過去ログ19

No.1406:教材はfly me to the moon 2003/09/29(月) 12:58
名前:きよ
きよです。54才 4月から厚木でジャズピアノ習いはじめました。
今はfly・・・・・(これ一曲でずーと)ですがコードにあわせてスケールを弾く練習です。Am Dm G C・・・・Eのところは先生の見本から推測してmmpでいい感じでした。この後の授業どうなるんだろう?左はテンション入れてリズムです。このへんからアドリブ練習になりそうです。
ところで独学でやっていたためスケールの指運が悪いようです。(他にもコード押さえる手がガチガチとか)親指から離さずペタペタとやってしまいます。エバンスの本「モード」で親指は離さないことと書いてあったんでその癖がついてしましました。時間かかりそうです。先生は、指先で弾くのでなく腕で弾くと言われました。背中も同じ意味なんでしょうね
No.1418:遅くなりました! 2003/10/06(月) 01:37
名前:Swingy
きよさん、はじめまして!<
お返事遅くなってしまい大変申し訳ありません。
54歳からというのも、半年間1曲でずっと頑張っているのも凄いですね。
mmpっていうのは、メロデイック・マイナー・パーフェクト・フィフス・ビロウ(MmP5↓)のことでしょうか。普段使わない言葉なので、ちょっと本を見たら、僕が教わったときにはミクソリディアン・フラット・シックスとして教わったものと同じですね。
同じスケールでも本によって表記が違うのがやっかいです。(笑)
ところで、
>エバンスの本「モード」で親指は離さないことと
リー・エバンスの「モードのすべて」という本を持っているので「親指は離さないこと」という記述を探してみたんですけど、見あたらないんです。見つけられなかったのか、似たタイトルで別の本なのか・・・。
親指を離さないというのは、親指をどこから離さないのですか?
和音でも単音でも、鍵盤を一番下まで押し下げたら、そのまま長い音を弾く場合でも、すぐに力を抜くことが大事です。
形としては手首を少〜し持ち上げることになると思います。ただ、僕はそれが良いと考えていますが、先生によって言うことが違うかもしれませんので、ほんの参考までに、という感じです。
No.1427:ジャズピアノ96のエチュードでした 2003/10/09(木) 12:33
名前:きよ
きよです。
親指を離さないで弾く件はリーエバンスの「モードのすべて」ではなく「ジャズピアノ96のエチュード」の中の”始める前に・・・”のような最初のページに書いてありました。独学って怖いですね
これはいろいろフレーズ練習する本ですがあまり使っていません。ただそのことだけ頭に入ってしまいました。mmpはMmP5が正しい表記で間違いです。混乱させてすみません。
職場からのメールで記憶でメールしてますのですみません。
fly me to the moon はセブンスのところはリデイアン7thでスケール練習に入りました。いろいろ取り得れるそうです。
No.1415:59000でした! 2003/10/02(木) 00:07
名前:yoko
こんばんは。Swingyさん。59000番目でしたよー。びっくりしました!
何日か前から、聞こうと思っていたのですが・・・
このHPのどこかに書いてあるのかもしれませんが、質問です。ちなみに、ジャズ=即興演奏、というぐらいしか知識のない私の、本当に素朴な疑問です。
テンション・コードって何ですか?テンションって「緊張感」のことですよね?
No.1416:おめでとう!&テンションについて 2003/10/02(木) 00:16
名前:Swingy
yokoさん、こんばんは。59000番目おめでとう!
今、僕は59001番目でした〜(笑)。

テンションコード

ドレミファソラシド
というスケールを一個とばしにしていくとドミソシとなって、その後も続けていくとレ、ファ、ラですから、全部使うと、ドミソシレファラ・・です。
普通、下の3つで、和音が成立しますが、その後の、シとかレとも足すと、緊張感のある音になる、と考えてそういう、上の方に足す音をテンションといいます。通常ジャズでは下の4つまで(ドミソシ)までをコード構成音と考え、その上の3つ(レファラ)をテンションと考えます。
でも組み合わせ、配列をよく考えないと曲に合わないサウンドになってしまうのでみんな「勉強」するわけです(笑)。
No.1417:茶色の小瓶 2003/10/02(木) 12:58
名前:yoko
ありがとうございます。とってもよく分かりました!
>普通、下の3つで、和音が成立しますが、
その後の、シとかレとも足すと、緊張感のある音になる、と考えてそういう、上の方に足す音をテンションといいます。
では、トップで流れている「茶色の小瓶」もそうなんですね。
難しいですね。ジャズって。
No.1421:石井彰さんのライブ行ってきました! 2003/10/06(月) 02:32
名前:しろたん
土曜日、フライドプライド&石井彰さんのライブに行ってきました。
石井さんは小林桂さん(vo)のピアニストで有名でよく勉強に聴いてました。
かなり前に座れたのですが、ペダリングが相当細かいのと、とにかく楽しくプレイしてるのが、みていてわかり、こっちまで楽しくなってきました。
そして、私に足りないものがとか、今後の課題などがわかったので、行ってよかったです。フライドプライドのshihoさんのスキャットも最高でした。また行きたいですー。
余談ですが、石井さんもフラプラの横田さんもご近所さんであることが判明!世の中意外とせまいですね。
No.1424:ちょうど、 2003/10/07(火) 01:41
名前:Swingy
このしろたんさんが書き込みをしてくれた日に、石井さんのライブに行ってとっても感動したという生徒から、石井さんのCDを聴かせてもらってました。ビル・エバンス、キース・ジャレットあたりを思い起こさせる演奏ですが、陰影のある感じがいいなあと思いました。しろたんさん絶対好きだろうなと思いましたよ(笑)。
No.1429:やっぱり 2003/10/09(木) 20:17
名前:しろたん
swingyさん、そう思われました?
小田急線、相模大野駅から徒歩3分くらいのところにある、カフェレストランラシェットで11/21に石井彰さんのソロピアノライブがあるみたいです。楽しみ〜。ここはグランドピアノと座席がめちゃくちゃ近いので、手つきがよくみえていいですよ!

http://www.akiraishii.net/
No.1423:緊張を克服するには 2003/10/06(月) 22:42
名前:ふえ
swingyさん、こんにちは。
先日、ジャズピアノの発表会がありました。2日に分けて行われ、プロのベース、ドラムをつけてのトリオ演奏発表(赤坂のジャズクラブナンバーワンにて、参加費12000円)と、ソロピアノでの発表(教室のイベントスペースにて、参加費無料)が選べたので、トリオで申し込み、結局ソロの人数が足らないので両方でることになりました。トリオの方はConfirmation、ソロの方はDolphin Danceをやりました。まだアドリブまでは出来ないので、先生のアレンジ譜を忠実に弾く状態ではありますが、かなり気合いいれて練習して、録音して聞いても満足できる状態になっていました。
しかし、結果は、、、。緊張によって普段の実力が全然だせないままおわってしまいました(泣)。それでもトリオの方は、ベースの先生が演奏中にニコっと笑ってくれて私も楽しもうと思ってなんとか持ちなおし、後半はまあなんとか聞かせられる演奏になったのですが、ソロは散々。。。せっかく先生が私にトリをまかせてくれたのに。
緊張を克服できる、よい方法はないでしょうか?
No.1426:本番と似た状況で 2003/10/09(木) 02:17
名前:Swingy
ふえさん、こんばんは。
ず〜っと前にも同じ話題が出たんだけど、もう消えちゃってないかな。
なるべく、本番あるいは本番とよく似た状況をたくさん経験するのが一番だと思います。ふえさんが出た発表会と似た状況、つまり

・人の演奏と合わせる
・人前で弾く

ということをたくさんやりましょう。
知り合いの音大生は、友人と「弾きあいっこ」というのをよくやるみたいです。
弾きあいっこというのは、つまり「聴きあいっこ」ということですよね。本番に慣れるための練習です。家族に、きちんとそばに座ってもらって聴いてもらってもいいし、一人なら、毎日本番のつもりで、一回だけ録音し、それを先生に「本番に慣れる練習で、一日1回だけ録音をしました。お忙しいでしょうから、そのまま捨てちゃってもいいですし、気が向いたらちらっと聴いて見て下さい」と言ってMDなどで渡すとか。
人と合わせるのは生徒同士で連弾などもできますよね。 僕も今月から生徒同士の連弾を多く取り入れ始めました。ベースやドラムと合わせる機会はそんなに多くは作れないので、その替わりです。慣れたらどんどんライブハウスのセッションに行かそうと思ってます。
ちょっと前にあいりさんの発言(1369)へのレスで書いた生徒は、いつも本番と同じ状況になるように、部屋を暗くして、お酒を飲んで、家族に集まってもらって、一言しゃべってそれから演奏していたみたいですよ。
No.1432:ありがとうございました 2003/10/11(土) 22:52
名前:ふえ
丁寧なご助言、ありがとうございます。
前にも話題になったとのことで、掲示板の最初までさかのぼってみましたが、やはり消えてしまっているようでした。
私もなるべく本番と同じ状況でやろうと、本番用の服を着て靴もはいて、お辞儀をしてから弾く、ということは何度かやってみたんですが、なるほど、部屋を暗くしたり、家族にきちんと聞いてもらったりということはしてませんでした。いつも私が弾いていようがかまわずテレビを見ていたり、しゃべっていたり寝ていたりという状況で弾くのとはわけが違いそうですね。
その日最初の本番想定録音も、良さそうですね。今度から試してみようと思います。
人前で弾く機会がほとんどなく、最近きちんと聞いてもらったのはピアノの調律師さんだけでした。1時間くらい喜んで聞いてくれたのでいい練習になりました。
人と合わせる練習は、先生が普段のレッスンから、リズムマシーンでドラムを、自らキーボードでベースを弾きながら練習させてくれるので、あまり抵抗なくトリオで合わせられました。これはとてもいい練習をさせてくれているんだと改めて思いました。
あとはひたすら本番をいろいろ経験するしかなさそうですね。先生がジャズボーカルクラスの発表会の伴奏をやってみないかと言って下さっているので、挑戦して場数を踏みたいと思います。
ちょっと落ち込み気味でしたが、やる気が出てきました。また頑張ります。
No.1428:松永君テレビ出ますね! 2003/10/09(木) 20:12
名前:しろたん
今日、NHK教育テレビの深夜24:00からジャズピアニストの松永貴志君がテレビに出ますー!
楽しみー。ビデオ録画しよっと♪
No.1430:みました〜! 2003/10/11(土) 00:10
名前:あいり
「宿題」いいですね〜 なんだか、感性豊かでうらやましい‥‥  演奏してるときなんかすごい楽しそうで、迫力というのかなにかがすてきでした 音楽っていいな〜
No.1431:僕も見ました! 2003/10/11(土) 00:42
名前:Swingy
しろたんさん、あいりさん、こんばんは。
僕も見ました!
彼の演奏も良かったし、その表情がまたいいし、話もあっけらかんというか、そのまんまで面白かったですね。楽しかったです。ライブも楽しみ!
今日は、「たけしの誰でもピカソ大宴会」に綾戸さんが出てました。
波瀾万丈の人生や、面白さが前面に出されることの多い綾戸さんですが、珍しく、じっくり歌を聴かせる構成になっていて、バラードから、みんなで歌って踊ったエーメンまで、4曲たっぷり味わえました。
テレビ東京系の番組だし、まだこれからの所もあるかな?是非見てごらん!
No.1433:ジャズピアノを習おうと思うのですが。 2003/10/12(日) 15:26
名前:かえる
はじめまして、かえるといいます。ジャズピアノを習おうと思っています。
周辺で教える人は何人かいらっしゃるのですが、その演奏が好きになれないのです。みんな現代的奏法(自分の好みを言うと古いといわれます)の方々ばかりなのです。
好みはテディー・ウイルソンとか、ハンク・ジョーンズとか、オスカー・ピーターソンとか、アンドレ・プレヴィンとかが好みです。ラウンジのカクテルピアノなども好きです。
そして、その方々に「古い奏法(と彼らは言うので、そう書きましたが)」を演奏してもらうのですが、和音のつなげ方が雑に聞こえて誰が演奏しても上手に聞こえないのです。何年聞いても、現代的演奏は私にとっては好きになれないのです。
このまま、師匠の演奏が嫌いでも我慢して教えてもらって、ある程度にならないと、好みをいうのは失礼なのでしょうか。私としては、好みの演奏スタイルの方に教えていただけるといいと思うのですが、わがままなのでしょうか。
わがままな悩みですが、どうぞよろしくお願いします。
No.1434:いらっしゃ〜い! Swing時代の演奏スタイルかな? 2003/10/12(日) 23:14
名前:Swingy
かえるさん、はじめまして。
テディ・ウィルソンは僕も結構好きですよ。
あげてくれたピアニストに共通するのはストライド奏法が上手で、ソロ演奏で聴くととても暖かみのある演奏をする人たちという印象です。
ビバップ以降のピアニスト達の演奏はあまりベースラインをきれいにつながないので、和音の流れも今ひとつきれいに聞こえないのかもしれません。
ほとんどのジャズピアニストがバンドで演奏していますし、そうするとベーシストがいるから「流れ」をベーシストに任せて、よく言えば、ベースのじゃまをしないように演奏しています。
つまりバンドで聴いたときにちょうどよいバランスになるように弾いている人が多いということです。
かえるさんはラウンジピアノもお好きとのことですから、そういう所に行って、好きなタイプの演奏をしている人に声をかけ、レッスンして頂けないかお願いしてみたらどうでしょうか。
好みの演奏をするピアニストに教わりたいと思うのは特別わがままだとは思いません。ただし、その望みをかなえるためには、あちこち探して回る必要があるでしょうし、遠くまでレッスンに通わなければならないかもしれません。新幹線に乗って遠くまでレッスンに通っている方もいらっしゃいますよ。
もちろん、今、回りにいる中にも、かえるさんの好きなスタイルでも弾けるという方がいらっしゃるかもしれませんから、ちょっと聞いてみるのもいいと思います。
特に60歳代以上のピアニストの方だと、お好みのスタイルで演奏できる可能性が高いと思います。
また、どこにお住まいかも、レッスンをしているかどうかも分かりませんが、秋満義孝さんは、Teddy Wilsonが大好きなようで、演奏スタイルもよく似通っています。
それでは、かえるさんが、気持ちよくレッスンが受けられるよう願ってます。
No.1438:どうもありがとうございました。 2003/10/14(火) 20:07
名前:かえる
どうもありがとうございました。
こんな、わがままかつ拙い文にレスご迷惑をおかけしました。参考になりました。
これからもよろしくお願いします。
No.1436:上原ひろみテレビ出演 (リンク追加) 2003/10/14(火) 00:15
名前:Swingy
10/19(日) 夜11時
ドキュメンタリー番組「情熱大陸」に出演です。
情熱大陸・予告編
上原ひろみHP
No.1447:10/19本日です。(本文特になし) 2003/10/19(日) 13:28
名前:Swingy
楽しみですね。
No.1448:凄すぎ・・!!(1回補筆) 2003/10/19(日) 23:35
名前:Swingy
いや〜、なんだ、あれ(笑)。もう凄すぎ。ライブが楽しみ!!
それに彼女は強い! タフ!!
「与えられた状況を100%楽しむことにかけては才能あると思います。」という言葉、綾戸さんの「落ちてきたチャンスは全部拾った」に通じますね。二人とも本当にエネルギッシュだよな〜。
最近、すごい人の才能とか技術とかよりも、その心構えとか、エネルギーの方に感心します。
ところで、ベーシストが病気って、たぶんアンソニー・ジャクソンのことでしょうね。こちらは心配です。
No.1449:見ましたよ! 2003/10/19(日) 23:42
名前:へなちょこピアニスト
生活、修行、大変だなあ。と、すごいテクニックだなあ、と、楽しそうに弾いているなあ、がんばってるなあ、という感想でした。地味な私生活で、親近感が、、。
若さだー
真面目な人だ。
アメリカで人気ってまだこれからなんでしょうか?
私も練習しよ、、。
No.1451:すごい!! 2003/10/20(月) 13:18
名前:tomoko@kyoto
Swingyさん、こんにちは。
とにかく、「すごい!!」の一言でした。まるでリスト(クラシックの)の超絶技巧の曲を弾いているようでした。それも全てオリジナルというのがまたすばらしいですね。もともとああいう髪型の人かと思っていたら、ライブの前に髪の毛を作ってるんですね、それも驚きです。人と違ったことをしないとやっていけない、という心構えがこんなところにもでているなんて!!
で、ブルーノート公演ありますね。ちょっと聴きに行ってみようかな、と思っています。
No.1454:質問 2003/10/21(火) 09:38
名前:くいーんアミダラ
このテレビ゙の中で、アドリブの解説で小説技巧(?)で弾いているって言ってたんですが、なんなんだろう。どーゆー弾き方(・_・")?
No.1455:お答え 2003/10/21(火) 10:35
名前:Swingy
超絶技巧でしょ(笑)。
No.1456:超絶技巧っっっ 2003/10/22(水) 13:04
名前:くいーんアミダラ
失礼しました。(◎-◎)私の知らないすばらしい弾き方があるのだと思ってすごく期待したのに、、、、
No.1437:ミュージシャンの心得(2) 2003/10/14(火) 00:38
名前:Swingy
ドラマー、村上ポンタ氏が教則ビデオの中で真っ先に語っていること。
--------------------------------------------
みんな練習するっていうと、音符読んで棒(スティック)持って叩こうとするけど、違うんだよ。演奏したいフレーズを自分の中で消化して、歌って歌って歌っていけば手足は自然に動くんだよ。
思い切り泣いたり笑ったり、感動したり怒ったりっていう気持ち、感性が大事で、同じことをやっても表現が全然違ってくるんだよ。
その後、楽器に向かって、でも音を出す前に、スティックを振り下ろす動作を、どう動かせば一番楽にできるか、一人一人みんな違うからよく研究して、素振りだけ、何度も何度も、1万年やって欲しいな。
No.1445:なんと、 2003/10/18(土) 20:01
名前:しろたん
プロのドラマーの方に、どうしたらリズム感がよくなるのですかと質問したら、似たようなアドバイスもらったことがあります。
---
やっぱり歌うことが大事ですね。
ピアノだったらジャズピアニストのキースジャレット先生を聞くのがお勧めです。変な声だすおっちゃんですが、メロディーはめちゃ美しいです。
リズムはやっぱり自分で出すことが大切です。
ふだん歩いてるときに鼻歌歌う感じで楽器が弾けるのが理想です。
---
どきっとしました。リズムを自分で出したいという気持ちが足りないのかもしれません。
[1439] バッキングこそ!に書いてある内容にもつながりますね。
ちなみに、私はプロのアルトサックス奏者に「しろたんさん、サックスは単音しかでないのです。それの意味がわかりますか?」といわれたことあります。(苦笑)
ピアノってひとりでもいろいろできちゃうから、アンサンブルって感覚をころっと忘れてしまいます。。。バッキングなんかついつい刻みすぎて、絵で言うベタ塗りみたいな状態になることもしばしば。特にオルガンなんか要注意ですよね。
もっともっと精進します。
No.1439:バッキングこそ! 2003/10/14(火) 21:49
名前:Swingy
生徒の一人(Fさんとしよう)がよく行っているという某ライブハウスのジャムセッションに、新たに2人連れて行ってきました。
連れて行った2人は、それぞれ初めての人と、2回目の人なので、まあ、おいとこう。僕はもうドラムと一緒にやるような音量もノリも出ず、ろくに弾けないので、僕のこともおいとこう(笑)。
Fさんはとてもかっこよく弾いていました。でもFさんは、まだ全くの一本調子で、何を弾いても誰とやってもほとんど同じなのですね。よくFさんと一緒にやるというサックス奏者(Gさんとしよう)さんとお話をするとやはりその指摘がありました。
「こっちがどう吹いても全然合わせてもらえない。同じ枯葉でも「パッパパッパ〜」って吹いたときと、「パ〜ララ〜ラ〜」(何となくわかりますよね?)と吹くときでは、全然違うイメージなんだけど、Fさんは全く関係なく同じバッキングで弾いちゃうから、こっちが困るんだよ。で、その後、(完全に自分の世界に持って行ってしまって)すごいかっこいいアドリブ弾いたりするから、さらにタチが悪い(苦笑)。そういうことしてると管楽器の人からいじめられるよ。」
今までFさんの演奏を聴いてきて、そう思われるであろうことは容易に想像がついたので、彼女がセッションに行くようになった最近は、そういったことをレッスンでも例を示し、何度も録音しながらやっていたんだけど、まだまだ改善されていない。
しかし僕とGさんに挟まれて、両方からさんざん指摘を受けたFさん、ようやくそれが重要なことなのだと気づいたらしい。セッションの後、彼女は「今までバッキングのことなんて全然考えてなくて、CD聴いててもバッキングなんて全然聴いてなかった」と言った。
あらまぁ。
でも、こうやって本人が「これは大事なことなんだ」と考えるようにならないと、何をやっても無意味なんだよね。ピアノの人って何年やってても、人とアンサンブルした経験って少ないから、なかなか気がつかない。
人と一緒に音楽をやるってことがどういうことか。
どうすれば皆が楽しめるのか。
どうすれば皆でスウィングできるのか。
どうすれば、全体で良い音楽になるのか。
バンドに誘ってもらえる人っていうのは、かっこいいアドリブができる人じゃなくて、良いバッキングができる人だと思うよ。
No.1440:アキコグレース 2003/10/17(金) 19:53
名前:くいーんアミダラ
って、どうでしょうか。12月のコンサートに行こうと思うのですが、なんせ一度も聞いたことがないので
どうかなと思って。CD買えばすぐわかるようなもんですが、いろんな人の意見を聞くのもいいものかと思いまして。
No.1442:HMVで 2003/10/18(土) 10:46
名前:しろたん
HMVのHPで検索したら、試聴できましたよ! あとは、レンタルとかあるかもしれませんね。
No.1443:まだ 2003/10/18(土) 13:57
名前:Swingy
くいーんアミダラさん、こんにちは。カキコありがとう。
残念ながら、アキコグレースさん、実はまだ一度も聴いたことがないのです(笑)。ライブに行ったら是非ご報告下さいね〜。
No.1453:情報ありがとうごさいます。 2003/10/21(火) 09:30
名前:くいーんアミダラ
MHV聞いてみます。情報が少ないので、ほんものをみるしかないみたいですね。
No.1441:決めてしまった 2003/10/18(土) 00:02
名前:じゃなりん
お久しぶりです。
突然ですが無謀にも、まだアドリブどころかテーマを弾くのもままならない私がLive予定を立ててしまいました。友達と二人でのVoとソロPianoのプログラミングにするつもりなのですが・・・
決戦日は半年後なんとか自分を奮い立たせようとした結果なのですが、無謀だったかなぁ〜〜とちょっとブルーになってます。
No.1444:おおお! 2003/10/18(土) 14:03
名前:Swingy
じゃなりんさん、こんにちは。
それは思い切りましたね(笑)。
でも、アドリブをやらなきゃ音楽にならないわけじゃないからさ。ここまでなら確実にできると思う範囲で、より確実にしっかりやるといいと思うよ。
余裕を持って楽しく弾けるところまで持って行こう!
No.1452:あわわっ 2003/10/20(月) 19:39
名前:じゃなりん
こんな無謀な私にアドヴァイスありがとうございます。私も上原ひろみさんのように与えられた環境を楽しんでいきたいと思いまぁ〜す。これからもよろしくお願いいたします
No.1446:フジコ・ヘミング 2003/10/19(日) 02:24
名前:Swingy
フジコ・ヘミングのドラマ見ましたか?
僕の周りでも耳を悪くして音楽を断念した人2人ほどいるんですよ。だから、たまにちょっとでも耳が痛くなったりするとドキっとします。
歳から本格的な演奏活動をはじめるのもすごいですね。僕もあきらめないで頑張ろうっと。
No.1450:こちらも見ました、 2003/10/19(日) 23:59
名前:へなちょこピアニスト
しつこくてすみません。
才能がありながら、追えばおうほど、後一歩の所で障害が現れて、ふっきれて、人間が大きくなったら成功がやってきた、って感じですね。精神力ですねー。って、違う所で考えてました。
難聴、音楽家は大音量で長時間弾くので多いようですね。気をつけてくださいね。(生ピやアンプもの、ヘッドホンにバンド)
No.1458:音楽に奇策はない!! 2003/11/01(土) 00:48
名前:Swingy
今朝の新聞に本の広告が出ていた。「商売の原点」「商売の創造」という本。
キャッチコピーはそれぞれこうだ。
「売ることは考えることから始まる!! 商売に奇策はない!!」
「売れたと思ったときに売れなくなる!! 商売にゴールはない!!」
見ながら思った。
「弾くことは考えることから始まる!! 音楽に奇策はない!!」
「弾けたと思ったときに弾けなくなる!! 音楽にゴールはない!!」
No.1470:酒井俊 2003/11/17(月) 14:35
名前:Swingy
先日酒井さんのライブに言ってきました。
長くかかったレコーディングがやっと終わったところで、今は新曲(曲自体はスタンダード中心だけど)をどんどんやっているそうです。
正直、はじめてのメンバーもいる中いきなり新曲だらけで、まとまってなかったんですけど、これからが楽しみです。
そんな酒井さんから、「19日、新宿ピットインでやる、なまみだブラザーズは絶対面白いから来てね!」だそうです。ひさびさに「買い物ブギ」とかもやるそうですよ!
僕も2セットめだけでも何とかかけつけたいと思ってます。
あ、そうそう、最新CD「夢の名前」も素敵な曲がたくさんそろってます。でもやっぱりライブがいいよね〜。
酒井俊HP
No.1476:最高でした! 2003/11/20(木) 00:21
名前:Swingy
行ってきました、新宿ピットイン!
酒井俊のなまみだブラザース、5年ぶり1夜限りの再結成ライブ!
セカンドセットだけしか聴けなかったけど、ラストの「Amazing Grace」一曲だけでも十分も元がとれるほどでした。
もともと声のでかい人だけど、いつにもましてよく通る、パワフルにしてなめらかな声だったし(いつもリハーサルしないけど、ピットインのときはする)、バンドの面々もがんがんぶちかましてくれました。
買い物ブギも聴けたし、大満足の一夜でした!
この日のメンバーや他の日のスケジュールは、前発言のリンクからスケジュールをご覧ください。
No.1471:また相談したくなりまして 2003/11/17(月) 19:31
名前:あいり
HPは前より音楽ちっくになりましたね!おひさしぶりです。最近スケールを初めてしり、理論を学びました。ジャズやっている人ってこんなに覚える作業をみんなこなしているんだと思うとすごいなあと感心してしまいます。つかっていい音を覚えてそこの中でアドリブを考えるというのが全くできないのですが、それはまだ覚えている最中だからですか?理論はきちんとやるべきですか?
No.1472:理論の学び方 2003/11/18(火) 21:18
名前:Swingy
どんどん理解できて短期間でが〜っとできれば、まず全体像を把握するというのもいいと思いますがそうでなければ、しっかり勉強して覚えてから、さあ使って演奏しようというのではなく、ひとつ学んだらそのひとつをある程度(どの程度かはなんとも言いにくいので適当にどうぞ)使えるようにしてまた次を学ぶというようにするのがいいと思います。そうすれば特に「理論」と意識しないで、かつ演奏に直結する形で学ぶことができると思います。
佐藤允彦先生がレッスンでこうおっしゃってました。
「教科書なんていつまでも見てちゃだめ。 読んだらそれを筋肉に同化させて(つまりがんがん弾いて自然にそれが弾けるようにして)教科書はさっさと捨てる!」
ちなみにコードごとのスケールを覚えているのだと思いますが、「使っていい音」ではなく、「使うとコードに合ったメロディが作りやすい音を並べたもの」と考えたほうがいいと思います。実際にはそれ以外の音もどんどん使います。どんな音でも使い方次第。
では頑張って!
No.1473:なるほど〜! 2003/11/18(火) 21:51
名前:あいり
分かりやすい解説ありがとうございます!とてもいいアドバイスです!なかなかうまくならなくて落ち込んでばかりです が、そういっていられないですね がんばります
No.1478:石井彰、大石学、佐藤允彦 2003/11/21(金) 01:35
名前:Swingy
石井彰トリオ、大石学トリオ、佐藤允彦トリオの3つを続けて聴けるというおいしいライブがあったので、生徒をぞろぞろ引き連れて行って参りました。
石井さんは、ピアノにぐ〜っと入り込んでいく感じ。長いフリーもやったりして、ちょっとびっくりしましたが、静かにSwingするバラードがとても印象的でした。
大石さんは、スタンダードもオリジナルも、やわらかくとろけるような甘い音でバラードを続け、最後はアップテンポの曲でぐんぐん盛り上げてくれました。
佐藤允彦トリオは、ラテン系の派手なドラムとエレベを従え、4分の9.5拍子(たぶん)など、凝りまくったリズムと急速調の曲でガンガンガンガン・・・。
3者三様、とても面白かったですよ。同じピアノでもこんなに音が違ってくるんだってことに驚いた人も多かったようです。
ちなみに一番人気は大石学トリオ。なかなか大きな話題にはなりませんが、一度聴いただけでファンになる人、結構多いです。
石井彰HP
大石学HP
佐藤允彦HP
No.1479:なんと、 2003/11/22(土) 01:46
名前:しろたん
今日、(日付変わってるから昨日ですね)石井彰さんのソロライブに行ってきたのでした。
今回で、見に行くのは2回目なのですが、石井さんのピアノの音は心に染み込こんでいって、何ともいえない心地よい気持ちになり、どんなに不調で落ち込んでても「また、ピアノやりたい!弾きたい!!」という思いが湧きますね。swingyさんがおっしゃるように、ピアノにぐ〜っと入り込んでいく感じです。
しかも、今回は石井さんと少しお話することもできたのですが、スマートで気さくで素敵な方でした。
またライブを見に行ったらライブレポしますね!
No.1480:ソロ 2003/11/23(日) 22:46
名前:Swingy
しろたんさん、こんばんは。
石井さん、ソロピアノ似合いそう。いっそうじっくりと彼の世界に浸れますね。
お話できたなんて、よかったね!
ライブレポまた待ってます!
No.1481:行ってきました♪ 2003/11/23(日) 23:08
名前:yoko
swingyさん、こんばんは。
ジャズのライブ、行ってきましたよ〜。とってもよかったです。
ピアニストもベーシストもドラマーも、皆さんとってても落ち着いていらっしゃって、大人の雰囲気のライブでした。会場の雰囲気もよかったです。子供(小学生)や若い人も多くて、うれしくなりました。会場オーナーの生徒さん達だと思います。
知っていた曲は、「星影のステラ」「風のささやき」「Wave」「リカド・ボサノバ」の4曲だけだったんですけど、その他の曲も全部よかったです!いろんな曲がバランスよく演奏されました。
最後にアンコールで「枯葉」、そしてピアニスト(短大の先生)の可愛い生徒さん(女の子)が、ニコニコして、とっても楽しそうに「ウェル・ユー・ニードント」をセッションされて、ライブは終わりました。この曲、とっても好きなので、最後に聴けてとてもうれしかったです!
生演奏はやっぱり最高です!楽しかったです!また行きたいな♪
No.1482:良かったね! 2003/11/24(月) 01:59
名前:Swingy
yokoさん、ライブ楽しかったようで、よかったね!
初めてのライブがつまらないとそれっきりになってしまうだろうから、はじめのうちに楽しめた人はとっても幸運だと思います(笑)。
知ってる曲があったのも良かったですね。
この間行った佐藤允彦さんのライブは、全曲新曲とのことで、時々佐藤さんのライブを聴きに行ってる僕でも全部初めてだったんですよ(笑)。
ピアニストは短大の先生とのことですが、生徒も演奏したということは、短大でジャズのレッスンをやってるん先生なんでしょうか?
No.1483:ピアノを弾かれた方は・・・ 2003/11/24(月) 12:01
名前:yoko
今、調べてみたら、短大では、電子オルガン、ジャズ、作曲などを教えておられるようです。結構有名な方なんですね。
とても60代には見えませんでした。20歳ぐらい若く見えます。とっても優しそうな先生だけど、人前で話すのがかなり苦手な方みたいで、司会進行は美人の奥様がやっておられました。
最後はご自分で挨拶をせざるを得ない状況になってオロオロしておられて・・・(笑)。
笑いの絶えない、和やかなライブでした。
No.1484:音大でもジャズ 2003/11/25(火) 01:48
名前:Swingy
調べてくださってありがとうございます。
最近は東京でもジャズのコースをもつ音大が増えてきました。なんとあの東京芸大でもジャズの授業をやるとか。
僕もライブではしゃべれないですね〜、っていうかしゃべったことないかも(笑)。
2style.net