三人の盲の話

泉鏡花


「もし/\、其處そこらつしやりますおかた。」‥‥‥とぶ。
 ばれた坂上さかかみは、こゑくと、外套ぐわいたうえりから悚然ぞつとした。‥‥‥だれ可厭いやな、何時覺いつおぼえのある可忌いまはしい調子てうしふのではない。が、辿たどりかゝつたのたら/\あがりのながさかの、したからちやう中央なかばおもところで、もやのむら/\と、うごかないうづなかを、がくれに、いつしづみつするていで、跫青あしおときこえぬばかりーーとほりからあな横町よこちやうつゞく、さかうへから、しよな/\りてて、擦違すれちがつたとおもふ、とこゑ
 なん約束やくそくもなく、おもひもけず行逢ゆきあつたのに、トながら行過ゆきすぎるうち、れなり何事なにごとしにはわかれまい。ぶか、めるか、きつくちくにちがひない、と坂上さかがみ不思議ふしぎにもおもつた。もつとそれは、或機會あるきつかけに五位鷺ゐさぎ闇夜やみさけぶ、からすく、とおな意味いみで、くものは、其處そこ自分じぶん一人ひとりでも、とりたれむかつてぶのかわからない。けれども、可厭いやな、可忌いまはしいこゑかずにはむまい、とおもふとあんぢやう‥‥‥
 て、行逢ゆきあつたものは、ひとならびにならんだ三にんづれで、どれも悄乎しよんぼりとした輟摩あんまである。
なかはさまれたのは、弱々よわ/\と、くびしろい、かみい、中年増ちうどしまおもをんなで、りやうかたがげつそりせて、えり引合ひきあはせたそでかげがーーせたむねさう乳房ちぶさまでとほるか、と薄暗うすぐらく、すそをかけて、おびいろおなじやうにーーくろして、ぴた/\ぴた/\と草履穿ざうりばきか、つちとすれ/\のつまた。
 さきつたのはねずみであらう夜目よめにはもやつてなやした、被布ひふのやうなものを、ぐたりとて、ふちなしの帽子ぼうしらしい、ぬいと、のはうづにたかい、坊主頭其ばうずあたまそのまゝとふのをかぶつた、せいのひよろりとしたのが、どううねらして‥‥‥とほる。
 
 あとなる一人ひとりは、中脊ちうぜいほそをとこで、眞中まんなかの、盲目婦めくらをんなかみかげにもかくれさうに、おびからだ附着くつゝけて行違ゆきちがつたのであるから、なり恰好かつかうれも判然はつきりとしないなかに、の三人目にんめのが就中なかんづくおぼろえた。
 くせ、もし/\、とつた、‥‥‥こゑくと、一ばんあとの按摩あんま呼止よびとめたことが、うかしてかぐにれた‥‥‥
わたしかい。」
 とぐにこたへて、坂上さかがみのまゝ立留たちどまつて、振向ふりむいた‥‥‥ひやりとかたからすくみながら、矢庭やにはえるいぬに、(畜生ちくしやう、)とて擬勢ぎせいしめ意氣柤いきぐみである。
「はあ、お前樣まへさまで。」
 としづんでふ。はたせるかな殿しんがり痩按摩やせあんまで、くちをきくときもやぐ、つゑかいに、なゝめににぎつて、さかの二三歩低ぼひくところに、伸上のびあがるらしく仰向あをむいてた。
 さき二人ふたりあたまながいのと、なにかに黒髮くろかみむすんだのは、芝居しばゐ樂屋がくや鬘臺かつらうけに、まげをのせて、さかさつる風情ふぜいで、前後あとさきになぞへにならんで、むかうむきにつて、同伴者つれの、うして立淀たちよどんだのをつらしい。
 坂上さかかみ外套ぐわいたうそでぢて、くびすよこざまにみながら、中折なかをれひさしから、對手あひて眉間みけんかしつゝ、
わたしようか。」
一寸ちよつと‥‥‥おはなしが‥‥‥ありまして‥‥‥」と落着おちついたのか、いきせはしいのか、ふゆふけをなまぬるい。






用事ようじなんです。」
 はじめ、もやなかを、の三にんとほりすがつたときながいのとみじかいのと、野墓のばかちた塔婆たふばか二ほん根本ねもとにすがれた尾花をばなしろすがらせたまゝ、つちながら、こがらし餘波なごりに、ふは/\おくられてたかとおもつた。
 つと、の(おもつた)がえて、まざ/\とうしてものを言交いひかはせば、武藏野むさしのをか横穴よこあなめいた、やま場末ばすゑびたまちを、さぐり/\かせいで歩行あるくのが、さそはせて、としのやうに、ほそふえで、やがて木賃宿きちんやど行燈あんどうなかえるのであらうと、合點がつてんして、坂上さかかみやゝものひがおだやかにつたのである。
 按摩あんま其仰向そのあをむいて打傾うちかたむいた、みゝかゆいのをきさうなつきで、右手めて持添もちそへたつゑさきを、かるく、コト/\コト/\とはじきながら、
よううて、べつに、これうてありませぬ。ありませぬ、けれども、お前樣今まへさまいまから、何處どこかれます。何處どこへ、何處どこへ、何處どこへ?」‥‥‥とあざけるやうに、小鼻こばな調子てうしつたかたをする。
 
かまひなさんな。」
 無理むり首尾しゆびの、をんなしのであつた‥‥‥坂上さかかみ憤然むつとして、
何處どこつてもいではないか。」
うない、それうない、お前樣まへさま、」と押附おしつけにつたこゑに、振切ふりきつてはあしちからこもる。
 
何故なぜわるいんだね。」
 と、かへつて坂下さかした小戻こもどりにつか/\とちかづいたが、あまそばると、もやが、ねば/\としてかほ へきさうで、不氣味ぶきみひかへた。
 
「もうおそい! 」
 ときふはゞのあるつよこゑ按摩あんまとき、がつくりと差俯向さしうつむく。
 すくんだていだつた、長頭ながあたま先達盲人せんだつめくらは、とき、のろりと身動みうごきして、よこがけはうかほけた。
 つぎをんなは、こしからかげつち吸込すひこまれさうに、悄乎しよんぼりこしをなやしてしやがむ‥‥‥びんのはづれへ、ひよろりとつゑさきけてあをい。
 三にんをおろしたらしくると、坂上さかかみも、きふには踏出ふみだせさうもなく、あし附着くつゝいたが、前途さきいそむねは、はツ/\と、毒氣どくきつかんでくちから吹込ふきこまれさうにをどつて、うごかしては、ぐつとふくれ、にくをわなゝかしては、げつそりひしやげる。
 さか兩方りやうはうは、見上みあげてみねごと高臺たかだいのなだれたがけで、‥‥‥とき長頭ながあたまおもてけたはうは、そらに一二けん長屋立ながやだてあたか峠茶屋たうげぢやゝかたちに、しもよ、ともやのたゝまりんだ、枯草かれくさうへに、かげもなくとざさるゝ。
 で、のものどものつたはうは、ぐるみ地壓ちおさへのくひ露顯あらはに、どろくづれた切立きりたてゞ、うへには樹立こだち参差すく/\ほねつなぐ。えだ所々しよ/\にごつた月影つきかげのやうな可厭いやいろもやからんで、ほしもない‥‥‥山深やまふか谷川たにがはながれのぞんだおもひの、暗夜やみ四谷よつやたにそこ時刻じこくちやうど一時頃じごろ
 はげしくうごくはむねばかり‥‥‥すん/\と陰氣いんきそらから、身體からだ壓附おしつけられるやうで、
おそいのが、なんわるい。」
 とものいひもおもる。
 
はれる、まをされる‥‥‥」
 とつゑつたかふを、とんたゝき、
如何いかにも、もし、それがわるい‥‥‥」
つては不可いけないとふのかね。」と、こゝろがゝりな今夜こんやの、辻占つじうらにもと裏問うらとへば‥‥‥
わるいとうたりとて、お前榛氣まへさまき一つでかるれば、それまでのことではあれど、づおまをしたい。
 これは、私一人わしひとりか‥‥‥其處そこじんも。」
 とつて、つゑをまつすぐに持直もちなほすと、むかうで長頭ながあたまが、ひとかすかしはぶき






くなつたつて、かなけりやらないところだつたらうします。」
 と坂上さかかみ呼吸いきはあせつた‥‥‥
おや大病たいびやうだか、ともだちが急病きふびやうだか、れたもんですか。‥‥‥きみたちのやうにつちや、なにか、あやしいところへでも出掛でかけるやうだね。」
「へゝゝ、」
 とつゑさきほゝをすりつけるごとかしがつて、可厭いやわらひ、
それわかればこそまをすのなり、あのじんへとひます‥‥‥てますか、わたしが。‥‥‥つても大事だいじない。けて爾々しか/\とおひなされ。お前樣まへさまをなごひにく、」
「‥‥‥」
「な、しかも、先方さきは、義理ぎり首尾しゆびで、差當さしあたつてはわるところを、お前樣まへさま突詰つきつめて、つて、かきへいも、押倒おしたふ突破つきやぶる、‥‥‥ちからで、むね掻竓かきむしるやうにあせるから、をなごせまつて、にも生命いのちにもへてはうとふ。それく‥‥‥お前樣まへさま途中とちうでありませう。とほりがゝりから、扣逢ゆきあうて、うやつて拵違すれちがうたまでの跫看あしおとで、ようれました。とぼ/\した、うはそらなのでちやんわかる‥‥‥
 きりもかゝり、しももおりる‥‥‥つきくもればほしくらし、大空おほぞらにもまよひはある。まよひも、それおだやかなれども、むねふさが呼吸いきとぢる、もやくやなあとの、いなびかり、はたゝがみを御覽ごらんぜい。
 人間にんげんおもひ、何事なにごと不思議ふしぎはない。
 われらこゝろ思較おもひくらべた‥‥‥引較ひきくらべればこそ、たなごゝろを‥‥‥」
 とふ、おのおもてへ、たなそこふたするごとくに、
「‥‥‥たなごゝろるとやらまをとほり、えぬにもれました。」
 
 あとの二人ふたりとも、時言合ときいひあはせたていに、うへしたで、ものゝ襲襪ひだまで、うなづいたのがおぼろわかつた。
 坂上さかかみは、氣拔きねけのしたさまに、大息おほいきほついて、
つじ賣卜うらなひをするひとたちか。わたしいそいだので、なに失禮しつれいつたかもれない‥‥‥
 先方さき足袋たび跣足はだしで、或家あるいへて、ーーちつとほいが、これからところに、もりのあるなかかくれてつたきり一人ひとり身動みうごきも出來できないでるんです。
 ことは、わたしいままでところへ、當人たうにんからけた、符牒ふてふばかりの電話でんわれて、實際じつさい顛倒てんだうしていそぐんです。かないでうしますか、つてはわるいんですか。」
 
「われらかんがへたもとほり‥‥‥いや、をとこらしく、ようまをされました。さて、いづれもお最惜いとしいが、あゝ、あぶなことかな。」
 とつゑ引緊ひきしめるやうに、むねつて兩手りやうてをかけた。痩按摩やせあんまぢつあんじて、
づおまをすが、唯今たゞいまさかの、われらが片寄かたよつて路傍みちばたちました‥‥‥崖下がけしたに、づら/\となぞへにならびました瓦斯燈がすとうは、幾基いくだい所燈ところあかりいて、幾基いくだい所消ところきえてります。一寸ちよつと御覽ごらんぜ、一寸御覽ちよつとごらんぜ。」
 とひ/\、がく/\とうなじつてかうべれる。
 
 ことば引向ひきむけられたやうに、三にんならんだ背後うしろひろつて、坂下さかしたから、うへまちへ、トずらりとると‥‥‥坂上さかがみ今夜こんやはじめてみちとほるのではない。‥‥‥片側かたかはならべて崖添がけぞひに、およそ一けんおきくらゐに、なかめて、一二三堂ひふみだうふ、界隈かいわい活動冩真くわつどうしやしんてた、道路安全だうろあんぜん瓦斯燈がすとうがすく/\ある。
 
 しろ/\と霜柱しもばしらのやうにつめたくならんで、硝子ガラス火屋ほやは、がけ巖穴いはあなひとひとまどけた風情ふぜいえて、ばつたり、あかりえたあとを、とゞく、どれもこれも、もやんで、め、め、透間すきまのぞいてれ/\に灰色はひいろいき吹出ふきだす。
 
 かとおもへば、まへちかいのは、あらうことか、おにくび古綿ふるわた面形めんがたつたかたちに、もやがむら/\と瓦斯燈がすとうえたあとにわだかまつて、あやしく土蜘昧つちぐもかたちあらはし、おな透間すきまからいきも、これは可恐おそろしいいと手繰たぐつて、そら投掛なげかけ、べ、ちう綾取あやどる。や、おもへば、もやのねば/\は、這個振舞ふるまひか。






大抵たいてい皆消みなきえてりますはずで。」
 と按摩あんまは、坂上さかかみうして、きよろ/\と瓦斯燈がすとうみまはうちに、さきんじて又云またいつた。
「すつかりえてる。あゝ、」とほ一ばいけたのがみた。
「な、えてりませう‥‥‥けれども、お前樣まへさまから、さかうへはうかぞへまして、何臺目なんだいめかの「瓦斯がすひとつ、まだあかりいてらねばなりませぬ。‥‥‥えますか。」
える‥‥‥」
 とこたへた、如何いかにも一だいうすぼんやりと、みだれて、もやながれさうにいてる。
「しかし、何本なんぼんめだか一寸分ちよつとわからない。」
あまとほところではありませぬ。人通ひとどほりのない、故道松並木ふるみちまつなみきの五位鷺ゐさぎは、ひと居處ゐどころから五本目ほんめえだとまります、道中定だうちうさだまり。‥‥‥消殘きえのこりましたのは、お前樣まへさまから、うへへ五本目ほんめぞんじます。
 
 わたし間違わたしまちがつたことひますれば、其處そこます師匠しゝやう沙汰さたをしますはずともつてつてりますうへは、けつして相違さうゐないとぞんじます。かずつて御覽ごらんぜ、御覽ごらんぜ‥‥‥ひとつ、」とつゑさきをカタ/\とふたらす。
 〔い‥‥‥」
「二ッ、」とみつツ、つゑさきをコト/\コト。
い‥‥‥う‥‥‥たしかに五本目ほんめ‥‥‥」
「でありませうな。」
うしたとふんです。」
 
「お前樣まへさま暗夜やみに、われらのかたちがけ樣子やうすえた瓦斯燈がすはうえますのも、皆其みなそひとつのかげなので。もないことには、はなつままれたとてわかりませぬが。」
 
成程なるほど覺束おぼつかない、ものゝかたちも、唯一たゞひとあかりかげなのである‥‥‥て心附こゝろづくと、便たよりないいろながら、ちからには、そろつてえた街燈がいとうが、時々とき/\ぎら/\とひかりさへするーーもやいきいてまたゝうちに、坂上さかかみ姿すがたもふら/\として、
「一たいそれどうしたんです。」
 
れば‥‥‥の五基目だいめひとのこりましたしたに、なにえはいたしませぬか。」
なにが、」
 とふのもこゑふるふ、坂上さかかみ又悚然またぞつとした。
なにか、はいたしませぬか。」
なんにも、なんにもらん。」
りませぬか。」
ない。」
ないがぢやうりませぬ。お前樣まへさま其處そこまでおはこびなさりますれば、かならます。‥‥‥それゆゑに、おまをすのでありまして、まあ、おきなさりまし。」
 と捻向ねぢむいて、痩按摩やせあんまこしかゞめながら、ちやう足許あしもとに一だいあつた‥‥‥瓦斯燈がすとうを、其處そこころがつた、ごろたいしなりにカチカチとつゑらした。がおとひゞかず、もやしづむ。
づ‥‥‥ひとねんのためにまをさうに‥‥‥われらがりますこれなる瓦斯燈がすとうたついま、お前樣まへさま呼留よびとめましたなり、一歩ひとあしとてあとへもまへへもうごきませぬ‥‥‥これ坂下さかしたからはじめまして、ちました瓦斯燈がすとうの、十九だいめに相違さうゐありませぬ。
 間違まちがへば、師匠ししやう沙汰さたをなされます。
 さて、三年前ねんまへ、‥‥‥ちがひます。なれども、おな霸月しもつきさり、ちやうおないま時刻じこくわれらにもお前樣まへさまおなことがありました。‥‥‥
 
 ころは、けつしての、やうな盲目めくらではありませなんだ。」
 とふ、まともに坂上さかかみたいして、向直むきなほつたけれども、俯向うつむいたなりでかほげぬ。
「ようた、お前樣まへさまおなことで、をんなにあひゞきにまゐるので、此處こゝを、さかを、矢張やはり、むかつてしたから、うか/\とあがりかけたのでありました。
 とき擦違すれちがつたものが、これだけは、樣子やうすちがひまして、按摩一人あんまひとりだけがえました。」
 ときくだんの、長頭ながあたまは、くるりと眞背後まうしろにむかうをいた、歩行出あるきだすか、とおもふと‥‥‥ぢつのまゝ。






をんなは、とると、それは、夥間なかまはなしくらしく、しやがんだなりに、くるりと此方こつち向直むきなほつた、おびひざも、くな/\とたゝまれさうなが、咽喉のどのあたりはしろかつた。
 按摩あんまこゑ判然はつきりして、
「で、それ矢張やはり、お前樣まへさまわれらがしましたやうに、背後うしろから呼留よびとめまして、瓦斯がすの五基目だいめも、あしもとの十九のかずも、お前樣まへさまいまわれらがうたとほりのことまをします。
 われらはこゝで、とほりを、う一度申どまをしますばかりのこと
 なんで、約束やくそくしたをんなひにつてらぬのかとーーいまのお前樣まへさまとほりを、又其またそ時私ときわたしたづねますと、盲人めくらまをすには、」
 
 盲人めくらは、こゝに先達せんだつて長頭ながあたまであることは、おのづから坂上さかかみむねひゞく。
 
うへへ五ほんめの、一つのこつた瓦斯燈がすとうところに、あやしいものゝ姿すがたえる‥‥‥それは、すべ人間にんげんかげる、かげつかむ、影法師かげぼふしくらものぢや。
 かれめにかげはるれば、人間にんげん形痩かたちやせ、めらるれば氣衰きおとろへ、蹂躙ふみにじらるればなやみ、吹消ふきけさるゝとみやういのちうせる。
 およそ、つきとゝもに、影法師かげぼふしのあるところくだんもの附絡つきまとはずとことなうて、ひ、め、蹂躙ふみにじる。が、いづれひと生命いのちおよぶにはがあらう。それもつて大事だいじぢやに、可恐おそろしいは、いまあるやうなあかり場合ばあひ一口ひとくちくわつとつて、」
 とつた。按摩あんまくちびるとがつたな! 
立所たち8どころかげくらふ、はるれば、それまでぢや、生命いのちにもおよびかねぬ。かならさかとほらるゝな‥‥‥
 とひます。
 われら血氣けつきで、なにふ。だいいち、ものとはどんなものか、と突懸つゝかゝつてきますと、盲人めくらニヤリともせず、眞實まじめかほをしまして、れば、ればづ、守宮やもりかんむりかぶつたやうな、白犬しろいぬ駒伸どうのびして、山伏やまぶし兜巾ときんいたゞいたやうなものぢや、としやうれぬことふ。
 いや、くよりはるがはやい。さあ、生命いのちられてらう、と元來ぐわんらい、あたまからまこととはおもひませぬなり。づか/\、の、‥‥‥其處そこの五だいめの瓦斯燈がすとうところまで小砂利こざりつてまいりますと、道理もつともことなん仔細しさいもありませぬ。
 ところに、みぎ盲人めくら、カツ/\とつゑらして、刎上はねあがつて、んでまゐり、これは無體むたいことをなされる。‥‥‥きつ元氣げんきぢや。うてかすことまこととはおもはぬこなたに、言託ことづけるのは無駄むだぢやらうが、ありやうは、みぎものは、さしあたりこなたかげを、つかまうとするではない。
 今夜こんや‥‥‥こなたひにく‥‥‥をんなかげらうと、かねてつけねらうてるによつて、きびし用心ようじんふか謹憤つゝしみをしますやう、こなたつうじて、こゝろづけがしたかつたのぢや。
 と又言またいふのでありました。」






「まざ/\と譫言たはことく‥‥‥われら婦知をんなしつたりや、とひますと、それらいでなにをする‥‥‥今日けふ晩方ばんがた相長屋あひながや女房にようはうはなした。谷町たにまち湯屋ゆやうたげな。‥‥‥ようけむりけなんだ、白雪しらゆきでゝふつくりした、それは、それは、綺麗きれいはだめて、うす淺黄あさぎひもゆはへた、したする/\、すべるやうな長橋袢ながじゆばん小春時こはるどきの一枚小袖まいこそであゐこん小辨慶こべんけい黒締子くろじゆすおびに、又緋またひ扱帶しごき‥‥‥まげ水色みづいろしぼりの手柄てがらつやしづくのしたゝるびんに、ほんのりとしたみゝのあたり、頸許えりもとうつくしさ。婦同士をんなどうし見惚みとれたげで、まへまはり、背後うしろながめ、姿見すがたみかして、裸身はだかのまゝ、つけまはいて、黒子ほくろひとつ、ひだりちゝの、しろいつけぎはに、ほつりとあることまで、ようつたとはなし
 なんと、をんな相違さうゐあるまい、こなたひにをんなは‥‥‥と又其またそ盲人めくらふのであります。」
 
 くうちに、坂上さかかみは、ぶる/\と身震みぶるひした。それは、其處そこに、はなしをする按摩あんま背後うしろて、をりからかほそむけたをんなが、衣服きものも、おびも、まさしく、歴然あり/\と、言葉通ことばどほりにうつつたゝめばかりではない。
 足袋たび跣足はだしたとふ、今夜こんやは、もしや、あの友染いうぜんに‥‥‥あの裾模樣すそもやう、とおもふけれども、不斷ふだん見馴みなれてみついた、黒繻子くろじゆすに、小辨慶こべんけい
 坂上さかかみえるあとをくわつる。
 
うでありませう。お前樣まへさまこれからひにおいでなさらうとふ、をなごかたは、裾模樣すそもやうに、にしきおび緋縮緬ひぢりめん蹴出けだしでも。‥‥‥黒繻子くろじゆすに、小辨慶こべんけいあゐこんはだしろさもいとして、乳房ちゝ黒子ほくろまでてられました、わたしとき心持こゝろもちはゞかりながら御推量下ごすゐりやうくださりまし。
 こゝな四ツ谷底たにそこに、むごこと帶紐取おびひもとつて、あかはだたふされてゞもりますのが、えるやうにおもはれました。
 で、みぎ盲人めくらは、れいものは、をんなかげを、めう、はう、とらへよう、蹂躙ふみにじらう、取啖とりくらはうとつけまはすーーこなたからことづけて、けるやうひなさい、とまをしたのを、よくもかずに、黒雲くろくもいて、んでき、いなづまのやうに、てつもんいし唐戸からとにも、さへぎらせず、眞赤まつかむねほのほつゝんで、よわをんなひました。
 かげる、かげふ、かげめる、ものにつた。さかしか/\の瓦斯燈がすとうのあかりでた。‥‥‥
 をんなうちは、ついまはりでありました。ーー
 ひる附廻つけまはすぞ、それ、かげうすいわ、用心ようじんせい、とお前樣まへさま
 可哀氣かはいげに、苦勞くらうやみにわづらつて、おびをしめてもゆるむほど、細々ほそ/\つてるものを、鐵槌かなづちつやうに、がん/\と、あたまへひゞくまでまをしましたわ。
 他人ひとに、はだせたとおもねたみから、ーーをんなひざ突俯つゝぷして、ふるへるこゑしたで、途中とちう、どんなものにつてたれいたはなしだ、とみぎかげについてたづねましたとき、ーーおのれ、むねへ! なぞとうて、盲人めくらからいたことはずにしまつたのでありました。
 これんでもない心得違こゝろえちがひ。盲人めくらこそ、をんなおもひをけて、かげのやうに附絡つきまとうて、それこそ、をんないへまはりの瓦斯燈がすとうのあかりでれば、守宮やもりか、とおも形體ぎやうたいで、裏板塀うらいたべい木戸きど垣根かきねに、いつもあかく、つらあをく、くちびるしろ附着くつゝいて、出入でいりを附狙つけねらつてたとのこと
 はじめから、おどしたものが盲人めくられれば、をんなまでは呪詛のろはれずにんだのでありませう。」






今度こんど‥‥‥つぎ‥‥‥段々だん/\をんなことすくくなりました。
 兎角とかくむかうで、われらけるやうにするのであります。
‥‥‥ころしてなう、と逆上ぎやくじやうするうち、段々だん/\くはしくきますと、をんなが、不思議ふしぎひとふのをきらふ。めう姿すがたかくしたがるのは、の、われらばかりにはかぎらぬ樣子やうす
 しまひには猪又ねこまたけた、めかけのやうに、いとうて、よるひるも、戸障子雨戸としやうじあまどめたうへを、二ぢうぢう屏風びやうぶかこうて、一室ひとまどころに閉籠とぢこもつたきり、と ひます‥‥‥
 やつとのおもひ、念力ねんりきで、をんなましたときは、絹頼きぬいとも、むれて、ほろ/\とれてえさうに、なよ/\として、たゞうつむいてたのであります。
 かほげさした‥‥‥トが、つぶれました。へい、いえ、をんな兩眼りやうがんで。
 きますると、われらに、くだんかげものゝはなしいてからは、またゝさへ、ひとみいて、われかげ目前めさきはなれぬ。
 臺所だいどころれば引窓ひきまどから、えんてば沓脱くつぬぎへ、見返みかへれば障子しやうじへ、かべへ、屏風びやうぶへかけてうつります。
 うつるとかげを、て、ひさうで、めさうで、みさうで、みさうで、からみさうで、
 さうでらぬ。
 つきかげかげともしびかげゆきはな朧々おぼろ/\のあかりにも、かげのないひまはなし‥‥‥かげあれば不氣味ぶきみさ、可厭いやさ、可恐おそろしさ、可忌いまはしさにたへかねる。
 所詮しよせんかうじて、眞暗まつくらがり。てのひらえいでも、歴々あり/\と、かげうつる、あかりしてもおなことで。
 次第しだいに、とこはしら天井裏てんじやううら鴨居かもゐ障子しやうじさんたゝみのへり。場所ばしよところへつゝ、守宮やもりかたちで、天窓あたまにすぼりとなにかふつた、あだしろい、どうながい、四足よつあしうねるものが、ぴつたりと附着くつゝいたり、ことりとまるくなつたり、長々なが/\ふのがえたり‥‥‥やがて、やみなかまくらしたにもるやうにりました。
 たびに、あツとこゑげて、へば、はやこと、ちよろ/\とはしつてえて、すぐに、のろりとあらはれる。
 まい、まいの逆上うはづつて、ものゝえるはのあるため、となんとかまをくすりを、まくらをかいもの、仰向あをむけに、かみしばつたなか點滴したゝらして、兩眼りやうがんを、めくらにした、とふのであります。
 こゝろ暗夜やみ取合とりあつて、爾時そのときはじめて、かげものゝはなしは、さか途中とちうで、一人ひとり盲人めくらかされたことまをして、脊恰好せいかつかうとしごろをひますと、をんなは、はツと、はじめてめたやうにつて、さめ/\と泣出なきだしました。
 おもひのかなはぬ意趣返いしゆがへしに、なんと! みぎ横戀慕よこれんぼ盲人めくらに、呪詛のろはれたに相違さうゐありませぬ。
 ほゝにく引掴ひとつかんで、口惜涙くやしなみだ無念むねんなみだ慙愧ざんきなみだせんずれば、たゞ/\最惜いとをしさのなみだはては、おなじおもひを一しよにしようと、われらこれ又此またことほり、兩眼りやうがんわれ我手わがてに、‥‥‥これははりでヅブリといたのでありまする。
 三世さんせ一娑婆ひとしやば因果いんぐわ約束やくそくつながつたと、いづれも發起仕ほつきつかまり、懺悔ざんげをいたし、五よくはなれて、たゞいまでは、それなる盲人めくらともろともに、三にんしよに、つゑ引連ひきつれて、ひるおもてはづかしい、とあればとほります‥‥‥
 みちすがら行逢ゆきあひました。
 御迷惑ごめいわくぞんぜぬが、もやそで擦合すれあうた御縁ごえんとて、ぴつたりむねあたことがありましたにより、お心着こゝろづ申上まをしあげます‥‥‥お聞入きゝいれ、お取棄とりすて、ともお心次第こゝろしだい
 うへは、さて、なにぞんぜぬ。やうなれば、おいとま申受まをしうけます。」
 
 ことばしたより、其處そこに、はなし途中とちうから、さめ/\といてをんなは、悄然せうぜんとして、しかも、すらりとつた。
 とぼ/\とした後姿うしろすがたで、長頭ながあたまからみつつの姿すがたえたる瓦斯がすに、まぼろしや、つゑかげ
 をんなが、しろやさしい片手かたてときいたきれ姿すがたしのぶ‥‥‥紅絹もみばかり、ちら/\と‥‥‥てふのやうにもやひ‥‥‥





              【完】






2style.net