「郷愁」
緑原 碧虫
 故郷を飛び出してからもう何年が過ぎただろう。心休まる空気。そんな大それたものを探す漂浪の旅。その途中でたどり着いたのは、僕のいた狭い日本よりはるかに小さい南洋の孤島だった。
 エリス諸島の一つであるこの小さな島は、その小ささゆえに普通の地図には載っていない。気温は高く、どこまでも見渡せる空からは突き刺す日差しが注がれている。島の周りは海に囲まれていて、辺りには見たこともない草木が生い茂り、全体を彩っている。
 島の住民は全員で百名ほどしか居ないらしい。彼らはよそ者の私をおおむね歓迎してくれた。ここではほとんど島の外との接触がないらしく、私のような旅人や商船の乗組員がたまに訪れる程度だという。島の言葉はまったく解からなかったが、植民地支配の影響か英語が多少通じる人がいたため、たどたどしくではあるが話を聞くことができた。
 島の生活は穏やかで、気候も年中変化が無いらしい。僕には同じものにしか見えない草木に十以上の名前があり、海の様子を表す言葉は五百をこえるのだという。生きていくための周りへの関心が、こうした幾つもの言葉を産むのだろうか。
 英語のわかる島の青年に、この地図に無い島の名前を聞いてみる事にした。丁寧に現地の言葉で教えてくれる「マシキユニョネ」といった感じの名前。意味は「故郷に降る雪」なのだという。
 青年に雪というものを見たことはあるかと尋ねると、彼は無いと答えた。私は島のいたるところで住民に同じことを繰り返し聞いてみるが、誰もが青年と同じ答えを返す。確かに年中高温の気候であるこの島に、雪が降るはずはない。
 島を歩き回りながら、のしかかるような暑さに包まれて、僕は故郷のことを思い出す。東北の小さな町。雪が降れば見上げれば空は薄黒く、降り積もれば外は漂白される。その地で暮らすものには邪魔なだけの雪も、漂浪者である僕には懐かしさを携えている。いつも狭苦しく、息苦しく、誰かといて心休まることは無く、たとえ一人でも、誰からも気にとめられることも無かった故郷。僕は誰からも愛されておらず、誰も愛すことはなかった。確信できる何かがあると信じて、冷たく息の詰まるあの町を飛び出たのだ。
 きっと島の名をつけたのは島の人間じゃなくて、僕と同じ雪降る国からの漂浪者なんだ。そんな僕の勝手な想像。懐かしい暖かさを帯びた冷たい雪が、この島にいれば降ることをその人は知っていたのだろう。その郷愁はこの島にいる限り、積もる端から溶けて消えてしまうことも。
 日差しが再びのしかかり、現実を肌で知らされる。僕には帰る場所などない。今では故郷の町の人々の冷たさだけが、僕の中で際立っている。明日には島を出よう。僕は急ぎ仕度を始めた。
著作権について
 
 
□名は無いさんからの批評 (2004/01/11 18:56) フォント
発想
構成
表現
総合
お話云々以前の問題ですが、主人公の一人称は統一しましょう。校正をしていないと思われますよ。

全体的に重たいので、もう少し表現を軽くする必要があると思います。
最後の部分も急ぎ足で、消化不良な気がするので、もっと構成を考える必要があると思います。
□名無しさんからの批評 (2004/01/12 00:11) フォント
発想
構成
表現
総合
 6段落め以降が読者には破綻しているように見えるのではないでしょうか? 故郷の人々の冷たさに郷愁を感じているのはわかるんですが、冷たさと郷愁の一致とその結果としての帰郷を十分に説明できていないからです。
 もう一点、島民はみたこともないのに「雪」という単語の意味を知っていたということになりますが、これもおかしくありませんか? 島の名前が別の国の言葉で、島民にはわからないけど主人公には雪を意味するとわかったとした方が流れがいいと思います。
□名無しさんからの批評 (2004/01/12 13:43) フォント
発想
構成
表現
総合
この話を読んで、真っ先に思い出したのは「南の島に雪が降る」でした。

話はわかりやすくて、文章も読みやすいんですけれども、どうしても既存作品にすでに有るテーマなので、そこと比較してしまいます。
すみません。
□名無しさんからの批評 (2004/01/13 02:41) フォント
発想
構成
表現
総合
言葉は生活から生まれるものなので、エスキモーの人たちには雪の相当する単語が四つかそこらありますし、南の島に行けば、海の言葉が多くなるってのは、それはいいです。
だからこそ、島の名前にあるはずの無い雪がついていちゃあまずいと思います。そして、住人がそれを雪として知っているのもまずいなあと、思います。
前半はそれ以外はとてもよかったです。安心して読める感じ。
ラストのまとめがすっきりしていると、良作になると思いました。
□名無しさんからの批評 (2004/01/14 14:14) フォント
発想
構成
表現
総合
ざっと読むと雰囲気は良いのですが、細かいところを読んでいくと破綻している部分があるな、と感じてしまいます。
知らないはずの雪を島の人たちが知っていること自体は、その島に言い伝えでもあるのだろうという感じで別に気になりませんでしたが、何より主人公が故郷を嫌っているようにしか思えないところがまずい。ただ懐かしいだけではない奥深いものを書かなければいけない気がします。「誰からも愛されておらず、誰も愛すことはなかった。」ではなく、「誰かから愛されたかったし、誰かを愛したかった」という強い気持ちを。
□名無しさんからの批評 (2004/01/16 07:30) フォント
発想
構成
表現
総合
インパールの雪を思い出させた。
しかしそもそも雪の降らない島に雪という単語が存在するのかどうか。名付けた人が作ったのかな? それとも移民?
□名無しさんからの批評 (2004/01/17 18:48) フォント
発想
構成
表現
総合
なんだか後半が散乱してるような。
□名無しさんからの批評 (2004/01/20 00:30) フォント
発想
構成
表現
総合
若干の竜頭蛇尾。前〜半ばは溶け込めましたが、後半の主人公の回想から理解に混乱しました。特に、故郷の人は冷たかったのに郷愁を感じるのがよく分かりません。テーマとリンクさせるため、無理にそう描かれている気もあり・・・こちらのとり方が誤っていたら申し訳ありません。

主人公の一人称について。
私から僕への人称変わりが意図的なものでしたら分かりやすい、きっかけになる文章を入れて欲しかったです。極端な例ですけど、「私……いや、僕は」みたいな感じでお願いします。
□nobodyさんからの批評 (2004/01/20 12:52) フォント
発想
構成
表現
総合
明るく救われる話かと思いましたが、そうでもないですね。私には、陰の方を向いた文章に感じました。

ストーリーそのものはいいと思います。故郷をいたたまれなくなり飛び出した主人公が、異国の地で故郷を懐かしむ、しかしやはりそこに自分の居場所はないと再実感し、逃げ込んだはずの楽園をも後にする、という具合に私には読めました。……全然違うかも(混乱してます)。
やっぱりテーマである「雪」が上手く消化できていないなぁ、という印象です。無理やり雪と故郷を結び付けているという違和感がぬぐえません。主人公が故郷を懐かしんでいるのか、忌み嫌っているのか、どちらでも構わないのですが、そこにもっと焦点が当たっていると中途半端な印象がなくなると思います。
個人的に、あなたの作品が好きなので、総合は今後に期待の3で。
□名無しさんからの批評 (2004/01/22 03:10) フォント
発想
構成
表現
総合
それまでの話の流れからすると、そのまま留まってしまうように読み取れたので、最後に主人公が島を出ようとする理由が分かりませんでした。
□名無しさんからの批評 (2004/01/30 15:31) フォント
発想
構成
表現
総合
主人公が故郷に帰ろう、と思う動機が弱く、それが描かれていないので、物語がしまっていない気がするのです。
私は、雪も降らない島に何故雪と言う言葉があるか、については、雪という言葉が主人公の意訳だと解釈しました。ただ、それだと名前をつけた人が同じ漂浪者というのが、しっくりこないですけどね。

表現方法は良いと思いました。
□名無しさんからの批評 (2004/02/01 12:51) フォント
発想
構成
表現
総合
良く考えて言葉を選んでおられると思いますが、そのため、なおさら伝わりにくくなってしまった気がします。作者の頭の中にあることがひねりすぎて伝わってこない。一体主人公は故郷に帰りたいのか、帰りたくないのか、どこにもいくところが無いのか、見えてこない。前半と後半がそのあたりが統一されていないようにとらえられてしまう。一本芯があると、読者は言葉に振り回されることはないとおもうのですが。もったいないです。
□セツナビトさんからの批評 (2004/02/09 23:20) フォント
発想
構成
表現
総合
常夏の島と寒い故郷の対比というかリンクというか、色彩的にも面白いと思いました。

エリス諸島、というのは実在するみたいですね。舞台になった島はその中に含まれているとみていいのですか? だとしたら、この島は以前植民地だったと断言してもいいのではないでしょうか。そうすると、「故郷に降る雪」とはその頃占領軍の人間から伝わった、と自然につながると思います(常夏の島で何をもってして「故郷に降る雪」と名づけたかなどは置いておくとして)。その辺りの理由が無いと、雪を知らないはずの島の人たちがそう呼ぶのは唐突だと思います。

ラストで島を出ることにした主人公は、故郷に帰るつもりなのでしょうか。どこか他の場所に行こうとしているのでしょうか。いまいちよく分かりません。「きっと島の名を〜」以降のくだりがちょっと意味不明になっているような気がします。ので、物語が締まっていません。

あと気になったのは、「その地で暮らすものには邪魔なだけの雪も、漂浪者である僕には懐かしさを携えている。」「懐かしい暖かさを帯びた冷たい雪が、この島にいれば降ることをその人は知っていたのだろう。」などの言い回し。考えなければ意味が取れませんでした。全体的に描写が遠まわしで分かりづらいです。

ネタは面白いです。あともう一ひねりあればもっと面白い話になったと思います。次回に期待。
←目次へ
2style.net