「影少女」
豹子
「あの。私、あなたの影になりたいんです」
 夕飯の買い物をしにスーパーに向かっていると、電柱の陰から少女が飛び出してきた。
「はあ」
「影になりたいんです」
 アイドルになりたいんです、と同じ調子で彼女は言った。切実かつ可愛らしい口調は完璧だったが、アイドルになるのはその細い目とぽっちゃりとしたほっぺたと、小ぶりな丸鼻では無理な話だ。いや、影になりたいのだった。
 思い直して僕は、長い髪を三つ編みにし、もじゃもじゃの前髪を無造作に額にたらした佇まいに目を向ける。彼女は僕の視線に恥らうようにもじもじとし、上目使いに僕を見上げた。
「うん、君ならなれるよ」
 背中を駆け回る悪寒と、総毛立つ肌のざわめきを感じ、強い確信とともに僕は彼女に太鼓判を押した。
「本当ですか。やったあ! 私、あなたの影になるのがずっと夢だったんです!」
 大きく張った胸の前で、祈るように組んだ手を握り締め、小さく飛び上がりながら色めき立つ少女。
「いや、僕の影は間に合ってる」
 なるべく穏やかに僕は断った。思わずその影としての素質に太鼓判を押したものの、僕の影にはなって欲しくなかった。
「どうして!」
 どうしてと言われても。だって君、気持ち悪いんだもの。しかし僕は大人なので、率直な意見は口には出さずにしまっておく。
「私、役に立ちますよ! 写真の端っこに写ったり! みんなで喋ってるとき空回りしたり!」
 僕の答えを待たずに、彼女は引き立て役としての自分を熱烈にアピールし始めた。自分ならではの細かい技で、どんな場面でも僕の影となり、僕を引き立てると熱弁を振るう。
 どうやら素質だけでなく、才能もある影らしい。
「それなら、暗殺されそうになったら身代わりになってくれる?」
「それはだめです。契約外です」
 彼女は影のプロとして、毅然と言った。
「じゃあ、いらないよ」
 僕はそんな中途半端な影は必要としていない。
「そうですか……」
 彼女は悲しそうにうつむいて、僕の後ろに回りこんだ。そして、夕焼けに長く伸びた僕の影の中にぬるりと溶けていった。
「やれやれ」
 ただの影ならまあ、いいか。
 僕は夕飯の買い物リストを思い出しながら、スーパーに向かって再び歩き始めた。
 影は、いつものように僕の後をついてきた。
著作権について
 
 
□名無しさんからの批評 (2003/12/10 16:52) フォント
発想
構成
表現
総合
よいアイディアの話だったと思います。題名も「影少女」で、ちょっとひかれてしまいました。
□名無しさんからの批評 (2003/12/10 22:47) フォント
発想
構成
表現
総合
つい深読みしてしまうのが私の悪い癖なのですが、あえてそこは抑えて、サラリと読んで楽しめました。少女の描写が愉快でした。
□ともぞうさんからの批評 (2003/12/11 02:08) フォント
発想
構成
表現
総合
この世界観は読者自身が補完しないといけないんだなというのが第一印象でしたね。
「影」という職業と云っていいのかな。その発想はおもしろいと思うんだけど、いかせんこの物語だけでは漠然としすぎてよくわからない。
影になる者と影に憑かれる者の差もよく分からない。
これは一人称視点の弊害であり、読者と作家の共有できる情報の差なんでしょう。あと文章量の関係ね。
□む。さんからの批評 (2003/12/11 17:26) フォント
発想
構成
表現
総合
最初読んだとき、ストーカー女がついに電柱影から出てきたという話かと思ったので、オチが意外で(いい意味で)やられたと思いました。
前半の話の流れはいいと思います。少女の野暮ったい描写や妙に冷静な主人公、二人の会話の駆け引きのテンポはとてもいいです。ですが、
>「それはだめです。契約外です」
この一文から、話が脱線したような印象です。影のプロや契約って何だろう? ただの影とそうじゃない影の差って何だろう? というか、そもそもこの少女って何者? と。普通の人間が、ある時期を境に影になってしまうのでしょうか……突然話だけが私を置いて、別の世界に行ってしまったような印象を受けました。もう少し世界観が見えてくるといい話になるのだろうな、と思います。
個人的に、「ぬるりと溶けていった。」この表現は凄くいいと思います。ぬるり……か、いいですね。
□名無しさんからの批評 (2003/12/11 21:07) フォント
発想
構成
表現
総合
発想とオチがとても良かったと思います。
ただ、ところどころ首を傾げてしまう表現があり、そこにいちいち突っかかってしまいました。あとほんのちょっとの工夫が欲しかったです。惜しい。
でも全体的には良いと思います。今後も楽しみにしています。
□名無しさんからの批評 (2003/12/12 12:38) フォント
発想
構成
表現
総合
独特の世界観(SFのジャンルでいいのかしらん?)に入り込めず読了しました。説明的な文章はこの文に入れると難しいとは思いますが、ヤハリ世界観の構築が不足していると思います。これを打破するには、もっと読者をこの世界にのめり込ませる何か?があればよかったかと。幻想世界の話としても「契約のある影」ってどんなの?とふと疑問に思います。
□名無しさんからの批評 (2003/12/12 13:40) フォント
発想
構成
表現
総合
 ええと、このラストは、結局この子は主人公の影になったということですか? すいませんそこがちょっと分かりませんでした。僕の理解力不足かもしれません。
 全体的に話(特に主人公の心情。例えば彼女を影にするかどうかのやりとりのところ)の流れが上手くつかめませんでした。僕の理解力のせいだったらすいません。
□郵一郎さんからの批評 (2003/12/12 14:33) フォント
発想
構成
表現
総合
独特の世界観をさらりと読ませる技術がすごいと思います。可愛くないはずの影を可愛いと感じてしまいました。もちろんいい意味で。
□名無しさんからの批評 (2003/12/13 00:27) フォント
発想
構成
表現
総合
一気に読ませる文章力はあります。暗かったり、理不尽だったりする話が多い中で、明るいテンポの話は目を引く発想でした。
ただ読むだけだと、ハテどういう話なのか、と意味とオチが掴みにくく、説明不足(表現不足?)という印象があります。
□名無しさんからの批評 (2003/12/13 03:30) フォント
発想
構成
表現
総合
微妙にコント風で笑えた。
最後結局どうなのかもう一つはっきりわからなかった。
□セツナビトさんからの批評 (2003/12/13 14:35) フォント
発想
構成
表現
総合
まず思ったのは、何故影である子が人の形をしているのか、というところです。その時点ですでに影には思えないと言うか……うまく言葉に出来ないんですけど。他の方が書かれているように、影になる人となられる人(日本語変ですが)の差というものを感じません。初めから影としてすすすっと主人公に近づけるとか、もう少し「影」であることを強調したほうがよかったのではないでしょうか。いや、あんな見た目の子が自分の影になりたいと言ってきた、というアイデアは面白いと思ったのですが、どこか釈然としません。

「暗殺されそうになったら〜」のくだりで引っかかりました。これは影武者のことですか? 日が当たって出来る「影」と影武者という意味の「影」がごっちゃになってしまったような。彼女は前者の意味で影になりたいと言ってきたんですよね?

最後、主人公は彼女に影になってもらうのを断ったのに、結局彼女は主人公の影の中に入っていったのですか?そのあとの主人公の「やれやれ」から、無理やり彼女が入ったものを思いましたが、それでは「そうですか……」とあとの一文(諦めたのだと思いましたが)と矛盾するように思います。ここは「そんなこと言わずに!」と言わせたほうがすんなり行くのではないでしょうか。

ところどころ表現に引っかかるものの、面白い言い回しがいくつかありました。この調子でがんばっていってください。期待しています。
□名無しさんからの批評 (2003/12/13 18:32) フォント
発想
構成
表現
総合
 ほほえましい少女ですね。チョット前のマンガに出てきそう。小説として面白いかといわれると難しいです。この少女のイメージだけで成り立っていて特に物語と呼べるものがないと思いますので。
□水夫さんからの批評 (2003/12/16 16:20) フォント
発想
構成
表現
総合
ひとことめで「あなたの影に」と明言しているのに対して、「君ならなれるよ」と受けるのに軽い混乱がありました。

微妙に歪んだ世界観が感じられたので作品としては充分成功しています。
□名無しさんからの批評 (2003/12/16 21:30) フォント
発想
構成
表現
総合
 面白いものを書こうとしていて、それを上手く書けているような気がします。
 ただ、こういうタッチの話には、オチがないといけないのでは?と思ってしまうのですが。
 上記の評者の方も述べられているように、結局自分の影だったのか、それとも本当に影になったのかが、わからないですね。
 絵にしたら説得力があるのではないかなあ、と思いました。
□ななし。さんからの批評 (2003/12/18 18:50) フォント
発想
構成
表現
総合
ひといきに読めました。
でも、主人公の彼に「影にして欲しい」と思わせるような人物像が見えなかったので、どうして彼女が「あなたの影に」とお願いしているのかがピンときませんでした。
それから、冴えない風貌の彼女(影)の人物像が明るく描かれているので、逆になじめない感じがしました。そのあたりは主観かもしれませんが。
□名無しさんからの批評 (2003/12/19 22:23) フォント
発想
構成
表現
総合
すっきりとまとまっていて、良かったです。主人公の変な冷静さがよかったので、そこをもっと引き立ててくれれば。
□名無しさんからの批評 (2003/12/22 21:21) フォント
発想
構成
表現
総合
なんだか後に残る作品ですね。読んだ後に気になるところが他の作品と違って面白かったです。

ダメって言ってたのに、影の中に溶けていっちゃいましたよ。気になる・・・。
□名無しさんからの批評 (2003/12/22 23:38) フォント
発想
構成
表現
総合
 『無理な話だ。いや、影になりたいのだった』で思わず大爆笑してしまいました。コントだよ。ここでこういう文章に出会えるとは思っていませんでした。
 ただ物語としては、飲み込みにくい箇所がいくつかあり、消化できずに終わってしまいました。私の理解力不足のせいだと思います。
□名無しさんからの批評 (2003/12/30 17:11) フォント
発想
構成
表現
総合
すごく印象に残りました。
実は何度も読んだのですが、何度読んでも面白い。
同じ作品を、何度も読もうと思わせる力はすごいと思います。

主人公の冷静さと、彼女の感情の起伏が、コミカルを出していて良いと思います。
最後、彼女は僕の影になったのでしょうか?
そこがあまり読みとれなかったのが残念です。
□匿名希望さんからの批評 (2003/12/31 02:57) フォント
発想
構成
表現
総合
まず、始まり方が良かったと思います。
読者に「おっ(どういう話しだろう)」と思わせるものがありました。
それに文章の短さも手伝って一気に読める作品に仕上がっていたと思います。

次に会話文。
テンポもよく、会話の内容も笑いを誘える物があったと思います。
少なくとも僕は、少女が自分をアピールしている部分には笑えました。

それから細かい所にこだわっていくと、
「素質だけでなく、才能も……」という所で、似たもの同士を挙げて「〜〜ではなく〜〜」というのはなぁ、と思いました。
それなら素質+やる気のような相乗効果のある物や必要不可欠な物同士のがいいかと。
僕の発想も陳腐なので偉そうには言えませんが。(苦笑)

また他の方の批評にもありましたが、少女が「そうですか……」と諦めた風な事を言っているのに影に入りこむ所。
僕にはただ矛盾しているなぁ、としか受け取れませんでした。
あれだけ気持ち悪がって暗殺の事まで挙げて拒否しようとしていた主人公が、
影に入られた時点で慌てもせずに納得していたのも釈然としません。

というか元々、この主人公の男にとって「影」が何なのかがハッキリしていない気がします。
ここらへんは僕の読解力不足かもしれないのであまり気にしないで頂きたいのですが……。

後は句点の打ち方が気になったくらいでしょうか。
これは作者さんが考えてそうしただけなのかもしれないので、気になった、としか言えないです。

まとめると、「発想は良く、目をひけたのに、その後の文章の矛盾や、釈然としないオチが残念」
という感じです。
なるほどと思わせる文章ではなかったかなぁ、と思いました。

初批評でした。
長々とすみませんでした。
的はずれな事言ってたら恥ずかしいなぁ……。
□名無しさんからの批評 (2004/01/01 19:13) フォント
発想
構成
表現
総合
えーと、よく分かりませんでした…。すみません。
気持ちも悪い物だけ残ったしまっ滝がします。設定があるのでしょうが、それが全然見えなかったので、「引き立てる」等の表現に気味悪さを感じました。
表現は好きです。主人公の心の声と客観的な動きを混ぜているところが。

お疲れ様でした。
□名無しさんからの批評 (2004/01/02 06:08) フォント
発想
構成
表現
総合
雇う影、という設定は斬新でした。影のキャラクターも出ています。
□名無しさんからの批評 (2004/01/03 22:05) フォント
発想
構成
表現
総合
お話は面白いと思います。
けれど、「君ならなれるよ」とはっきり太鼓判を押したのは、早くその子から離れたかったから言ったのか、影としての素質があると思ったから言ったのか、どっちだろうと考えてしまいました。読み進めると後者だとわかりますが・・
そして最後は結局、影になったんですね。だったら何の為に許可を取ろうとしたのでしょうか。「ただの影」ではなく「特別な影」になりたかったのだったら、それがわかるように書いて欲しいと思いました。
でも、お話の不思議な世界観がとても良いと思いました。
□名は無いさんからの批評 (2004/01/07 19:35) フォント
発想
構成
表現
総合
ストーカー的な影のコメディーだと受け取りました。影とのやり取りがコミカルで面白かったのですが、最後の方で男の影にするりと溶けてしまうのでは、影が無理矢理契約を達成したかのように思えていまい、引っかかりを覚えました。
←目次へ
2style.net