● 340プレゼンツ・アストロ球団なにわ13祭 ●

2006年1月29日@大阪・in→dependent theatre 2nd


会場貼りのポスター最寄り駅から出る方角間違えてうっかり通天閣のそばまで行っちゃって(極度の方向音痴)大変でしたが、行ってきました、なにわ13祭@大阪インディペンデントシアター2nd!
大阪から高速バスで帰ってきて速攻書きました。(書き終わったの夜中2時過ぎ…ねむい)
すぐ忘れちゃうのーみそなので、覚えてるところだけ。
しかもあいまいだったり、トークの順番が違ってるところもあるかと思いますが、アストロきってのイケメンズのおもしろトークが伝われば嬉しいです。

ちなみに、イベントタイトルの「340」は「みしお」。つまり、アストロの名進行役・鈴木美潮さんのことです。(今まで気づかんかった)

このレポートで使っているボールの素材は野球素材屋さまでお借りしました。
背景はアストロ新ユニフォームイメージの管理人のお手製です。

さてさて、イベントレポへ早速突入。
会場は、こぢんまりしててキャパは250人前後?
私は前から5〜6列目だったんですが、近い!こんなに近くっていいの!?ってくらい!

まず美潮さんが出てきて、本日のゲスト・球一こと剛史くん球三郎さまこと飛雄くんを紹介。
ふたり一緒に出てくるのですが、客席後ろからあらわれるのでさあ大変!
客席の真ん中に通路がありまして、そこを通ってふたりがステージへ。
ちょうど二人が通った通路は私の席のすぐ横!
会場は前から10列めくらいまでフラットなんですが、その後ろはちょっと坂になってて。(サンモールの客席に近いかな)
で、その坂になってるところからフラットになるところで段差があったらしく、そこで球一がつまづき。
ステージに上がる小さい階段で球三郎さまがコケ(笑)、思わず二人苦笑いしつつがっつり握手。
配置はステージ向かって左から美潮さん、球一、球三郎さまです。

本日のファッションチェック(イラストはこちら
球一:トップはTシャツぽい黒いインナーに黒いジャケット(クロムハーツのかな?そで口に白いロゴ入り。前から見るとシンプルなのに、背中はキラキラだった!)。ボトムはちょっと色の薄いブルージーン。靴はたぶんスニーカー。左の小指にシルバーのごついリング。
球三郎さま:トップは白いシャツ。胸のボタンを2〜3つ開けて、ちょっとごつめのシルバーのペンダント。ボトムはブルージーン。左右のふともものあたりに軽いダメージがあって、右だけダメージをスワロフスキーみたいので囲んでました。これがさりげないんだけど、おしゃれ!靴は茶系の革靴ぽい。オトナのオトコってかんじですなー。

「遠いところから、近いところからわざわざ来てくださって…」「今日は楽しみましょう!」といった感じの挨拶を二人がした後、美潮さんが客席にどこから来られたか聞いて行きます。一番遠い方は北海道から!九州や東京の方も多かったですねー。大阪の方ももちろん。しかし、中四国は忘れられちゃって統計外…。しょんぼり。
まだ大阪の系列局では放送が始まってないことから、本日のイベは総決起集会(笑)。(美潮さん談@12月の池袋イベント)「朝日放送、早くアストロ放送しいや!」っていうことですな。
美潮さんが「本日のイベントは総決起集会」て言ったら、飛雄くんがノってきて「ヘルメットかぶったりバット持ってきたりして」てなって、そこへ剛史くんの「んなわけあるかい」と関西弁ツッコミ!

ちなみに、二人は当日朝新幹線で東京から大阪入り。
美潮さんいわく「二人とも爆睡してた」そうで。
「剛史、口あけてこんなかんじで寝てた」と飛雄くんが浅く腰掛けて足を投げ出し、口をあけて剛史くんの寝姿を暴露すれば、「飛雄やってこんなかったやん!」と剛史くん、負けじと応戦。なんつーかお見せできません、て感じの寝姿だった(そうでもないか)。
剛史くん、寝姿をたとえて「とらわれの宇宙人」だそうですが…。どんなんですか、それ?


next→


Copylight © "ROUTE725" & "Under The Bluesky" 2006 All Rights reserved.

2style.net