Alphonse Elric アルフォンス エルリック

 

 鍛金の兜について、色々と質問を寄せて頂きましたので

ちょっと 詳しく説明したいと思います。

 写真の兜は 【 鋼の錬金術師 】 という漫画に登場するキャラ

【 アルフォンス エルリック 】 です。

 鍛金を習い始めた頃に 【 いつの日にか 騎士の兜を作ってみたい! 】

と漠然と夢見ていましたが、具体的なデザインも絞り込めないまま、

数年がたったある日、愛息子と愛娘が夢中になって読んでいた

【 鋼の錬金術師 】 を何気なく読んで見ると、カッコイイDesignの甲冑が!!

 残念ながら我が子は、父親の仕事や趣味に然程関心を持っていない様ですが

これを作ったら 「父ちゃん凄い!」 と言って貰えるに違い無い!

との思いから制作を決意した次第です。


鍛金 甲冑
 本来は鉄で作る物だと思いますが、

 素材は1.2mmの銅板を使いました。

  その訳は 

 1 鉄の鍛造に不慣れ

 2 仕事柄 銅板の在庫がある

 3 鉄だと錆びが心配

 4 着色、鍍金などの表面処理の問題

   等です。

鍛金

開きます!
鍛金

更に開きます!!
鍛金
うなじ?
鍛金
SKULL (鉢と言うらしい・・)

 銅板を直径36cmの円に切り、

 中心から3cmずらした点を頭頂部に定め、

 時々被って (恥・・・) 

 サイズを確認しながら絞りました・・・

出来上がったSKULLを基準に 型紙を作りました。

 まさか 公開する事 になるとは 思ってもいなかっ

たので、カレンダーで 型紙を作ってしまいました。

 (でも 捨てずに 取っておいて 助かった・・)

  上から VISOR(眉庇) 錣 (しころ)上下 

 右の扇状の型紙は VISORの HORN部 です。

BEVOR (頬当て) の 型紙。

 Alphonse の場合は

 前部の顎当て の付いた bevo rになります。

  一度 セロテープで 組み立てて

 大きさの 確認をしました。

alphonse 型紙
頭頂部 の重ね

  これは 型紙を作らず、

 SKUL Lの実寸から 大きさを決めて

 銅板に 直に 金取りしました。

 作った後、コミックをよく見たら 穴の形状は

台形では無く、楕円でした・・・

 大失敗・・・ でも 作り直すのは面倒なので

そのままです・;・

alphonse VENTAIL
VENTAIL(瞼甲)

 VISOR が下がり過ぎないように

 眉間部に 《受け》 を付けました。

鍛金
VISOR (眉庇)

 HORN と別々に作り、

 アルゴン溶接で接合しました。

 

 外周は 《玉縁》 仕上げ

鍛金


BEVOR (頬当て)
 

左右の頬当て、顎当ての

3つのパーツを アルゴン溶接で接合。

  一枚板から絞って作ろうか迷いましたが、

 アルゴン溶接を習って間もないので

 「練習になるかな、」と思って溶接で作りました

  でも やっぱりアルゴンは苦手です。

  日本の兜では錣 (しころ)

 と呼ばれる部分。 (ナッケンシルム)

  2段重ねになってます。

 ガタつかないように、下の錣には

 ストッパーを付けました。

 その為、可動範囲はほとんどありません。

  (外周は 《玉縁》 仕上げ)


リベット締めをしてしまうと

後から分解したり、着色、鍍金をしたり

したくなった時に困るので

《 見た目はリベット締めに見えるが

実はボルトナット締め 》 にする為

銅のリベットとステンレスのボルトを

それぞれ頭の部分で切断後、蝋付けしました。

鍛金

 組み上げる前の状態です。

 こうして見ると 結構な部品数です。

 中央下の部品は 耳当てです。

  漫画のカットを見ると

 真円で作るべきPARTSですが

 temple周辺に 重なり代が集中してしまうので

 SKUL Lと面壱になるようにCUTしました。

鍛金


前面を裏から見た所。

 ナットが出ているので被ると

 ちょっと痛い・・・

 

  すべて 1.2mmの銅板で作ったので

 量ってみたら 2500g もありました。

 頭にナットがくい込む訳だ・・・

鍛金
後面 を裏から見た所。
 

 錣のストッパーを ハンダで接合したので

 ちょっと 見苦しいです。

        甲冑、鋼の錬金術師、どちらにも それほど詳しい訳ではないので

      お気付きの点がありましたら 教えて頂けると助かります。

 

 
錺 3 錺 4 錺 5 錺 6 錺 7 錺 8




彫金 7

鍛金 1
鍛金 2
鍛金 3
鍛金 4
鍛金 5
鍛金 6
鍛金 7
鍛金 8
鍛金 9


山車 1
山車 2
山車 3
山車 4
山車5
山車6
板金 1 板金 2


体験学習
製作記録
アルフォンス
武悪
工房
道具
リンクと独り言
お問い合わせ先
 

 

 

2style.net