすとゝもに、をつきそらして捩向よじむきざま、わがかほをばつ。

氣分きぶんなほつたかい、ぼうや。」
 といひてかうべかたむけぬ。ちかまさりせるおもてけだかく、まゆあざやかに、ひとみすゞしく、はなやゝたかく、くちびるくれなゐなる、ひたひつきほゝのあたりらふたけたり。こはかねてわがよしとおもつめたるひなのおもかげによくたればたふとひとぞとき。とし姉上あねうへよりたけたまへり。知人しりびとにはあらざれど、はじめてひしかたとはおもはず、さりや、たれにかあるらむとつく/\みまもりぬ。

  またほゝゑみたまひて、
「おまへあれは斑猫はんめうといつて大變たいへん毒蟲どくむしなの。もういね、まるでかはつたやうにうつくしくなつた、あれでは姉様ねえさんちがへるのも無理むりはないのだもの。」
 われもあらむとおもはざりしにもあらざりき。いまはたしかにそれよとうたがはずなりて、のたまふまゝにうなずきつ。あたりのめづらしければきむとする夜着よぎかた、ながくやはらかにおさへたまへり。

「ぢつとしておいで、あんばいがわるいのだから、落着おちついて、ね、をしづめるのだよ、いかい。」
 われはさからはで、たゞをもてこたへぬ。

「どれ。」といひてつたるをり、のし/\と道芝みちしばおとして、つゞれをまとうたる老夫おやぢの、かほいろいとあかきが縁近えんちかはひつ。
「はい、これはおさまがござらつせえたの、可愛かはいいおぢや、お前様まへさまうれしかろ。はゝゝ、どりや、またいつものをいたゞきましよか。」
 こしをなゝめにうつむきて、ひつたりとかのかけひかほをあて、くちをおしつけてごつ/\/\とたてつゞけにのみたるが、、ふツといきをきてそらあふぎぬ。

「やれ/\あまいことかな。はい、まゐります。」
 ときびすかへすを、此方こなたよりびたまひぬ。
「ぢいや、苦勞くらうだが。またておくれ、このかへさねばならぬから。」
「あい/\。」
 とこたへてる。山風やまかぜさつとおろして、しろとりまたちおりつ。くろたらひのふちにりてづくろひしてしずまりぬ。

「もう、風邪かぜかないやうにさせてあげよう、どれそんならわたしも。」とてしずか雨戸あまどをひきたまひき。


九ツ谺


 やがて添臥そひぶししたまひし、さきにみづびたまひしゆゑにや、わがはだをり/\慄然りつぜんたりしがなんこゝろもなうひしと取縋とりすがりまゐらせぬ。あとを/\といふに、をさな物語ものがたりふたかせたまひつ。やがて、
ひとこだまぼうや、ふたこだまといへるかい。」
ふたこだま。」
こだまこだまといつて御覧ごらん。」
こだま。」
いつこだま。そのあとは。」
こだま。」
「さう/\なゝこだま。」
やつこだま。」
こゝのこだまーーこゝはね、こゝのこだまといゝふところなの。さあもうおとなにしてるんです。」

 をかけ引寄ひきよせて、たまごとその乳房ちぶさを、ふくませたまひぬ。あらはしろえりかたのあたりびんのおくれはら/\とぞみだれたる、かゝるさまは、わが姉上あねうへとはいたちがへり。ちゝをのまむといふを姉上あねうへゆるしたまはず。

ふところをかいさぐればつねしかりたまふなり。母上はゝうへみまかりたまひてよりこのかた三年みとせつ。あぢわすれざりしかど、いまふくめられたるはそれにはざりき。垂玉すゐぎよく乳房ちぶさたゞ淡雪あはゆきごとふくむとしたにきえてるゝものなく、すゞしきつばのみぞあふれいでたる。

 かるせなをさすられて、われうつゝになるときむね天井てんじやううへおぼし、すさまじきおとしてしばらくはりもまず。こゝにつむじ風吹かぜふくと柱動はしらうごおそろしさに、わなゝきとりつくをきしめつゝ、
「あれ、おきやくがあるんだから、もう今夜こんや堪忍かんにんしておくれよ、いけません。」
 とのたまへば、やがてぞしずまりける。
こはくはないよ。ねずみだもの。」

 とある、さりげなきも、われはなほ其響そのひゞきのうちにものゝさけびたるこゑせしがみゝのこりてふるへたり。
 うつくしきひとはなかばのりいでたまひて、とある蒔繪まきゑものゝ手箱てばこのなかより、一口ひとふり守刀まもりがたな取出とりだしつゝさやながらひきそばめ、雄々をゝしきこゑにて、
なにてももうこはくはない、安心あんしんしておよ。」とのたまふ、たのもしきさまよとおもひてひたと其胸そのむねにわがかほをつけたるが、ふとをさましぬ。殘燈ありあけくら床柱とこばしらくろうつやゝかにひかるあたりうすむらさき色籠いろこめて、かう薫殘かをりのこりたり。まくらをはづしてかほをあげつ。かほかほをもたせてゆるくとぢたまひたる睫毛まつげかぞふるばかり、すや/\と寝入ねいりてたまひぬ。ものいはむとおもふこゝろおくれて、しばしみまもりしが、さびしさにたへねばひそかに其唇そのくちびるゆびさきをふれてぬ。ゆびはそれてくちびるにはとゞかでなむ、あまりよくねむりたまへり。はなをやつまゝむをやおさむとまたつく/\とうちまもりぬ。ふとその鼻頭はなさきをねらひてをふれしにくうひねりて、うつくしきひとひなごとかほすじひとつゆるみもせざりき。またそののふちをおしたれど水晶すゐしやうのなかなるものゝかたちらむとするやう、わがかほそのおくれげのはしにほゝをなでらるゝまで近々ちか/\とありながら、いかにしてもゆびさきは其顔そのかほとゞかざるに、はてはこゝろいれて、ちゝしたおもてをふせて、つよひたひもてしたるに、かほにはたゞあたゝかきかすみのまとふとばかり、のどかにふは/\とさはりしが、薄葉うすえふ一重ひとへさゝふるなくけたるひたひはつとしたしづむを、心着こゝろづけば、うつくしきひとむねは、もとのごとかたはらにあをむきて、わがはなは、いたづらにおのがはだにぬくまりたる、やららか蒲團ふとんうもれて、をかし。          

                  

渡船

夢幻ゆめまぼろしともわかぬに、こゝろをしづめ、をさだめてたる、片手かたてはわれにまくらさせたまひしもとのまゝやはらかにちからなげに蒲團ふとんのうへにれたまへり。

 片手かたてをばむねにあてゝ、いとしろくたをやかなる五指ごしをひらきて黄金わうごん目貫めぬきキラ/\とうつくしきさやぬりかゞやきたるちひさき守刀まもりかたなをしかとつともなくのあたりにおとしてゑたる、はなたかきかほのあをむきたる、くちびるのものいふごとき、ぢたるのほゝごとき、かみのさら/\したる、まくらにみだれかゝりたる、それもたがはぬに、むねつるぎをさへのせたまひたれば、母上はゝうへ爾時そのときのさまにまがふべくもえずなむ、コハこのきみもみまかりしよとおもふいまはしさに、はや取除とりのぞけなむと、むねなる其守刀そのまもりがたなをかけて、つとく、せつぱゆるみて、あを光眼ひかりまなこたるほどこそあれ、いかなるはずみにか血汐ちしほさとほとばしりぬ。もくれたり。した/\とながれにじむをあなやとりやうこぶしもてしかとおさへたれど、とゞまらで、たふ/\とおとするばかりぞ淋漓りんりとしてながれつたへる、血汐ちしほのくれなゐころもをそめつ。うつくしきひとせきとして石像せきぞうごとしづかなるみづをちのしたよりしてやがて半身はんしんをひたしつくしぬ。おさへたるわがにはいろつかぬに、ともしびにすかすゆびのなかのくれなゐなるは、ひとみたるいろにはあらず、いぶかしくこゝろむるたなそこその血汐ちしほにはぬれもこそせね、こゝろづきて見定みさだむむれば、かいやりしよるのものあらはになりて、すゞしのきぬをすきてゆる其膚そのはだにまとひたまひしくれなゐいろなりける。いまはわれにもあらでこわだかに、母上はゝうへ母上はゝうへびたれど、さけびたれど、ゆりうごかし、おしうごかしゝたりしが、かひなくてなむ、ひたきにく/\いつのまにかたりとおぼし。かほあたゝかにむねをおさるゝ心地こゝち眼覺めさめめぬ。空青そらあほれて日影ひかげまばゆく、くさもてら/\とあつきほどなり。

 われはハヤゆうべかほのあかき老夫をぢはれて、とある山路やまぢくなりけり。うしろよりはのうつくしきひとしたがひましぬ。

 さてはあつらへたまひしごといへおくりたまふならむとおしはかるのみ、わがむねなかはすべてすかすばかりりたまふやうなれば、わかれのしきも、ことのいぶかしきも、取出とりいでゝいはむはやくなし。をしふベきことならむには、彼方かなたよりさきんじてうちいでこそしたまふべけれ。

 いへかへるべきわがうんならば、ひてとゞまらむとひたりとてなにかせん、さるべきいはれあればこそ、と大人おとなしう、ものもいはでぞく。
 斷崖だんがい左石さいうそびえて、點滴てんてきこゑするところありき。雑草ざつそうたかこみちありき。松柏まつかしはのなかをところもありき。きゝらぬとりうたへり。褐色かつしよくなるけものありて、をり/\くさむらをどりたり。ふみわくるみちとにもあらざりしかど、去年こぞ落葉おちばみちうづみて、人多ひとほおかよところとしもえざりき。

 をぢは一挺いつちやうをのこしにしたり。れいによりてのし/\とあゆみながら、いばらなどひしげりて、きぬそでをさへぎるにあへば、すか/\とつてはらひて、うつくしきひととほまゐらす。されば山路やまみちのなやみなく、たか塗下駄ぬりげたえがくれにながすそさばきながらたまひつ。

 かくて大沼おほぬまきしのぞみたり。みづまん々としてらんたゝへ、まばゆきのかげも此處こゝもりにはさゝで、水面すゐめんをわたる風寒かぜさむく、颯々さつ/\としてこゑあり。をぢはこゝにてソとわれをおろしつ。はしりればりてちながらかたいだきたまふ、きぬそで左石さいうよりながくわがかたにかゝりぬ。

 蘆間あしま小舟こぶねともづなきて、老夫をぢはわれをかゝへてせたり。一緒いつしよならではと、しばしむづかりたれど、めまひのすればとてりたまはず、さらばとのたまふはしにさおてぬ。ふねでつ。わツときて立上たちあがりしがよろめきてしりゐにたおれぬ。ふねといふものにはゝじめてりたり。みづるごとにくるめくや、背後うしろたまへりとほもふひとおほいなるにまはりて前途ゆくてなるみぎはたまひき。いかにしてわたしたまひつらむとおもふときハヤ左手ゆんでなるみぎはえき。る/\右手めてなるみぎはにまはりて、やがてもとのうしろにちたまひつ。かたちしたるおほきなるぬまは、みぎはあしと、まつと、建札たてふだと、其傍そのかたはらなるうつくしきひとともろともにゆるゑがいて廻轉くわいてんし、はじめはおもむろにまはりしが、あと/\きふになり、はやくなりつ、くるくる/\と次第しだいにこまかくまはる/\、わがかほ一尺いつしやくばかりへだゝりたる、まぢかきところまつにすがりてえたまへる、とばかりありてさきにうつくしきかほろうたけたるが莞爾につことあでやかにみたまひしが、そのゝちはえざりき。あししげたけよりもたかみぎはに、ふねはとんとつきあたりぬ。


ふるさと


 をぢはわれをたすけてふねよりだしつ。また其背そのせけたり。
くでねえ/\。もうぢきにぼうツさまのうちぢや。」となぐさめぬ。かなしさはそれにはあらねど、いふもかひなくてたゞきたりしが、しだいにのつかれをかんじて、あし綿わたごとくうちかけらるゝやうかたはれて、かほれてぞともなはれし。見覺みおぼえある板塀いたべいのあたりにて、のやゝくれかゝるとき老夫をぢはわれをいだおろして、みぞのふちにたせ、ほく/\うちゑみつゝ、慇懃いんぎん曾釋ゑしやくしたり。

「おとなにしさつしやりませ。はい。」
 といひずてに何地いづちゆくらむ。わかれはそれにもしかりしが、あとふべきちからもなくておくりてつ。かたもあらでありくともなくをうつすに、かしらふら/\とあしおもたくて行惱ゆきなやむ、まへくも、うしろにかへるもみな見知みしりごしのものなれど、たれりあはむとはせできつきたりつす。さるにてもなほものありげにわがかほをみつゝくが、ひややかにあざけるがごとにくさげなるぞ腹立はらだゝしき。おもしろからぬまちぞとばかり、あしはわれらず向直むきなほりて、とぼ/\とまたやまあるかたにあるきいだしぬ。

 けたゝましき跫音あしおとして鷲掴わしづかみえりつかむものあり。あなやと振返ふりかへればわがいへ後見うしろみせる奈四郎なしらうといへる力逞ちからたくましき叔父をぢの、すさまじき氣色けしきして、
「つまゝれめ、何處どこをほつツく。」とわめきざま、引立ひつたてたり。またには引出ひきいだしてみづをやあびせられむかと、泣叫なきさけびてふりもぎるに、おさへたるをゆるべず、
「しつかりしろ。やい。」
 とめくるめくばかりうくちてちうにつるしながら、はしりていへかへりつ。立騒たちさわめしつかひどもをしかりつも細引ほそびきさして、しかと兩手りやうてをゆはへあへずおくまりたる三疊さんでふくら一室ひとま引立ひつたてゆきて、そのまゝはしらいましめたり。ちかれ、くひさきなむとおもふのみ、がみしてにらまへたる、いろこそあやしくなりたれ、さかつりたるまなじりきものゝわざよとて、りたかりて口々くち/\にのゝしるぞ無念むねんなりける。

 おもてのかたさゞめきて、何處いづくにかれる姉上あねうへかへりましつとおぼし、ふすまいくつかぱた/\とおとしてハヤこゝにたまひつ。叔父をぢしつそとにさへぎりむかへて、
「ま、やつと取返とりかへしたが、なはいてはならんぞ。もう血走ちばしつてて、すきがあるとすぢや。エテどのがそれしよぴくでの。」
 といましめたり。いふことよくわがこゝろたるよ、しかり、すきだにあらむにはいかでかこゝにとゞまるべき。

「あ。」とばかりにいらへて姉上あねうへはまろびりて、ひしと取着とりつきたまひぬ。ものはいはでさめ/\とぞきたまへる、おん情手なさけてにこもりていだかれたるわが胸絞むねしぼらるゝやうなりき。
 姉上あねうへひざしたるあひだに、醫師いしきたりてわがみやくをうかゞひなどしつ。叔父をぢ醫師いしとゝもに彼方あなたりぬ。

「ちさや、うぞをたしかにもつておくれ。もう姉様ねえさんうしやうね。おまへわたしだよ。ねえさんだよ。ね、わかるだらう、わたしだよ。」
 といきつく/\ぢつとわがかほをみまもりたまふ、涙痕るゐこんしたゝるばかりなり。
 其心そのこゝろやすんずるやう、ひてかほつくりてニツコとわらうてせぬ。

「おゝ、うす氣味きみわるいねえ。」
 とかたはらにありたる奈四郎なしろうつまなる人呟ひとつぶやきてぶるひしき。

 やがてまた人々ひと/\われを取卷とりまきてありしことゞもむるがごとくにひぬ。くはしくかたりてうたがかむとおもふに、をさなきくち順序じゆんじよたゞしくかたるをむや、根問ねとひ、葉問はとひするに一々いち/\説明せつめいかさむに、しかもわれあまりにつかれたり。うつゝこゝろなにをかいひたる。

 やうやくいましめはゆるされたれど、なほこゝろくるひたるものとしてわれをあしらひぬ。いふことしんぜられず、すること皆人みなひとうたがすをいかにせむ。ひしと取籠とりこめてにはにもいださですごしぬ。血色けつしよくわるくなりてせもしつとて、姉上あねうへのきづかひたまひ、後見うしろみ叔父をぢふ夫婦ふうふにはいとせめてかくしつゝ、そとゆふぐれをしのびて、おもての景色けしきせたまひしに、門邊かどべにありたるおほくのどもわれ姿すがたると、一齊いつせいに、アレさらはれものゝ、氣狂きちがひの、きつねつきをよやといふ/\、砂利じやり小砂こじやをつかみてげつくるは不斷ふだんしたしかりし朋達ともだちなり。

 姉上あねうへそでもてわれをかばひながらかほあかうしてりたまひつ。人目ひとめなきところにわれを引据ひきすゑつとるまにつてせて、ちたまひぬ。

 かなしくなりて泣出なきだせしに、あわたゞしくせなをばさすりて、
堪忍かんにんしておくれよ、よ、こんなかはいさうなものを。」
 といひかけて、
わたしあもうでもちがひたいよ。」としみ/\と掻口説かきくどきたまひたり。いつのわれにはかはらじを、なにとてさはあやまるや、にたゞ一人ひとりなつかしき姉上あねうへまでわがかほるごとに、たしかに、こゝろしずめよ、となみだながらいはるゝにぞ、さてはいかにしてか、こゝろくるひしにはあらずやとわれとわがあやぶむやう其毎そのたびになりまさりて、はまことにものくるはしくもなりもてゆくなる。

 たとへばあやしきいと十重とえ二十重はたえにわがをまとふ心地こゝちしつ。しだい/\にくらきなかに奥深おくふかくおちいりてゆくおもひあり。それをば刈拂かりはらひ、遁出のがれいでむとするに其術そのすべなく、すること、なすこと、人見ひとみかならず、まゆひそめ、あざけり、わらひ、いやしめ、のゝしり、はたかなしうれひなどするにぞ、あがり、心激こゝろげきし、たゞじれにじれて、すべてのものみなわれをはらだゝしむ。

 口惜くちおしく腹立はらだたしきまゝ周圍まはりはこと/\くかたきぞとおもはるゝ。まちも、いへも、も、鳥籠とりかごも、はたそれ何等なんらのものぞ、あねとてまことのあねなりや、さきにはひとたびわれを其弟そのおとうとわすれしことあり。塵一ちりひとつとしてわがはひるは、すべてものゝしたるにて、おそろしきあやしきかみのわれをなやまさむとてげんじたるものならむ。さればぞあねがわが快復かいふくいのことばもわれにこゝろくるはすやう、わざとはいふならむと、ひとたびおもひてはふべからず、ちからあらばほしいまゝにともかくもせばやせよかし、ちかづかばひさきくれむ、蹴飛けとばしやらむ、かきむしらむ、すきあらばとびいでゝ、こゝのこだまとをしへたる、たふときうつくしきかのひとのもとらむと、むねきたつほどこそあれ、ふたゝび暗室あんしつにいましめられぬ。


千呪陀羅尼


 どくありとうたがへばものもはず、くすりもいかでかまむ、うつくしきかほしたりとて、やさしきことをいひたりとて、いつはりのあねにはわれことばもかけじ。にふれてゆるものとしいへば、たけりくるひ、のゝしさけびてあれたりしが、つひにはこゑでず、うごかず、われひとをわきまへず心地こゝちぬべくなれりしを、うつら/\きあげられてたか石壇いしだんをのぼり、おほいなるもんりて、赤土あかつちいろきれいにきたる一條ひとすぢ道長みちながき、右左みぎひだりいし燈籠とうろう石榴ざくろちひさきと、おなじほどの距離きよりにかはる/\つゞきたるをきて、こうかほりしみつきたるふと圓柱まるばしらきはてら本堂ほんだうゑられつ、トおもみゝのはたにたけひゞききこえて、そうども五三人ごさんにん一齊いつせいこゑそろへ、たからかにじゆする聲耳こゑみゝろうするばかりかしましさふべからず、禿顱とくろならびのはしの法師ほうしばら、なにをかすると、こぶしをあげて一人ひとり天窓あたまをうたむとせしに、一幅いつぷくあを光颯ひかりさつまどて、水晶すゐしやう念珠ねんじゆひとみをかすめ、ハツシとむねをうちたるに、ひるみてうづくまるとき若僧じやくそう圓柱ゑんちうをいざりでつゝ、ついて、サラ/\と金欄きんらんとばりしぼる、燦欄さんらんたる厨子づしのなかにたとふぞうこそをがまれたれ。一段いちだんたかまるきやうこゑ、トタンにはたゝがみ天地てんちりぬ。

 端嚴たんげん微妙みめうのおんかほばせ、くもそでかすみはかまちら/\と瓔珞えうらくをかけたまひたる、たまなすむね纎手せんしゆへて、ひたと、をさなごをいだきたまへるが、あふぐ/\ひとみうごきて、ほゝゑみたまふと、たるとき、やさしきのさきかたにかゝりて、姉上あねうへねんじたまへり。

 たき此堂このだうにかゝるかと、をりしもあめりしきりつ。うずまいてするかぜおととほかたよりうなて、どつと滿山まんざんうちあたる。

 本堂ほんだう青光あをびかりして、はたゝがみだうそらをまろびゆくに、たまぎりつゝ、いま姉上あねうへたのまでやは、あなやとひざにはひあがりて、ひしと其胸そのむねきたれば、かゝるものをふりすてむとはしたまはで、あたゝかきうではわがにて組合くみあはされたり。さるにやこゝろもよわ/\となりもてゆく、ものをあきらかに、みゝるがやみて、おそろしき吹降ふきぶりのなかに陀羅尼だらにじゆするひじり聲々こゑ/\さわやかにきとられつ。あはれに心細こゝろぼそくものすごきに、置處おきどころあらずなりぬ。からだひとつえよかしと兩手りやうてかたすがりながらかほもて其胸そのむねしわけたれば、えりをばきひらきたまひつゝ、したにわがつむり押入おしいれて、兩袖りやうそでうちかさねてふかくわがおほたまへり。御佛みほとけそのをさなごをいだきたまへるもくこそとうれしきに、おちゐて、心地こゝちすが/\しくむねのうちやすたいらになりぬ。やがてぞじゆもはてたる。らいおととほざかる。わがをしかといだきたまへる姉上あねうへかひなもゆるみたれば、ソと其懐そのふところよりかほをいだしてこは/\其顔そのかほをば見上みあげつ。うつくしさはそれにもかはらでなむ、いたくもやつれたまへりけり。雨風あめかぜのなほはげしくおもてをうかゞふことだにならざる、しずまるをてばもすがら暴通あれとほしつ。いへかへるべくもあらねば姉上あねうへ通夜つやしたまひぬ。其一夜そのいちや風雨ふううにて、くるまやま山中さんちうぞくこゝのこだまといひたるたに、あけがたにそまのみいだしたるが、たちまふちになりぬといふ。

 さとものまちひと皆舉みなこぞりてにゆく。てわれも姉上あねうへとゝもにきたき。其日そのひ一天いつてんうらゝかにそらいろみづいろあをみて、軟風なんぷうおもむろに小波さゞなみわたるふちうへには、ちり一葉ひとはうかべるあらで、しろとり翼廣つばさひろきがゆたかに藍碧らんぺきなる水面すゐめんよこぎりてへり。
 すさまじき暴風雨あらしなりしかな。此谷このたにもと藥研やげんごとかたちしたりきとぞ。

 幾株いくかぶとなき松柏まつかしはこそぎになりて谷間たにあひ吹倒ふきたふされしに山腹さんぷく土落つちおちたまりて、そこをながるゝ谷川たにがわをせきとめたる、おのづからなる堤防ていぼうをなして、すさまじきみづをばたゝへつ。ひとたびこのところ決潰けつくわいせむか、じやうはなまち水底みなそこみやことなるべしと、人々ひと/\おそれまどひて、おこたらずつちいしせてかた堤防ていぼうきずきしが、あたかいま關屋せきや少将せうしやう夫人ふじん姉上あねうへ十七じふしちときなれば、としつもりて、ふたばなりし常磐ときはもハヤたけのびつ。草生くさおひ、こけむして、いにしへよりかゝりけむとおもまがふばかりなり。

 あはれつぶてとうずることなかれ、うつくしきひとゆめをどろかさむと、血氣けつきなるとものいたづらをしかめつ。年少としわか面清おもてきよ海軍かいぐん少尉せうゐ候補こうほせいは、薄暮はくぼ暗碧あんぺきたゝへたるふちのぞみて蕭然しゆくぜんとせり。



               完】



2style.net