「花丸の日曜日」
雨宮しずく
「お父さん起きてー! 朝ご飯だよー!」
 キッチンの方から聞こえてくる声で私は目が覚めた。パンのこんがり焼けた香ばしい匂いが部屋一杯に漂っている。あくびをしながらリビングへ行くと、隣のキッチンには制服の上からエプロンをかけた未来が立っていた。
 妻を亡くして七年。小さい頃は母親がいない寂しさで泣いてばかりいた娘の未来も、今年で小学五年生。残業や休日出勤ばかりで余裕のない私に代わって、未来が家事の全てをこなしている。我が子ながら、文句一つ言わないしっかりした子供に育ってくれた。
「未来、いつも悪いな」
「だって、お父さんのことは全部お母さんに任されてるからね」
 そう言いながらコンロの火を止める未来の手際は、若い頃の妻に似ている気がした。

 週末、仕事が片付かなくて帰りが夜中になってしまった。真っ先に子供部屋を覗くと、未来は既に眠っていた。もう何日一緒に夕食を食べてないだろう。何日宿題を見てやってないだろう。ふと、勉強机の上に伏せてあるプリントに目が止まった。めくってみると父兄参観の連絡だった。実施日は昨日。
「ふぁぁ……あれ? 帰ってたの?」
 目を覚ました未来は寝ぼけ眼で呟いたが、次の瞬間、私が持っているプリントを見て、慌てて私の手からそれを取り上げた。
「あ、あの、ごめんね。言うの忘れててさ」
 けれど、笑顔の未来の肩越しには、昨日の日付に赤い丸がしてあるカレンダーが見えた。
「どうして何も言わなかったんだ」
 無理をして笑っていた未来を抱きしめると、未来は私のスーツの裾を握り締めてわんわん泣き出した。胸元に熱い息がかかる。
「だって、どうせ来られないでしょ?」
 しっかりした子供に育ったと思っていたが、未来だって甘えたい年頃だ。恐らくずっと我慢していたのだろう。そんなことも気付いてやれなかったなんて、私は父親失格だ。
 未来を包む腕に力がこもる。まるで、久しぶりに感じた私の温もりが自白剤になったように、未来は次々と本音をぶつけてきた。
「日曜日くらいは一緒にいてよお」
 泣きじゃくる未来を見て、私もつられて涙が出そうになった。未来がずっと甘えたかったように、もしかしたら私も甘えて欲しかったのかも知れない。こぼれ落ちる未来の涙が心に染み込んでくる。私の腕の中にいるのは、泣き虫だった子供の頃の未来だった。

「明日は日曜日だし、遊園地でも行こうか」
 私の突然の提案に未来は大喜びした。早起きをして二人でお弁当を作り、一緒に観覧車に乗ることになった。久しぶりの遊園地。
「起きられなくなっちゃうからもう寝るね」
 未来が勢いよく布団をかぶると、明日の日付に赤い花丸のしるしが付いたカレンダーが嬉しそうに揺れた。
著作権について
 
 
□名無しさんからの批評 (2003/11/10 21:11) フォント
発想
構成
表現
総合
前作の続きであるにも関わらず、今回初めての読者にもきちんと分かる内容になっているのが素晴らしい。そしてやはり構成がしっかりしていて読みやすく、完成度は高い。
しかし私は貴女に、他の執筆者が絶対に思い付かないような方法でテーマを消化するだろうと期待していたので、余りにもありきたりな扱いで少し残念だ。
次回に期待したい。
□名無しさんからの批評 (2003/11/10 21:37) フォント
発想
構成
表現
総合
赤い丸と花丸。未来ちゃんの心の移り変わりが丁寧に、そして誰が読んでも分かりやすく書かれてありますね。表現も高レベルで安定していると思います。

ただ、あまりにテレビドラマのように上手くそつなくまとまりすぎてしまっていて、きっと持ってらっしゃるであろう視点の豊かさとか、もうひとひねりできるはずの部分が、このお話では見られなかった事、それだけが残念です。

これからも楽しみにしています!
□名無しさんからの批評 (2003/11/10 21:45) フォント
発想
構成
表現
総合
 「虫」はどこへ?と思ったのですが「泣き虫だった〜」という部分でしょうかね。
 内容ですが、小説なんだからそういうものだとは思いますが、なにかあまりにできすぎている気がして現実味を感じませんでした。まるでマネキンが演じているように思えてしまいました。
□名無しさんからの批評 (2003/11/11 05:59) フォント
発想
構成
表現
総合
 ちょっといい話という感じがしました。「虫」はどこへ?と思ったのは私も同じで、他の批評を読んで気付いた次第。
 いい話だけど、胸に響いてこない、というのが正直な感想です。恐らく文章が男性を装っていて(著者は女性と推測します)、更に説明口調だからではないかと思うのですが。もう少し未来ちゃんの感情が描かれてると良いかなぁと思いました。あるいはしっかりしたいい子じゃなくて、もう少し愛嬌を持たせておくとか…。
 "いい話をよく書けてる"とは思うのですが、主人公に感情移入しにくい、というのは前作でも感じました。小説としての面白さを加味すると、どうしても評価が低くなってしまうのです。そこが残念。
□名無しさんからの批評 (2003/11/11 11:40) フォント
発想
構成
表現
総合
よく書けているとは思いますが、読者を白けさせてしまうくらいに「作られた」感があって、現実味を感じられるエピソードがありません。大げさな人情ドラマを見させられている感じです。
文章は上手だと思うので、次回は是非、もっと身近なことを書いて欲しいと思います。
□phさんからの批評 (2003/11/11 23:30) フォント
発想
構成
表現
総合
非常によくまとまっていると思います。
よくある筋なのですが、しっかりとした文で読ませる力を感じました。
が、虫は。。。?
と感じてしまったので、総合は芽です。
□匿名さんからの批評 (2003/11/12 10:22) フォント
発想
構成
表現
総合
泣き虫の未来ちゃん。お題クリアですな。ストーリもしっかりしているし、楽しく読ませて頂きました。お題の使い方はこのくらいのほうが清清しくていいかなあ。うんうん。
□水夫さんからの批評 (2003/11/12 16:53) フォント
発想
構成
表現
総合
前回も書きましたが、三題噺じゃないんですから。

ベタな内容をさらりと書いていますね。文章はこなれています。
□名無しさんからの批評 (2003/11/12 22:33) フォント
発想
構成
表現
総合
よく目にするありふれたよい話だと思います。
□名は無いさんからの批評 (2003/11/14 03:21) フォント
発想
構成
表現
総合
未来ちゃん、かわいらしく育ったのだなぁ。うんうん(一人強く頷く)

ごほんっ。あー…
お父さんの書き方も良いですね。人物描写に味があります。

ただ、前作と世界観は一緒ということで読めば、登場人物に感情移入もしやすいのですが、いかんせんテーマの扱いが弱いために、少しがっかりさせられてしまいました。一見さんにはどうだったのでしょう。
□名無しさんからの批評 (2003/11/16 10:59) フォント
発想
構成
表現
総合
書きなれているなぁ、と思えるぶん、この内容だと厳しくなっちゃうような気がします。

お題とか、続き物だったりとか縛りに囚われて肝心の中身に惹かれるものが少なくなってしまっているような。偉そうなこといってごめんなさい。

文章力は、素晴らしいと思います。それ故に、読者の皆さんも期待が高い分シビアかと。でも、ここを突き抜けたらモノカキとしてやっていけるくらいの人になれるかもしれませんね。
□名無しさんからの批評 (2003/11/16 12:43) フォント
発想
構成
表現
総合
かなり書きなれてる感じです。
一気に読ませ切る文章力はうらやましいです。
内容的には、その美味さゆえに感じる『優等生』的なイメージがつきまといます。
何か少し『抜け』がほしいです。
□匿名さんからの批評 (2003/11/16 20:06) フォント
発想
構成
表現
総合
連作ですか?
お話としてとてもよく出来ていると思うのですが、教科書の例題を読んでいるような、突っ込みどころのない感じがしました。片親のいない家庭は、いまや珍しくはないので、一昔前の、もしいなければこんな感じかなという、イメージ的なとらえ方のような気がします。頭で出来てる文章に感じました。
□名無しさんからの批評 (2003/11/20 20:17) フォント
発想
構成
表現
総合
どうも感情移入の出来ない作品でした。どこが『虫』なのかも分からなかったですし(あとで分かりましたけど)、話自体もつまらないと思いました。
□名無しさんからの批評 (2003/11/22 04:30) フォント
発想
構成
表現
総合
「泣き虫」で「虫」ですか?その割には「泣き虫」であることがクローズアップされてないですね。
子供の台詞の端々から泣いている様子を感じ取ることが出来ませんでした。感情移入が出来なかったです。
だからテーマに沿ってないように感じたので総合評価を『芽』とさせてもらいました。
表現はそつなく書きなれている感じがしますが、小学校5年生にしては大人び過ぎている会話が気になります。子供が泣くときは語尾が小さくなっていきますよね?だから私なら「一緒にいてよお」は「一緒にいてよぉ…」と小さい「お」と「…」を補います。世に言うギャルゲーなんかでよく使われる手法です。なかなか効果的だとおもうのですが。
発想は貧相。
こんな話は「ごきげんよう」のあとにあるドラマなんかにしょっちゅうでてきそうな話ですよね?使い古された舞台設定。使い古されたイベント。
よくも悪くも個性がないとおもいました。

酷評をお許しください。期待の表れです。次回作を楽しみにしています。
□名無しさんからの批評 (2003/11/24 03:15) フォント
発想
構成
表現
総合
泣き虫という発想が良いですね。
相対的な批評になって申し訳ないですが、上から批評しているので、こういうひねりの効いた発想を見つけて一息ついたという感じです。
賛否両論あるようですが、個人的にはありだと思います。

表現については危なげなく安心して読めました。特にラストの一文は良かったです。

ただ、難を言えば、文章力のレベルは高いのですが、面白味に欠けるような気がするのです。
良くできているけれど面白くはない、というのが感想です。
個々の項目の評価は高いのですが、総合を低くさせていただいたのはそれが理由です。
□匿名さんからの批評 (2003/11/24 22:35) フォント
発想
構成
表現
総合
前回からの続き物でしたか。他の方の批評を見るまで気が付きませんでした。でも、単発の話としても十分読める話だと思います。
話としては、よくあるドラマチックな話だなぁという感じです。感動的なホームドラマという感じでしょうか。よくまとまっていると思いましたが、もう少し意外性が欲しかったです。
□名無しさんからの批評 (2003/11/25 14:00) フォント
発想
構成
表現
総合
何回か読み返してようやく虫が泣き虫を指しているらしいということがわかりました。
小説としては問題ないですが、ありきたりの題材をそのまま使った感じがします。何かひねりがほしかったです。
あと、今でも父兄参観というのでしょうか?男女平等が叫ばれる中では授業参観などでいいと思います。
□名無しさんからの批評 (2003/11/26 14:10) フォント
発想
構成
表現
総合
エピソードと表現にインパクトが感じられません。
王道も悪くないと思いますがもう一ひねり欲しいです。
←目次へ
2style.net