人魚の祠

泉鏡花


「いまの、あの婦人ふじんいて嬰兒あかんぼですが、こひか、すつぼんでゝもりさうでならないんですがね。」
「‥‥‥‥‥‥‥‥‥」
 わたしは、だまつて工學こうがくかほた。
「まさかとはおもひますが。」
 赤坂あかさか見附みつけちかい、ある珈排コオヒイてん端近はしぢか卓子テイブルで、工學こうがく麥酒ビール硝子杯コツプひかへてつた。
 わたし卷莨まきたばこけながら、
「あゝ、結構けつこうわたしは、それがいし地藏ぢざうで、いまのが姑護鳥うぶめでもかまひません〕けれども、それぢや、貴方あなた世間せけんまないでせう。」

 六ぐわすゑであつた。府下ふか澁谷しぶやへんある茶話さわくわいがあつて、工學こうがくせきのぞむのに、わたしさそはれて一日あるひ出向でむいた。
 談話はなし聽人きゝて皆婦人みなふじんで、綺麗きれいひと大分だいぶえた、とたちのであるから、羊羹やうかんいちご念入ねんいり紫袱紗むらさきふくさ薄茶うすちや饗應もてなしまであつたがーー辛抱しんばうをなさいーーさけふものは全然まるでない。か、かねての覺悟かくごである。それがために意地いぢきたなく、歸途かへりうした場所ばしよ立寄たちよつた次第しだいではない。
 本來ほんらいならせきで、工學こうがくはなした或種あるしゆ講述かうじゆつを、こゝに筆記ひつきでもしたはうが、まるゝ方々かた/\利益りえきなのであらうけれども、それは殊更ことさらRuby>海容かいようねがふとしてく。

 じつ往路いきにも同伴つれつた。
 かたへ、煉瓦れんぐわべい板塀いたべいいつゞきのほそみちとほる、とやがて會場くわいぢやうあたいへ生垣いけがきで、其處そこつの外圍そとがこひが三ぱうわかれて三辻みつゝじる ・・・・・曲角まがりかど窪地くぼちで、日蔭ひかげ泥濘ぬかるみところがーーそらくもつてたーーのこンのゆきかとおもふ、散敷ちりしいたはな眞白まつしろであつた。
 したくと學士がくし背廣せびろあかるいくらゐ、いまさかりそらく。えだこずゑたわゝ滿ちて、仰向あをむいて見上みあげると屋根やねよりは丈伸たけのびたが、つゐなちんで二株ふたかぶあつた。すもゝ時節じせつでなし、卯木うつぎあらず。そして、木犀もくせいのやうなあまにほひが、いぶしたやうにかをる。橢圓だゑんけいは、羽状うじやう複葉ふくえふふのが眞蒼まつさをうへから可愛かはいはなをはら/\とつゝんで、さぎみどりなすみのかついで、たゝずみつゝ、さつひらいて、雙方さうはうからつばさかはした、此翼ひよく連理れんり風情ふぜいがある。

 わたしもとよりである。・・・・・學士がくしにも、香木かうぼくわからなかつた。
 當日たうじつせきでも聞合きゝあはせたが、居合ゐあはせた婦人ふじんれん亦誰またたれらぬ。くせ佳薫いゝかをりのするはなだとつて、ちひさなえだながら硝子杯コツプしてたのがあつた。九しうさるねらふやうなつまなまめかしい姿すがたをしても、下枝したえだまでもとゞくまい。小鳥ことりついばんでおとしたのをとほりがゝりにひろつてたものであらう。
「おちゝのやうですわ。」
 一人ひとり處女しよぢよつた。
 成程なるほど近々ちか/゛\ると、しろちひさなはなの、うつすりと色着いろづいたのが一ツ一ツ、うつくし乳首ちゝくびのやうなかたちえた。

 却説さてれて、歸途かへりである。
 わたしたちは七丁目ちやうめ終點しうてんからつて赤坂あかさかはうかへつてた・・・・・あのあひだ電車でんしやして込合こみあほどではいのに、空怪そらあやしく雲脚くもあしひくさがつて、いまにも一降ひとふりさうだつたので、人通ひとどほりがあわたゞしく、ひと町場ひとちやうばふた町場ちやうば近處きんじよようたしのぶん便たよつたらしい、停留ていりうぢやうごと乘人のりてかずおほかつた。

 で、何時いつ何處どこから乘組のりくんだか、つい、それはらなかつたが、ちようわたしたちのならんでけたむかがはーー墓地ぼちとは反對はんたいーーのところに、二十三四のいろしろ婦人ふじんる・・・・・
 づ、いろしろをんなはう、が、ゆきなすしろさ、つめたさではない。薄櫻うすざくらかげがさす、おぼろにほよそほひで ある。・・・・・こんなのこそ、はだへふより、不躾ぶしつけながらにくはう。其胸そのむねは、合歡ねむはなしづくしさうにほんのりとあらはである。
 藍地あゐぢこん立絞たてしぼり浴衣ゆかたたゞ一重ひとへいとばかりのくれなゐせず素膚すはだた。えりをなぞへにふつくりとちゝくぎつて、きぬあをい。あをいのがえて、先刻さつきしろはな俤立おもかげだつ・・・・・撫肩なでがたたゆげにおとして、すらりとながひざうへへ、和々やは/\重量おもみたして、二のうでしなやかにいたのが、それ嬰兒あかんぼで、仰向あをむけにかほへ、しろ帽子ばうしけてある。寢顔ねがほ電燈でんとういとつたものであらう。嬰兒あかんぼかほえなかつた、だけそれだけ、懸念けねんへば懸念けねんなので、工學こうがくがーーこひすつぼんか、とつたのはこれであるが・・・・・

 なまめいたむねのぬしは、顔立かほだちも際立きはだつてうつくしかつた。鼻筋はなすぢ象牙ざうげぼりのやうにつんとしたのがなんへば強過つよすぎる・・・・・かはりには恍惚うつとりと、なに物思ものおもてい仰向あをむいた、細面ほそおも引緊ひきしまつて、口許くちもととゝもに人品じんぴんくづさないでがある・・・・・かほだちがおびよりも、きりゝと細腰ほそごしめてた。おもてめた姿すがたである。皓齒しろはひとつも莞爾につこりほころびたら、はらりとけて、おび浴衣ゆかたのまゝえて、はだしろいろさつむらがつてかう。かすみはなつゝむとふが、をんなはなかすみつゝむのである。はだへきぬすばかり、浴衣ゆかたあをいのにも、胸襟むねえりのほのめくいろはうつろはぬ、しか湯上ゆあがりかとおもあたゝかさを全身ぜんしんみなぎらして、かみつやさへしたゝるばかり濡々ぬれ/\として、それがそよいで、硝子ガラスまどかぜひたひまつはる、あせばんでさへたらしい。
 ふといたまど横向よこむきにつて、ほつれ白々しろ/\としたゆびくと、あのはなつよかをつた、とおもふとみどり黒髪くろかみに、おなしろはな小枝こえだきたるうてな湧立わきたしべゆるがして、びんしてたのである。

 とき工學こうがくが、しかわたしにぎつた。
りませう。是非ぜひ談話はなしがあります。」

 つて見送みおくれば、をんなせた電車でんしやは、見附みつけたにくぼんだ廣場ひろばへ、すら/\とりて、一くらつてまつたが、たちまかぜつたやうに地盤ぢばんそらざまにさつさかへ、すべつて、あを火花ひばながちら/\と、さくら街樹なみきからんだなり、暗夜くらがりこずゑえた。

 小雨こさめがしと/\とまちへかゝつた。
 其處そこ珈琲コオヒイてん連立つれだつてはひつたのである。
 こゝに、一寸ちよつとことわつておくのは、工學こうがくかつ學生がくせいで、その當時たうじは、近縣きんけん賣藥ばいやく行商ぎやうしやうをしたことである。






利根とねがはながれ汎濫はんらんして、に、はたけに、村里むらざとに、みづ引殘ひきのこつて、つきとしぎてもれないで、のまゝ溜水たまりみずつたのがあります。 ・・・・・
 ちひさなのは、河骨かはほね點々ぼつ/\黄色きいろいたはななかを、小兒こどもいたづらねこせてたらひいでる。おほきなのはみぎはあしんだふねが、さをさしてなみけるのがある。千葉ちば埼玉さいたま、あの大河たいが流域りうゐき辿たど旅人たびびとは、時々とき/゛\いや毎日まいにち一ツニツは度々たび/\みづ出會でくはします。これ利根とねわすぬまわすみづんでる。

 なかにはまた、あのなが邸内ていないいて、用水ようすゐぐるみにはいけにして、筑波つくばかげほこりとする、豪農がうのうおほ百姓びやくしやうなどがあるのです。
 唯今たゞいまはなしをする、・・・・・わたし出會であひましたのは、うもにはつくつた大池おほいけつたらしい。もつとも、周圍まはりはしらあとらしいいしずゑ見當みあたりません。が、それとてもうもれたのかもれません。一めんくさしげつて、曠野あれのつた場所ばしよで、何故なぜに一人家じんかにはだつたか、とおもはれたとふのに、ぬま眞中まんなかこしらへたやうな中島なかじまひとつたからです。

 で、ぬまは、はなしいて、おかんがへにるはどおほきなものではないのです。うかとつて、むかぎしとさしむかつてこゑとゞくほどはちひさくない。それぢや餘程よほどひろいのか、とふのに、又然またさうでもない、ものゝ十四五ふん歩行あるいたら、容易たやす一周ひとまは出來できさうなんです。たゞし十四五ふん一周ひとまはりつて、すぐにおもふほど、せまいのでもないのです。
 と、ひますうちにも、ぬまびたりちゞんだり、すぼまつたり、ひろがつたり、うごいてるやうでせう。ーー
 ますか、結構けつこうですーーのつもりでおください。

 一たいみづふものは、一雫ひとしづくなかにも河童かつぱ一個ひとつむとくにりますくらゐ、氣心きごゝろれないものです。けて底澄そこすんですこ白味しろみびて、とろ/\としかきしとすれ/\に滿々まん/\たゝへた古沼ふるぬまですもの。ちやうど、そら模樣もやうくも同一おなじどんよりとして、くもうごはうへ、一しようごいて、時々とき/゛\、てら/\とてん薄日うすびうつすと、ひかりけて、晃々きら/\ひかるのが、ぬまおもてまなこがあつて、薄目うすめしろひとうかゞふやうでした。

 これでは、ぬまが、なんだか氣味きみなやうですが、なに一寸ちよつとことで、ーー四時下じさかり、五時前じまへ時刻じこくーーあつで、大層たいそうつかれて、みぎはにぐつたりとつて一息ひといきいてうちには、くもが、なだらかにながれて、うすいけれどもたひらつゝむと、ぬまみづしづかつて、そして、すこ薄暗うすぐらかげわたりました。
 かぜはそよりともない。が、れないそでなんとなくつめたいのです。

 風情ふぜいは一だんで、みぎはには、所々ところ/゛\たけひく燕子花かきつばたの、むらさきはなまじつて、あち此方こちまたりんづゝ、言交いひかはしたやうに、しろはなまじつてく‥‥‥
 あの中島なかじまは、むらがつたはなゆきかついでるのです。きしに、はなかげうつところは、松葉まつばながれるやうに、ちら/\とみづれます。小魚こうをおよぐのでせう。

 差渡さしわたし、いけもつとひろい、むかうのみぎはに、こんもりと一ぼんやなぎしげつて、みどりいろ際立きはだてゝ、背後うしろ一叢ひとむらもりがある、なか横雲よこぐもしろくたなびかせて、もう一叢ひとむら、一段高だんたかもりえる。うしろは、遠里とほざとあはもやいた、なだらかなやまなんです。ーーやなぎおくに、けて、ちひさな葭簧よしずばり茶店ちやみせえて、よこ街道かいだう、すぐに水田みづたで、水田みづたのへりのながれにも、はら/\燕子花かきつばたいてます。はうは、薄碧うすあをい、眉毛まゆげのやうな遠山とはやまでした。

 ぬま呼吸いきくやうに、やなぎからもりすそむらさきはなうへかけて、かすみごと夕靄ゆふもやがまはりへ一めんしろわたつてると、おなくもそらからおろして、みぎはく、こずゑあはく、なかほどのえだかしてなびきました。
 わたした、くさにも、しつとりともやふやうでしたが、そでにはかゝらず、かたにもかず、なんぞは水晶すいしやうとほしてるやうに透明とうめいで。つまり、上下うへしたしろくもつて、五六しやくみづうへが、かへつて透通すきとほほどなので‥‥‥
 あゝ、あのやなぎに、うつにじわたる、とると、薄靄うすもやに、なかわかれて、三つにれて、友染いうぜんに、鹿しぼり菖蒲あやめけた、派手はですゞしいよそほひをんなが三にん
 しろが、ちら/\とうごいた、とおもふと、なまりいたいと三條みすぢ三處みところさをりた。
「あゝ、こひる・・・・・」
 一しやく金鱗きんりんおもかゞやかして、みづうへ飜然ひらりぶ。」






「それよりも、見事みごとなのは、釣竿つりざを上下あげおろしに、もつるゝたもとひるがへそでで、翡翠かはせみが六つ、十二のつばさひるがへすやうなんです。
 しろえる、莞爾につこりわら面影おもかげさへ、俯向うつむくのも、あふぐのも、かさねるのも微笑ほゝゑとき一人ひとりかたをたゝくのも・・・・・つぼみがひら/\ひらくやうにえながら、あつ硝子がらすまどへだてたやうに、まるつきりこゑが・・・・・いや四邊あたり寂然ひつそりして、ものゝおときこえない。

 むかつてひだりはした、なかでも小柄こがらなのがおろしてる、さを滿月まんげつごとくにしなつた、とおもふと、うへしぼつたいと眞直まつすぐびて、するりとみづそらかゝつたこひがーー」

ーー理學士りがくし言掛いひかけて、わたしかほて、して四邉あたりた。うしたみせ端近はしぢかは、おくより、二かいより、かへつて椅子いすしづかであつたーー

こひは、それこひでせう。が、たまのやうな眞白まつしろな、あのもり背景はいけいにして、ちういたのが、すつとあはせた白脛しろはぎながす・・・・・およ人形にんぎやうぐらゐな白身はくしん女子ぢよし姿すがたです。られたのぢやありません。釣針つりばりをね、う、兩手りやうていたかたち

 御覽ごらんなさい。釣濟つりすましたたう美人びじんが、釣棹つりざを突離つきはなして、やなぎもやまくら横倒よこたふしにつたがはやいか、おきるがいなや、三にんともに手鞠てまりのやうにげた。が、げるのが、もやむのです。どんな、はずみのい、くづれる綿わた踏越ふみこ踏越ふみこしするやうに、つまもつれる、もすそみだれる・・・・・それが、やゝ少時しばらくあひだえました。
 あとから、荼店ちやみせばあさんがおよがせて、これはしる‥‥‥

 一たいあのへんには、自動じどうしやなにかで、美人びでんが一にちがけと遊山ゆさん宿やど乃至ないし温泉をんせんのやうなものでもるのか、うか、まだたづねてません。それればですが、それにしたところで、近所きんじよ遊山ゆさん宿やどたのが、ぬまつりをしたのか、それとも、なんくになんさとなんいけつたのが、一しゆ蜃氣しんきろうごと作用さよう此處こゝうつつたのかもわかりません。あましづかな、ものおとのしない樣子やうすが、ゆめふよりか海市かいしました。

 ぬまいろは、やゝ蒼味あをみびた。
 けれども、茶店ちやみせばあさんはしやうのものです。げんに、わたしとほかゝりにぬまみぎはほこらをさして、
「あれは何樣なにさまやしろでせう。」とたづねたときに、「さい神樣かみさまだ。」とつてをしへたものです。今其いまそほこらぬまむかつてくさいこつた背後うしろに、なぞへに道芝みちしば小高こだかつたちひさなもりまへにある。鳥居とりゐが一そばおほき棕櫚しゆろが、五かぶまで、一れつならんで、蓬々おどろ/\としたかたちる。・・・・・さあ、これやしきあとゝおもはれる一條ひとつで、小高こだかいのは、おほきな築山つきやまだつたかもれません。

 ところで、一せんたりとも茶代ちやだいいてなんぞ、やす餘裕よゆうかつたわたしですが、・・・・・うやつて賣藥ばいやく行商ぎやうしやう歩行 あるきます時分じぶんは、兩親りやうしんへせめてもの供養くやうのため、とおもつて、殊勝しゆしやうらしくきこえて如何いかゞですけれども、道中だうちうみややしろほこらのあるところへは、きつ持合もちあはせたくすりなかの、何種なにしゆのか、一包ひとつゝみづゝをそなへました。ーーまうづるひとがあつて神佛しんぶつからさづかつたものとおもへば、きつ病氣びやうきなほりませう。わたし幸福かうふくなんです。

 丁度ちやうどわたしみぎはに、朽木くちきのやうにつて、ぬましづんで、裂目さけめ燕子花かきつばたかげし、やぶれたそこ中空なかぞらくも往來ゆきゝする小舟こぶねかたちえました。
 それ見棄みすてゝ、御堂おだうむかつてちました。
 談話はなし要領えうりやうをおいそぎでせう。
 はやまをしませう。・・・・・きつね格子がうしけますとね、うです ・・・・・
「まあ、これめづらしい。」
 几帳きちやうとも、垂幕さげまくともひたいのに、うではない、萌黄もえぎあを段染だんぞめつた綸子りんずなんぞ、唐繪からゑうき模樣もやう織込おりこんだのが窓帷カアテンつた工合ぐあひに、がう天井てんじやうからゆかいておほうてある。これおほはれて、なかえません。
 これが、もつとおくめてつてあれば、きぬ一重ひとへうちは、すぐに、厨子づし神棚かみだなふのでせうから、ちかつて、わたしは、のぞくのではなかつたのです。が、だううちの、むし格子かうしつたはうかゝつてました。
 何心なにごゝろなく、はしを、キリ/\と、手許てもとへ、しぼると、蜘蛛くものかはりにまぼろしあやつて、脈々みやく/\として、かほでたのは、薔薇ばらすみれかとおもふ、いや、それよりも、唯今たゞいまおもへば、先刻さつきはなにほひです、なんともへない、あまい、なまめいたかをりが、ぷんかをつた。」

ーー學士がくし手巾はんけちで、くちおほうて、一寸ちよつとひたひおさへたーー

「ーー其處そこねやで、洋式やうしき寢臺ねだいがあります。二人ふたりゆつたりとした立派りつばなもので、一めんに、ひかりつた、なめらかに艷々つや/\した、ぬめか、羽二重はぶたへか、とおもあは朱鷺ときいろなのを敷詰しきつめた、いさゝふるびてはえました。が、それはそらくもつて所爲せゐでせう。おないろうす掻卷かいまきけたのが、すんなりとした寢姿ねすがたの、すこ肉附にくづきくしてせるくらゐ。はだおほうたともえないで、うつくしをんなかほがはら/\と黒髪くろかみを、矢張やつぱり、おなきぬまくらにひつたりとけて、此方こちらむきにすこ仰向あをむけにつてます。のですが、それが、黒目くろめがちさうひとみをぱつちりとけてる・・・・・に、此處こゝころされるのだらう、とあまりのことおもひましたから、此方こつちぢつ凝視みつめました。

 すこ高過たかすぎるくらゐに鼻筋はなすぢがツンとして、彫刻てうこくか、ねりものか、まゆ口許くちもと、はつきりした輪郭りんくわくひ、だい櫻色さくらいろの、あの、色艶いろつやが、ーーそれがーーいまの、あの電車でんしや婦人ふじん瓜二うりふたつとつてもい。
 ときに、一筋ひとすぢでもうごいたら、の、まくら蒲團ふとん掻卷かいまき朱鷺ときいろにもまがつぼみともつたかほをんなは、芳香はうかうはなつて、乳房ちぶさからしべかせて、爛漫らんまんとしてくだらうとおもはれた。」






わたしくらんだんでせうか、をんなまたゝきをしません。五ふんか一ときと、此方こつち呼吸いきをもめてますあひだーーで、あま調そろつた顔容かほだちといひ、はたしてこれ白像はくざう彩塑さいそで、ことか、仔細しさいあつて、べう本尊ほんぞんなのであらう、とおもつたのです。
 ゆかした・・・・・板縁いたえんうらところで、がさ/\がさ/\とおと發出しだした・・・・・彼方あつちへ、此方こつちへ、ねずみが、ものでも引摺ひきずるやうで、ゆかひヾく、とおとが、へんに、うへつてるわたしあしうらくすぐるとつたかたちで、むづがゆくつてたまらないので、もさ/\身體からだゆすりました。ーー本尊ほんぞんは、まだまたゝきもしなかつた。ーーうちに、みぎおとが、かべでもぢるか、這上はひあがつたらしくおもふと、寢臺ねだいあし片隅かたすみ羽目はめやぶれたところがある。透間すきまいたちがちよろりとのぞくやうに、茶色ちやいろ偏平ひらつたかほしたとうかゞはれるのが、もぞり、がさりとすこしづゝはひつて、ばさ/\とる、とおほきさやがて三だら法師はふしかたちたもの、だらけの凝固かたまりあしも、かほるのぢやない。成程なるほどねずみでもなかもぐつてるのでせう。

 其奴そいつが、がさ/\と寢臺ねだいしたはひつて、ゆかうへをずる/\と引摺ひきずつたとると、をんな掻卷かいまきから二のうでしろいて、わたしはうへぐたりとげた。寢亂ねみだれてちゝえる。それ片手かたてかくしたけれども、あしのあたりをふるはすと、あゝ、とつて兩方りやうはうくうつかむとすそげて、弓形ゆみなりらして、掻卷かいまきて、ころがるやうにふすまけた。・・・・・

 わたし飛出とびだした‥‥‥
 だんちるやうにりたときくろきつね格子がうし背後うしろにして、をんな斜違はすつかひ其處そこつたが、足許あしもとに、やあのむくぢやらの三だら法師ほふしだ。
 しろくびすげました、階段かいだんを、すべりる、と、あとから、ころ/\ところげて附着くつゝく。さあ、それからは、宛然さながら人魂ひとだまつきものがしたやうに、かつあかつて、くさなか彼方あつちへ、此方こつちへ、たゞ、伊達だてまきについたばかりのしどけないなまめかしい寢着ねまきをんな追廻おひまはす。をんなはあとびつしやりをする、背筋せすぢよぢらす。三だら法師ほふしは、もすそにまつはる、かゝとめる、刎上はねあがる、身震みぶるひする。
 やがて、ぬまふち追迫おひせまられる、とあしかふ這上はひあがる三だら法師はふしに、わな/\身悶みもだえするしろあしが、あの、釣竿つりざをつた三にんのやうに、ちら/\とちういたが、するりとおとして、おびが、すべると、ものがげてくさちた。

しづんだふねーー」と、おもはずわたしこゑけた。ひましに、陰氣いんき水音みづおとが、だふん、とひゞいた・・・・・
 しかし、綺麗きれいおよいでく。うつくしにく脊筋せすぢけて左右さいうひらみづ姿すがたは、かるうすものさばくやうです。はだしろこと、あの合歡ねむのはなをぼかしたいろなのは、かねときのために用意よういされたのかとおもふほどでした。

 動止うごきやんだ赤茶あかちやけた三だら法師ほふしが、わたしまへに、惰力だりよくで、毛筋けすぢを、ざわ/\とざわつかせて、うツぷ/\あへいでる。
 るとおどろいた。ものは棕櫚しゆろ引束ひつゝかねたに相違さうゐはありません。が、ひと途端とたんに、ばち/\まめおとがして、ばら/\と飛着とびついた、棕櫚しゆろあかいのは、いくまんともかずれないのみ集團かたまりであつたのです。

 や、兩脚りやうあしが、むづ/\、背筋せすぢがぴち/\、頸首えりくびへぴちんとる、わたしは七てんたうして身體からだつて振飛ふりとばした。
 なんと、棕櫚しゆろのみところに、一人ひとりちひさい、めじりほゝ垂下たれさがつた、青膨あをぶくれの、土袋どぶつで、肥張でつぷりな五十恰好かつかうの、頤鬚あごひげはやした、をとこつてるぢやありませんか。なにものともれない。越中ゑつちうふんどしふ・・・・・あいつ一つで、眞裸まつぱだかきたなけつです。

 をんなぬまおよいて、はなしげりにかくれました。
 が、姿すがたが、みづながれて、やなぎみどり姿見すがたみにして、ぽつとうつつたやうに、ひとかげらしいものが、みづむこうに、きしやなぎ薄墨うすゞみいろつてる・・・・・あるひまた・・・・・此處こゝ土袋どぶつ同一おなじやうなをとこが、其處そこへもて、白身はくしん婦人をんなるのかもれません。
 わたし一人ひとりでせうね ・・・・・

「や、てい。」
 青膨あをふくれが、たんからんだ、ぶやけたこゑして、行掛ゆきかゝつたわたしめた・・・・・
もれえたいものがあるで、ぢきぢやぞ。」と、くびをぐたりとりながら、横柄わうへいふ。・・・・・なんと、兩足りやうあしから、下腹したばらけて、棕櫚しゆろのみが、うよ/\ぞろ/\・・・・・赤蟻あかありれつつくつてる・・・・・わたし立窘たちすくみました。

 ひら/\、と夕空ゆふぞらくもおよぐやうにやなぎから舞上まひあがつた、あゝ、それは五位鷺ゐさぎです。中島なかじまうへ舞上まひあがつた、とるとけてさつおとした。
「ひい。」とをんなこゑさぎ舞上まひあがりました。つばさかぜに、はなのさら/\とみだるゝのが、をんな手足てあしうねらして、もがくに宛然さながらである。

 今考いまかんがへると、それが矢張やつぱり、あの先刻さつきだつたかもれません。おなかをりかぜのやうに吹亂ふきみだれたはななかへ、ゆき姿すがた素直まつすぐつた。が、なめらかなむねちゝしたに、ほしなるがごと一雫ひとしづく鮮紅からくれなゐいとみだして、はな眞赤まつかる、と淡紅うすべになみなかへ、しろ眞倒まつさかさまつてぬましづんだ。みぎはひろくするらしいしづかなみづいて、血汐ちしほ綿わたがすら/\とみどりいてたゞよながれる ・・・・・

「あれをい、かたちぢやらうが、なんむかい。」 ーーわたしいきつて、かぶりると、
わからんかい、白痴たはけめが。」と、ドンとむねいて、突倒つきたふす。おもちからは、磐石ばんじやくであつた。

また・・・・・遣直やりなほしぢや。」とつふやきながら、のみをぶらげると、わたし茫然ばうぜんとしたあひだに、のそ/\、と越中えつちゆうふんどしきうのあとのしりせて、そして、やがて、及腰およびごしほこらきつね格子ねがうしのぞくのがえた。

おくさんや、おくさんやーーのみが、のみがーー」
 とはらをだぶ/\、身悶みもだえをしつゝ、後退あとじさりにつた。、どしん、と尻餅しりもちをついた。が、あたまへ、棕櫚しゆろをずぼりとかぶる、とふくろふけたやうなかたちつて、のまゝ、べた/\とくさつて、えんした這込はひこんだ。ーー

 蝙蝠かうもりがさつゑにして、わたしがひよろ/\として立去たちさときぬまくらうございました。そしてなまぬるいあめ降出ふりだした ・・・・・

おくさんや、おくさんや。」
 とつたが、土袋どぶつ細君さいくんださうです。土地とち豪農ごうのう何某なにがしが、内證ないしよう逼迫ひつぱくした華族くわぞく令孃れいぢやう金子かねにかへてめとつたとひます。御殿ごてんづくりでかしづいた、が、姫君ひめぎみ可恐おそろし蚤嫌のみぎらひで、たゞぴきにも、よるひる悲鳴ひめいげる。かなしさに、別室べつしつねやつくつてふせいだけれども、ふせれない。で、はて亭主ていしゆが、のみけるためののみつて、棕櫚しゆろ全身ぜんしんまとつて、素裸すつぱだかで、寢室しんしつえんしたもぐもぐり、一夏ひとなつのうちに狂死くるひじにをした。ーー

「まだ、まよつてさつしやるかなう、二人ふたりともーーたびひとがの、あのわすぬまでは、おなこと度々たび/\ます。」  旅籠はたごでの談話はなしであつた。」
 工學こうがくけたして、
「・・・・・ほこらえんしたましたがね、・・・・・御存ごぞんしですか・・・・・異類いるゐい異形いぎやういしがね。」
 工學こうがくから音信おとづれして、あれは、乳香にうかうであらうとふ。




           【完】







2style.net