化鳥

泉鏡花


 愉快おもしろいな、愉快おもしろいな、お天氣てんきわるくつてそとあそべなくつてもいや、かさて、みのて、あめるなかをびしよ/\れながら、はしうへわたつてくのはゐのしゝだ。
 菅笠すげがさ目深まぶかかぶつて、飛沫しぶきれまいとおもつて向風むかひかぜ俯向うつむいてるからかほえない、みのすそ引摺ひきずつてながいから、あしえないで歩行あるいてく、たかさは五尺ごしやくばかりあらうかな、ゐのしゝとしてはおほきなものよ、大方おほかたゐのしゝなか王樣わうさま彼樣あんな三角形さんかくなりかんむりて、まちて、して、わたし母樣おつかさんはしうへとほるのであらう。
 トかうおもつてると愉快おもしろい、愉快おもしろい、愉快おもしろい。

 さむあさあめつてるときわたしちひさな時分じぶん何日いつかでしたつけ、まどからかほしてました。
母樣おつかさん愉快おもしろいものが歩行あるいてくよ。」
 爾時そのとき母樣おつかさんわたし手袋てぶくろこしらへてくだすつて、
「さうかい、なにとほりました。」
「あのウゐのしゝ。」
「さう。」といつてわらつてらつしやる。
「ありやゐのしゝだねえ、ゐのしゝ王樣わうさまだねえ。
 母樣おつかさん。だつて、おほきいんだもの、そして三角形さんかくなりかんむりました。さうだけれども、王樣わうさまだけれども、あめるからねえ、びしよぬれになつて、可哀相かはいそうだつたよ。」
 母樣おつかさんかほをあげて、此方こつちをおきで、
吹込ふきこみますから、おまへ此方こつちへおいで、そんなにしてると、衣服きものれますよ。」

めよう、母樣おつかさん、ね、こゝんところの。」
「いゝえ、さうしてあけてかないと、お客樣きやくさまとほつても橋錢はしせんいてつてくれません。ずるいからね、引籠ひつこもつてだれないと、そゝくさ通抜とほりぬけてしまひますもの。」

 わたしその時分じぶんなんにもらないでたけれども、母樣おつかさん二人ふたりぐらしは、この橋錢はしせんつてつたので、一人ひとりまへ幾干いくらかづゝつてわたしました。
 はしのあつたのは、まちすこはなれたところで、堤防どてまつならんでうわつてて、はしたもとえのき一本いつぽん時雨しぐれえのきとかいふのであつた。
 此榎このえのきしたに、はこのやうな、ちひさな、ばん小屋ごやてゝ、其處そこ母樣おつかさん二人ふたりんでたので、はし粗造そざうな、宛然まるであはせといつたやうなこしらかたくひうへいたわたしてたけ欄干らんかんにしたばかりのもので、それでも五人ごにんや十にんぐらゐ一時いつときわたつたからツて、すこれはしようけれど、れてちるやうな憂慮きづかひはないのであつた。

 ちやうどまち場末ばすゑんでる日傭ひらうとり土方どかた人足にんそく、それから、三味線さみせんいたり、太鼓たいこならしてあめつたりするもの越後ゑちご獅子ごじゝやら、猿廻さるまはしやら、附木つけぎものだの、うたうたひふものだの、元結もとゆひよりだの、はや附木つけぎはこ内職ないしよくにするものなんぞが、目貫めぬきまち往歸ゆきかへりには、是非ぜひ母樣おつかさんはしとほらなければならないので、百にんと二百にんづゝ朝晩あさばんにぎやかな人通ひとどほりがある。
 それからまたむかうからわたつてて、このはしして場末ばすゑきたなまちとほぎると、野原のはらる。そこンとこ梅林ばいりんで、うへやまさくら名所めいしよで、其下そのした桃谷もゝだにといふのがあつて、谷間たにあひ小流こながれには、菖蒲あやめ燕子花かきつばた一杯いつぱいく。頬白ほゝじろ山雀やまがら雲雀ひばりなどが、ばら/\になつてうたつてるから、綺麗きれい着物きもの問屋とんやむすめだの、金滿家かねもち隱居いんきよだの、ひさごこしげたり、はなえだをかついだりして千鳥ちどりあしとほるのがある。それははるのことで。なつになると納涼すゞみだといつてひとる。あき蕈狩たけがり出懸でかけてる、 遊山ゆさんをするのが、皆内みんなうちはしとほらねばならない。

 このあひだたれかと二三にんづれで、學校がくかうのお師匠しゝやうさんが、うちまへとほつて、わたしかほたから、丁寧ていねいにお辭儀じぎをすると、おや、といつたきりで、橋錢はしせんかないでつてしまつた。
「ねえ、母樣おつかさん先生せんせいもずるいひとなんかねえ。」
 とまどからかほ引込ひつこませた。



「お心易こゝろやすだてなんでせう、でもずるいんだよ。餘程よつぽどさういはうかとおもつたけれど、先生せんせいだといふから、また、そんなことでわるつて、おまへにくまれでもしちやなるまいとおもつて、だまつてました。」
 といひ/\母樣おつかさんつてらつしやる。
 おひざうへちてた、一ツのはう手袋てぶくろの、恰好かつかう出來できたのを、わたしつて、てのひらにあてゝたり、かふうへツけてたり、
母樣おつかさん先生せんせいはね、それでなくつてもぼくのことを可愛かはひがつちやあくださらないの。」
 とうつたへるやうにいひました。

 かういつたときに、學校がくかうなんだからないけれど、わたしがものをいつても、こゝろよ返事へんじをおしでなかつたり、ねたやうな、けんどんなやうな、おもしろくないことばをおかけであるのを、いつでもなさけないとおもひ/\してたのをかんがして、すこふさいで俯向うつむいた。
何故なぜさ。」
 なに、さういふ樣子やうすえるのは、つい四五しご日前にちまへからで、其前そのさきには些少ちつともこんなことはありはしなかつた。かへつて母樣おつかさんにさういつて、何故なぜだかいてようとおもつたんだ。
 けれど、ばん小屋ごやはひるとすぐ飛出とびだしてあそんであるいて、かへると、御飯ごはんべて、そしちやあよこになつて、母樣おつかさん氣高けだかうつくしい、頼母たのもしい、穏當をんたうな、そしてすこせておいでの、かみたばねてしつとりしてらつしやるかほて、なに談話はなしをしいしい、ばつちりとをあいてるつもりなのが、いつか、そのまんまでてしまつて、がさめると、またすぐ支度したくすまして、學校がくかうくんだもの。

 そんなこといつてるひまがなかつたのが、あめ閉籠とぢこもつて、さびしいのでおもした、次手ついでだからいたので。
何故なぜだつて、なになの、此間このあひだねえ、先生せんせい修身しうしんのお談話はなしをしてね、ひとなんだから、なか一番いちばんえらいものだつて、さういつたの。母樣おつかさんちがつてるわねえ。」
「むゝ。」
「ねツちがつてるワ、母樣おつかさん。」
 ともみくちやにしたので、吃驚びつくりして、ぴつたりをついてたゝみうへで、手袋てぶくろをのした。よこしわつたから、引張ひつぱつて、
「だからぼく、さういつたんだ、いゝえ、あの、先生せんせい、さうではないの。ひとも、ねこも、いぬも、それからくまも、みんなおんなじ動物けだものだつて。」
なんとおつしやつたね。」
馬鹿ばかなことをおつしやいつて。」
「さうでせう。それから、」
「それから、(だつて、いぬや、ねこが、くちきますか、ものをいひますか)ツて、さういふの。いひます。すゞめだつてチツチツチツチツて、母樣おつかさんと、父樣おとつさんと、こども朋達ともだちみんなで、お談話はなしをしてるぢやあありませんか。僕眠ぼくねむとき、うつとりしてるときなんぞは、みゝとこて、チツチツチて、なにかいつてかせますのツてさういふとね、(つまらない、そりやさへづるんです。ものをいふのぢやあなくツてさへづるの、だからなにをいふんだかわかりますまい)ツていたよ。ぼくね、あのウだつてもね、先生せんせいひとだつて、大勢おほぜいで、みんな體操たいさうで、てんでになにかいつてるのをとほくンとこいてると、なにをいつてるのか些少ちつとわからないで、ざあ/\ツてながれてるかはおととおんなしで、僕分ぼくわかりませんもの。それからぼくうちはししたを、あのウふねいでくのがなんだかうたつてくけれど、なにをいふんだかやつばりとりこゑおほきくしてながひつばつていてるのとちがひませんもの。ずツと川下かはしもはうで、ほう/\ツてんでるのは、あれは、あの、ひとなんか、いぬなんか、わかりませんもの。すゞめだつて、四十雀しじふからだつて、のきだの、えのきだのにとまつてないで、ぼく一所いつしよすわつてはなしたら皆分みんなわかるんだけれど、はなれてるからきこえませんの。だつて、ソツとそばへつて、ぼく、お談話たなししようとおもふと、皆立みんなたつていつてしまひますもの、でも、いまに大人おとなになると、とほくでてもわかりますツて。ちひさいみゝだから、澤山たくさんいろんなこゑはひらないのだつて、母樣おつかさんぼく、あかさんであつた時分ころからいひました。 いぬねこ人間にんげんもおんなじだつて。ねえ、母樣おつかさん、だねえ母樣おつかさん、いまに皆分みんなわかるんだね。」



 母樣おつかさん莞爾につこりなすつて、 lあゝ、それでなにかい、先生せんせいはらをおちのかい。」
 そればかりではなかつた、わたし兒心こどもごゝろにも、アレ先生せんせいいやかほをしたな、トおもつてつたのは、まだモすこ種々いろ/\なことをいひあつてから、それからあとことで。
 はじめは先生せんせいわらひながら、ま、あなたが左樣さうおもつてるのなら、しばらくさうしてきませう。けれども人間にんげんには智慧ちゑといふものがあつて、これにはほかとりだの、けだものだのといふ動物どうぶつくはだおよばないといふことを、わたし河岸かはぎしまつてるからつて、れいをあげておさとしであつた。
 つりをする、あみつ、とりをさす、みんなひと智慧ちゑで、なにらない、わからないから、つられて、されて、たべられてしまふのだトかういふことだつた。そんなことは私聞わたしきかないでつてる、朝晩あさばんるもの。

 はしはさんで、かはさかのぼつたり、ながれたりして、流網ながれあみをかけてうをるのが、かはなか手拱てあぐらかいて、ぶる/\ふるへて突立つゝたつてるうちは、かほのある人間にんげんだけれど、そらといつてみづもぐると、さかさになつて、水潜みづくゞりをしい/\五分間ふんかんばかりもおよいでる、あしばかりがえる。其足そのあし恰好かつかうわるさといつたらない。うつくしい、金魚きんぎよおよいでる尾鰭をひれ姿すがたや、ぴら/\と水銀すゐぎんRuby>色いろかゞやかしてねてあがるあゆなんぞの立派りつぱさには全然まるでくらべものになるのぢやあない。さうしてあんな、水浸みづびたしになつて、大川おほかはなかからあししてる、そんな人間にんげんがありますものか。で、人間にんげんだとおもふとをかしいけれど、かはなかからあしえたのだと、さうおもつてるとおもしろくツて、ちつともいやなことはないので、つまらない觀世みせものくより、ずつとましなのだつて、母樣おつかさんがさうおひだから、わたしはさうおもつてますもの。

 それから、つりをしてますのは、ね、先生せんせい、とまた其時そのとき先生せんせいにさういひました。あれは人間にんげんぢやあない、きのこなんで、御覽ごらんなさい。片手かたてふところつて、ぬうとつて、かさかぶつてる姿すがたといふものは、堤防どてうへに一ぽん占治茸しめぢえたのにちがひません。
 夕方ゆふがたになつて、ひよろながかげがさして、薄暗うすぐら鼠色ねずみいろ立姿たちすがたにでもなると、ます/\占治茸しめぢで、ずつととほい/\ところまでひとならびに、十にんも三十にんも、ちひさいのだの、おほきいのだの、みじかいのだの、ながいのだの、一番いちばんばし手前てまへのをかしらにして、さかりどき毎日まいにち五六十ぽん出來できるので、また彼處あつち此方こつちに五六にんづゝも一團ひとかたまりになつてるのは、千本せんぼんしめぢツて、くさ/\にえてる、それはちひさいのだ。 だの、くさだのだと、かぜくとうごくんだけれど、きのこだから、あの、きのこだからゆつさりとしもしませぬ。これが智慧ちゑがあつてつりをする人間にんげんで、些少ちつとうごかない。其間そのあひだうをみんな悠々いう/\およいであるいてますわ。
 また智慧ちゑがあるつても、くちかれないからとりとくらべツこすりや、五分々々ごぶ/\のがある、それはとりさしで。

 過日いつかたことがありました。
 餘所よそのをぢさんのとりさしがて、わたしところはしつめで、えのきした立留たつどまつて、六ぽんめのえだのさきに可愛かはい頬白ほゝじろたのを、さをでもつてねらつたから、あら/\ツてさういつたら、ツ、だまつて、だまつて。こはかほをしてわたしめたから、あとじさりをして、そツとると、呼吸いきもしないで、ぢつとして、いしのやうにだまつてしまつて、かう据身すゑみになつて、中空なかぞらつらぬくやうに、じりつとさををのばして、ねらつてるのに、頬白ほゝじろなんにもらないで、チ、チ、チツチツてツて、おもしろさうに、なにかいつてしやべつてました。それをとう/\つゝついてさしてると、さをのさきで、くる/\とつて、まだはげしくこゑしていてるのに、智慧ちゑのある小父をぢさんのとりさしは、だまつて、鰌掴どぜうづかみにして、こしふくろなかねぢんで、それでもまだだまつて、ものもいはないで、のつそりつちまつたことがあつたんで。



 頬白ほゝじろ智慧ちゑのあるとりさしにとられたけれど、さへづつてましたもの。ものをいつてましたもの。をぢさんはだんまりで、そばわたしまでものをふことが出來できなかつたんだもの。なにもくらべつこして、どつちがえらいともわかりはしないつて。
 なんでもそんなことをいつたんで、ほんたうにわたしさうおもつてましたから。
 でも、それ先生せんせいおこつたんではなかつたらしい。
 で、まだ/\いろんなことをいつて、人間にんげんが、とりけものよりえらいものだとういつておさとしであつたけれど、うみなかだの、山奥やまおくだの、わたしらない、わからないところのことばかりたとへいていふんだから、口答くちごたへ出來できなかつたけれど、ちつともなるほどとおもはれるやうなことはなかつた。
 だつて、わたし母樣おつかさんのおつしやること、虚言うそだとおもひませんもの。わたし母樣おつかさんがうそをいつてかせますものか。
 先生せんせい同一おなじクラス小兒こどもたちを三十にんも四十にん一人ひとり可愛かはいがらうとするんだし、母樣おつかさんわたし一人ひとり可愛かはいいんだから、うして、先生せんせいのいふことはわたしだますんでも、母樣おつかさんがいつておかせのは、けつしてちがつたことではない、トさうおもつてるのに、先生せんせいのは、まるで母樣おつかさんのとちがつたこといふんだから心服しんぷくはされないぢやありませんか。
 わたしうなづかないので、先生せんせいがまた、それでは、みんなあなたのおもつてるとほりにしてきませう。けれどもだの、くさだのよりも、人間にんげんまさつた、立派りつぱなものであるといふことは、いかな、あなたにでもわかりませう、づそれを基礎どだいにして、お談話はなしをしようからつて、きました。
 わからない、わたしさうはおもはなかつた。
「あのウ母樣おつかさん、(だつて、先生せんせい先生せんせいよりはなはうがうつくしうございます)ツてさうつたの。ぼく、ほんたうにさうおもつたの、おにはにね、ちやうどきくはないてるのがえたから。」
 先生せんせい束髪そくはつつた、いろくろい、なりのひく巖乘がんぢような、でく/\ふとつた婦人をんなかたで、わたしがさういふとかほあかうした。それからきふにツゝケンドンなものいひおしだから、大方おほかたそれはらをおちの原因げんいんであらうとおもふ。
母樣おつかさん、それでおこつたの、さうなの。」
 母樣おつかさん合點々々がてん/\をなすつて、
「おゝ、そんなことをぼつや、おまへいひましたか。そりや道理だうりだ。」
 といつて笑顔ゑがほをなすつたが、これはわたし惡戯いたづらをして、母樣おつかさんのおつしやることかないとき、ちつともしからないで、こはかほしないで、莞爾につこりわらつておせの、それとかはらなかつた。
 さうだ。先生せんせいおこつたのはそれにちがひない。
「だつて、虚言うそをいつちやあなりませんつて、さういつでも先生せんせいはいふくせになあ。ほんたうにぼくはなはうがきれいだとおもふもの。ね、母樣おつかさん、あのおやしきぼつちやんの、あをだの、むらさきだのまじつた、着物きものより、はなはうがうつくしいつて、さういふのね。だもの、先生せんせいなんざ。」
「あれ、だつてもね、そんなことひとまへでいふのではありません。おまへと、母樣おつかさんのほかには、こんないゝことつてるものはないのだから。わからないひとにそんなこといふと、おこられますよ。たゞ、ねえ、さうおもつてればいのだから、いつてはなりませんよ。いかい。そして先生せんせいはらつておにくみだつて、さういふけれど、なにそんなことがありますものか。それみんなまへがさうおもふからで、あの、すゞめだつてつて、ひろつてるのをて、うれしさうだとおもへばうれしさうだし、頬白ほゝじろがをぢさんにさゝれたときかなしいこゑだとおもつてれば、ひい/\いつていたやうにきこえたぢやないか。
 それでも先生せんせいこはかほをしておいでなら、そんなものはないで、いままへがいつた、そのうつくしいきくはなたらいでせう。ね、そしてなにかい、學校がくかうのおにはいてるのかい。」
「あゝ澤山たくさん。」
「ぢやあ其菊そのきくようとおもつて學校がくかうへおいで。はなはね、ものをいはないからみゝきこえないでも、そのかはりにはうつくしいよ。」
 モひとつ不平ふへいなのはお天氣てんきわるいことで、戸外おもてには、なか/\あめがやみさうにもない。



 またかほしてまどからかはた。さつきは雨脚あまあししげくつて、宛然まるで薄墨うすゞみいたやう、堤防どてだの、石垣いしがきだの、蛇籠じやかごだの、中洲なかすくさえたところだのが、點々ぽつちり/\彼方あちら此方こちらくろずんでて、それでしめつぼくつて、くらかつたからえなかつたが、すこれてたから、ものゝれたのがみんなえる。
 とほくのはう堤防どてした石垣いしがきなかはどに、置物おきもののやうになつて、かしこまつて、さるる。
 このさるは、たれ持主もちぬしといふのでもない。細引ほそびき麻繩あさなは棒杭ぼうぐひゆはへつけてあるので、あの、濕地茸しめぢたけが、こし辨當べんたう握飯にぎりめし半分はんぶんつたり、ぼつちやんだの、乳母ばあやだのが、たもと菓子くわしけてつたり、あか着物きものる、みいちやんの紅雀べにすゞめだの、あを羽織はおり吉公きちこう目白めじろだの、それからおやしきのかなりやの姫樣ひいさんなんぞが、みんなで、からかひにつては、はなたせる、手拭てぬぐひかぶせる、みづ鐵砲でつぱうあびせるといふ、きな玩弄物おもちやにして、其代そのかはりなんでもたべるものをけてやるので、たれといつて、きまつて世話せわをする、飼主かひぬしはないのだけれど、さるゑることはありはしなかつた。
 時々とき/゛\惡戯いたづらをして、その紅雀べにすゞめ天窓あたまむしつたり、かなりやを引掻ひつかいたりすることがあるので、あの猿松さるまつては、うつかり可愛かはいらしい小鳥ことり手放てばなしにして戸外おもてしてはけない、たれ見張みはつてゞもないと、危險けんのんだからつて、ちよい/\なはいてはなしてつたことが幾度いくどもあつた。
 はなすがはやいか、さる方々はう/゛\かけずりまはつて勝手かつて放題ほうだい道樂だうらくをする。夜中よなかつきあかるときてらもんたゝいたこともあつたさうだし、ひと庖厨くりやしのんで、なべおほきいのと飯櫃めしびつおほ屋根やねつて、あがつて、手掴てづかみべたこともあつたさうだし、ひら/\とあをいなかからあかきれのこぼれてる、うつくしいとりたもと引張ひつぱつて、はるかえるやまゆびさして氣絶きぜつさしたこともあつたさうなり、わたしおぼえてからも一度いちどだれかゞ、なはつてやつたことがあつた。其時そのときはこの時雨しぐれえのきえだ兩股りやうまたになつてるところに、仰向あをむけ寝轉ねころんでて、からすあしつかまへた。それから魚籠びくれてある、あのしめぢたけつた、沙魚はぜをぶちまけて、散々さん/゛\わる巫山戯ぶざけをした擧句あげくが、はしつめ浮世うきよのをぢさんにつかまつて、ひたひまつ四角しかくはさまれた、それで堪忍かんにんをして追放おつぱなしたんださうだのに、けてると、また平時いつもところ棒杭ぼうぐひにちやんとゆはへてあツた。蛇籠じやかごうへの、石垣いしがきなかほどで、うへ堤防どてにはやなぎ切株きかぶがあるところ
 またはじまつた、此通このとほりにさるをつかまへて此處こゝしばつとくのはだれだらうくツてひとしきりさわいだのをわたしつてる。
 で、此猿このさるには出處しゆつしよがある。
 それ母樣おつかさん御存ごぞんじで、わたしにおはなしなすつた。
 八九年前ねんまへのこと、わたしがまだ母樣おつかさんのおなかなかちひさくなつて時分じぶんんなんで、正月しやうがつはるのはじめのことであつた。
 いま唯廣たゞひろなか母樣おつかさんと、やがて、わたしのものといつたら、このばん小屋ごや假橋かりばしほかにはないが、その時分じぶん此橋このはしほどのものは、やしきにはなかひとツの眺望ながめぎないのであつたさうで。いまいちひとはるなつあきふゆ遊山ゆさんる、櫻山さくらやまも、桃谷もゝだにも、あの梅林ばいりんも、菖蒲あやめいけみんな父樣とつちやんので、頬白ほゝじろだの、目白めじろだの、山雀やまがらだのが、このまどから堤防どてきしや、やなぎしたや、蛇籠じやかごうへるのがえる、その身體からだいろばかりがそれである、小鳥ことりではない、ほんたうの可愛かはいらしい、うつくしいのがちやうどこんな工合ぐあひ朱塗しゆぬり欄干らんかんのついた二階にかいまどからえたさうで。今日けふはまだおひでないが、かういふあめつてさみしいときなぞは、その時分ころのことをいつでもいつておかせだ。



 いまではそんなたのしい、うつくしい、花園はなぞのがないかはり、まへ橋錢はしせん受取うけとざるいてある、このちひさなまどからふうがはりなゐのしゝだの、希代きたいきのこだの、不思議ふしぎさるだの、まだ其他そのたひとかほをしたとりだの、けものだのが、いくらでもえるから、ちつとは思出おもひでになるといつちやあ、アノ笑顔わらひがほをおしなので、わたしもさうおもつてせゐか、ひとがあるいてとき片足かたあしをあげたところ一本いつぽんあしとりのやうでおもしろい。ひとわらふのをるとけだものおほきなあかくちをあけたよとおもつておもしろい。みいちやんがものをいふと、おや小鳥ことりさへづるかとさうおもつてをかしいのだ。で、なんでも、おもしろくツて、をかしくツて、吹出ふきださずにはられない。
 だけれどいましがたも母樣おつかさんがおいひのとほり、こんないゝことをつてるのは、母樣おつかさんわたしばかりで、うして、みいちやんだの、吉公きちこうだの、それから學校がくかうをんな先生せんせいなんぞにをしへたつてわかるものか。
 ひとまれたり、られたり、後足あとあしすなをかけられたり、いぢめられてさいなまれて、煮湯にえゆませられて、すなあびせられて、むちうたれて、あさからばんまで泣通なきとほしで、咽喉のどがかれて、いて、えてしまひさうになつてるところを、ひと高見たかみ見物けんぶつされて、おもしろがられて、わらはれて、なぐさみにされて、うれしがられて、血走ちばしつて、かみうごいて、くちびるやぶれたところで、口惜くやしい、口惜くやしい、口惜くやしい、口惜くやしい、畜生ちくしやうめ、けだものめと始終しじうさうおもつて、五ねんも八ねんたなければ、眞個ほんたうわかることではない、おぼえられることではないんださうで、おなくなんなすつた、父樣おとつさんとこの母樣おつかさんとがいても身震みぶるひがするやうな、さういふひどいめに、くるしい、いたい、くるしい、つらい、惨酷ざんこくなめにつて、さうしてやう/\おわかりになつたのを、すつかりわたしをしへてくだすつたので。わたしはたゞかあちやん/\てツて母樣おつかさんかたをつかまへたり、ひざにのつかつたり、針箱はりばこ引出ひきだしぜかへしたり、ものさしをまはしてたり、裁縫おしごと衣服きもの天窓あたまからかぶつてたり、しかられてしたりしてて、それでちやんとをしへていたゞいて、それをばおぼえてわかつてから、なんでも、とりだの、けだものだの、くさだの、だの、むしだの、きのこだのにひとえるのだから、こんなおもしろい、結構けつこうなことはない。しかしわたしにかういふいゝことををしへてくだすつた母樣おつかさんは、とさうおもときふさぎました。これはちつともおもしろくなくつてかなしかつた、勿體もつたいない、とさうおもつた。
 だつて母樣おつかさんがおろそかにいてはなりません。わたしがそれほどのおもをしてやう/\おまへをしへらるゝやうになつたんだから、うかつにいててはばちがあたります。人間にんげんも、鳥獣てうぢう草木くさきも、昆蟲こんちうるゐも、みんなかたちこそかはつててもおんなじほどのものだといふことを。
 とかうおつしやるんだから。わたしはいつもをついてきました。
 で、はじめのうちうしてもひとが、とりや、けだものとはおもはれないで、やさしくされゝばうれしかつた、しかられるとこはかつた、いてると可哀相かはいさうだつた、そしていろんなことをおもつた。そのたびにさういつて母樣おつかさんにきいてるとなに皆鳥みんなとりさへづつてるんだの、いぬえるんだの、あの、さるくんだの、ぶるひをするんだのとちつともちがつたことはないつて、さうおつしやるけれど、矢張やつぱりさうばかりはおもはれないで、いぢめられていたり、でられてうれしかつたりしい/\したのを、その都度つど母樣おつかさんをしへられて、いまぢやあモウなんともおもつてない。
 そしてまだ如彼あゝれてはさむいだらう、つめたいだらうと、さきのやうにあめれてびしよ/\くのをるとどくだつたり、つりをしてひとがおもしろさうだとおもつたりなんぞしたのが、此節このせつぢやもう、たゞへんきのこだ、めうゐのしゝだと、をかしいばかりである、おもしろいばかりである、つまらないばかりである、ツともないばかりである、馬鹿々々ばか/\しいばかりである、それからみいちやんのやうなのは可愛かはいらしいのである、吉公きちこうのやうなのはうつくしいのである、けれどもそれは紅雀べにすゞめがうつくしいのと、目白めじろ可愛かはいらしいのと些少ちつとちがひはせぬので、うつくしい、可愛かはいらしい。うつくしい、可愛かはいらしい。



 またにくらしいのがある、腹立はらだたしいのもほかにあるけれども、それある場合ばあひさるにくらしかつたり、とり腹立はらだたしかつたりするのとかはりはいので。せんずればみんなをかしいばかり、矢張やつぱり噴飯ふきだす材料たねなんで、べつ取留とりとめたことがありはしなかつた。
 で、つまりじやううごかされて、かなしむ、うれふる、たのしむ、よろこぶなどいふことは、とき場合ばあひおいての母樣おつかさんばかりなので。餘所よそのものはうであらうと些少ちつとこゝろにはけないやうにましにさうなつてた。しかしかういふこゝろになるまでには、わたしをしへるために、毎日まいにち毎晩まいばんものくものについて、母樣おつかさんがどんなに苦勞くらうをなすつて、丁寧ていねい深切しんせつに、かないで、熱心ねつしんに、ねんごろんでふくめるやうになすつたかもれはしない。だもの、うして學校がくかう先生せんせいをはじめ、餘所よそのものが少々せう/\ぐらゐのことで、わかるものか、だれだつてわかりやしません。

 ところが、母樣おつかさんわたしとのほからないことを、モ一人ひとりほかつてるものがあるさうで、始終しじゆう母樣おつかさんがいつておかせの、それ彼處あすこ置物おきもののやうにかしこつてる、あのさるーーあのさるもと飼主かひぬしであつたーー老父ぢいさんの猿廻さるまはしだといひます。
 さつきわたしがいつた、さる出處しゆつしよがあるといふのはのことで。

 まだわたし母樣おつかさんのおなら時分じぶんだツて、さういひましたつけ。
 初卯はつう母樣おつかさん腰元こしもと二人ふたりれて、まち卯辰うたつはう天神てんじんさまへおまゐんなすつて、晩方ばんがたかへつてらつしやつた。ちやうど川向かはむこうの、いまさるところで、堤防どてうへのあのやなぎ切株きりかぶこしをかけてさるのひかへづなにぎつたなり、俯向うつむいて、ちひさくなつて、かた呼吸いきをしてたのがその猿廻さるまはしのぢいさんであつた。

 大方おほかたいま紅雀べにすゞめ其姉そのねえさんだの、頬白ほゝじろ其兄そのにいさんだのであつたらうとおもはれる。をとこだの、をんなだの、七八人寄にんよつて、たかつて、さるにからかつて、きやあ/\いはせて、わあ/\わらつて、つて、喝采かつさいして、おもしろがつて、をかしがつて、散々さん/゛\なぐさんで、そら菓子くわしをやるワ、蜜柑みかんげろ、もちをたべさすわつて、みんなでどつさりさる馳走ちそうをして、くらくなるとどや/\いつちまつたんだ。で、ぢいさんをいたはつてやつたものは、たゞ一人ひとりもなかつたといひます。

 あはれだとおおもひなすつて、母樣おつかさんがおあしめぐんで、肩掛シヨールせておやんなすつたら、ぢいさんなみだおとしてをがんでよろこびましたつて、さうして、
 (あゝ、奥樣おくさまわたしけだものになりたうございます。あいら、みんな畜生ちくしやうで、このさるめが夥間おなかまでござりませう。それで、手前てまへたち同類どうるゐにものをくはせながら、人間にんげん一疋いつぴきわたしにはけぬのでござります。)とさういつてあたりをにらんだ、おそらくこのぢいさんならわかるであらう、いや、わかるまでもない、ひとけだものであることをいはないでもつてようと、さういつて、母樣おつかさんがおかせなすつた。

 うまいことつてるな、ぢいさん。ぢいさんと母樣おつかさんわたし三人さんにんだ。其時そのときぢいさんがそのまんまで控綱ひかへづな其處そこところ棒杭ぼうぐひしばりツぱなしにしてさるをうつちやつてかうとしたので、とも女中ぢよちうくちして、うするつもりだつていた。母樣おつかさんもまたそばからまあ棄兒すてごにしては可哀相かはいさうでないかツて、おきなすつたら、ぢいさんにや/\とわらつたさうで、
 (はい、いえ、大丈夫だいぢやうぶでござります。人間にんげんをかうやつといたら、ゑもこゞえもしようけれど、けだものでござりますからいまなが御覽ごらうじまし、此奴こいつはもうけつしてひもじいふことはござりませぬから。)
 とさういつて、かさね/゛\おんしやして、わかれて何處どこへかつちまひましたツて。

 はたしてさるゑないでる。もういまでは餘程よつぽど年紀としであらう。すりや、さるのぢいさんだ。道理だうりで、こうた、ものゝわかつたやうな、そしてまじめで、けろりとした、めうかほをしてるんだ。 える/\、あめなかにちよこなんとすわつてるのがるやうにまどからえるワ。



 朝晩あさばん見馴みなれてめづらしくもないさるだけれど、いまこんなことかんがして、いろんなことおもつてると、またことにものなつかしい。あのをかしな顔早かほはやくいつてたいなと、さうおもつて、まどをついてのびあがつて、ずつとかたまですと飛沫しぶきがかゝつて、のふちがひやりとして、つめたいかぜほゝでた。
 爾時そのとき假橋かりばしががた/\いつて、川面かはづら小糠こぬかあめすくふやうにみだすと、ながれくろくなつてさつた。といつしよに向岸むかうぎしからはしわたつてる、洋服やうふくをとこがある。

 橋板はしいたがまた、がツたりがツたりいつて、次第しだいちかづいてる、鼠色ねずみいろ洋服やうふくで、ぼたんをはづして、むねけて、けば/\しう襟飾えりかざりした、でつぷり紳士しんしで、むねちひさくツて、下腹したつぱらはうぬけにはずんでふくれた、あしみじかい、くつおほきな、帽子ぼうしたかい、かほながい、はなあかい、それさむいからだ。そして大跨おほまたに、其逞そのたくまくつ片足かたあしづゝ、やりちがへにあげちやあ歩行あるいてる。くつうらあかいのがぼつかり、ぼつかりと一ツづゝ此方こつちからえるけれど、自分じぶんぢやあ、其爪そのつまさきもわかりはしまい。なんでもあんなにはらのふくれたひとは、へそからしたひざからうへたことがないのだとさういひます。あら! あら! 短服チヨツキくつ穿いたものがころがつてるぜと、おもつて、ぢつとると、はしのまんなかあたりへはな目金めがねをはづした、飛沫しぶきがかゝつてくもつたとえる。

 で、衣兜かくしから手巾はんけちして、きにかゝつたが、蝙蝠かうもりがさ片手かたてつてたからけようとして咽喉のどかたのあひだへはさんで、うつむいて、たまぬぐひかけた。
 これはいままでに幾度いくたびわたしたことのあるひとで、なんでも小兒こどもとき物見ものみだかいから、そら、ばあさんがころんだ、はないた、といつて五六にんひとだかりのすることがおよところにあれば、かならつてるが、何處どこらず、場所ばしよかぎらない。すべて五十にん以上いじようひと集會しふくわいしたなかにはかならずこの紳士しんし立交たちまじつてないといふことはなかつた。

 ときにいつもはたひとたれらつかまへて、尻上しりあがりの、すました調子てうしで、なにかものをいつてなかつたことはほとんい。それにひとからいてたことはかつてないので、いつでも自分じぶんかせてる。が、くものがなければひとりで、むゝ、ふむ、といつたやうな、承知しやうちしたやうなことを獨言ひとりごとのやうでなく、かせるやうにいつてるひとで。母樣おつかさん御存ごぞんじで、あれ博士はかせぶりといふのであるとおつしやつた。
 けれどもぶりではたしかにない、あのはらのふくれた樣子やうすといつたら、宛然まるで鮟鱇あんかうるので、わたしかげぢやあ鮟鱇あんかう博士はかせとさういひますワ。此間このあひだ學校がくかう參觀さんくわんたことがある。其時そのとき今被いまかむつてる、たか帽子ぼうしつてたが、なんだつてまたあんなはづれの帽子ぼうしたがるんだらう。
 だつて、目金めがねかうとして、蝙蝠かうもりがさおとがひおさへて、うつむいたとおもふと、ほら、ほら、帽子ぼうしかたむいて、重量おもみしづして、てるうちにすつぼり、あかはなうへかぶさるんだもの。目金めがねをはづしたうへ帽子ぼうしがかぶさつて、えなくなつたんだからおどろいた、顔中かほぢう帽子ぼうし唯口たゞくちばかりが、其口そのくちあかくあけて、あわてゝ、かほをふりあげて、帽子ぼうしりあげようとしたから蝙蝠かうもりがさがばつたりちた。おつこちるときほひよくツばかりくる/\とつたあひだに、鮟鱇あんかう博士はかせいつツばかりおまはりをして、をのばすと、ひよいとよこなぐれにかぜけて、なゝめにんで、はる川下かはしもはうにくらしく落着おちついたかぜでゆつたりしてふはりとちると、たちまごとくにながした。

 博士はかせ片手かたて目金めがねつて、片手かたて帽子ぼうしにかけたまゝ、はげしく、きふに、ほとんかぞへるすきがないほどくつのうらで虚空こくうんだ、はしががた/\とうごいてつた。

母樣おつかさん母樣おつかさん母樣おつかさん。」
 とわたしあしぶみした。
「あい。」としづかに、おいひなすつたのが背後うしろきこえる。
 まどからたまゝ振向ふりむきもしないで、急込せきこんで、
「あら/\ながれるよ。」
とりかい、けものかい。」ときはめて平氣へいきでいらつしやる。
蝙蝠かうもりなの、からかさなの、あら、もうえなくなつたい、ほら、ね、ながれツちまひました。」
蝙蝠かうもりですと。」
「あゝ、ツことしたの、可哀相かはいさうに。」
 とおもはず歎息たんそくをしてつぶやいた。
 母樣おつかさんゑみふくんだおこゑでもつて、
れんや、それはね、あめれるしらせなんだよ。」
 此時このときさるうごいた。



 一廻ひとまはりくるりとにまはつて、前足まへあしをついて、棒杭ぼうぐひうへつて、お天氣てんきるのであらう、仰向あをむいてそらた。れるといまにくよ。
 母樣おつかさんうそをおつしやらない。
 博士はかせしきりゆびさししてたが、くちけないらしかつた。で、一散いつさんけてて、だまつて小屋こやまへとほらうとする。
「をぢさん/\。」
 ときびしくんでやつた。追懸おひかけて、
橋錢はしせんいてらつしやい、をぢさん。」
 とさういつた。
なんだ!」
 一通ひとゝほりこゑではない。さつきからくちけないで、あのふくれたはら一杯いつぱいかたくなるほどみしていたこゑを、かみ鐵砲でつぽうぶつやうにはじきだしたものらしい。
 で、あかはなをうつむけて、額越ひたひごしにらみつけた。
なにか。」と今度こんど鷹揚おうやうである。

 わたし返事へんじをしませんかつた。それはおどろいたわけではない、こはかつたわけではない。鮟鱇あんかうにしてはすこかほがそぐはないからなににしよう、なにるだらう、このあかはなたかいのに、さきのはうすこれさがつて、上唇うはくちびるにおつかぶさつてる工合ぐあひといつたらない、うをよりけものよりむしとりはしによくる。すゞめか、山雀やまがらか、さうでもない。それでもないトかんがへて七面鳥しちめんてうおもひあたつたとき、なまぬるい音調おんてうで、
馬鹿ばかめ。」
 といひすてにして、しづんで帽子ぼうしをゆりあげてかうとする。
「あなた。」とおつかさんがきつとしたこゑでおつしやつて、おひざうへ絲屑いとくづを、ほそい、しろい、ゆびのさきでふたツはじきおとして、すつとまどところへおちなすつた。
わたしをおきなさらんではいけません。」
「え、え、え。」
 といつたがじれつたさうに、
おれなんぢやが、うゝ、らんのか。」
だれです、あなたは。」とひやゝかで、わたしこんなのをくとすつきりする。のさきにえるにくはないものに、みづをぶつかけて、天窓あたまからあらつておやんなさるので、いつでもかうだ、きはめていゝ。
 鮟鱇あんかうはらをぶく/\さして、かたをゆすつたが、衣兜かくしから名刺めいしして、ざるのなかへまつすぐにうや/\しくいて、
「かういふものぢや、これぢや、おれぢや。」
 といつて肩書かたがきところゆびさした、おそろしくみじかいゆびで、黄金きん指環ゆびわふといのをはめてる。

 にもらないで、くちのなかに低聲こゞゑにおよみなすつたのが、市内しない衞生ゑいせいくわい委員ゐゝん教育けういく談話だんわくわい幹事かんじ生命せいめい保險ほけん會社ぐわいしや社員しやゐん一六いちろくくわい會長くわいちやう美術びじゆつ奨励しやうれいくわい理事りじ大野おほの喜太郎きたろう

「このかたですか。」
「うゝ。」といつたときふつくりしたはなのさきがふら/\して、で、むねにかけたなんだか徽章きしやうをはじいたあとで、
わかつたかね。」
 こんどはやさしいこゑでさういつたまゝまたきさうにする。
「いけません。おはらひでなきやアあとへおかへんなさい。」とおつしやつた。
 先生せんせいめうかほをしてぼんやりつてたがすこしむきになつて、
「えゝ、こ、こまかいのがないんぢやから。」
「おつりを差上さしあげませう。」
 おつかさんはおびのあひだへをおあそばした。



 母樣おつかさんはうそをおつしやらない。博士はかせ橋錢はしせんをおいてけてくと、しはらくしてあめれた。はし蛇籠じやかごみんなあめにぬれて、くろくなつて、あかるい日中ひなかた。えのきえだからは時々とき/゛\はら/\としづくちる。中流ちうりう太陽がさして、みつめてるとまばゆいばかり。
母樣おつかさんあそびにかうや。」
 此時このときはさみをおんなすつて、
「あゝ。」
「ねえ、かけたつていの、れたんだもの。」
いけれど、れんや、おまへまたあんまりおさるにからかつてはなりませんよ。さう鹽梅あんばいにうつくしいはねえたねえさんが何時いつでもゐるんぢやあありません。またおちつこちやうもんなら。」
 ちよいと見向みむいて、すゞし御覽ごらんなすつて、莞爾につこりしてお俯向うつむきで、せつせとつてらつしやる。

 さう、さう! さうだつた。ほら、あの、いまつペたをいて、むく/\れたからいきりをたてゝ日向ひなたぼつこをしてる、にくらしいツたらない。
 いまぢやあもう半年はんとしつたらう。あつさの取着とつゝき晩方ばんがたごろで、いつものやうにあそびにつて、ひと天窓あたまでゝやつたものを、業畜ごふちくわる巫山戯ふざけをして、キツ/\といて、引掻ひつかきさうな劍幕けんまくをするから、吃驚びつくりして飛退とびのかうとすると、前足まへあしでつかまへた、はなさないからちかられて引張ひつぱつたはずみであつた。ひだりたもとがびり/\とけてちぎれてれた、はずみをくつて、踏占ふみしめたあしがちやうど雨上あめあがりだつたから、たまりはしない。いしうへを、すべつて、ずる/\とかはちた。わつといつたかほ一波ひとなみかぶつて、呼吸いきをひいて仰向あをむけにしづんだから、めんくらつてたうとすると、またたふれて、がくらんで、アツとまたいきをひいて、くるしいのでをもがいて身體からだうごかすとたゞどぶん/\としづんでく。なさけないとおもつたら、うち母樣おつかさんすわつてらつしやる姿すがたえたので、またきほひづいたけれど、やつばりどぶん/\としづむから、うするのかなと落着おちついてかんがへたやうにおもふ。それからなんのことだらうとかんがへたやうにもおもはれる。いまめるのであらうとおもつたやうでもある、なんだか茫乎ぼんやりしたがにはかみづなかだとおもつてさけばうとするとみづをのんだ。もう駄目だめだ。
 もういかんとあきらめるトタンにむねいたかつた、それから悠々いう/\みづつた、するとうつとりしてなんだかわからなくなつたとおもふと、ぱついとのやうな眞赤まつか光線くわうせんがさして、一幅ひとはゞあかるくなつたなかに身體からだつゝまれたので、ほつといきをつくと、やまとほえて、わたしのからだはつちはなれて、其頂そのいたゞよりうへところつめたいものにかゝへられてたやうで、おほきなうつくしいが、濡髪ぬれがみをかぶつてわたしほゝところへくつゝいたから、唯縋たゞすがいてぢつとしてねむつたおぼえがある。ゆめではない。
 やつばり片袖かたそでなかつたもの。そしてかはおつこちておぼれさうだつたのをすくはれたんだつて、母樣おつかさんのおひざかれてて、其晩そのばんいたんだもの。
 だからゆめではない。

 一體いつたいたすけてれたのはたれですツて、母樣おつかさんうた。わたしがものをいて、返事へんじ躊躇ちうちよをなすつたのは此時このときばかりで、また、それはゐのしゝだとか、おほかみだとか、きつねだとか、頬白ほゝじろだとか、山雀やまがらだとか、鮟鱇あんかうだとか、さばだとか、うじだとか、毛蟲けむしだとか、くさだとか、たけだとか、松蕈まつたけだとか、濕地茸しめぢだとかおいひでなかつたのも此時このときばかりで、そしてかほいろをおかへなすつたのも此時このときばかりで、それにちひさなこゑでおつしやつたのも此時このときばかりだ。
 そして母樣おつかさんはかうおいひであつた。
れんや、それはね、おほきな五色ごしきはねがあつて天上てんじやうあそんでるうつくしいねえさんだよ。)


十一


 (とりなの、母樣おつかさん。)とさういつて其時そのときわたしいた。
 これにも母樣おつかさんすこ口籠くちごもつておいでであつたが、
 (とりぢやあないよ、はねえたうつくしいねえさんだよ。)
 うしてもわからんかつた。うるさくいつたら、しまひにや、おまへにはわからない、とさうおいひであつたのを、また推返おしかへしていたら、やつぱり、
 (はねえたうつくしいねえさんだつてば。)
 それで仕方しかたがないからきくのはよして、ようとおもつた。そのうつくしいはねのはえたものたくなつて、何處どこます/\ツて、せツついても、らないと、さういつてばかりおいでであつたが、毎日々々まいにち/\あまりしつこかつたもんだから、とう/\餘儀よぎなささうなお顔色かほつきで、
 (鳥屋とりやまへにでもいつてるがい。)
 そんならわけはない。

 小屋こやて二ちやうばかりくと、さかがあつて、さか下口おりくち一軒いつけん鳥屋とりやがあるので。樹蔭こかげなんにもない、お天氣てんきのいゝときあかるい/\ちひさなみせで、町家まちやのきならびにあつた。鸚鵡おうむなんざ、くるツとした、つゆのたりさうな、ちひさなで、あれでひとみうごきますよ。毎日々々まいにち/\つちやあつてたので、しまひにやあ見知みしりがほわたしかほうなづくやうでしたつけ、でもそれぢやあない。

 駒鳥こまはね、たけたかい、かごなかしたからうへんで、すがつて、ひよいとさかさはらせて熟柿じゆくしおつこちるやうにぼたりとおりて、をつゝいて、わたしをばかまひつけない、ちつともけてくれようとはしなかつた、それでもない。皆違みんなちがつてる。はねえたうつくしいねえさんはないのツて、一所いつしよつたひとをつかまへちやあ、いたけれど、わらふものやら、あざけるものやら、かないふりをするものやら、つまらないとけなすものやら、馬鹿ばかだといふものやら、ばん小屋ごや媽々かゝ此奴こいつうかしてらあ、といふものやら。皆獣みんなけだものだ。

 (はねえたうつくしいねえさんはないの。)ツていたとき莞爾につこりわらつて兩方りやうはうから左右さいうでおうやうにわたし天窓あたまでゝつた、それは一樣いちやう羅紗らしやのずぼんを穿いた二人ふたり騎兵きへいでーーいたとき莞爾につこりわらつて、兩方りやうはうから左右さいうで、おうやうにわたし天窓あたまをなでゝ、そしてひきあつてだまつてさかをのぼつてつた。長靴ながぐつおとがぼつくりして、ぎんけんながいのがまつすぐにふたツならんでかゞやいてえた。そればかりで、あとはみな馬鹿ばかにした。

 五日いつかばかり學校がくかうからかへつちやあ其足そのあし鳥屋とりやみせつて、ぢつとつて、おくはうくらたななかで、コト/\とおとをさして其鳥そのとりまで見覺みおぼえたけれど、はねえたねえさんはないので、ぼんやりして、ぼツとして、ほんたうにすこ馬鹿ばかになつたやうながしい/\、れるとかへかへりした。で、とても鳥屋とりやにはないものとあきらめたが、うしてもたくツてならないので、また母樣おつかさんにねだつていた。何處どこるの、はねえたうつくしいひと何處どこるのツて。なんとおいひでも肯分きゝわけないものだから母樣おつかさんが、
 (それでははやしへでも、うら田圃たんぼへでもつて、ておいで。何故なぜツて、天上てんじやうあそんでるんだから、かごなかないのかもれないよ。)

 それからわたし、あの、梅林ばいりんのあるところまゐりました。
 あの櫻山さくらやまと、桃谷もゝだにと、菖蒲あやめいけとあるところで。
 しかし、それたゞ青葉あをばばかりで、菖蒲あやめみじかいのがむらがつてゝ、みづいろくろ時分じぶん此處こゝへも二日ふつか三日みつかみつかつゞけてきましたつけ、小鳥ことりつからなかつた。からす澤山たんとた。あれが、かあ/\いてひとしきりしてしづまると其姿そのすがたえなくなるのは、大方おほかた其翼そのはねで、ひかりをかくしてしまふのでせう。おほきなはねだ、まことにおほきはねだ、けれどもそれではない。


十二


 れかゝると、彼方あらちひとならび、此方こつちひとならび、横縦よこたてになつて、うめ飛々とび/\くらくなる。枝々えだ/\のなかの水田みづたみづがどんよりしてよどんでるのに際立きはだつて眞白まつしろえるのはさぎだつた。 二羽にわ一處ひとゝころに、ト三羽さんば一處ひとゝころに、トて、そして一羽いちはが六しやくばかりそらなゝめあしからいとのやうにみづいてつてあがつたがおとがなかつた、それでもない。
 かはづ一齊いつせいきはじめる。もりくらくなつて、やまえなくなつた。
 宵月よひづきころだつたのに、くもつてたので、ほしえないで、陰々いん/\として一面いちめんにものゝいろはひのやうにうるんでゐた、かはづがしきりになく。

 あふいでたかところに、しゆ欄干らんかんのついたまどがあつて、そこが母樣おつかさんのうちだつたとく。あふいでたかところに、しゆ欄干らんかんのついたまどがあつて、そこからかほす、其顔そのかほ自分じぶんかほであつたんだらうにトさうおもひながらやぶれたかきあなところこしをかけてぼんやりしてた。
 いつでもあのはねえたうつくしいひとをたづねあぐむ、其晝そのひるのうち精神せいしん疲勞つかれないうちはいんだけれど、ぎて、そんなにおそくなると、いつも、かう滅入めいつてしまつて、なんだか、ひとはなれたやうな、世間せけんとほざかつたやうながするので、心細こゝろぼそくもあり、裏悲うらかなしくもあり、覺束おぼつかないやうでもあり、おそろしいやうでもある。いや心持こゝろもちだ、いや心持こゝろもちだ。

 はやかへらうとしたけれど、おもくなつて、其癖そのくせ神經しんけいするどくなつて、それでてひとりでにあくびがた。あれ!
 あかくちをあいたんだなと、自分じぶんでさうおもつて、吃驚びつくりした。
 ぼんやりしたうめえだをのばしてつてるやうだ。あたりをみまはすと眞暗まつくらで、とほくのはうで、ほう、ほうツて、ぶのはなんだらう。えたとほこゑ野末のずゑおしひろげるやうに、く、トントントントンとこだまにあたるやうなひゞきがとほくからるやうにきこえるとりこゑは、ふくらふであつた。

 ひとツでない。
 ふたツもツも。わたしなにはなすのだらう、わたしなにはなすのだらう。とりがものをいふと慄然ぞつとして彌立よだつた。
 ほんたうに其晩そのばんほどこはかつたことはない。
 かはづこゑがます/\たかくなる、これはまた仰山ぎやうさんな、何百なんびやくうして幾千いくせんいてるので、幾千いくせんかはづひとひとがあつて、くちがあつて、あしがあつて、身體からだがあつて、みづなかて、そしてこゑすのだ。ひとひとツ、トわなゝいた。さむくなつた。かぜすこて、がゆつさりうごいた。
 かはづこゑがます/\たかくなる。てもつてもられなくツて、そつとうごした。身體からだうにかなつてるやうで、すつとれないでつくばつた、すそあしにくるまつて、おびすこゆるんで、むねがあいて、うつむいたまゝ天窓あたまがすわつた。ものがぼんやりえる。
 えるのはだトまたふるへた。
 ふるへながら、そつと、大事だいじに、内證ないしようで、手首てくびをすくめて、自分じぶん身體からだようとおもつて、左右さいうそでをひらいたとき、もう、おもはずキヤツとさけんだ。だつてわたしとりのやうにえたんですもの。んなにこはかつたらう。

 此時このとき背後うしろから母樣おつかさんがしつかりいてくださらなかつたら、わたしうしたんだかれません。それはおそくなつたからくだすつたんで、くことさへ出來できなかつたのが、
母樣おつかさん!」といつてはなれまいとおもつて、しつかり、しつかり、しつかりえりところへかじりついて仰向あをむいておかほとき、フットいた。
 うもさうらしい、はねえたうつくしいひとうも母樣おつかさんであるらしい。もう鳥屋とりやには、くまい。わけてもこのおそろしいところへと、其後そのゝちふつゝり。
 しかしうしてもても、母樣おつかさんにうつくしい五色ごしきはねえちやあないから、またさうではなく、ほかにそんなひとるのかもれない、うしても判然はつきりしないでうたがはれる。

 あめれたり、ちやうど石原いしはらも、すべるだらう。母樣おつかさんはあゝおつしやるけれど、わざとあのさるにぶつかつて、またかはちてようか不知しら。さうすりやまた引上ひきあげてくださるだらう。たいな!
 はねえたうつくしいねえさん。だけれども、まあ、い。母樣おつかさんらつしやるから、母樣おつかさんらつしやつたから。





             完】



2style.net