「黒」
ケンメイ
 虫が、視界に入っていた。
 多量の黒い粒粒が私の視界を段々と支配してゆく。目玉を喰われやしないかと心配になった。せっかくの気持ちの良い散歩が台無しだ。
 広い広い湖から風が吹き付ける度、枯葉が舞う。気温は低い。空気は冷たく程良く肺を刺す。それは確かに肺に痛みを与えるのだが、閉め切りの部屋の濁った空気ばかり吸っていた私には心地よく思われた。
 ・・・・・・虫が増えた。
 気にしないように努めていたのだが、視界の一角が黒く染まり見えなくなるとさすがに余裕が無くなってきた。虫は一斉にぱあっと広がり、目玉の奥まで入り込んでくる。
 駄目だ。
 私は座り込み目を閉じた。虫、虫は、それでも消えない。瞼の下でもぞもぞやっているのを感じる。
 私は立ち上がって、湖の水を手ですくった。たいして澄んでいるわけでもないが、冷たければ今の私にはそれで良かった。私は水を顔にたたきつけた。何度も。すくっては、たたきつけた。
 虫は消えない。ぞぞぞと目玉の下から上へ這い登ってくる。さっきよりさらに増えている。
「痛っ」
 ついに虫は私の目玉に噛み付いた。虫は喰えば喰うほど大きくなる。それにともなって私の視界はせばまる。ぼとぼとと溢れた虫が地面へ落ちていく。
 私は湖に顔をつけ、瞼を開いた。目がしみて痛む。
 虫が、水中にいるにも関わらず、鳴いた。全部が全部鳴いて、私の体を震わせた。ざわと音がして虫が流れ出した。黒い塊が湖に出現し、やがて四散して消えた。
 私は散歩を続けることにした。湖を一周し終わると、丁度日も沈んできたので家に帰った。
 相変わらず汚くて暗かった。電気を付けようがそれは変わらない。私が住んでいるかぎりはずっと変わらないのじゃないかと思えた。
 腹が減っていた。昨日注文して結局食べ切れなかったピザとコーラを冷蔵庫から取り出した。食べながらテレビを付けた。普段以上にテレビから発される音を無機質に感じた。
 満腹だ。
 私はごろりと寝転がった。
 虫が囁いた。「このままでいいのかな」。
 運動したせいか、とてつもなく眠かった。意識が朦朧としていく中、視界の隅に黒い粒が生まれたのを見届けながら、私は眠りについた。
著作権について
 
 
□名無しさんからの批評 (2003/11/11 12:31) フォント
発想
構成
表現
総合
言いたいことは何となく解るのですが、難というか、ただそれだけという感じです。
上から読んでいったので、朝倉海人さんの作品と前半がとてもよく似ていて驚きました。
□匿名さんからの批評 (2003/11/11 12:57) フォント
発想
構成
表現
総合
私の読解力の問題かもしれませんが、よくわからない話でした。
ラリってる男性の幻覚なのかなぁとも思いましたが、何回読んでも意図がわかりません。虫は何を意味していたのでしょうか……
「私」が視界を支配していく黒い虫に恐怖し、それを必死に追い出そうとするあたりの描写は好きです。
>ぼとぼとと溢れた虫が地面へ落ちていく。
この一文はよかったです。
□匿名さんからの批評 (2003/11/12 12:50) フォント
発想
構成
表現
総合
ヒチコック?になるのかなあ?
説明的な文章をこの中に入れるのはちときついでしょうが、「小さな虫」の描写をもうちょっと深く掘り下げて(短い分で)いただければ感情移入できたかなあ。
あ、パワーは感じますね、コレ大切。次回に期待っ!
□水夫さんからの批評 (2003/11/12 17:11) フォント
発想
構成
表現
総合
緊張が一回緩むのは悪くないです。緩んだ後、再び緊張させるのにいまひとつ成功していませんが。
□名無しさんからの批評 (2003/11/12 22:58) フォント
発想
構成
表現
総合
さて、それでどうしましょう?って印象でした。
視界を覆っていくものが、物理的な虫だと、なぜ主人公は気がついたのでしょうね?虫としての現実味が希薄なのに。
□名無しさんからの批評 (2003/11/12 23:49) フォント
発想
構成
表現
総合
わからない事があります。
1.虫が増えてもなぜ気にしないように努めていたのか
2.なぜそれでも散歩を続けることにしたのか
3.最後に囁いたものがどうして虫だとわかったのか
4.「このままでいいのかな」の意味

よくわからなかったので、葉っぱにさせて頂きました。ただこれは私の読解力の無さの結果だと思います。
□名は無いさんからの批評 (2003/11/14 02:58) フォント
発想
構成
表現
総合
もう諦めているのか、淡々と主人公の語り口が続きます。
目玉を食われやしないかと心配しているのに、虫に目玉を食われたのに、虫に「これでいいのか」と諭される。芸人だったらツッコミ入れてますね。「お前のせいやっ!」
□phさんからの批評 (2003/11/15 14:07) フォント
発想
構成
表現
総合
前半の気味が悪い描写は素敵です。ただ、いまいち話の筋が伝わりませんでした。虫は主人公の不安の具現化なのでしょうか。
そうと伝えるには、虫が目玉を食いちぎることと、私の心情とのリンクが足りない気がします。
「閉め切りの部屋」は「締め切った部屋」ということですよね。読みながら文にややひっかっかりを感じました。
□匿名さんからの批評 (2003/11/16 18:21) フォント
発想
構成
表現
総合
気持ちのよい散歩と、またごろりと横になったときに囁かれた言葉がもう少し結びついた表現であればなぁとおもいます。このままじゃいけないと思ったきっかけとか、何とかしようとゆれる心とかが表現できていれば、作者の言いたかったことが見えるような気がするのですが。
□名無しさんからの批評 (2003/11/17 09:19) フォント
発想
構成
表現
総合
漠然とどんよりとした灰色のイメージは伝わってきます。
抽象的というか難しいというか、とにかく『もやー』っとした感じが残ります。
それが狙いなら成功なのですが。
□名無しさんからの批評 (2003/11/22 04:57) フォント
発想
構成
表現
総合
シュールですね。
構成の唐突さ、虫の存在意義に不在など不満しか残りません。
もっと書きたいことを整理して書くことをお勧めします。
□名無しさんからの批評 (2003/11/28 00:21) フォント
発想
構成
表現
総合
虫に目を喰われた後に散歩を続けられるとは呑気だなあ、と思いました。


←目次へ
2style.net