「飛びたかった訳じゃない」
 僕には足が六本と空を飛ぶための羽が一対ある。ただ僕はあまりこの羽を使わない。仲間の中には「この羽で飛びまわると人間どもが逃げ回るんだぜ、傑作だろ?」という奴もいたけど、僕はこの羽根を使うのがあまり好きじゃない。それに、人間をびっくりさせようだなんて思ってもいない。だから、なるべく人間に見つからないようにタンスとか冷蔵庫の裏で隠れるようにしている。それを仲間は腰抜けだとかいうこともあるけれど、そう言ってすぐに死んでいった奴がほとんどだから僕はこれでいい。
 ただ、そんな慎重な僕にも一度だけもう駄目だと思ったことがある。前の住人の時だ。夜中に僕が流し台の下を物色していると、いきなり戸が開いたのだ。そして、男と目があった。相手もびっくりしているみたいだった。僕は背を向けて必死で逃げた。もう駄目だと思ったけど。でも僕はなんとか秘密通路まで逃げる事ができた。これが、僕のやばかった時の話だ。

 今夜も暗くなって大分たったから僕も外に出ることにした。人間がみんな寝ている頃合だ。僕はいつものように秘密通路を通って隣の部屋に来た。ここから、部屋を横切り、向こうの棚の後ろに入るのだ。そこが今夜の食堂だ。
 人間に気付かれないように、急いで部屋を横切ることにする。よし、このままあそこまで行って・・・とその時、急に部屋が明るくなった。心臓がどくんと脈打つ。人の気配を感じて振り返ると、そこにはびっくりして目を丸くした仁王立ちの女がいた。僕がいるのは、部屋のど真ん中。どこにも逃げ場がない。女は大きな声で叫びながら、戸棚の中から何か取り出してきた。あ、あれだ!あれで僕らの仲間がどれだけ死んだことか!僕は必死に逃げた。
 ち、違うんです!悪気はなかったんです!女は血相を変えて追いかけてくる。僕は部屋の端までいき、そして柱にそって走った。と、僕の上の部分にあれが噴きかけられた!逃げられない!
 逃げ場を失った僕は、閉じていた羽を開いて柱から飛び降りた。女はさらに悲鳴のような声をあげながら、いたるところにあれを撒き散らしてくる。意識が朦朧としてきた。ち、違うんです。僕はただ逃げたいだけなんです。
 永遠とも思えた滞空時間の後、僕は床に着地した。あぁ!あそこに見える秘密通路に逃げ込みさえできれば!僕は走った。後ろからはあの女の気配が、今にも襲い掛かってきそうなそれが僕を圧迫する。
 あともうちょっと!あそこに入れば!あ!あ!
 秘密通路に入ろうとした瞬間、僕は上から押しつぶされるような衝撃を受けた。体の骨格のひしゃげる音がした。僕はその音を最後に意識を失った。
著作権について
 
 
□名無しさんからの批評 (2003/11/10 21:28) フォント
発想
構成
表現
総合
 虫になってしまう発想は、一番最初に浮かぶものではないでしょうか。でも、それをキチンと筋立てして、ちゃんと事柄を描写すればこれだけ読めるものになるというお手本になっていると思います。十分に楽しめました。
 ただ「秘密通路」ということばはちょっと浮いている気がします。
□セツナビトさんからの批評 (2003/11/10 22:54) フォント
発想
構成
表現
総合
女と「僕」の真夜中の攻防。その様子が目に浮かんできます。後半のシーンは特に、こっちまでハラハラしました。

特に詰まることなく最後まで読めました。なのでアラ探しになっているかもしれませんが、気になった点を。

空白の行で分けられた二つの話が、なんとなくうまくつながっていないような気がしました。いっそのこと「それを仲間は〜僕のやばかった話だ」をなくして、「隠れるようにしている」のあとに夜人が寝静まったころを慎重に見計らって……といった意味合いの文を持ってきたほうがすっきりするかもしれません。

あと、「意識が朦朧としてきた」のあとの「〜僕は逃げたいだけなんです。」の語尾は、似たような他の言葉と語尾を統一して「!」を付けるか、朦朧としてきたことを強調するために「……」を付けたほうがより雰囲気が出ると思いました。

細かいことを言いましたが、先程も書いたとおり後半のシーンがスリリングで面白かったです。「僕」にとても感情移入できて、もし台所で彼の同類にあったとき、ちょっと退治するのをためらってしまうかもな、と思いました(笑)。
とてもよかったです。これからもがんばってください。
□名無しさんからの批評 (2003/11/11 06:09) フォント
発想
構成
表現
総合
 場面は誰でも想像出来るだろうけれど、こうして細かく「僕」の気持ちを描写してあると、清々しいものを感じました。身近な題材を巧く描けていると思います。
 勢いよく最後まで読めてしまったし、とても面白かったので特に言うことが思いつきません。「!」がちょっと多いかな、とも思ったのですが、そこが緊迫感を煽って、わたしは楽しく読めました。次回も愉しみにしています。
□名無しさんからの批評 (2003/11/11 12:36) フォント
発想
構成
表現
総合
読みやすく、わかりやすく、面白い。それとタイトルが印象的で読んでみたくなりますね。良い作品だと思います。
難を言うと、ところどころ文章に引っかかりを感じるところがありました(このスピード感の中ではあまり気にならないとも言えますが)。一度音読してみると良いと思います。
□phさんからの批評 (2003/11/11 23:01) フォント
発想
構成
表現
総合
うわあ、アレの話だ、と思いながらもテンポよく最後まで読めました。
面白かったです。
特にラストの戦いはどきどきしました。
やばかった話は無くても良いような気もします。

お互い出会いたくないものなのに、出会ってしまうのですよね。。。
□名無しさんからの批評 (2003/11/12 11:50) フォント
発想
構成
表現
総合
面白かったです。
情景が目に浮かびました。
「あ、あれだ!」と「ち、違うんです」が良かったです。
□匿名さんからの批評 (2003/11/12 12:56) フォント
発想
構成
表現
総合
好きです。こういう展開。ラストも想像がつくのですが、それはご愛嬌。素直に楽しみました。楽しんだついでにいつと彼は意識を失っただけで、死んじゃあいないのか、(とここまで感情移入してみたりする)次回作、楽しみにしています。
□水夫さんからの批評 (2003/11/12 17:13) フォント
発想
構成
表現
総合
そのまんまなんですが、テンポが非常に良く楽しめました。
□名は無いさんからの批評 (2003/11/14 02:51) フォント
発想
構成
表現
総合
直球勝負ですが、好感の持てる仕上がりです。
「これが、僕のやばかった時の話だ。」は要らないかなぁとも思いました。代わりに何か思いつくかといったら、それも難しいのですが。
□匿名さんからの批評 (2003/11/16 23:10) フォント
発想
構成
表現
総合
テンポ良く読みました。逃げたかっただけで、飛びたくなかったのですね。せっかく羽があるのになんでかはちょっと理解不能ですが、出来たら、骨がひしゃげても生き延びる、そんな図太さまで書ききって欲しいな。
□名無しさんからの批評 (2003/11/17 09:23) フォント
発想
構成
表現
総合
内容はありきたりだと思うのですが、それを振り切って読ませきる文章はすごいなと思いました。
楽しめる作品に仕上がってると思います。
□名無しさんからの批評 (2003/11/17 09:56) フォント
発想
構成
表現
総合
最初は嫌いなゴキブリの話か・・・と思って厭々読んでいたのですが、ゴキブリ側にアッサリと感情移入してしまい、助かって欲しいとさえ願いました。
欲を言うと、ラストが少しアッサリしてるかなと。いや、これでいいのかな。もうひとひねり来るかなとか、期待が膨らむ表現力なんですよね。また読みたいです。
□名無しさんからの批評 (2003/11/17 18:19) フォント
発想
構成
表現
総合
面白かったです。
文章のリズムも良くて、すんなりと最後まで読めました。
いやんなものの話で、「うわ」と一瞬思ったんですが、それすら可愛く思えてしまう手腕に感服。
次回作も期待しております。
□名無しさんからの批評 (2003/11/24 07:13) フォント
発想
構成
表現
総合
ひねりがなく退屈でした。
良くも悪くも個性がないと思います。
□匿名さんからの批評 (2003/11/24 22:26) フォント
発想
構成
表現
総合
後半のテンポはいいですね。虫(ゴキちゃんでしょうか)から見た世界に描写を絞っている点もプラスになっていると思います。おどおどとした「僕」の性格付けも面白いと思いました。
最後、「僕」は羽を使って飛んでしまったがために潰されてしまったと捕らえました。あえて「やばかった時の話」を語らせているわけですし。
ジンクスって侮れないですね、私はジンクスは信じない人ですが。
□名無しさんからの批評 (2003/11/25 14:09) フォント
発想
構成
表現
総合
後半の展開にどきどきさせられました。良かったです。
個人的には虫の具体的なイメージ(何の虫かなど)が沸きすぎて、気持ち悪くなってしまいました。でもそれも表現力ですね。
□名無しさんからの批評 (2003/11/27 10:26) フォント
発想
構成
表現
総合
ゴキブリに感情移入してしまった…。
切ない話ですね。
□名無しさんからの批評 (2003/11/28 00:40) フォント
発想
構成
表現
総合
発想はありがちですが、面白かったです。
感情移入して逃げ切って欲しかったなと思ってしまった。
『ち、違うんです!悪気はなかったんです!』はいいですね。

気になったのは全体的に『!』が多いところでしょうか。

←目次へ
2style.net