「影ふたつ、きらめいて」
梁瀬陽子
 クラスメイトたちが寝静まったテントを抜け出すと、彼はもう約束の場所にきていた。
 付き合い始めて二週間、やっと二人でいる事が自然になったところ。それなのに林間学校が始まってからの三日間、クラスが違うというだけで、満足に会話することも出来ず、私は寂しくてしょうがなかった。だから、真夜中の待ち合わせに彼が誘ってくれた事が、心から嬉しかった。
「寒くない?」
「ううん、平気」
 見回りの先生たちの目を盗むように、テントから少し離れた木の下に膝を抱えて座りこむと、私たちは照れ笑いを見合わせた。
「なんか、変な感じだね」
「うん」
 短い沈黙が舞い降りる。久しぶりの二人っきりに、何から話せばいいのか解らない。
「あれ。ねえ、影が二重になってるよ」
「え?」
 ふと目を落とした地面に二重にぶれた影が揺れているのを、私はとっさに声に出した。影がいくつもできる事くらいは珍しいことじゃない。でも、林道の片隅には頼りない街灯が一つあるきりだった。
「月だよ」
 言われて見上げると、夜空にまあるい月が浮かんでいた。暗い道に、下ばかり向いて歩いてきたので気がつかなかったのだ。
「きれい」
 群青色の空の一番高いところで、月は圧倒的な存在感で光り輝いている。
「月ってこんなに明るいんだね」
「だな」
 私はうっとりと月を見上げ、それからもう一度二重の影を見た。
「そういえば、月影って言葉があるじゃない。私ずっと、なんで『影』なのに光を現すんだろうって思ってたの」
「へえ。月の影のことじゃないんだ」
 唐突な私の言葉に、彼はいつものようにのんびりと言葉を返してくれる。
「変でしょ。でも、こういう事ね」
 私は手をかざして地面に二重の影を作り出し、もう一度月を見上げた。
「影があるから、光に気がつくって事」
 なるほど、と彼は頷いて、私たちは微笑みあった。言葉を探したほどの緊張がするりと解けて、急に素直な気持ちになる。
「ねえ。私この三日間、気がつくと孝のこと探しちゃってた」
 たった三日、二人の時間が無いだけで、こんなに不安で寂しい気持ちになるんだって、初めて知った。
「うん。俺も」
 体温が近づいて、ゆっくりと唇が重なる。
「大好き」
 呟けばそれだけで、寂しさの影の向こうで、恋がきらきらと輝きをましていくのを、私は感じた。
著作権について
 
 
□名無しさんからの批評 (2003/12/11 01:37) フォント
発想
構成
表現
総合
きれいなお話ですね。素直なときめきが伝わってきます。描写も美しく、光景が目に浮かびます。
□名無しさんからの批評 (2003/12/11 01:48) フォント
発想
構成
表現
総合
かわいい、ほほえましい、好感の持てる作品でした。が、それだけで終わってしまっている気も。
細かい部分の表現はとても良いと思えるところもあるのですが、全体としてインパクトが足りず、さらっと読み流すことしかできない作品になってしまっているのではないでしょうか。
重心がほしいところです。
□名は無いさんからの批評 (2003/12/12 01:51) フォント
発想
構成
表現
総合
文章に飛ぶような軽さがあって、流れるように読めて心地良いです。登場人物たちの会話がくすぐったい。あぁ、いいなぁこういう会話…

ごほん。えー、批評ですが、こういった作品は感情移入できるかどうかにかかっていると思うので、字数の問題もありますがありきたりな登場人物や場面展開では、流し読みされて終ってしまうかもしれません。一工夫が欲しいかなぁといったところです。
□ともぞうさんからの批評 (2003/12/12 03:18) フォント
発想
構成
表現
総合
非常に読みやすくて、表現も「月」と「影」という明暗を恋愛の部分と巧く重なり合わせていてよかったです。ただ、こういう恋愛描写は自然が故に好き嫌いも激しいと思うので、批評が難しいんじゃないかと。

いずれにしても私は好きな作品ですね。
□名無しさんからの批評 (2003/12/12 17:24) フォント
発想
構成
表現
総合
読んでいて恥ずかしくなりました。
私は月影という言葉しか知らず、意味は分からなかったので、よい勉強になりました。ありがとうございます。
また、発想はものすごく良いと思います。それは、私が言葉を知っている知っていないに関わらず、月の明るさと影を恋と寂しさを指している点は、とても上手だと思いました。

ただ、苦言を少し、表現に関して。
林間学校に行っている割にはその情景が浮かばなかったのです。確かに林道やテントなど、単語自体は入っているのですが、それだけでは弱いと思うのです。
ですので、少し肌寒いとか、また、2人が黙りこむシーンで周りの描写を描くなど、隠し味が必要じゃないのかな? と思いました。
□匿名さんからの批評 (2003/12/13 00:20) フォント
発想
構成
表現
総合
「影を説明する話」としてその説明をうまく利用できている(←言葉は悪いですが)と感じました。
一人称にする意味は取れませんでした。
制限の中で試行錯誤しているのでしょうが、まだまだセリフには無駄がありそうです。せっかく無理をして入れているはずなのに、効果は空回りしています。
□郵一郎さんからの批評 (2003/12/13 23:12) フォント
発想
構成
表現
総合
「まあるい月」「恋がキラキラと」などの表現が恋する乙女の主観が現れていて良いな、と思いました。

恋人の男性にもう少し強い印象が欲しかったです。(例えば、彼のどんなところが好きなのか、とか)
□名無しさんからの批評 (2003/12/14 01:26) フォント
発想
構成
表現
総合
 題名で「こうのとり、たちずさんで 」を思い出したのは僕が映画を見過ぎなのでしょう。
 さて内容は乙女チックな恋愛劇でありましょうか?20年前くらいの少女漫画のような情景ですが、きっと今もこういうものには需要があるのでしょう。僕は読んでて恥ずかしいだけですけど。
 もう少し、情景描写に力を入れて舞台設定、二人の表情、仕草をこちらに感じさせると恥ずかしいだけでないものに仕上がったのではないかと思います。
□名無しさんからの批評 (2003/12/14 06:14) フォント
発想
構成
表現
総合
きれいにまとめられた話ですね。テーマも言いたい事もハッキリしていて良いと思います。
□名無しさんからの批評 (2003/12/14 18:10) フォント
発想
構成
表現
総合
キスする必要がなかたんじゃないかと…。
□匿名さんからの批評 (2003/12/14 19:50) フォント
発想
構成
表現
総合
女の子の恋の話、上手ですね。
少女漫画のラブストーリーを読んだような気がしました。最後から二行目「恋がきらきらと輝きをまし」等の表現が、もう少し工夫の欲しいところ。読んで、照れて恥ずかしいのですが、恋して夢見る少女を強調するためにわざと幼い表現にしてあるのかなと思ってみたり。
□名無しさんからの批評 (2003/12/15 05:22) フォント
発想
構成
表現
総合
月影いや、月明かりのお話ですね。
個人的な話で失礼かと思うのですが、私、今回「月明かり」を使って書いてみたのですが、とって暗くて残忍なストーリしか出てこなく、挫折しました。そういう立場なので、素材として「月明かり」を使い、なおかつ青春の一コマを描いた作品に出会えてとても勉強になりました。次回作、期待しています。
□水夫さんからの批評 (2003/12/16 17:55) フォント
発想
構成
表現
総合
どうにもならないほどベタなんですが、こういうほのぼのとしたラブコメは好きです。月影の話もわざとらしくなくて良かった。
□名無しさんからの批評 (2003/12/22 15:36) フォント
発想
構成
表現
総合
 すっごく可愛らしいお話で、こういう雰囲気大好きです。
 が、少々気になるところを挙げれば、付き合って2週間でふたりでいることが自然に…というのは、ちょっと違和感があります。自然になっていたのなら、クラスが違ってもベタベタしてそうだし。
 他の方も指摘されてましたが、キスして「大好き」はちょっとなー…もうちょっと甘酸っぱい感じで終わった方が好きだなぁと思いました。直接的な愛情表現よりも、例えば指と指がコツンと触れ合った瞬間のドキドキだとか…そういう方が物語には合ってるような気がしました。(好みの問題だとは思うのですが。)
 影がきらめくっていう感覚は本当に素敵。お題を聞いた時、暗い話が多いのかな〜と思ったけど、こんなにほのぼのした作品も書けるんですね。わたしは通りすがりの評者ですが、次回作も楽しみにしています。
□セツナビトさんからの批評 (2003/12/29 23:29) フォント
発想
構成
表現
総合
すみません、読んでて首筋が痒くなりました。いいなあ、青春の1ページ。私なんて友人と夜遅くまで騒いだ挙句先生にがっつり怒られるというロマンチックのかけらも無い思い出しかありません、林間学校。

さてそれは置いておいて。一人称で書かれていますが、微妙に一人称になりきれていない印象を受けました。「久しぶりの二人っきりに、何から話せばいいのか解らない。」「唐突な私の言葉に、彼はいつものようにのんびりと言葉を返してくれる。」のように、文末の現在形と過去形の使い方がややちぐはぐになっているような気がします。そのせいで、あった出来事を並べただけのシナリオのようになってしまっているところがあります。

あと、これは個人的な意見になるのかもしれませんが、こういったシーンを一人称で書くのなら、相手の挙動や自分の感情・心拍数などの変化を徹底的に描写したほうが感情移入もしやすいと思います。どきどき感(笑)も出ますし。もちょっとそこら辺の描写が淡白だと思いました。(三人称で書くのなら二人の挙動を徹底的に書きますね)

最後に、ラストはキスではなく肩やほほを寄せ合うくらいがよかったような気が。あとで「大好き」の言葉が出るのならなおさら。少し唐突な感じがしました。

少し文にぎこちなさを感じました。しかし素敵な雰囲気は出ています。次回に期待します。がんばってください。
←目次へ
2style.net