山車錺金具製作記録

 

      

      飛鳥工務店様から承りました 『西町の山車』 の錺金具の製作に
     取りかかりましたので、製作記録を頑張って書き込んでみます。

   錺金具の製作工程は、大まかに次のようになります。

 

  1 型取り  (金具を取り付ける部分の寸法、型、を紙に写し取ります。)

  2 金取り  (金具の長さ、巾寸法を決めて、毛書き針で銅板に線を引きます。)

  3 型付け (外郭デザインの型紙を作り、金取りした板に型を写します。)

  4 切断   (切り鏨を使って型に合わせて切断します。)

  5 縁打ち (柄を入れる部分の内枠の線を、縁鏨で打っていきます。)

  6 下絵   (銅板に図柄を下書きします。)

  7 柄入れ (下書きした後、模様、蕊などを彫っていきます。)

  8 魚々子、砂目、石目入れ (柄の周りの余白を埋め、柄を立たせます。)

  9 穴あけ (鉛の上で釘穴を打ち抜きます。)

  10 切断  (不要な部分を切り鏨で切断します。)

  11 鑢、刮げ、棒ベラ (断ち面に鑢を当てた後、刮げ、棒ベラで鑢跡を消します。)

  12 クセつけ (取り付けた時に密着する様、裏から叩いて少し膨らませます。)

  13 着色  (鍍金は外注に出し、バフ掛け、硫化着色は自分でします。)

  14 ニス上げ (ニスを塗って、表面の劣化を防ぎます。)

   鏨を入れると板に歪みが生じるので、4〜8の工程毎に木台や金床の上で


  叩いて歪みを抜きます。これを 《均し》 と言います。


  また、作るものによっては工程が前後したり、

  他の工程が入ったりする場合も多々あります。

 

 

 

屋台 山車 金具 

 

3月21日〜型取り
3月22日〜一部金取り、型付け
3月25日〜一部切断、縁打ち

   

 左の写真は、架木の巻金具を

切鏨で切断している所です。

屋台 山車 金具 

 

 平桁金具の縁打ちをしている所です。

平桁金具

 

 断ち、縁打ちまで進んだ

平桁木口、平桁金具です。

平桁金具

  柄入れまで進んだ一階と二階の平桁金具。
屋台 山車 金具 

 

一階の高欄、平桁金具。

地覆の木口金具

 

 砂目撒きまで進んだ二階、

地覆の木口金具。

型紙

 

 4月17日

手木木口の型紙。

実寸で型の下書きをして、大きさ、

文字のバランスの確認をします。

紋 金具

 

 角垂木金具。

五瓜に唐花の紋を彫りました。

この紋だけで約20本の鏨を使います。

架木、平桁、地覆金具

 

 工程10の切断まで進んだ、

一階高欄の、架木、平桁、地覆金具。

 

 前後の手木木口金具。

屋台 山車 金具 かざり

 

 縁長押金具(下の長押)

手前が柄彫りまで進んだ状態。
奥が魚々子(ななこ)蒔きまで進んだ状態。

写真が上手く撮れていませんが
岩に牡丹の図柄です。

屋台 山車 金具 錺

 

 長押金具。(上の長押)

手前が柄彫りまで進んだ状態。
奥が魚々子蒔きまで進んだ状態。

魚々子とは、魚の卵の様な
小さな丸い粒の連続模様で、
実際には打ち込んでいるのですが
蒔く(まく)と言います。。

鑢 刮げ 棒ベラ

 

 鑢(やすり) 刮げ(きさげ) 棒ベラ。

 鑢の目は、荒目、中目、油目
(細目とか精密鑢とも言います。)、の3段階。

 形は、平、甲丸、丸、三角、など。

 

 5月7日 鑢当て。

切断面に鑢をかけて、

形を整えると共に、角度を均一に揃えます。

屋台 山車 金具 かざり

 

 荒削り、中削り、仕上げ削り、

と順に鑢目を細かくしていきます。

切断面に適した形状の鑢を使い分けて

仕上げていきます。

屋台 山車 金具 

 

 仕上げ鑢が終わると次は刮げ当てです。

 刮げ当てとは、鑢目を消す為に
刃を使って削ぐ作業です。

 刮げの後、更に棒ベラをかけて
鑢目を消します。

 これから当分の間
鑢、刮げ、棒ベラ、を当てる日が続きます。

屋台 山車 金具 

 

 工程 12 のクセ付けまで終了。

屋台 山車 金具 硫化着色

 

 着色は硫化カリウムを使います。
(右は炭酸水素ナトリウム。)

 着色の手順は次のようになります。

1 希硫酸に漬け込んで酸洗いする。
2 クレンザーを使って脱脂。重曹で研磨。
3 硫化カリウム水溶液に浸けて
  表面を硫化銅にする。
4 炭酸水素ナトリウムを使い、
  中和しながら研磨。
5 乾燥後ニス上げ。

屋台 山車 金具 硫化着色

 

 手木木口、土台木口、

二階平桁、架先、地覆、

上長押、縁長押、着色完了。

屋台 山車 金具 硫化着色

 

 一階架中打ち、平桁、地覆、

二階架木口、平桁先側面、着色完了。 


 完成しました。

 

 

錺 3 錺 4 錺 5 錺 6 錺 7 錺 8




彫金 7

鍛金 1
鍛金 2
鍛金 3
鍛金 4
鍛金 5
鍛金 6
鍛金 7
鍛金 8
鍛金 9


山車 1
山車 2
山車 3
山車 4
山車5
山車6
板金 1 板金 2


体験学習
製作記録
アルフォンス
武悪
工房
道具
リンクと独り言
お問い合わせ先
 

 

 

2style.net