「自殺論」
崎村
「死にたい…」
 夜道を二人で歩いていると、ヤツは俺にそう言った。その時、地面にのびているヤツの影が、薄く消えかかっているように感じられたのは気のせいだろうか。
「おいおい、冗談だろ。本当は、死のうなんてこれっぽっちも思ってないだろ。その証拠に、さっき一緒に夕飯の焼肉をめいっぱい食ったじゃないか。お前、実際に死のうという行動を取ったことあるのか?
 大体、『死にたい』なんて言ってるヤツは世の中にはたくさんいるが、それは心から思って発している言葉ではないと俺は思うよ。それは一時の気の迷いか、自分に酔いたいだけ、若しくは陰鬱な感じを醸し出したいだけだろ。本当に死にたいと思っているなら、まずは飯を食わなきゃいいし、寝なきゃいい。風邪引いても薬とか飲まなきゃいい。自分の体を甘やかす行動というものを一切断ち切りゃあいい。
 人の命は尊いだとか自殺は良くないだとか、そういう一般論があるがな、俺は何かそういう類の話に虫唾が走る。でもそれ以上に、お前みたいな自殺願望者にも嫌気が差すよ。単にお前は甘えてるだけだ。死ぬっていうのは、案外体力がいるんだぜ。
 俺は一回死にかけた経験があるから言わせてもらうけどな、生と死の狭間って難しい位置なんだ。生きるにはそれなりの体力が要るが、死に至るまでも体力がいるんだ。体は本能的に生きようとするからな。その苦しくて辛い中途半端な位置から、生か死のいずれかに移動するっていうのは、凄く体力を使うんだ。
 弱った時に死の位置へ移動するのが、それ程きついのなら、今の丈夫な状態から、急に死の位置へ移動するとなれば、かなりの苦痛が伴うってわけだ。
 だから、死にたいなんて、本当は思っても無いんだったら、口にするなよ。論理的じゃないしさ」
 俺がそこまで口にしたところで、急にヤツが俺に抱きついてきた。正確に言えば、全体重を俺に任せてきた。何だ、俺の話に感動でもしたのかコイツ、と思って少し笑った。
 しかし、そうではなかった。俺は何だか腹に鈍い痛みと生温い熱さを感じ、両手でヤツを押し返した。ヤツの手は赤く染まっていた。そして、俺の腹には刃物が深く突き刺さったままだった。
 俺は地面に打っ倒れた。体中の血液が、ドクンドクンと物凄い勢いで切り口から出血していくのが分かる。やばい…。
「な、何てことだ…、早く、救急車を呼んでくれ…。血が…。痛ぇ。苦しい…」
「本当だ。苦しんでいるのに、なかなか死なない。なかなか死ねない」
 俺はぼんやりとした意識の中で、ヤツの影を見た。やけに黒々して見えたのは気のせいだろうか。
著作権について
 
 
□匿名さんからの批評 (2003/12/11 00:49) フォント
発想
構成
表現
総合
おもしろかった。なんて、くどい会話とおもいつつ、こんな理屈っぽい男だから、こんな友達で、こんなことに・・・と言う読み方をしました。後半一気にたたみかけたい、台詞と動作に、時間をかんじられたのがざんねん。さされて、第一声がなんてことだは無いでしょ、と読んでしまいました。テンポ良く読ませるもう一工夫が欲しかったです。
□名無しさんからの批評 (2003/12/11 01:17) フォント
発想
構成
表現
総合
文中の台詞が長く、(オチに繋がる肝心な部分なのでしょうが)観念的で退屈に感じられました。「」内を字下げしているのも気に掛かりました。
友達の唐突な行動、その影にオチの意味を持たせているのは伝わるものの、読解力不足のせいかイマイチすっきりしない、消化不良感を覚えました。
□名無しさんからの批評 (2003/12/11 01:34) フォント
発想
構成
表現
総合
そんなこと言ったらそりゃ刺されるがな、と思いながら読みました。面白かったんですが、何かこう、インパクトが足りない…。
やはりくどいセリフの部分が妙に説明的で、読んでいてダレてしまうのかもしれません。これ、会話形式だけで延々と展開したら面白いんじゃないかなと思います。
□ともぞうさんからの批評 (2003/12/11 01:46) フォント
発想
構成
表現
総合
序文の「死にたい……」という台詞はインパクトを持たせていい効果だと思います。
ただ、その後、自殺論を延々と語る主人公だけど、その割に最後があっけないというか物足りない。
ただのサイコ野郎ストーリーで終わって残念。影の扱いも抽象的なままだったし。勿論、それが好きだって人もいるでしょうけどね。
□名無しさんからの批評 (2003/12/11 03:06) フォント
発想
構成
表現
総合
本当はこういうブラックなのは好きです。無理矢理それを差し引いて批評させていただきました。

まず始めに私の記憶違いでなければ、「」の中では段落分けをしてはいけなかったはずです。段落分けしたほうが読みやすくていいのですがね。
あと、非常に偏った主観的な意見になるのですけれど、物語を作り出すのが小説ですから、刺された彼が喋っていたことを別の表現方法――例えば暗示や比喩など――で書き出て、その後に彼が刺された方が味があって良いなと思いました。
□名は無いさんからの批評 (2003/12/11 03:09) フォント
発想
構成
表現
総合
↑の訂正です。
×―書き出て
○―書き出して

あと、ずっと会話形式でも良かったかもなーとか今思いつきました。
□む。さんからの批評 (2003/12/12 12:24) フォント
発想
構成
表現
総合
「俺」が語る自殺論に、へぇと納得してしまいました。会話文として見ると、説明臭くてリアリティが余りありませんが、その内容は面白いですね。死に至るにもエネルギーが必要、成る程。
前半で見られたリアリティのなさは後半の方が酷くて、友人に刺された「俺」の冷静さは滑稽でした。いくらフィクションでも、そのリアクションはないだろう、と。ここのリアクションを工夫すると、もっとオチにインパクトが出てくると思います。
前触れもなく友人に刺されるという理不尽な畳み掛け方、個人的には好きですね。次作に期待しています。
□名無しさんからの批評 (2003/12/12 23:50) フォント
発想
構成
表現
総合
始めと終わりでの統一と差がテーマを語っていて、まとまりがよく見えます。それを活かすには、中身のネタがありがちです。「」内の改行も気にかかりました。
夜という暗い中でのより暗い影の描写はコレだけだと足らないです。
□はるさんからの批評 (2003/12/13 20:07) フォント
発想
構成
表現
総合
個人的にこの長いセリフのくどさ感がすごい好きです。
ただセリフのインパクトの割にラストは刺されたってこと以外のインパクトがないのが残念です。
あれだけの分量を割いたセリフ以上のインパクトを最後に持たせることができたら、完璧だと思います。
□名無しさんからの批評 (2003/12/14 07:24) フォント
発想
構成
表現
総合
感情の前に論理の存在は無意味と。
長い台詞は無駄だと思いました。
□水夫さんからの批評 (2003/12/16 18:03) フォント
発想
構成
表現
総合
長台詞に疑問を感じつつ読み進めて納得。綺麗に落とされました。
□名無しさんからの批評 (2003/12/17 05:40) フォント
発想
構成
表現
総合
展開は気に入りました。自殺論という題から、主人公の自殺論が延々と続く訳ですが、その辺を間引いて、死に至る過程、もしくは脇役である自殺したい男、どちらかを表現して、全体としてのバランスを取るというのも手かと思います。
あと、刺されて『痛ぇ。苦しい』とありますが、この辺はもうちょっと工夫の余地があるかと。どういった表現が可能かという言葉は思いつかないのですが。
 その様子だと腸のあたりをスカっと刺されてるから、まだ大丈夫だよ、死なないわ。圧迫しておけばそのままでも実際数日生きてるってば、とか言ったりして(笑)次回作に期待しています。
□名無しさんからの批評 (2003/12/21 04:52) フォント
発想
構成
表現
総合
作者様の自殺論を聞いているようで、なんとも。長台詞もただ長いだけで物語に何の役割も果たしてないし。さらに、「論理的」という言葉の意味を理解していない気がして、さらに、その言葉で終わっているので、違和感がひどい。

小説なのか、と自問しちゃいました。もっとストーリで読ませてください。理不尽な批評だとはお思いでしょうが、この話では本気になってもこれくらいしか書けません。
□名無しさんからの批評 (2003/12/22 17:44) フォント
発想
構成
表現
総合
タイトルがタイトルなので、構えて読み始めてしまいましたが、巧いなと思いました。長台詞はくどいけれど、そのくどさを物語の中に上手に生かしていると思います。それって相当技術の要ることだと思いますので。テーマもさらりと使っていますが、ラストの描写も好きです。
惜しいのは刺された時のセリフで、もうひとひねり(以上)欲しかったです。
□郵一郎さんからの批評 (2003/12/22 23:04) フォント
発想
構成
表現
総合
影の必要性が弱い気もします。
すっと読ませる代わりに物足りなさも感じました。
□名無しさんからの批評 (2003/12/26 03:42) フォント
発想
構成
表現
総合
『早く、救急車を呼んでくれ…。』これは無いほうがいいような気がします。
それ以外は文句なし。面白かったです。
□セツナビトさんからの批評 (2004/01/09 23:24) フォント
発想
構成
表現
総合
多分シリアスなお話なんでしょうけど、どうも私は受け取り方を間違えてしまったようです。

読んで最初に思ったのは、これはマンガにしたら面白いんじゃないかな、ということです。さっと頭に浮かんだのが、マンガのコントのような場面だったので。主人公が「やつ」に向かってだーっとしゃべっている感じの(ペケとかB.B.JOKERなどでありますね)。小説ではこれだけの長台詞は難しいと思います。正直言って、冗長に感じました。ギャグマンガだと面白くなったりするのですが。

「」内の段落分けは、やっぱりしないのが普通だと思います。それに、上で書いたような主人公がまくし立ててる光景が浮かんだからでしょうが、段落分けをせずに書いたほうが面白かったのかも、と思いました。

あと、「な、何てことだ…、」はやっぱり刺された直後にしては不自然すぎます。台詞をなくして描写だけで書いたほうがよかったように思います。

文章自体は詰まることなく読むことが出来ました。次回作に期待しています。がんばってください。
←目次へ
2style.net