「煙草とアイスとオレンジジュース」
吉田ヨシ
「立ち話もナンだし、どっか入らない? この暑さ、立ってるだけでもつらいよ」
 麻紀はそう言って、少しこの町に疎くなった俺を、近くの喫茶店に案内してくれた。「年寄りくせえこと言うなよ」などと言いながら、俺は喜んでついていく。
 大学に入って初めての夏休み。久々の帰省で初恋の相手と偶然再会し、しかもお茶まで飲めるなんて、かなりラッキーなことだ。
 店に入り、俺はアイスコーヒーを、彼女はフレッシュオレンジジュースを注文した。
「相変わらず、オレンジジュースかよ」
 俺は笑った。麻紀はあの頃と変わらない。

 五年前、中三の一学期最後の日。俺は何かの罰ゲームで、麻紀にオレンジジュースを一本おごる約束をさせられた。渋りつつも俺が頷いたのは、二年の時から好きだったことを告白するチャンスだと思ったからだ。
 通学路には、田中商店という駄菓子屋があった。買い食いは校則で禁止されていたが、その店は同じ中学の生徒でいつも賑わっていた。俺たちは少し時間を潰し、みんながいなくなった頃に二人で田中商店へ行った。
 麻紀の好きなオレンジジュースと、自分用に棒アイスを選んで差し出すと、駄菓子屋のババアがレジを打ちながら冷やかした。
「デートもいいけど、勉強もしなさいよ」
「!」
 ババアに切り返す言葉が見つからなかった。俺も麻紀も、デートなんて単語には慣れてなかったのだ。俺たちは妙に緊張して店を出ると、互いに二メートルほどの距離を保ったまま、会話もなく家までの道を歩いた。
 今、「好きだ」と言えば、これは本当にデートになるのかもしれない、と思った。
 けれど、俺は結局何も言わなかった。
 それは暑い日で、早く舐めないと棒アイスが溶けそうで、口が忙しかったんだ。

「ねえ、煙草、吸い過ぎじゃない?」
 麻紀に指摘されて数えてみると、俺は既に六本目の煙草に火をつけようとしていた。
「いつもはこんなに吸わないんだけど――」
 初恋の相手と会って緊張しちゃって。思い切って言おうとした言葉を、麻紀が遮る。
「じゃあ、遠慮してくれないかな。実は私、お腹に子供がいるの。まだ目立たないけど」
「え?」
 は、と気づく。オレンジジュースのグラスに添えた麻紀の手の、薬指に光る指輪。
「そ、……そういうことは早く言えよ」
 慌てて火を消して、これじゃ棒アイスが煙草に取って代わっただけだ、と思った。緊張から来る手持ち無沙汰をごまかすための小道具。俺こそあの頃と変わらない。
「で、予定日は来年の春なんだけど……」
 幸せそうに笑う麻紀のジュースは、絞りたての生オレンジ。缶ジュースを飲んでいた五年前とは、似ているようで全然違うのだ。
著作権について
 
 
□ココロさんからの批評 (2004/09/15 20:08) フォント
発想
構成
表現
総合
読んだんですが、いまいち何が言いたいのかわかりませんでした。もっと自分の伝えたいテーマを明確にし、ただの作文で終わらせないことを願います。文章について言うならば、こういった話は、もっと比喩を使うなりして、描写を細かくするべきです。あと、セリフも安っぽい言葉を並べているみたいであまり良い印象は与えないので、逆にセリフをなしにして、無言だけで、まわりの風景なんかの描写だけで読者に緊張感みたいなものを与えてもいいのではないかと思います。次回頑張ってください。
□名無しさんからの批評 (2004/09/16 02:59) フォント
発想
構成
表現
総合
 文章が荒っぽい。喫茶店の描写も、過去の描写も、そして彼女についての描写ももっときめ細かく行うとよいのではないでしょうか。それから会話文に無駄が多いように思いました。
 この長さのものにオチっぽいものがあるのは読み手として嬉しい。オチないものが余りに多いので。
□名無しさんからの批評 (2004/09/16 14:43) フォント
発想
構成
表現
総合
全ては妊婦の行動ゆえなのに浮かれてしまった主人公、というオチだと読んだので、そう仮定して批評を。
無駄が多いとの声がありましたが、二回ほど読み返してみて、私は逆に、伏線を詰め込みすぎて読みにくくなっている印象を受けました。もう少しストレートに書いても良いのではないでしょうか。ただでさえ、大人じゃないと読解が難しいネタだと思うので。
□辛口侍。さんからの批評 (2004/09/17 18:48) フォント
発想
構成
表現
総合
文章がうまいです。すっと入ってくるし、一本調子でもない。こういう言い方が良いのか悪いのかわからないけど、こなれている、って感じ。安心して読んでいられる。ストーリーも、ババアが冷やかすところ、また、男の言い出せない心情など、うまく表現されていてよかった。

ただ、関係ないとこで不快感があったくらい。私は小さい頃から副流煙に悩まされてきたので、タバコが未だにテレビのドラマなどに出てくると、時代錯誤もいいとこだ、と感じる者です。二十世紀の人間の嗜好品、タバコ……。今なお喫煙天国日本。おーい、なんとかしてくれー。ってなもんです。そうです、あれは、公害のいわゆるテロです。なーんてね。ま、いいや。はッ、合縁奇縁斬り!
□名無しさんからの批評 (2004/09/17 22:53) フォント
発想
構成
表現
総合
表現が稚拙。「!」を使っている割には効果的ではない。
主人公の独りよがりで終わっているのもちょっとマイナス。
□名無しさんからの批評 (2004/09/19 23:52) フォント
発想
構成
表現
総合
よかったです。わたしはこの話とても好きです。主人公の気持ちがとてもよく理解できます。
あと“俺は笑った。麻紀はあの頃と変わらない。”ここが好きです。
“緊張から来る手持ち無沙汰をごまかすための小道具。”これはいらないかなあと思いました。なくても分かる気がします。
最後とてもすてきでした。よかったです。
□名無しさんからの批評 (2004/09/20 12:36) フォント
発想
構成
表現
総合
俺の回想シーンはとても良いのに、「実は私、お腹に子供がいるの」あたりから唐突感が拭いされない。
妊娠を聞いた俺に、もっと動揺して欲しかった。
煙草の使い方は効果的だった。
□素玄人さんからの批評 (2004/09/20 22:41) フォント
発想
構成
表現
総合
夏と花火と私の体
セックスと嘘とビデオテープ
煙とアイスとオレンジジュース

はい、何が言いたいかはわかりますね。

俺は笑った。麻紀はあの頃と変わらない。

次から回想にいくのが明らかにわかりずぎる。もう少し上手く回想へもっていけないものか。

なんて表現のことを言い出したらきりないですが、言いたいことは何となくわかります。書きたいことが伝わるように、頑張ってください。
□匿名者さんからの批評 (2004/09/21 23:31) フォント
発想
構成
表現
総合
すんなりと読めて良い作品だと思います。
初恋の相手とは結ばれないっていうジンクスがありましたがそれを思い出しました。
最後のオチがもうちょっと違ったらもっと巧く見えたはずだと思うのですが。
ちょっと、オチとしては弱いかなと。もっと違うオチがみたい気がしました。
□名無しさんからの批評 (2004/09/24 14:16) フォント
発想
構成
表現
総合
上手にまとまっている。
表現もよい。

ただ、なんと言ってもありふれている。
最近、この手の恋愛小説を読み漁っている僕としてはちょっと傷食気味。
ちょっと、売れた恋愛小説家なら誰でも一度は書くテーマ。もうおなか一杯です。もっと斬新なアイディアを求む。
□名無しさんからの批評 (2004/09/24 23:50) フォント
発想
構成
表現
総合
確かにありきたりですが、発想以外は結構おもしろかったと思います。文章も何を言いたいのかはっきりと書いてあって、読みやすかったですし。もっと発想と構成をしっかりとすれば良作がかけるのではないかと思います。
□名無しさんからの批評 (2004/09/26 12:26) フォント
発想
構成
表現
総合
よくあるストーリー設定です。しかし台詞まわしや状況づくりが魅力的です。
気分の高揚しやすい夏、という設定もいいと思います。
簡潔なのに、キャラの表情・様子をありありと想像出来る、そんな、よく計算された表現・台詞が沢山あります。
その分、他の方もおっしゃってるように、「緊張から来る手持ち無沙汰をごまかすための小道具。」という説明的な文章に違和感を覚えました。勿体ない!
□名無しさんからの批評 (2004/10/03 10:54) フォント
発想
構成
表現
総合
◆発想
 私はこういう話好きだなぁ。ほろ苦く終わっているのもいい。

◆構成
 個人的にですが……。彼女は主人公と同い年? だとしたら妊娠は早すぎる気が……大学1年でしょ?

◆表現
 「!」が出る段階で、ああこの人は言葉で表現できないから記号に頼ってるんだ、と思ってしまう。

◆総合
 お話は面白かった。執筆は要勉強という感じ、かな。
□名無しさんからの批評 (2004/10/05 02:18) フォント
発想
構成
表現
総合
 特に目立つところがないのが残念。あと誘ったのは男の子の方がしっくりくるように思います。結婚して妊娠してる女の子の方から、中学の同窓生をお茶に誘ったりするのって、ちょっと違和感。(わたしがオバサンのせいかしら。)
 「わかるよ、わかる」という場面なんだけど、彼女がますますきれいになってて、男の子が半ば強引に誘って(あわよくば…なんて考えも持ちつつ)このオチだったら、もっと面白くなったんじゃないかなーなんて思うのですが。
□名無しさんからの批評 (2004/10/07 11:14) フォント
発想
構成
表現
総合
一人称なのに、それなりに衝撃的なことがあっても、感情の起伏があまり激しく感じられない。
それを悪いというか良いというかは人によりますけど、ぼくは一人称で感情ばかりでなく書かれているというのが好きなので、こういう作品は歓迎です。
□名無しさんからの批評 (2004/10/09 22:53) フォント
発想
構成
表現
総合
軽やかに書いて面白い。と思いました。しかしすこし雑かも。
 個人的に「!」だけの表現はなるべく使わないでほしい。
 ご丁寧に__緊張から来る手持ち無沙汰をごまかすための小道具。__とは書かなくてもいいのでは?
□名は無いさんからの批評 (2004/10/11 09:44) フォント
発想
構成
表現
総合
表現、構成、テーマの生かし方、ひねり方、申し分ないです。これだけ素材と小道具を盛り込みながら物語として締めることが出来ているのは、表現としてそれらを生かすポイントを心得ているからだと思います。見習いたい。
しかして、詰め込みすぎたのか少々雑な印象を受けてしまいました。フルーツパフェなんだけど、一味足りない印象。なんだろう、私はこのレベルには達してないので足りないものが解かりません。
あえて指摘するなら、一人称ですので、回想へ入り込むところと、回想から戻る所の繋がりをもっとしっかりして欲しかった。最初の俺の語り口と、所々説明的過ぎて人称表現が揺れている部分がある。というところでしょうか。
←目次へ
2style.net