「カール」
山下遥香
 伸治が教室に現れると、その場の空気は一瞬ふっと静まって、それから爆笑に包まれた。
「やっべ、マジで誰だかわかんなかった」
「どうしちゃったんだよ、おまえ」
「つーか本当に誰?」
 男の子たちは、みんな無遠慮に伸治の頭を触りながらはやし立てた。伸治はそれにヘラヘラしながら答える。
「へへ、ずっとやってみたかったんだ」
 その様子を呆気にとられて教室の隅で眺める私までがクラスの子たちに取り囲まれて、
「ちょっと、アレいいの?」
「あれでも好きでいられるのぉ?」
 と集中攻撃を喰らうほど、確かに伸治のストレートパーマ姿は衝撃的だった。
 すぐに一限開始のチャイムが鳴ったけれど、それでも私たちのざわめきは収まらなかった。やがて現れた地学担当の先生まで、伸治の顔を見るなり大雑把に笑って言った。
「イメチェンですか。これは随分とまた……ちょっとイメージが変わりすぎですね」
 先生の言葉に、また教室が沸いた。
「似合わないかなあ」
 伸治はフランクな口調で口を尖らせながら、それでも満足そうに席について、鞄から教科書を出しながら私にも小声で訊いてきた。
「なあ、俺、似合わない?」
「そんなことはないけど」
 四月に隣の席になって、私が伸治を好きになって、付き合い始めて二週間。私には、伸治の変身が納得いかなかった。彼の一番のチャームポイントは笑顔なのに。昨日までクリクリとカールしておでこの真ん中まで持ち上がっていた前髪は、伸治の可愛い笑顔を惜しまずに見せてくれていたのに。あんな簾みたいな前髪じゃ、笑顔がよく見えない。
「けど?」
「わざとらしいストレートって、イヤ」
「だって、わざとやってるんだよ?」
 伸治は笑う。そんなこと言われたって、納得できないものはできない。
「ありのままの伸治で良かったのに」
「でもさ……コンプレックスなんてないほうがイイじゃん。俺、子供の頃から癖毛のことは悩んでたからさぁ。やっと念願のストレートになって、かなり嬉しいんだけど」
 授業そっちのけで私に話しかける伸治は、コンプレックスを克服したせいなのか、確かに簾みたいな前髪の向こうで、いつも以上に良い笑顔をしているみたいだった。
「コンプレックスねぇ……」
 私は腫れぼったい目がコンプレックスで、高校入学前にこっそり整形してしまった。睫毛パーマも月イチで欠かさない。今じゃパッチリ目が羨ましいなんて周りに言われるけれど、なぜか伸治みたいに堂々とは笑えない。
 前髪に隠れてしまったというのに、伸治の笑顔が前よりもまぶしくなっているのに気づいて、私は思わず伸治の笑顔から目を逸らした。
著作権について
 
 
 
□匿名希望さんからの批評 (2004/06/15 13:13) フォント
発想
構成
表現
総合
癖=癖毛の発想は良かった。個性的だし、意外性がある。文章能力も高いと思う。高校生たちの賑やかな様子や、主人公と伸治の淡い恋心なども、よく表現されていた。難を言うなら、癖毛よりもコンプレックスという言葉が印象に残るため、一瞬、どこにテーマが置かれているのか分かりずらかった。
□名無しさんからの批評 (2004/06/15 15:39) フォント
発想
構成
表現
総合
面白かったです。キャラが立ってた。堂々とイメチェンして笑顔を見せる伸治に対し、コンプレックスを克服しようとしてさらなるコンプレックスに陥る「私」。いいですね。
「だって、わざとやってるんだよ?」
この一文も面白い。
あと序盤からの展開がよかったと思います。すんなり世界に入っていけた。小説を書くときに僕と同じことを心がけている人のような気がしました。
□名無しさんからの批評 (2004/06/16 00:49) フォント
発想
構成
表現
総合
素直に楽しめました。
クラスの授業の風景が、自然と思い浮かべられるようで。
でも、整形、となると少しずしん、と重みが増してしまうような気もします。すっぴんを見せれない、とかのほうが良かったんじゃないかなあ、と思います。
□名無しさんからの批評 (2004/06/16 01:07) フォント
発想
構成
表現
総合
自分はそれほど楽しめませんでした。ただ、どこに悪いところがあるのかと聞かれると返答に困ってしまいます。表現もかなり良かったですし、違和感もありません。文章も上手いと思います。
うーん。なんか変な批評ですいません。あまり気にしないでください。
□名無しさんからの批評 (2004/06/16 20:43) フォント
発想
構成
表現
総合
うまいですよ。見た目の見せ方と心情描写が。
コンプレックスの克服にはカミングアウトと並行しないと、というリアリティがなんとなく好きです。
□匿名者さんからの批評 (2004/06/16 23:30) フォント
発想
構成
表現
総合
当初の唐突さは後の展開で気にならなかったが、彼のコンプレックス克服が彼女のコンプレックスを引き出すという結果は良かった。
でも、高校入学前に整形っていうのはちょっと……今時はそういうのが普通なんでしょうか?
強引かなって思いました。    以上。
□名無しさんからの批評 (2004/06/17 03:51) フォント
発想
構成
表現
総合
発想いけてるし、全く自然だし、良かった。
□緑の5本指さんからの批評 (2004/06/19 05:19) フォント
発想
構成
表現
総合
単純な疑問としては伸治は4月中旬から翌年の3月までずっとストレートパーマをかけ続けていたんですよね。多分、3、4回は美容院に行ったと思うのだけど、その度に暗い気持ちならなかったのかなーと思うわけです。コンプレックスは受け止め方だと割り切るのは簡単ですが、これでは伸治のキャラが乱暴すぎる気がします。伸治の存在がおちにも繋がってくるのでもう少し大事にして欲しかった。
□名無しさんからの批評 (2004/06/21 01:27) フォント
発想
構成
表現
総合
テーマの扱い方がうまい。人間の微妙な感情が良く描けていると思った。
強いて言えば、「整形」は少し行き過ぎかと。高校生に簡単にできるものではないだろうし、まあそこをあえてやってしまったほどのコンプレックスということなのだろうけれど。
□名無しさんからの批評 (2004/06/21 05:03) フォント
発想
構成
表現
総合
 うわー懐かしいーと高校時代を思い出してしまいました。うん、高校時代ってこんな感じですよね。空気がすごく自然で、会話なんかも自然で、ついでに彼女の悩みが高校生らしくて良いなぁと浸ってしまいました。あとクラスの雰囲気が好きです。こんなクラスになってみたかった……。
 ちなみに高校生(厳密に言えば中学生ですが)でプチ整形って、今は結構普通ですよ。わたしが高校の頃(3、4年ほど前ですが)でも、整形してる子って結構いました。それとアイプチで頑張ってたり。男の人にはあまりピンとこないかもしれませんが、女の子ってそのくらいの時期が一番いろんな悩みがあって(ルックスに関して)本当にもう涙ぐましい努力を陰でしていたりします。
 と、あまり批評とは言えない感想+αになってしまいました。すいません。
□名無しさんからの批評 (2004/06/26 10:14) フォント
発想
構成
表現
総合
 この段階でやれることはやりきった感じがする。次の段階に進む時ではないかと思う。
←目次へ
2style.net