「自転車」
ヒノビル
そういえば、もうすぐ新曲の発売日だったなと思いながら、僕は午前10時の蒼く晴れ渡った空の下の坂道を、自転車で思い切り飛ばしていた。これからどこに行こうか、道も人生も考える毎日。もう夜も眠れないほど僕は迷ってしまっていた。
偶然というかなんというか、僕は高校の前をいつの間にか進んでいた。授業中のようで、大きな窓からは、生徒たちの机に向かう姿が観察できる。はあ、と一つため息をついて僕はまた、長い道を進んだ。ふと、あの青い空が暗くなっていることに気がついた。上を見上げると、そこは橋の下。
「考え事してて、橋をくぐったこともわからなかったのか・・・」僕は独り言をつぶやいた。休憩しようと自転車を降りる。
「ねえ、アンタなんでいつも、暗いのよ。」ふいにどこからか声がした。前後左右上下、くまなく探したけれど、どこにも人は見えない。「ここよ!アンタの影よ。まったく、何でアンタはこんなに鈍感なの?いつも私を見ているじゃない。」僕はあわてて下を見る。橋の影に完全に隠れてしまっているが声だけは聞こえる。「あのさあ、一度高校受験に落ちたくらいで、うじうじと悩まないでくれる?こっちはただでさえ暗いのに、アンタのおかげで余計暗くなるわよ。」まったく・・・とため息を漏らし、見えない影は今までの不満を僕にぶつけているようだった。「・・・ごめん。」高校受験のことを言われたことには、少しムカッときたけれど、僕は一応謝っておく。「そうね、ここは謝っておくべきかもしれないわね。でも毎日元志望校の前を通って、ため息ついて、折角の一浪人生台無しじゃない!アルバイトでもして、ばしばし金稼いでやりましょうよ!私とアンタは一心同体なんだからさ!」一心同体、か。なぜかわからないけれど笑いがこみ上げてくる。義務教育を終え、高校の合格発表を見てしまったときから、暗い何かが僕を包んでしまった。手を取り合って喜ぶ、別の学校の奴ら。でも僕は一心不乱に受験番号を探した。瞬きをすることも忘れてしまうほどに。
「どうしてなんだろう、あの日から何も楽しみがなくなっている気がする。勉強するのが楽しいってわけじゃないけど。」「そう。だったらもう一度がんばってみたら?・・・一応言っとくけど、私はアンタみたいにうじうじしてる奴は、大嫌いだわ。・・・まあ、それが言いたかっただけなんだけど。」一瞬影が、橋の下で隠れて見えない何時も僕の真似ばかりするあの影が、すこし笑った気がした。
僕の心は、いつの間にか晴れてしまったようだった。忘れてしまったと思っていた僕の笑いは、元に戻っていた。もう一度がんばろうという決意を込めて。
「ありがとう。」お礼を言ったけれど、返答はもうなかった。
いつものように自転車にまたがり、こぎ始めた。家に向かって猛スピードで。
著作権について
 
 
□郵一郎さんからの批評 (2003/12/12 16:04) フォント
発想
構成
表現
総合
科白部分を改行しないで多用しているので、少し読みにくいかなと思います。一方で改行している部分が適切ではないような気もします。それらを統一したほうがいいかもしれません。
□名無しさんからの批評 (2003/12/12 22:13) フォント
発想
構成
表現
総合
うーん。高校受験のネタですね。
批評の前に読者の私にとっては遥か昔の事なので、感情移入が出来なかったのがツライです。「高三コース」あるいは「蛍雪時代」(そんなものもうとっくに廃刊か!)とかに掲載されているとしたら、それはそれで、受験生たちを勇気づけるかもしれない。
おっと脱線しました。
今回のテーマが影であるからだと思いますが、影に声を掛けられても「ふぅーーん」という感じで読み過ごしてしまい、そのあとの「オチ」を期待してしまって、最終的に序章にでてきた新曲は発売日前だから買えたのか?それとも家に帰って生まれ変わったように勉強を始めたのか?アルバイト情報を探してみたのか?ううむ、嗚呼、結末が判らない、私の読解力のなさかもしれません。ごめんなさい。
□匿名さんからの批評 (2003/12/12 23:24) フォント
発想
構成
表現
総合
影とのトークによる簡易成長話として受け止め、すんなり話しに入れました。展開はありがちながらも、32作品中では新鮮でした。
「」の最後に。を入れない、「・・・」は「……」で、「?」後ろは一字空ける。文章ルールを徹底するだけで、全体はかなりスッキリすると思いました。もったいないです。
□匿名さんからの批評 (2003/12/13 01:12) フォント
発想
構成
表現
総合
一字下げてないのは、なぜ?
ぱっと見たとき、読みにくいですよね。でも、話は読みやすかった。がんばれと、素直に思えましたが。もっともっと書きなれてください。次回作に期待します。
□名無しさんからの批評 (2003/12/13 04:42) フォント
発想
構成
表現
総合
文間に余裕が無いので、文詰まりを起こして読みにくい。字下げと記号の後のスペースが無い上に、閉じ括弧の前に句点があったりするのは直したほうがイイと思う。
影がやばいオカマに思えてしまった。
□名無しさんからの批評 (2003/12/13 11:11) フォント
発想
構成
表現
総合
「そういえば、もうすぐ新曲の発売日だったな」が印象的なツカミのような気がした割には後と全く関係がなかったりとか、そういう部分で悪い意味の肩透かしが割と多かったです。
でも、全体的な雰囲気としては良いと思います。あとは読みやすい体裁を少し考えてくださると、ありがたいです。
□名無しさんからの批評 (2003/12/13 16:12) フォント
発想
構成
表現
総合
字下げとか三点リーダとか改行のタイミングとかが、ものすごく気になって、読み難かったです。気持ち的に批評をする前に添削になってしまって、集中できませんでした。すみません。
□名無しさんからの批評 (2003/12/14 00:10) フォント
発想
構成
表現
総合
改行のタイミングを学んで、推敲をしましょう。
□セツナビトさんからの批評 (2003/12/14 00:34) フォント
発想
構成
表現
総合
えー、まず字下げと「」後の改行(場合によっては字の文に混ぜて使うこともありますがこの作品にはそうする必要がある箇所は見当たりませんでした)、三点リーダは「……」を使う、?や!のあとは一文字空ける、を徹底してください。読みにくいです。もしかしたら制限字数対策だったのかな、と思いましたが、どちらにしろよろしくないです。

物語自体は分かりやすく素直に読むことが出来ました。ただ、文章がややぎこちないと思いました。上に書いたこととこのぎこちなさがほぐれれば、もっといい作品になると思います。がんばってください。
□セツナビトさんからの批評 (2003/12/14 00:36) フォント
発想
構成
表現
総合
↑わー、地の文です。スミマセン。
□名無しさんからの批評 (2003/12/15 01:48) フォント
発想
構成
表現
総合
最初の印象としては、とても読みにくいんです。会話文の列挙は構わないと思いますよ。会話のスピード感を出したいときとかは、使いすぎなければ効果的でしょう。ただ、改行くらいはしませんか? あと、1字下げるとか、基本的な文則でお願いします。

それに、高校に入れなくて、浪人すると言うのは、今の時代、非現実的だと思うのですが、どうでしょうか。志望校に入れなかった、じゃ、理由不足な気がします。

それに、興ざめなことを言ってしまうと、橋の下に入ったなら、自分の影は消滅してしまうので、影は存在しないことになりますよね。「アンタの影よ」と言われてあっさり納得する主人公も主人公ですが。そして、影が見えないのに「笑った気がした」主人公。何を根拠にそういう気がしたのか。いろいろな所で破綻しているので再考を。
□水夫さんからの批評 (2003/12/16 16:56) フォント
発想
構成
表現
総合
読みにくいですね。段落の分け方をもう少し考えて。

テーマが影だから、とりあえず影に励ましてもらいました、という印象。浅いです。
□愛さんからの批評 (2003/12/20 00:23) フォント
発想
構成
表現
総合
うーん。話の核がシンプルなので、そのぶんもうちょっときちんと書き込んでもらいたいな、と思います。
主人公の落ち込み、苦悩だとか、影の楽しい説教だとか、書き深める所はいくらでもあると思います。
前半の情景を後半絡めないなら、切っちゃいましょう。(最初の一行はとてもいい文なので惜しいですが)
文の表現は勢いがあっていいと思います。
□名無しさんからの批評 (2003/12/27 01:02) フォント
発想
構成
表現
総合
最初の一文で、新曲?誰の?新曲を出した人物が登場人物なんだろうか、と思いました。
好きなミュージシャンの、とか一言あればそういうこともなかったと思うのですが、引っかかりました。
□名は無いさんからの批評 (2004/01/07 18:57) フォント
発想
構成
表現
総合
影が喋りだすということで、どうしてもありがちな印象を受けてしまうので、物語に別の核をもってくる必要があると思います。
表現で「〜た」「〜だった」という過去形の表現が多いのもテンポを悪くしている気がします。
←目次へ
2style.net