貝の穴に河童の居る事

泉鏡花

全一章


 あめふくんだかぜがさつといて、いそ滿ちてるーー今日けふは二ごろから、ずツぷりと、一降ひとふつたあとだから、くもかさなつた空合そらあひでは、季節きせつ蒸暑むしあつかりさうなところを、みるほどに薄寒うすさむい。‥‥‥

 をこぼれるしづくつめたい。・・・・・糠雨ぬかあめがまだつてようもれぬ。時々とき/゛\ぽつりとるのはーー樹立こだちくらいほどだけれど、しづくばかりではなささうで、鎮守ちんじゆ明神みやうじん石段いしだんは、わくらつたのが、ひとひとみなかにになりさうにえるまで、濡々ぬれ/\もりこずゑくゞつて、直線ちよくせんたかい。途中とちう處々とこ/゛\夏草なつくさしげりにおほはれたのに、くもかげうつつてくらい。

 縦横たてよこみちとほつたが、だんしたは、まだ苗代なはしろにならない水溜みづたまりのと、れたはたけだからーー農屋のうをく漁宿ぎよしゆくへば商家しやうかまちとほくはないが、ざわめくかぜあひだには、うみおともおどろにさびしくひゞいてる。よくことだが、四邊あたりべうとして、底冷そこつめもやつゝまれて、人影ひとかげえず、これなりに、やがて、逢魔あふまときにならうとする。

 町屋まちや屋根やねかくれつゝ、たつみひらけてうみがある。反對はんたいの、山裾やますそくぼみあたる、石段いしだんひだりはしに、べたりと附着くツついて、溝鼠どぶねずみ這上はひあがつたやうに、ぼろをはだに、かさかぶらず、一本いつぽんづゑほそいのに、しがみつくやうにすがつた。つゑさきが、かたいて、あたまうへ突出つきでる、うしろむきかたが、びく/\と、ふるへ、ふるへ、脊丈せたけは三じやくにもりまい。小兒こどもだか、侏儒いつすんぼふしだか、小男こをとこだか。たゞ船蟲ふなむしかげひろがつたほどのものが、もやて、一段いちだん一段いちだん這上はひあがる。‥‥‥

 しよぼけかへつて、うごめくたびに、啾々しう/\陰氣いんきかすかおとがする。くされたはい呼吸いきるのかーーぐしよれですそからしづくれるから、ほねしぼひゞきであらうーーかさ古骨ふるぼねかぜきしむやうに、啾々しう/\不氣味ぶきみこえる。

「しいツ、」
「やあ、」
 しツ、しツ、しツ。

 曳聲えいごゑげて・・・・・此方こつち陽氣やうきだ。手頃てごろ丸太まるたんぼう差荷さしになひに、漁夫れふしの、はん裸體らたいの、がツしりした壮佼わかもの二人ふたり眞中まんなかに一大魚たいぎよるしてた。魚頭ぎよとう鈎繩かぎなはで、ほとん地摺ぢずれである。しかも、もりでつた生々なま/\しい裂傷さききずの、にくのはぜて、眞向まつかうあごひれしたから、たら/\とながるゝ鮮血なまちが、雨路あまみちしたゝつて、くさあかい。

 わたしはなしなかうを寫出うつしだすのに、出來できることならちひさなくぢらひたかつた。大鮪おほまぐろか、さめふかでないと、一寸ちよつと巨大おほきさとすさまじさが、しんせまらないがする。ほかに鮟鱇あんこうがある、それだと、たゞはらふくれたのをるにぎぬ。じつ石投魚いしなぎである。大温だいをんにして小毒せうどくあり、といふにつけても、普通ふつうわたしどものれることがないけれども、此處こゝかついだのは五しやくあまつた、重量ぢうりやう、二十くわん滿ちた、たくましい人間にんげんほどはあらう。荒海あらうみ巖礁がんせうみ、うろこするどく、つらしかんで、はたかたい。るとしやちて、かれしろ天守てんしゆ金銀きんぎんよろつた諸侯しよこうなるにたいして、これはあか合羽がつぱまとつた下郎げらうが、蒼黒あをぐろ魚身ぎよしんを、底光そこびかりしつゝ、づし/\とられてた。

 かばかりのおほ石投魚いしなぎの、さて價値ねうちといへば、りやうない。七八十せんぎないことを、あとでいてふさいだほどである。が、とにかく、これは問屋とんや市場いちばはこぶのではなく、漁村ぎよそんなるわが町内ちやうないばんのおかずにーー荒磯あらいそよこづけで、ぐわツ/\と、自棄やけけむりふねから、手鈎てかぎがけ肋腹あばら引摺ひきずりげたなかから、のまゝ跣足はだしで、いそ巖道いはみちんでたのであつた。

 まだ船底ふなぞこ踏占ふみしめるやうな、おも足取あしどりで、田畝たんぼひのすね左右さいうへ、草摺くさずれに、だぶ/\と大魚おほうをゆすつて、
「しいツ、」
「やあ、」
 しつ、しつ、しつ。

 だらけのうを現世うつしよさまず、梅雨つゆ日暮ひぐれもりかゝつて、あを瑪瑙めなうたゝんでたかい、石段いしだんしたを、よこに、漁夫れふしうを一列いちれつになつた。

 すぐ此處こゝにはえない、鳥居とりゐは、うみから吹抜ふきぬけのかぜいとつてか、窪地くぼちたちま氾濫あふれるらしい水場みづば所爲せゐか、一條ひとすぢやゝひろあぜへだてた、まち裏通うらどほりをーーよことほつた、正面しやうめんと、撞木しゆもく打着ぶつかつた眞中まんなかつてる。

 御柱みはしらひくのぞいて、映畫えいぐわか、芝居しばゐのまねきのはたの、手拭てぬぐひよごれたやうに、澁茶しぶちやと、あゐと、あはれあはび小松魚こがつをほどの元氣げんきもなく、さをによれ/\にえるのも、ものさびしい。

 まへつた漁夫れふしかたが、石段いしだん一歩いつぽて、うしろのがあしげ、眞中まんなか大魚おほうをあごが、はしぢてへん小男こをとこの、だんたかさとおなじところへ、生々なま/\て、横面よこづらひれはうとした。

 そのとき小男こをとこ伸上のびあがるやうに、丸太まるたんぼううへからのぞいて、
無慙むざんや、そのざまよ。」
 とつた、まなこがピカ/\とひかつて、
「われものろへや。」
 と、くびると、みゝまでかぶさつたが、ぶる/\とうごいて・・・・・なまぐさい。

 少時しばらくすると、薄墨うすずみをもう一刷ひとはけした、水田みづたきはを、おつかな吃驚びつくり、とつたかたちで、漁夫れふしらが屈腰かゞみごし引返ひきかへした。ぶらで、つきは、おほ石投魚いしなぎ取返とりかへしさうなかまへでない。どぢやうたらおさへたさうにえる。丸太まるたぐるみ、どかおとしでげた、たついま。・・・・・いや、げたのさふらふの。・・・・・あかふんどしにもぢよかし。

でつかいさかないし地藏ぢざうさまけてはねえか。」
 と、石投魚いしなぎのまゝ石投魚いしなぎ野倒のたれてるのを、見定みさだめながらつた。

 一人ひとり石段いしだんそつ見上みあげて、
なにねえぞ。」
「おゝ、ねえ、めえよ、おめえひとおどかしていてえたづら。何時いつまでもあらはれてさうなやつぢやあねえだ。」
「いまもうたことだがや、このうをねらつたにしては、ちつこやつだな。」
「それよ、うみからおれたちをつけてたものではなささうだ。とこ勝負しようぶ石段いしだんうへちをつたで。」
おらは、さかなはらわたから抜出ぬけだした怨靈をんりやうではねえかとおもふ。」
 とつかみかけた大魚たいぎよえらから、わがこゑおどろいたやうに退けてつた。

なにしろ、みづものにはちげえねえだ。野山のやまきつねいたちなら、つらしろいか、黄色きいろづら。青蛙あをがへるのやうないろで、疣々えぼ/\つて、はあ、くちばしとがつて、もづくのやうにさがつた。」

 うだ、うだ。それでやつおもひつけた。いた河童かつぱそつくりだ。」
 と、何故なぜきふいきほひづいた。

 そらごとぞくにはふ、が、はそらごとでないことを、讀者どくしやは、刻下こくか理解りかいさるゝであらう、とおもふ。

畜生ちくしやういまごろは風説うはさにもかねえが、こんなところをるかなあ。濱方はまかたばねえでよかつた。漁場れふばげりや、それ、なかまへ饒舌しやべる。加勢かせいるだ。」
「それだ。」
むらはうはしつたで、留守るすは、をんな子供こどもだ。相談さうだんぶつでもねえで、すぐ引返ひつかへして、しめたことよ。おめえらと、おらとで、河童かつぱおどされたでは、うつむけにも仰向あをむけにも、かほちつこねえところだつたぞ、やあ。」

うだ、うだ。いゝことをした。畜生ちくしやう、もう一度いちどやがれ。あたまのさら打挫ぶつくじいて、缺片かけらにバタをつけて一口ひとくちだい。」
 丸太まるたんぼういてり、きそばめて、石段いしだん睨上ねめあげたのはふまでもない。

「コワイ」
 と、むしこゑで、あを蚯蚓みゝずのやうなしたをべろりとした。あやしい小男こをとこは、だん昇切のぼりきつた古杉ふるすぎみきから、あをくちばしばかりをして、ふもと瞰下みおろしながら、あけびをいたやうなくちけて、またニタリとわらつた。

 すぎを、みぎはうへ、山道やまみちがくれにつゞいて、岩角いはかど雜草ざつさうひとよりたか生亂はえみだれ、どくだみのふかく、あざみすさまじくき、野茨のばらはなしろいのも、ときならぬ黄昏たそがれ仄明ほのあかるさに、ひとまよはして、行手ゆくてさへぎおもむきがある。こずゑひゞなみおと吹當ふきあつる濱風はまかぜは、むぐらうづはして東西とうざいうしなはす。さか、いかばかりとほつゞくぞ。谿たにふかく、みねはるかならむとおもはせる。けれども、わづかに一ちやうばかり、はやく絶崖がけはして、こゝを魚見うをみさきともはう。まちうみ一目ひとめ見渡みわたさる、と、きふひだり折曲をれまがつて、また石段いしだんいつ個處かしよある。

 小男こをとこあたまは、絶崖がけぎはくささきへ、あの、きのこかさのやうになつて、ヌイとた。

 ふもとでは、二人ふたり漁夫れふしが、よこ大魚おほうをのまゝてて、一人ひとり麥藁むぎわらばう取忘とりわすれ、一人ひとりむかう顱卷はちまき南瓜たうなすかぶりとなつて、ばうばかり、かげもぼんやりして、うねくらしづんだのである。仔細しさいは、さかなおもくてあがらない。ものがおさへるかと、丸太まるたくうつてた。もとよりごたへがない。あのばけもの、くちからはらもぐつてようもれぬ。えらうごく、ひかつてた、となると、擬勢ぎせいしめすが、もう、うをはらなぐりつけるほどの勇氣ゆうきせた。おゝ、姫神ひめがみーー明神みやうじん女體によたいにましますーー夕餉ゆふげれうに、思召おぼしめしがあるのであらう、とまことに、平和へいわな、安易あんいな、しかきはめて奇特きとくことば一致いつちして、裸體らたいしろむすめでない、御供ごくうのこしてかへつたのである。

 あをざめた小男こをとこは、第二だいに石段いしだんうへた。ぬまたやうな、自然しぜんをかめぐらした、きよらかな境内けいだいは、坂道さかみちくらさにず、つら/\とれつゝ薄明うすあかるい。

 右斜みぎなゝめに、鉾形かまぼこがたすぎ大樹たいじゆの、森々しん/\虚空こくうしげつたなかやしろがある。此方こつちから、もう謹愼きんしんへうするさまに、ついたつゑからげ、むね片手かたてをつけた。が、ひだりは、ぶらんとちて、草摺くさずりたゝれたやうな襤褸ぼろそでなかに、かたから、ぐなりとそげてる。これにこそ、わけがあらう。

 まづけ。青苔あをごけかぜは、さかくさ吹靡ふきなびくより、おのづからしづかではあるが、階段かいだんに、えんに、だうのあたりにつた常盤ときは落葉おちばみだれたのが、いま、そよともうごかない。


 のみならず。すぐこのきざはしのもとへ、ともしのおきな一人ひとりたちづるが、油差あぶらさしうへ差置さしおく、燈心とうしんが、燈心とうしんが、入相いりあひすぐる夜嵐よあらしの、やがて、さつ吹起ふきおこるにさへ、そよりともうごかなかつたのは不思議ふしぎであらう。


 啾々しう/\ちかづき、啾々しう/\すゝんで、つゑをバタリといた。濡鼠ぬれねずみたもといて、きざはしした兩膝もろひざ をついた。
 ばかりひかつて、碧額へきがく金字こんじあふいだとおもふと、拍手かしはでのかはりにーー片手かたてかないーーせたむねを三つた。

ねがひまつしゆ。・・・・・おばんでしゆ。」
 と、きや/\ととほる、しかし、あはれなこゑして、かうべりつけた。
ねがひまつしゆ、おねがひ。おねがひーー」

 正面しやうめんがくかげに、しろてふが一夕顔ゆふがほひらくやうに、ほんのりとあらはれると、ひらりと舞下まひさがり、小男こをとこあたまうへをすつとんだ。このてふが、境内けいだいつて、ひら/\と、石段いしだんぐち常夜じやうやとうにひたりとくと、はねともれたやうに灯影ひかげうつとき八十やそとしにもちかからう、しわびたおきなの、彫刻てうこくまた繪畫くわいぐわめんより、ほゝのやゝまるいのが、萎々なえ/\とした禰宜ねぎいでたちで、蚊脛かずねしぼり、鹿革しかがはふるぼけたおほきな燧打ひうちぶくろこしげ、燈心とうしん一束ひとたば片手かたて油差あぶらさし持添もちそへ、もみ烏帽子ゑぼしいたゞいた、みゝ、ぼんのくぼのはづれに、燈心とうしん十筋とすぢ七筋なゝすぢ抜毛ぬけげかとおも白髪しらがのぞかせたが、あしなかのおとをびたり/\とつて、なか朽崩くちくづれた欄干らんかんの、擬寶珠ぎぼしゆひかへたが。

 かゞむがひざく。そのときだんすみに、油差あぶらさしへて燈心とうしんをさしいたのである。

和郎わろはの。」
「三はなれたところでしゆ。國境くにざかひの、水溜みづたまりのものでございまつしゆ。」
「ほ、ほ、印旛いんばぬま手賀てがぬま一族いちぞくでさふろよな、樣子やうすればの。」
赤沼あかぬまわかいもの、三郎さぶらうでつしゆ。」
河童かつぱしゆ、ようござつた。さて、あれでれば、石段いしだんのぼらしやるが、いかう大儀たいぎさうにあつた、わかいにの。・・・・・和郎わろたち、そら心得こゝろえがあらうものを。」

神職かんぬししさま、おほせでつしゆ。自動じどうしやかれたほど、身體からだ怪我けがはあるでしゆが、梅雨つゆぞらおよぐなら、鳶烏とびがらすけんでしゆ。お鳥居とりゐより式臺しきだいかゝらずに、うへから飛込とびこんでは、お姫樣ひめさまに、失禮しつれいでつしゆ、とぞんじてでつしゆ。」
「ほ、ほう、しんべう。」
 ほく/\とうなづいた。

「きものも、灰塚はひづかもりなかで、ふる案山子かゞしいだでしゆ。」
「しんべう、しんべう・・・・・奇特きとくなや、せがれ。・・・・・なに、それでおほ怪我けがぢやとーーなんとしたの。」
「それでしゆ、それでしゆから、おねがひにまゐつたでしゆ。」
「このおいぼれにはなにかなはぬ。いづれ、姫神ひめがみへのねがひぢやろ。お取次とりつぎまをさうぢやが、せがれおもむきはーーおくすりかの。」
くすりでないでしゆ。敵打かたきうちがしたいのでつしゆ。」

「ほ、ほ、そか、そか。敵打かたきうち。・・・・・はて、そりや、しかし、わかいに似合にあはず、流行りうかうにおくれたの。敵打かたきうち近頃ちかごろはやらぬがの。」

「そでないでつしゆ。仕返しかへしでつしゆ、喧嘩けんくわ仕返しかへしがしたいのでつしゆ。」
喧嘩けんくわをしたかの。喧嘩けんくわとや。」
ひだりられたでしゆ。」
 とわな/\と身震みぶるひする。れたかたしぼつて、しづくたれるのが、蓴菜じゆんさいのかたまりの、いまもながるゝやうである。
 とがつたくちばしは、疣立いぼだつて、あをい。

「いたましげなやーーなんとしてなあ。對手あひて何處どこなにものぢやの。」
畜生ちくしやう! 人間にんげん。」
しづかにーー」
 ごぼりといて、
御前おんまへぢや。」
 しゆツと、河童かつばちゞめた。

今日けふ午頃ひるごろひさしぶりのお天氣てんきに、おららぬまからたでしゆ。がけりて、あのはま竈巖かまどいはへ。神職かんぬしさま小鮒こぶなどぢやうはらがくちい、かひ小蟹こがにほしおもはんでございましゆから、しろなみちかへす磯端いそばたを、八葉はちえふ蓮華れんげ氣取きどり、背後うしろ屏風びやうぶいはを、ふな後光ごくわう眞似まねて、圓座ゑんざして・・・・・翁樣おきなさま御存ごぞんじでございましよ。彼處あれはーー近郷きんがうでの、かくれざと。めつた、ひとにつかんでしゆから、山根やまねうしほ差引さしひきに、かくれたり、たりして、凸凹凸凹凸凹でこぼこ/\/\と、かさなつていはけづまはしに、漁師れふしが、天然てんねん生簀いけす生船いけぶねがまへにして、さかなたくはへてくでしゆが、たひかれひも、梅雨つゆじけでえんでしゆ。・・・・・すくのこりのちやつこい鰯子いわしこが、チ、チ、チ、(わらふ。)・・・・・あをひれ行列ぎやうれつで、巖竃いはかまどなかを、きら/\きら/\、日南ひなたばつこ。ニコ/\とそれをい、い、のぬらめきに、つばきして、・・・・・漁師れふしあみつぐのふでしゆ・・・・・あの眞似まねをしてあそんでたでしゆ。ところへ、土地とちところにはきゝれぬ、すゞしいんだ女子をなごこゑが、をとこまじつて、崖上がけうへ岨道そばみちから、巖角いはかどを、んづ、すがりつ、桂井かつらゐとかいてあるでしゆ、しるし半纏ばんてん。」

「おゝ、そか、このまち旅籠はたごぢやよ。」
「えゝ、番頭ばんとうめが案内あんないでしゆ。圓髷まるまげ年増としまと、亭主ていしゆらしい、長面ながづらなつ帽子ばうし自動じどうしや運轉うんてんしゆが、こつ/\と一所いつしよたでしゆ。が、年増としまをーーをばさん、とぶでございましゆ、二十四五の、ふつくりした別嬪べつびんむすめーーちくと、のをばさん、が、をばしアん、といふふか、とこえる・・・・・すゞしい、あまい、じやうのある、こゑたまらんでしゆ。」

「はて、こゑの。」
「おららが眞似まねるやうではないでしゆ。」
「ほ、ほ、そか、そか。」
 と、餘念よねんなささうにうなづいたーーかぜはいまきつけたがーー不思議ふしぎみだれぬ、ひからびた燈心とうしんとともに、白髪しらが浮世うきよばなれして、おきなさびた風情ふぜいである。

翁樣おきなさまむすめ中肉ちうにくにむつちりと、はだつきがはれぬのが、びちや/\としほはひつた。つまをくるりと。」
あぶなやの。おぬしのまへでや。」

「そのはぎしろさ、常夏とこなつはなかげがからみ、磯風いそかぜれ/\するでしゆがーー年増としまはひれば、なつ帽子ばうしも。番頭ばんとう半纏はんてんすそをからげたでしゆ。巖根いはねつたひに、あはびあはび榮螺さゞえ榮螺さゞえ。・・・・・小鰯こいわしいろ綺麗きれいさ。紫式部むらさきしきぶといつたかたのきだつたといふももつともで・・・・・おむらふがほんとうにむらさき・・・・・などといふでしゆ、そのむすめが、こゑで。・・・・・あはあぶらも、白粉おしろいも、むすめにほのまゝで、はだざはりのたゞあらい、いはいだしろ足袋たびなかもぐつて、ぢつのぞいてたでしゆが。一波ひとなみあがるわ、足許あしもとへ。あれともすそを、はぎがよれる、もすそあがる、あかが、しら百合ゆりふねにはらんで、青々あを/\なみはしるのをては、なんとも、かとも、翁樣おきなさま。」

聞苦きゝぐるしうおぼえるぞ。」

くちしてはぬばかり、人間にんげんも、赤沼あかぬま三郎さぶらうもかはりはないでしゆ。翁樣おきなさまーーところででしゆ、吸盤きうばん用意ようい水掻みづかきで、おしりそつでようものと・・・・・」
「あゝ、約束やくそくまぬかれぬ。和郎わろたちは、一族いちぞく一門いちもん代々だい/\それがためにみな怪我けがをするのぢやよ。」
ちがふでしゆ、それでした怪我けがならば、自業じごふ自得じとく怨恨うらみはないでしゆ。・・・・・蛙手かへるでに、そこおよつて、くちをばくりと、」
「そのくちでか、くちぢやの。」

「ヒ、ヒ、ヒ、空状そらざまに、なみうへ女郎花をみなへし桔梗ききやうおびますと、や、背負しよひもりとびらいて、道中だうちうみちすがら參詣さんけいした、中山なかやま法華經ほけきやうか、かね守護しゆご雜司ざうしか、眞紅まつか柘榴ざくろかゞやいてえて、鬼子きし母神もじん御影みえいえたでしゆで、たこけで、いはひ、ひ、いろへんじていそあがつた。

 おきがやがてくもつたでしゆ。あら、氣味きみわるい、なみがかゝつたから。・・・・・別嬪べつぴんむすめ畜生ちくしやうめ、などとぬかすでしゆ。・・・・・しろ足袋たびをつまんで。 

 磯濱いそはまあがつてて、いは根松ねまつ日蔭ひかげあつまり、ビイル、煎餅せんべい飲食のみくひするのは、うらやしくもなんともないでしゆ。むすめしろあごすこしばかりうごくのを、甘味うまさうに、屏風びやうぶいは附着くツついてるうちに、運轉うんてんしゆやつが、其巖そのいははしつて、おきながめて、こしをつけ、氣取きどつてるでしゆ。つけられまい、と背後うしろをすりける出合であひがしら、ぢやうはまといふほどせま砂濱すなはま娘等すむめら四人よにんそろつてつでしゆから、ひよいと岨路そばみちばうとするところを、 
ーーまて、まて、まてーー
 とむすめこゑでしゆ。見惚みとれてさらあらはれたか、罷了しまひと、あわてて足許あしもとあなかくれたでしゆわ。

 わるさは、馬蛤まてがひちやう隱家かくれがしほれると飛上とびあがるんですつてねと、むすめが、あなうへへ、ふたになつて、ぢつのぞく。河童かつぱだい、あかんべい、とやつたところが、でしゆ・・・・・のぞいたひとみうつくしさ、うらゝかさは、月宮げつきう殿うでんいけほどござり、まつげやなぎ小波さゞなみに、きしつて、なびくでしゆが。たゞ一雫ひとしづくつゆとなつて、さかさちてはれうと、蕩然とろりとすると、いたい、いたい、いたい、いたいツ。かたのつけもとを棒切ばうぎれで、砂越すなごしにつきくじいた。」

怪我けがぢや。」
神職かんぬしさましほ釣出つりだせぬ馬蛤まてのかはりに、ふと洋杖ステツキでかツぽじつた、つゑ夏帽なつばうやつもちものでしゆが、下手げしゆにん旅籠はたご番頭ばんとうめ、這奴しやつをんなばらへ、お齒向はむきに、金齒きんばせて不埒ふらちはたらく。」

「ほ、ほ、そか、そか。かはいやせがれせがれうらみ番頭ばんとうぢや。」

ちがふでしゆ、翁樣おきなさまおもはず、きゆうといきき、馬蛤まてあな刎飛はねとんで、田打たうちがにが、ぼろ/\つでしゆ、あわほどのすなあわかぶつてころがつてげるとき口惜くやしさに、やつ穿いた、おごつた長靴ながぐつ丹精たんせいみがいた自慢じまん向脛むかうずねへ、このつばをかツと吐掛はきかけたれば、ひと呪詛のろひによつて、あの、ご秘藏ひざう長靴ながぐつは、あないてくさるでしゆから、やつつては、リヨウマチをわづらふより、とこたへる。仕返しかへしは澤山たくさんでしゆ。うらみまとは、神職かんぬしさまーーむすめども、なつ帽子ばうし女房にようばうの三にんでしゆが。」

一通ひととほりはいた、ほ、そか、そか。・・・・・無理むり道理だうりも、おい一存いちぞんにはならぬことぢや。いづれはお姫樣ひめさま申上まをしあげうが、こなた道理だうりにははづれたやうぢや、無理むりでなうもなかりさうにおもはれる、のしかへし。おきゝみにならうか。むづかしいの。」

鎮守ちんじゆ姫樣ひめさよ、おきゝみになりませぬと、まへかたきながら仕返しかへしが出來できんのでしゆ、出來できんのでしゆが、わア、」
 とたちまこゑげていたが、河童かつぱはすぐにくものか、らず、駄々だゞつがものねだりするさまであつた。

せがれせがれ・・・・・まだはやい・・・・・くな。」
 とおきなは、しろわらつた。

大慈だいじ大悲だいひぶつ菩薩ぼさつにこそおはすれ、この年老としおいたよわりに、毎度まいど意見いけんまをすなれども、姫神ひめがみ任侠にんけふ氣風きふうまし/\、ともあれ、さきんじて、おそですがつたもののねがごとを、おきゝとゞけの模樣もやうがある。一度ひとた取次とりついでおましようぞーーえいとな。‥‥‥
 や、や、や、横扉よことびらから、はや、おえんへ。・・・・・これは、また、お輕々かる/\しい。」

 廻廊くわいらうえんかどあたり、くもひくやなぎとばりつて、おぼろ神々かう/゛\しい姿すがたの、おきなこゑに、つとうちむかたまへるは、細面ほそおもてたゞ白玉しらたま鼻筋はなすぢとほり、水晶すゐしやうきざんで、のあるまなじり額髪ひたひがみまゆのかゝりは、むらさきうすそで頭巾づきんにほのめいた、が、にほひはさげがみあまる。紅地べにぢ金欄きんらんのさげおびして、むらさきそでながく、衣紋ゑもんやさしく引合ひきあはせたまへる、かさねのりやう袖口そでくちに、塗骨ぬりぼねあふぎつゝましく持添もちそへて、床板ゆかいた朽目くちめ青芒あをすゝきに、もすそくれなゐうすくえつゝ、すら/\とつぼみなすしろ素足すあしわたつて。かみか、あらずや、ひとか、巫女みこか。

「ーーはなしひとたちをようとおもふ、おきな里人さとびと深切しんせつに、すきなやぎ欄干らんかんさきへゑてたもつたはうれしいが、まち桂井かつらゐくわんのしげりでかくれてえぬ。廣前ひろまへの、そちらへ、まゐらう。」

 はらりと、やゝ蓮葉はすは白脛しらはぎのこぼるゝさへ、みちきよめのゆきかげらして、はだ守護しゆごするくらゐそなはり、つゝましやかなおおもてより一層いつそうちりとほざかつて、好色かうしよく河童かつぱたはけたにも、をんなにくとはうつるまい。

 ひめ姿すがたが、正面しやうめん格子かうしに、銀色ぎんいろまるばかり、艶々つや/\うつつたとき山鴉やまがら嘴太はしぶとがーー二小刻こきざみにえんはしつて、片足かたあしづゝこま下駄げたを、くちばしでコトンとだんうへそろへたが、からすがなつたくつかもれない、同時どうじ眞黒まつくろはねえたのであるから。

 あしいて、ちら/\とたかあがつたのはーーしろてふが、トタンにぬり下駄げたそこくゞつて舞上まひあがつたので。ると、ひめてふかるつたやうにちうつた。

「お床几しやうぎ、お床凡しやうぎ。」
 とおきなぶと、栗鼠りすよ、栗鼠りすよ、ふる栗鼠りす栗鼠りすが、の、黒檀こくたんごとくに光澤つやあつて、木目もくめは、らん浮彫うきぼりにしたやうなのを、前脚まへあしかゝへて、ひよんとた。

 袖近そでちかく、あはれや、片手かたてかふうへに、ひたひ押伏おしふせた赤沼あかぬまちひさなぬしは、ぐるとひとしく、われわすれてさけんだ。

「あゝ、えましゆ・・・・・あのむかをかの、二階にかいかどに、三にんが、うせをるでしゆ。」

 ひめむらさき褄下つましたに、山懷やまふところ夏草なつくさは、ふちごとくらしづみ、野茨のばらみだれてしろきのみ。おきふねともしびふたつ、ほして、たゞまち屋根やねおとのないなみつらねたなかに、もりくもつゝまれつゝ、旅館りよくわんーー桂井かつらゐ二階にかい欄干らんかんが、あたか大船おほふね甲板かんぱんのやうに、いてる。

 が、鬼神きじんひとみ引寄ひきよせられて、やしろ境内けいだいなる足許あしもとに、切立きつたて石段いしだんは、はやふなばたのぼ梯子はしごかとばかり、遠近をちこち法規おきてみだれて、赤沼あかぬま三郎さぶらうが、かどといふ八でふ縁近えんぢかに、びんふつさりした束髪そくはつと、薄手うすで年増としま圓髷まるまげと、をとこかし廣袖どてら棒縞ぼうじまさへ、もやけて、はつきりとゑがかれた。

「あの、三にんは? 」
「はあ、されば、そのこと。」
 と、おきな手庇てびさししてかたむいた。

 やしろ神木しんぼくこずゑとざした、黒雲くろくもなかに、あやしや、えたるをんなこゑして、
「おぢいさんーーお取次とりつぎ。・・・・・ぽう、ぽつぽ。」
 木菟みゝづく女性ぢよせいである。

みな東京とうきやう下町したまちです。圓髷まるまげをどり師匠ししやうわかいのは、おなじ、師匠ししやうなかま、姉分あねぶんのもののむすめです。をとこは、圓髷まるまげ亭主ていしゆです。ぽつぽう。おはやしかた笛吹ふえふきです。」
「や、や、千里せんりがん。」

 おきなあふぐと、
「あら、そんなでもありませんわ。ぽつぽ。」
 とそらでいつた。河童かつぱ一肩ひとかたそびへつゝ、
藝人げいにんでしゆか、のうこうしやうみちはづれた、ろくでなしめら。」
三郎さぶらうさん、でもね、一寸ちよつと上手じやうすだつてひますよ、ぽう、ぽつぽ。」

 おきなははじめて、だるげに、よこにかぶりをつて、
げい一通ひととほりさへ、なか/\のものぢや。達者たつしやといふも得難えがたいに、人間にんげんくせにして、上手じやうずなどとは行過ゆきすぎぢやぞよ。」
「お姫樣ひめさま、トツピピイ、あんなやつはトツピキピイでしゆ。」
 と河童かつぱ水掻みづかきのある片手かたてで、はなしたを、べろ/\とこすつていつた。

「おほよそ合點がてんうけたてまつる。赤沼あかぬま三郎さぶらう仕返しかへしは、どのやうのぞむかの。まさかに、生命いのちらうとはおもふまい。きびしうて笛吹ふえふきめかちをんなどもは片耳かたみゝぐか、はなけづるか、あしなへびつこどころかのーーかるうて、氣絶ひきつけ・・・・・やがて、いき吹返ふきかへさすかの。」

「えい、神職かんぬしさま馬蛤まてあなにかくれたちひさなものをしひたげました。うつてがへしに、あの、ごらうじ、石段いしだんした一杯いつぱいたふれたみどろの大魚おほうをを、くもなかから、ずどどどど! だしぬけに、あの三にん座敷ざしき投込なげこんでいたゞきたいでしゆ。氣絶きぜつしようが、のめらうが、はなかけ、はツかけ、おほきさい次第しだいが、本望ほんまうでしゆ。」

「ほ、ほ、大魚おほうをらし、さいげるか。おもしろかろ。せがれおもひつきは至極しごくぢやが、をりからたうやしろもおひとずくなぢや。あのさかなは、かさも、おもさも、やぶれた釣鐘つりがねほどあつて、のう、手頃てごろにはまゐらぬ。」
 とつた。かみ使つかふるおきなの、この譬喩たとへことばかれよ。筆者ひつしやは、おほ石投魚いしなぎあらはすのに苦心くしんした。が、こんな適切てきせつ形容けいようは、凡慮ぼんりよにはおよばなかつた。

 お天守てんしゆすぎから、ふたゝをんなこゑで‥‥‥
「そんなおもいもの持運もちはこぶまでもありませんわ。ぽう、ぽつぽーーあの三にんまちあそびに出掛でかけるところなんです。すこしばかりさそひをかけますとね、ぽう、ぽつぽーーお社近やしろぢかまでまゐりませう。石段いしだんした引寄ひきよせておいて、石投魚いしなぎ亡者まうじや飛上とびあがらせるだけでもようはたりませうとぞんじますのよ。ぽう、ぽつぽーーあれ、ね、むすめかみのもつれをなでつけてります、えりしろうございますこと。つぎ姿見すがたみへ、年増としまかはつてすわりました。感心かんしんむすめが、こん圓髷まるまげ、あのがらの水色みづいろすヾしい。ぽう、ぼつぼーーまげびんでつけますよ。をんな同士どうしのあゝしたところは、しをらしいものですわね。ひどいめにふのもらないで。・・・・・ぽう、ぼつぼーー可哀かはいさうですけど。・・・・・もう縁側えんがはましたよ。をとこさきに、氣取きどつて洋杖ステツキなんかもつてーーあれでせう。三郎さぶらうさんをいたのはーー歸途かへりつゑにしてすがらうとおもつて、ぽう、ぼつぼ。・・・・・いま、すぐ、玄關げんくわんますわ、ごらんなさいまし。」

 眞暗まつくらすぎこもつて、ながみゝ左右さいううごくのを、黒髪くろかみさばいた、女顔をんながほ木菟みゝづくの、あかくちばしわらふのが、えるやうですさまじい。そのかほつきけたのではない。ごらんなさいましとふ、言葉ことばみちをつけて、隧道トンネルのぞかすさまに、はるかまつ正面しやうめんへ、ぱつと電燈でんとうひかりのやゝ薄赤うすあかい、桂井かつらゐくわんおほ式臺しきだいあられた。

 むか金齒きんばひかつて、しるし半纏ばんてん番頭ばんとうが、沓脱くつぬぎそばにたつて、長靴ながぐつみがいてるのがえる。いや、みがいてるのではない。それに、きやくのではない。ひねまはしてふさいだ顔色がんしよくは、愍然ふびんや、河童かつぱのぬめりでくさつて、ポカンとあながあいたらしい。まだよひだといふに、番頭ばんとうのさうしたところは、旅館りよくわん閑散かんさんをも表示へうじする・・・・・背後うしろ雜木ざふきやまひかへた、かぎ手形てなりそう二階にかいに、あかりのいたのは、三にんきやくが、出掛でがけに障子しやうじめた、かど座敷ざしきばかりである。

 した廊下らうかを、元氣げんきよく玄關げんくわんると、女連をんなづれはやい、二人ふたり歩行あゆみいたわたつて、自分じぶんたちで下駄げたそろへたから、番頭ばんとう吃驚びつくりして、長靴ながぐつつかんだなりで、金齒きんば剥出むきだしに、世辭せじわらひで、お叩頭じぎをした。

 女中ぢよちう二人ふたりおくる。玄關げんくわんともしびに、芝草しばくさと、植込うゑこみ小松こまつなか敷石しきいしを、三にんみちなりにすこうねつてつたはつて、石造いしづくりもんにかゝげた、いしぼやの門燈もんとうに、かげくろく、だんりて砂道すなみちた。が、すぐまちから半町はんちやう引込ひつこんださかで、一方いつぱうはたけになり、一方いつぱう宿やどかこひ石垣いしがきながつゞくばかりで、人通ひとどほりもなく、さうして仄暗ほのくらい。

 まちへたら/\さがりの坂道さかみちを、つか/\と・・・・・わづかにしろ門燈もんとうはなれたとおもふと、ならんだか、三にんみぎ片手かたてぼんが、ひよいとそらへ、そろつて、をどがまへの、さすあがつた。同時どうじである。おなじやうにこしひねつた。下駄げたくと、つて、おなじく三ぼんひだりへ、さつとながれたのがはじまりで、一列いちれつなのが、まはつて、くる/\とともゑ附着くツついて、ひらいて、くるりとをどる。はなやかなむすめ笑聲わらひごゑが、よるそこひゞいて、また、くるりとまはつて、ながれて、つまかへる。足腰あしこしが、水馬みづすましねるやうに、ツイ/\ツイとねるやうにさかくだりにく。・・・・・いや、それがまたはやい。むすめおびの、ぎんつゆ秋草あきくさに、圓髷まるまげおびの、淺葱あさぎめた色繪いろゑほたるが、飛交とびかつて、茄子なすばたけ綺麗きれいにうつり、すいとえ、ぱつといた。


つとるでしゆ、あの笛吹ふえふきをんなどもも二三にさんばい。」と河童かつぱ舌打したうちしてつた。

「よい、よい、とほくなり、ちかくなり、あの破鐘われがねもちあつか雜作ざふさおよばぬ。おやま草叢くさむらから、黄腹きはら赤背あかせ山鱗やまうろこどもを、綯交なへまぜに、三筋みすぢところはしらせ、あのをどりの足許あしもとへ、茄子なすばたけから、によつ/\と、蹴出けだ白脛しらはぎからませう。」
 とき白髪しらがうごいた。


ぢゞい。」
「はあ。」
 と烏帽子ゑぼしふさる。
 ひめ床凡しやうぎ端然たんぜんと、
をとこが、くちのなかで拍子ひやうしるが・・・・・」
 おきなみゝかたむけ、皺手しわでてていた。
拍子ひやうしではござりませぬ、ぶつ/\とうたのやうで。」
「さすが、商賣人くろうと。あれにふえくまいよ、なんうたふえ。」
わかりましたわ。」と、もりけた。


「・・・・・諏訪すはーーのうみ水底みなそこらす、小玉こだまいしにはれどもそでぬらさじ・・・・・おーもーしーろーーお神樂かぐららしいんでございますの。お、も、しーーろし、かしらも、しろし、富士ふじやまふもとかすみーーみね白雪しらゆき。」

「それでは、お富士ふじさま、お諏訪すはさまがた、おかけられものかもれないーーおち・・・・・あれ、はやい。」

 むらさきそでけると、扇子あふぎが、やなぎひざに、ちやうあたつた。
 びくりとして、みツつ、ひらめくしたちゞめた。かぜごと驅下かけおりた、ほとんうを死骸しがいひれのあたりから、ずる/\と石段いしだん這返はひかへして、そろつて、ひめそらあふいだ、一所ひとところ鎌首かまくびは、如意によいて、ずる/\とながい。


 二階にかいかど座敷ざしきでは、三にんかほ見合みあはせて、たゞあきててぞたりける風情ふぜいがある。

 これは、もありさうなことで、一座いちざたて女形をやまたるべきむすめさへ、十五十六ではない、二十はたちつもしてるのに。圓髷まるまげ四十近しじふぢかで、笛吹ふえふきのごときは五十にとゞく、といふのが、そろへ、あしげ、こしつて、大道だいだうをどつたのであるから。もつと深入ふかいりしたことは、たまへ、ほつとした草臥くたびれたなりで、眞中まんなか三方さんぽうから取卷とりまいた食卓ちやぶだいうへには、ちや道具だうぐ左右さいうに、眞新まあたらしい、擂粉木すりこぎ、および杓子しやくしとなんいふ、寶貝たからものなかに、もつときようがつた剽輕へうきんものがそろつてつてて、これに目鼻めはなのつかないのが可訝をかしいくらゐ。次手ついでをんな二人ふたりかほ杓子しやくし擂粉木すりこぎにならないのが不思議ふしぎなほど、へん外出そとでよるであつた。

うしたつていふんでせう。」
 と、むすめ擂粉木すりこぎ沈黙ちんもくやぶつて、
だれか、やしなかつたから、可厭いやだ、わたし。」
 とおとがひけづつたやうにいふと、年増としま杓子しやくし俯向うつむいて、さびしさうに、それでも、もとには、まだわらひくまのこつてえずに、
だれるものかね。をどりよりか、まちつた、擂粉木すりこぎしやもじをさ、おまへさんとわたしとで、つて歩行あるいたほう餘程よつぼどをかしい。」

「だつて、をばさんーー何處どこかのやま神樣かみさまのおまつりをどときには、まじめな道具だうぐだつて、をぢさんがふんぢやないの。・・・・・御幣ごへいとおんなじことだつて。・・・・・だからわたしーーまじめにまちなかつたんだけれど、かんがへるとーーへんだわね。」

「いや、まじめだよ。擂粉木すりこぎ杓子しやもじおんわすれてうする。おかめひよつとこのやうに滑稽おどけものあつかひにするのは不屆ふとゞ千萬せんぱんさ。」

 さて、笛吹ふえふきーーは、これもまちつた楊弓やうきう仕立じたてたけに、すゞめはりがねをつたはつて、くちばしすゞを、チン、カラ/\カラ/\カラ、チン、カラ/\と玩弄品おもちやを、ひざについて、はなしたびたかほる。・・・・・いや、かへつたことはーーもしをどりがあれなりにつゞいて、くだざか發奮はずむと、まち眞中まんなか舞出まひだして、漁師れふしまちむねんで、うみへころげてちたらう。

 馬鹿ばかたゞけで、狂人きちがひではないから、生命いのち別條べつでうはなく鎮靜ちんせいした。ところで、とぼけつたきようきず、神巫みこすゞからおもひついて、ふるびた玩弄品おもちやみせで、ありあはせたすゞめつたのがはじまりで、笛吹ふえふきかつて、麻布あざぶへんだい資産しさんで、郷土きやうど民俗みんぞく趣味しゆみと、研究けんきうと、地鎮ぢちんさいをかねて、飛騨ひだ三河みかは信濃しなの國々くに/゛\谷々たに/゛\谷深たにふかあひ交叉かうさする、山又山やままたやま僻村へきそんからまねいた、山民さんみん一行いつかうまつりさんじた。さくら菖蒲あやめやま雉子きじ花踊はなをどり赤鬼あかおに青鬼あをおに白鬼しろおにの、めん三尺さんじやくあまるのが、をのまさかり曲舞きよくまひする。きよすないた廣庭ひろには壇場だんぢやうには、ぬさをひきゆひ、注連しめかけわたし、きたりますかみみちは、 (千道ちみち百綱もゝづな道七みちなゝつ。) ともへぱ、 (あやり、にしききてせうじる。) とうたふほどだから、奥山おくやまびとが、代々だい/\つたへたかみ細工ざいくに、わざらして、千道ちみち百綱もゝづなにじのやうに。かざりとりには、雉子きじ山鷄やまどり秋草あきくさ、もみぢを切出きりだしたのを、三重みへ七重なゝへにーーたなびかせた、その眞中まんなかに、丸太まるたたきゞうづたか烈々れつ/\べ、大釜おほがまかせ、湯玉ゆだまあられにたばしるなかを、前後あとさき行違ゆきちがひ、右左みぎひだり飛廻とびまはつて、松明たいまつに、おにも、ひとも、神巫みこも、禰宜ねぎも、美女びぢよも、はだかも、とらかはも、くれなゐはかまも、えたり、またり、の、ひゆうら、ひゆ、ひゆうら、ひゆ、諏訪すはうみ水底みなそこらす小玉こだまいし、をうたひながら、黒雲くろくも飛行ひこうする、その目覺めざましさは・・・・・なぞと、まち歩行あるきながら、眞似まねはなして、その神樂かぐらなかに、あをいおかめ、くろいひよつとこの、扮装いでたちしたのが、こて/\と飯粒めしつぶをつけたおほ杓子しやくし、べたりと味噌みそつたふと擂粉木すりこぎで、をどをどり、不意ふいおそつて、あれ、きやア、ワツとひまあらばこそ、見物けんぶつ、いや、參詣さんけい紳士しんしはもとより、よそほひらした婦人ふじん令孃れいぢやうかほへ、ヌツと突出つきだし、べたり、ぐしやツ、どろり、とる・・・・・とはなころは、圓髷まるまげ腹筋はらすぢよこによるやら、むすめをがむやうにのめつて俯向うつむいてわらふやら。一寸ちよつとまたをどりいたかたちになると、きようじようじて、あの番頭ばんとう噴出ふきださせなくつては・・・・・女中ぢよちうをからかはう。‥‥で、あらうことか、荒物あららもので、ふる新聞しんぶんつゝんでよこさう、といふものを、のまゝで結構けつこうよ。第一だいいち色氣いろけざかりが露出むきだしに受取うけとつたから、荒物あらもののかみさんが、をかしがつてわらふより、禁厭まじなひにでもするのか、と氣味きみわるさうなかほをしたのを、またうれしがつて、寂寥せきれうたる夜店よみせのあたりを一廻ひとまはり。横町よこちやう田畝たんぼけてーーはじめからこゝろざしたーーさんもり明神みやうじんの、あの石段いしだんしたいたまでは、うまにも、ゐのしゝにもつたいきほひだつた。

 其處そこに・・・・・なにたとおもゝふ。通合とほりあはせた自動じどうしやに、えてつて、わづか三分さんぷん。・・・・・

 宿やど遁返にげかへつたときは、かほ白澄しろずむほど、をんな二人ふたり杓子しやくし擂粉木すりこぎ出來できかぎり、掻合かきあばせたそでしたへ。あら、まあ、笛吹ふえふき分別ふんべつで、チン、カラ/\カラ、チン。わざと、チンカラ/\カラとすゞめらして、これで出迎でむかへた女中ぢよちうだちのらさせたほどなのであつた。

はば、お儀式ぎしきようたからものといつていゝね、ときならない食卓ちやぶだいつたつて、なに氣味きみわるいことはないよ。」

氣味きみわるいことはないつたつて、一體いつたいへんね、かへみちでもつたけれど、ゆきがけに先刻さつき宿やどると、いきなり踊出をどりだしたのはだれなんでせう。」

「そりやわたしだらう。掛引かけひきのないところ。おまへにもはなしたことがあるほどだし、ときまつりをどり實地じつちたのは、わたしだから。」

「ですが、こればかりはおまへさんのせゐともいへませんわ。・・・・・はなしいてますだけに、なんだかわたしだつたかもれないがする。」

「あら、をばさん、わたしのやうよ、いきなりひとりでに、すつとあがつたのは。」

「まさか、卷込まきこまれたのなららないことーーお婿むこさんをとるのに、間違まちがつたら、たか島田しまだはうといふむすめくせに。」

「をぢさん、ひどい、間違まちがつたらたか島田しまだぢやありません、やむを洋髪ハイカラなのよ。」

「おとなしくふつくりしてるくせに、時々とき/\あゝいふくちくんですからね。吃驚びつくりさせられることがあるんです。いつかも修善しゆぜん温泉宿で、あすこに廊下らうかはしがかりに川水かはみづ引入ひきいれたながれがあるでせう。巖組いはぐみにこしらへた、ちひさなたきちるのを、いけこひそろつて、きそつてのぼるんですわね。みづをすら/\とのぼるのは割合わりあひやさしいやうですけれど、ながれがあふつて、かう、さつとせく、落口おちくち巖角いはかどすのは苦艱くげんらしい・・・・・しばらくると、漸々だん/\みんのぼつた、ひとのこつたのが、あゝもうすこし、もう一息ひといきといふところ瀧壺たきつぼかへつてちるんです。其處そこよ、しつかりツてひとーーくちしたうちはまだしも、しまひにはゑて、ぢつたとおもふと、湯上ゆあがりの浴衣ゆかたのまゝで、あの高々たか/゛\つた欄干らんかんを、あツといふもなく、跣足はだしで、跣足はだしまたいでーーお帳場ちやうばういひましたよ。随分ずゐぶんおてんばさんで、二階にかい屋根やねつたひにとなりへ、ばアーーそれよりかかはらひさしから、藤棚ふぢだなしにした座敷ざしきのぞいたむすめさんもあるけれど、あの欄干らんかんまたいだのは、いつのむかし開業かいげふ以來いらい、はじめてですつて。・・・・・ひと。・・・・・當人たうにん、それで巖飛いはとびにとびうつつて、こひをいきなりつかむと、たきうへおよがせたぢやありませんか。」

説明せつめいおよばず。わたし一所いつしよたよ。吃驚びつくりした。時々とき/゛\はなわざをやる。それだから、縁遠えんどほいんだね。たとへばさ、しんのをぢきにしたところで、いやしくをとこまへだ。あれではまたいだんぢやない、んだんだ。いや、あしちうげたんだ。

らない、をぢさん。」

もつとも、一所いつしよみち歩行あるいてて、ひだりとかみぎとか、わたしせつちがつて、さて自分じぶんつとーー銀座ぎんざ人込ひとごみなかで、うです、それたか、としろい・・・・・」

多謝サンキユウ。」
たくましい。」
取消とりけし。」
うでを、拳固げんこがまへの握拳にぎりこぶしで、うでえるまで、ぬつとざうはなのやうにわたしのさきへ突出つきだしたことがあるんだからね。」
 まだ、をどつてるやうだわね、はなしがさ。」

わたしも、をばさん、いきなり踊出をどりだしたのは、やつばりわたしのやうにおもはれてならないのよ。」

「いや、ものにさそはれて、なんでも、これは、言合いひあはせたやうに、前後ぜんご甲乙かふおつ、さつぱりと三人さんにん同時いつときだ。」

可厭いやねえ、氣味きみわるい。」

「ね、をばさん、暮方くれがたに、おさけまへ。・・・・・こゝからもんのすぐむかうの茄子なすばたけたら、かげ法師ばふしのやうなちひさなおばあさんが、つゑすがつて何處どこからかて、はたけ眞中まんなかへぼんやりつて、つゑで、なんだか九字くじでもるやうな樣子やうすをしたぢやアありませんか。思出おもひだすわ。・・・・・鋤鍬すきくはぢやなかつたんですもの。あの、つてたもの撞木しゆもくぢやありません? 悚然ぞつとする。あれが魔法まほふで、わたしたちは、さそまれたんぢやないんでせうかね。」

大丈夫だいぢやうぶ、ゐなかではことさ。ものなりのいゝやうに、れ/\茄子なすのまじなひだよ。」
「でも、はたけのまた下道したみちには、ふる穀倉ごくぐらがあるし、きつねか、たぬきか。」

「そんなことけつしてない。かんがへてるうちに、わたしにはよくわかつた。雨續あめつゞきだし、石段いしだんすべるだの、おまへさんたち、へび可恐こはいのといつて、失禮しつれいした。今夜こんやこゝろばかりお鳥居とりゐしたまでつたーー毎朝まいあさ拍手かしはでつが、まだおやまのぼらぬ。あのたかもりうへに、千木ちぎのお屋根やねはいされる・・・・・こゝの鎮守ちんじゆさま思召おぼしめしに相違さうゐない。五月雨さみだれ徒然つれ/\に、をどりよう。さあ、で、あらためて、こゝで眞面目まじめをどなほさう。神樣かみさまにおにかけるほどの本藝ほんげいは、おたがひにうぬぼれぬ。杓子しやくしまひ擂粉木すりこぎをどりだ。二人ふたりは、わざとそれをおち、眞面目まじめだよ、さ、さ、さ。いかい。」

 笛吹ふえふきは、こまかい薩摩さつま紺絣こんがすり單衣ひとへに、かりものの扱帶しごきをしめてたのが、博多はかたつて、きちんとかひくちにしめなほし、横縁よこえん障子しやうじひらいて、御社おやしろに。一座いちざ退しさつて、をんな二人ふたりも、つゝしぶかく、をつかへて、ぬかづいた。


 栗鼠りす仰向あをむけにひつくりかへつた。

 あの、チン、カラ、カラ/\カラカラ、笛吹ふえふきすゞめすゞめ杓子しやくしは、しや、しや、杓子しやくしと、す、す、す、擂粉木すりこぎを、さしたり、いたり、まはをどる。ま、ま、眞顔まがほさいな。わらはずにられるか。

 あわき、したみ、ぶつ/\じれにれてた、赤沼あかぬま三郎さぶらうが、うつかりしたやうに、おもはず、にやりとした。

 ひめは、赤地あかぢにしき帶脇おびわきに、おなじふくろをしめて、守刀まもりがたな見參みまゐらせたは、あらず、一管いつくわんたまふえを、すつとぬいて、丹花たんくわくちびるなゝめに氷柱つらゝふくんで、すゞしく、氣高けだかく、歌口うたぐちをーー

 木菟みゝづくが、ぽう、とく。
 やしろ格子かうしさつひらくと、白兎しろうさぎが一太鼓たいこを、くやうにして、はらをゆすつてわらひながら、撥音ばちおとひくく、かすめてつた。
 河童かつば片手かたてが、ひよいとあがつて、また、ひよいとあがつて、ひよこ/\とあし拍子ひやうしる。

 見返みかへたまひ、
「三にん堪忍かんにんしてやりや。」
「あ、あ、あ、姫君ひめぎみをどつて喧嘩けんくわはなりませぬ。うゝ、うふふ、へびをどるや。やぶあなからきつねのぞいてーーあはゝ、石投魚いしなぎも、ぬさりとつた。」

 わつと、けたゝましく絶叫ぜつけうして、石段いしだんふもとを、右往うわう左往さわうに、人数にんずは五六十、んだらう。
 赤沼あかぬま三郎さぶらうは、をついたーーもううまゐる、姫神ひめがみさま。‥‥‥

愛想あいそのなさよ。撫子なでしこも、百合ゆりも、あるけれど、きたはな手折たをらうより、一折ひとをりつていきや。」
 らせうと、ふえ御手みて持添もちそへて、むらさき女扇をんなあふぎを、そですれにこそたまはりけれ。
 片手かたてなぞ、いまなにするものぞ。

「おんたまもののひかりひ、案山子かゝしのつゞれもにしき直垂ひたたれ。」
 おきなかたはらに、げた。
石段いしだんおよばぬ、んでござれ。」

「はあ、いまさらにおはづかしい。大海たいかい蒼溟さうめいやかたつくる、跋難ばつなん佗龍だりうわう娑伽羅しやがら龍王りうわう摩那斯まなし龍王りうわう龍神りうじん龍女りうぢよも、いろにはまよためさふらふ外海ぐわいかい小湖せうこ泥土でいど鬼畜きちく怯弱けふじやく微輩びはい馬蛤まてあなちたりとも、そらけるは、まだ自在じざい。これとても、御恩ごおん姫君ひめぎみことおはして、おめしとあれば、みづはもとより、自在じざいのわつぱ。電火でんくわ地火ちくわ劫火ごふくわ敵火てきくわ爆火ばくくわ手一てひとつでもしますでしゆ、ごめん。」
 とばかり、ひようとんだ。

  ひよう、ひよう。

 おきなが、ふた/\とたゝいて、わらひ、わらひ、
漁師れふしまち行水ぎやうずゐどきよの。さらでもの、あの手負ておひが、しろすねちると愍然ふびんぢや。見送みおくつてれのーーからすからす。」

     かあ、かあ。
   ひよう、ひよう。
      かあ、かあ。
   ひよう、ひよう。

 くもひく灰汁あくみなぎらして、蒼穹あをぞらおくくろながるゝところ、げに直顯ちよくけんせる飛行ひかうの、一萬いちまん荒海あらうみ八千はつせん曠野あらの五月さつきやみを、一閃いつせんし、かすつて、ぶにて、ぬものよ。

   ひよう、ひよう。
      かあ、かあ。

 きたをさすを、きたからく、さからふかぜはものともせねど、海洋かいやうなみのみだれに、あめひとしきり、どつとれば、上下うへしたとびかはり、翔交かけまじつて、

    かあ、かあ。
      ひよう、ひよう。
    かあ、かあ。
      ひよう、ひよう。
    かあ、かあ。
      ひよう、
    ひよう。
                               
     ・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・





            【完】





2style.net