蛇くひ

泉鏡花

全一章


 西にし神通じんづうがは堤防ていばうもつかぎりとし、ひがし町盡まちはづれ樹林じゆりんさかひし、みなみうみいたりてき、きた立山りふざんふもとをはる。此間このあひだ見通みとほしの原野げんやにして、山水さんすゐ佳景かけいいふべからず。その川幅かははゞもつとひろく、まちもつとちかく、稍狭やゝせまところがう屋敷やしき田畝たんぼとなへて、雲雀ひばりあさり野草のぐさつみめうなり。

 此處こゝ往時むかし北越ほくゑつ名代なだい健兒けんじ佐々さつさ成政なりまさ別業べつげふ舊跡あとにして、いまのこれる築山つきやま富士ふじびぬ。

 かたへに一ぽんえのきゆ、年經としふ大樹たいじゆ鬱蒼うつさう繁茂しげりて、ひるふくろふたすけてからすねぐらさず、夜陰やいん人靜ひとしづまりて一じんかぜえだはらへば、愁然しゆうぜんたるこゑありておうおうとうめくがごとし。

 さればこゝむべくおそるべきを(おう)にたとえへて、かりに(おう)といへる一しゆ異樣いやう乞食こつじきありて、がう屋敷やしき田畝たんぼ徘徊はいくわいす。驚破すはおうきたれりとさけときは、幼童ようどう女子ぢよし遁隠にげかくれ、孩兒がいじおそれて夜泣よなきとゞむ。

おう」は普通ふつう乞食こつじきひとしく、かげもなき貧民ひんみんなり。頭髪とうはつ婦人ふじんのごとくながびたるをむすばず、かたよりれてかゝといたる。跣足せんそくにて行歩かうほはなはけんなり。容顔ようがん隠險いんけんび、耳敏みゝさとく、氣鋭きするどし。各自おの/\でうつゑたづさへ、續々ぞく/\市街しがい入込いりこみて、軒毎のきごとしよくもとめ、あたへざればあへらず。

 はじめは人皆ひとみな懊悩うるさゝへずして、渠等かれらのゝしらせしに、あらそはずして一旦いつたんれども、翌日よくじつおどろ報怨しかへしかうむりてよりのちは、す/\米錢べいせんうばはれけり。

 渠等かれらおのれこばみたるもの店前みせさきあつまり、あるひ戸口とぐち立竝たちならび、繁昌はんじやう旦那だんなけちにしてしよくあたへず、ゑてくらふものゝなになるかをよ、とさけげて、たもとぐれば畝々うね/\這出はひいづるくちなはつかみて、引斷ひきちぎりては舌鼓したうちして咀嚼そしやくし、たゝみともはず、敷居しきゐともいはず、吐出はきいだしてはねぶさまは、ちらとるだに嘔吐おうともよほし、心弱こゝろよわ女子ぢよしのちしよくはいして、やまひざるはすくなきなり、およ幾百いくひやく 富家ふか豪商がうしやう、一づつ、この復讐しかへしはざるはなかりし。渠等かれら無頼ぶらいなる幾度いくたびこの擧動きよどう繰返くりかへすにはゞかものならねど、ひとそのふが随意まゝ若干じやくかん物品ものとうじて、その惡戯あくぎえんぜざらむことをしやするをて、蛇食へびくひげい暫時ざんじ休憩きうけいつぶやる。

 渠等かれら米錢べいせんめぐまるゝときは、「お月樣つきさまいくつ」と一齊いつせいさけれ、あとをもずしてはしるなり。ただ貧家ひんかふことなし。りながら外面おもて窮乏きうばふよそほひ、嚢中なうちうかへつあたゝか なる連中れんぢゆうには、あたまからこのげいえんじて、其家そこ女房 にようばう娘等むすめらいろへんずるにあらざれば、けつしてむることなし。はふはいまだ一個人こじん食物しよくもつ干渉かんせふせざる以上いじやうは、警吏けいりほどこすべき手段しゆだんなきを如何いかんせむ。

 いなごかえるひる蜥蜴とかげごときは、もつとよろこびてしよくするものとす。す(おう)よ、ねがはくはせめて糞汁ふんじふすゝることをやすめよ。もしこれ味噌みそしる洒落しやれもちゐらるゝにいたらば、十萬石まんごくいねおそらく立處たちどころれむ。

 もつと饗膳きやうぜんなりとて珍重ちんちようするは、長蟲ながむし茹初ゆでたてなり。くちなは料理れうり鹽梅あんばいひそかかにたるひとかたりけるは、(おう)が常住じやうぢう居所ゐどころなる、屋根やねなきしとねなきがう屋敷やしき田畝たんぼ眞中まんなかに、あかゞね にてたるかなへ(にるゐす)をゑ、河水かはみづるゝこと八分目ぶんめ用意よういをはればたゞちにはしりて、一ぽんえのきうろよりすうでうくちなはとらきたり、投込なげこむと同時どうじ緻密こまかなるざるおほひ、うえにはひし大石たいせきき、枯草こそうふすべて、したより爆々ばツ/\けば、長蟲ながむし苦悶くもんへず蜒轉のたうちまはり、のがでんと纎舌せんぜつほのほよりあかく、ざるより突出つきいだかしらにぎちてぐツとけば、ほねかしらきたるまゝ、そと抜出ぬけいづるをてゝ、屍傍しかばねかたへうずたか く、なかえたるにくをむしやーーむしやらへるさまは、戰悚よだつばかりなりと。

 (おう)とは殘忍ざんにんなる乞丐きつかい聚合しうがふせる一團體だんたいなることは、この一をしてもきのみ。けるいぬほふりて鮮血せんけつすゝること、うつくしくけるはな蹂躙じゆうりんすること、玲瓏れいろうたるつきむかうて馬糞ばふんなげうつことのごときは、はずしてるべきのみ。

 しかれども白晝はくちう横行わうぎやう惡魔あくまは、四つねものにはあらず。あるひしうへだてゝかへり、あるひつきをおきてきたる。其去そのさとききたとき進退しんたい退常つねすこぶなり。

 一にんえのきもとちて、「お月樣つきさまいくつ」とさけときは、幾多いくたの(おう同音どうおんに「お十三七じゆうさんなゝつ」として、飛禽ひきんつばさか、走獸そうじうあしか、一やく疾走しつそうしてたちまえず。かのうづたかめるくちなはしかばね も、彼等かれらまさらむとするにさいしては、あな穿うがちてこと/゛\うづむるなり。さても清風せいふうきて不浄ふじやうはらへば、山野さんやてん妖氛えうふんをもとゞめず。或時あるときづる立山りふざんかたより、或時あるとき神通じんづうがは日没につぼつうみよりさかのぼ り、えのき木蔭こかげ會合くわいごふして、お月樣つきさま、とび、お十三じふさん、とし、。パラリとつて三々さん/\五々ごゞ彼杖かのつゑひゞところ妖氣 えうきひとおそひ、變幻へんげん出没しゆつぼつ きはまりなし。

 さればがう屋敷やしき田畝たんぼ市民しみんのために天工てんこう公園こうゑんなれども、隱然いんぜんおう)が支配しはいするところとなりて、なほもち黴菌かびあるごとく、薔薇しやうびとげあるごとく、渠等かれらきよほしいまゝ にするあひだは、一にん此惜このをしむべき共樂きようらくそのおもむものなし。其去そのさつて暫時ざんじきたらざるあひだうかゞうて、老若 ろうにやくあらそうて散策さんさく野遊やいうこゝろむ。

 さりながらおうかげをもとゞめざるときだに、いとふべき蛇喰へびくひおもいださしめて、折角せつかく愉快ゆくわい打消うちけされ、掃愁さうしうさけむるは、各自かくじともなおさなもの唱歌しやうかなり。

 くさみつゝうたふをけば、

   拾乎ひらを拾乎ひらをまめ拾乎ひらを
   おにまめ捨乎ひらを

 古老こらうまゆひそめ、壮者さうしやうでやくし、嗚呼あゝ兒等こら不祥ふしやうなり。めよ、めよ、なんきみ細石さゞれいしことぶかざる!

 などと小言こゞとをおつしやるけれど、ひろはにやならぬ、いんまの

 くのごと言消いひけしてさらまた

   拾乎ひらを拾乎ひらをまめ拾乎ひらを
   おにまめ拾乎ひらを

 ととないだふしくがごとく、うらむがごとく、いつも(おう)のきたりて市街しがい横行わうかうするにしたがうて、くだん童謡どうえう東西とうざいき、南北なんぼくし、言語ごんごえたる不快ふくわい嫌惡けんをじやう喚起よびおこけして、市人いちびとみゝおほはざるなし。

 童話どうえうは(おう)がはじめてきたりしやゝ以前いぜんより、何處いづこよりつたへたりともらず流行りうかうせるものにして、爾來じらい父母ふぼ姉兄しけいだましつ、すかしつせいすれども、ぐわんとしてすこしもかざりき。

 みやこ 人士じんしもし此事このことうたがはゞ、たゞちにきたれ。上野うへの汽車きしや最後さいご停車場ステエシヨンたつすれば、碓氷うすゐたうげ馬車ばしやられ、ふたゝ汽車きしやにて直江津なほえつたつし、海路かいろ文字もんじ伏木ふしきいたれば、腕車わんしやせん富山とやまおもむき、四十物あへものちやうとほけて、町盡まちはづれもりくゞらば、洋々やう/\たる大河たいがとも漠々ばく/\たる原野げんやむ。其處そこ長髪 ちやうはつ敝衣へいい怪物くわいぶつとめなば、寸時すんじはやくびすくわいされよ。もしさいはひ市民しみんはば、すゝんで低聲ていせいに(おう)は? とけ、かれへんずる顔色がんしよくくちよりさきこたへをなさむ。

 無意むい無心むしんなる幼童えうどう天使てんしなりとかや。げにもさきに童謡どうえうありてより(おう)のきたるに一月ひとつきかざりし。しかるにいま此歌このうたまれになりて、さらにまた奇異きいなるうたは、

   屋敷やしき田畝たんぼひかものなんぢや、
   むしか、ほたるか、ほたるむしか、
   むしでないのぢや、たまぢや。

 頃日至けいじついたところつじにこのこゑかざるなし。

 たまたま! 赫奕かくやくたる明星みやうじやう持主もちぬしなる、(おう)の巨魁きよくわい出現しゆつげん機熟きじゆくして、天公てんこう使者しゝやくちりて、あらかじいんをなすものならむか。


              【完】




 



2style.net