「蟲毒な人々」
緑原 碧虫
 昨夜俺は、実家の自分の部屋でビール片手にゆったりとテレビを見ていた。どうやら知らぬ間に世間では、虫の真似事をするのが流行っているらしい。蝶の格好をした男が「癒されます」なんて喋るのが画面に映し出される。とても奇妙な図だった。
 今朝の出勤途中にその番組のことを思い出し、気になって周りを観察してみると、そういった奴が意外に多いということに気がつく。しかし、カブト虫なんかはいくらか譲って良しとするとして、尺取虫やゴキブリに成るのは人としてどうだろうか。ヘコヘコ動くオヤジを見ていて俺は頭を抱えたくなった。
 そして今、俺の気分は最高に悪い。日の暮れた会社からの帰り道、電信柱にぶら下がり葉っぱのついた寝袋のような物に入る、みの虫気取りの男を見つけたからだ。何が最悪って、そのみの虫野郎は同期の友人の斎藤なのだ。会社を休んでみの虫三昧か。俺の頭が取れそうなくらい重い、痛い。
 頭の重みは取れぬままに俺が家へと帰り着くと、居間では両親が何かを話し合っていた。信じられない事に、お互いに何の虫をやろうか決めているらしい。とりあえず母はカマキリをやるなどと目を輝かして言っている。母の台詞に頭痛が決定的になるのを感じた俺は、妖しく盛り上がる両親を無視して自分の部屋へ戻る。
 自室で俺は酒をあおり、する事もなくテレビをつける。「全国で急増、虫の生活で癒し効果!」などとテレビが煽る。テレビを消し、また酒をあおる。心の疲れからか普段よりも酔いが早く、俺はやがてべったりと布団に倒れこむ。両親の寝室がなんだか五月蝿いが、すぐに理性が外れ意識が闇に落ちる。

 闇の中、みの虫の斎藤が蛾に成ろうとしていた。俺は孤独という致死毒が身体に染み込むのを感じて、さらに闇を深く潜る。

 朝、目覚めた俺が仕度をして居間に行くと、母が朝飯を作り終えて待っていた。父の姿が見えないが、疲れて寝ているのだろうと勝手に決め付け味噌汁に取り掛かる。ふと、母が朝飯に手をつけてないのでなぜかと聞いたら、昨日夜中に食べ過ぎたからいらないと言う。何をそんなに食べたのだろうか。結局父は、俺が出掛けるときも姿を見せないままだった。
 蟻のように勤労な人々の行列に交じって会社へ向う道すがら、虫になっている奴ばかり見かける。斎藤のいた電信柱には、抜け殻だけが揺れていた。夜に羽ばたく蛾に思いを馳せながら、蟻の行進の中で俺は考える。別に真似事なんてしなくても、元々みんなちっぽけで、欲望のままに生きている虫けらじゃあないか。くだらない。俺はその日一日中、そんな事ばかりをうじうじと考えていた。
 次の日の朝、目を覚ますと俺は虫になっていた。ウジ虫だった。
著作権について
 
 
□名無しさんからの批評 (2003/11/11 12:06) フォント
発想
構成
表現
総合
不条理な世界、面白かったです。
ただ最後の一行がなんだかもったいないです。うじうじ→ウジ虫というのも、もう少しひねりが欲しいところですが、何より書き方をもうちょっとビシッと決めると、読者に与える印象がかなり変わり、それだけで優れたショートショートになると思います。
でも楽しませてもらいました、ありがとうございます。
□匿名さんからの批評 (2003/11/11 12:49) フォント
発想
構成
表現
総合
面白かったです。
虫になりきる親父の姿を想像してニヤリと笑いました。蓑虫になることにまったく疑問を抱かない同僚や、妙にはしゃぐ両親の描写がシュールでいいですね。
発想が面白かっただけに、オチが安直なのが残念でした。もう少し意外性のあるオチが欲しかったです。
□名無しさんからの批評 (2003/11/11 18:04) フォント
発想
構成
表現
総合
面白かったけれど、最後に何か加えればよかったかもしれません。オチが予想できてしまいます。
□水夫さんからの批評 (2003/11/12 17:08) フォント
発想
構成
表現
総合
微妙な世界観は悪くないです。落ちはちょっと寒いですね。

掲載順で損したかも。
□名無しさんからの批評 (2003/11/12 22:50) フォント
発想
構成
表現
総合
盛り上げ方は非常によいと思います。
最後が惜しいですね。もう一ひねりというか、こちらを裏切るような展開がほしかったです。
□名無しさんからの批評 (2003/11/12 23:30) フォント
発想
構成
表現
総合
第一印象:やだぁ、面白ーい。

すべてに於いて情景が浮かびました。それぞれの人がその性格を担った虫になるという発想は抜群で、母親がカマキリになると目を輝かせるという所では、思わず笑ってしまいました。
ラストとしてのウジ虫はもう少し工夫があれば、もっと楽しめたかも知れません。
□phさんからの批評 (2003/11/15 13:56) フォント
発想
構成
表現
総合
世界観の発想が素敵です。文も淡々とした雰囲気に合って、上手くまとまってると思いました。
ただ、虫になって癒されることの理由付けが伝わらず、架空の世界どまりに感じました。
それから展開はやはり、カマキリは、単語が出た時点で先が読めてしまいました。みの虫も。
最後は自分も虫になる、という展開も驚きを感じませんでした。
でも淡々としていて、それがいいのかもしれません。
□匿名さんからの批評 (2003/11/16 13:39) フォント
発想
構成
表現
総合
ごめんなさい。私は独特な設定に入り込めませんでした。それは私が「癒し」という言葉がキライな所以かもしれません。テレビ→癒し効果→みのもんたとか思い浮かべちゃいまして、凡人の私にはちと辛かったです。
□匿名さんからの批評 (2003/11/16 20:32) フォント
発想
構成
表現
総合
コスプレなのか、選べるのか、いやおう無しに変身してしまうのか。ちょっとあやふや。何をそんなに食べたのか。という一文は不要。お母さん、蟷螂なら、その時点で読める。もし、コスプレなら食べたのは、夜中のラーメンとかで、親父さんには、情けない姿で再び出てきて欲しかった。目を輝かせるお母さんは、私も笑えたので。暗い話より、笑い話にとれて、どっちかに徹底して欲しかった。おしい。
□名無しさんからの批評 (2003/11/17 09:14) フォント
発想
構成
表現
総合
面白かったです。
ただ、話の展開や落ちは想像ができるのでもう少しひねって欲しい。
文章は一気に読めて心地よかったです。
□名無しさんからの批評 (2003/11/22 04:54) フォント
発想
構成
表現
総合
上手い!と思いました。

異質なものを排除する傾向にある現代日本を風刺しているようで面白かったです(作者はきっとそんなこと考えてないでしょうが)。
発想、構成、オチ、ともに完璧だとおもいます。
「蛆虫」ですね。思わず、うなってしまいました。
文章に稚拙さが残るようですのでそこを注意すればかなりの力作。
□名無しさんからの批評 (2003/11/25 01:20) フォント
発想
構成
表現
総合
虫になるならないは、自分で勝手に決められるのか、そうでないのか、きっちり書き分ける必要があると思います。
母はカマキリになって夜中に父を食べ、朝は母の姿に戻ったと読みましたが、俺はなりたくもないのに最後に虫になるあたりがどうかなと。
それとも母親はカマキリのままだったのでしょうか?それにしては俺のリアクションが薄いようにも思いますが。

頭が痛かったことは虫になる前兆だったと思いますが、こういう不思議な話だからこそ、俺はうじうじ考えていたためウジ虫になった、親は好きな虫になったというように、何でもありになってしまうのは残念な気がしました。
□名無しさんからの批評 (2003/11/26 22:53) フォント
発想
構成
表現
総合
オチがちょっと突飛かなと思う以外には文句なしに面白かったです。
←目次へ
2style.net