「夏の音」
梁瀬陽子
「あんまり遠くに行くなよー」
 神社裏の森に散っていく、幼い従兄弟たちの後姿に声をかけると、俺はジーパンのポケットからタバコを取り出した。
 木陰にたたずむと、熱気を払う涼風が通っていく。五人の子供たちの世話を押し付けられたとはいえ、初盆の準備と口煩い親戚方に囲まれる母屋にいるよりは数段マシだった。
 ジィジィと夏の日差しに挑むように、蝉たちがひっきりなしに鳴いている。
 それぞれに虫取り網を持って、木立を見上げては歓声をあげる子供たちの姿に、俺はこの森で過ごした懐かしい夏の思い出を次々と思い出した。
 鳥の巣を見ようと木に登って骨を折ったことや、森の奥で遭難しかけた事さえあった。
 あの頃の自分と比べれば、少々数が多いとはいえ、素直に蝉を追いかけている従兄弟たちは可愛いものだった。
 一服し終わると、俺は懐かしい景色の中を従兄弟たちの成果を見て回った。
「雄太―。どうだー?」
 ひとり年長の雄太は弟妹たちのグループから離れて、黙々と虫を追っていた。
「おう、上手いな」
 雄太は得意そうに油蝉とアゲハチョウの入った虫かごを見せ、網を手にはにかむように笑ってみせた。

「よーし。そろそろ帰るぞー」
 飽きっぽい下の子供たちが、虫かごを置いて遊び始めたのを機に、俺は従兄弟たちに声を掛けた。ばらばらに遊ぶ子供たちを一人で見る事の難しさはよく知っていた。
「じゃあ、帰る前に、虫も帰してやろうな」
 俺の言葉に小さな子供たちは文句を言ったが、お決まりの蝉の寿命を教えて諭すと、さすがに可哀想になって、次々と虫かごのふたを開けた。
「あーあ」
 諦めきれないのか、悔しそうに雄太が声を出した。自分の手柄を渋々手放すその横顔に、俺はいつかの自分を重ねた。
 あの時、同じような理屈で俺を落胆させたのは父だった。次々飛び立っていく虫たちに感じた悔しさを思い出して、ふと、今更のように自分がもはや逆の立場に立っている事に気がつく。やれやれ、と俺は苦笑した。
「さあ。帰るぞ」
 空っぽの虫かごを抱えた雄太たちを見回して、帰り道で駄菓子の一つでも買ってやるかと思い立った。いつかの自分がめったにない買い食いをとても喜んだように、この子達にとって、今日が楽しい思い出となるように。
「アイスでも買ってくか」
 俺の提案に、つまらなさそうに端を歩いていた雄太は、弾ける様な笑顔を見せた。つられて俺は、久しぶりに声を立てて笑った。
 遠ざかる森からは、夏の音がひっきりなしに聞こえていた。
著作権について
 
 
□名無しさんからの批評 (2003/11/11 12:43) フォント
発想
構成
表現
総合
感傷を楽しむ作品だと思います。
子供の時の記憶と、そのとき子供から見た大人の姿を今の自分に重ねるという発想はありきたりかもしれませんが、楽しませて頂きました。
一つ気になったのは、改行の多さでしょうか。たとえば「それぞれに虫取り網を持って」〜「従兄弟たちは可愛いものだった。」くらいまでは、一つの段落に収めてしまった方が、前後とのメリハリもついて良いと思います。
□匿名さんからの批評 (2003/11/12 14:21) フォント
発想
構成
表現
総合
夏の日の思い出。いいですね。私には真似のできない文章と構成、素直に楽しめました。あえて苦言を呈すれば、最後の一行はなくても十分に雰囲気は伝わっているかと。
□水夫さんからの批評 (2003/11/12 17:16) フォント
発想
構成
表現
総合
淡々とセミ取りの記述だけですが、良いです。

油蝉とアゲハチョウ、この文体だと両方カタカナ表記がいいかな。蝉もセミに。煙草もタバコですし。
□名無しさんからの批評 (2003/11/12 23:03) フォント
発想
構成
表現
総合
ノスタルジィ?それにしては、その対象への愛情が不足しているような。「〜た。」ばかりの語尾がそれを助長している気がします。
□名無しさんからの批評 (2003/11/12 23:57) フォント
発想
構成
表現
総合
会話文の入れ方が上手なあ。
俺という一人称と俺の語り口調があってない気がする。
□名は無いさんからの批評 (2003/11/14 02:44) フォント
発想
構成
表現
総合
作品の雰囲気が良いです。落ち着きます。自分も30超えるとこういった気持ちになれるのでしょうか。

少し段落の使い方と、ひらがな、カタカナ、漢字の選択(「油蝉とアゲハチョウ」のところなど)が気になりました。表現力は高いと思いますので、文章の見た目にも気を使ってみるとより良くなるかもしれません。凝りすぎは禁物ですが。
□phさんからの批評 (2003/11/16 20:17) フォント
発想
構成
表現
総合
ほのぼのする話ですね。
前半の文末が「〜た」ばかりなのが少し気になりました。段落も続けていいと思います。
雰囲気はしっかりとしているので、一文一文をもっと練って欲しいです。
□匿名さんからの批評 (2003/11/16 23:15) フォント
発想
構成
表現
総合
美しい話。上手な文章です。
1200で書くよりも、長いお話の中の一遍としてある文章としてあったほうが、この文章が生きる気がします。
□名無しさんからの批評 (2003/11/16 23:33) フォント
発想
構成
表現
総合
人の感傷や思い出や考えてる事等は、なんらかの魅力的なエピソードがないと、他人(読み手)には面白くないと思います。
会話文の入れ方や文章は上手だと思いますが、エピソード不足だと思いました。小説ですから。
□名無しさんからの批評 (2003/11/17 09:28) フォント
発想
構成
表現
総合
淡々と蝉取りの話でしたが、なんとなく良かったです。
もう少し父とのエピソードや思い入れが欲しかったかな

自分の手柄を渋々手放す〜
の表現は何故だかニヤリと笑ってしまいました。
□匿名さんからの批評 (2003/11/21 12:25) フォント
発想
構成
表現
総合
自分が幼かったころを思い出させてくれる作品でした。懐かしいですね、こういう夏の日の一コマ。後半、虫を放してやる所の描写はとてもよいと思います。ただ、こういう経験がない人には、情景が理解できないんだろうなぁとも思いますが。
私は気になった点は、前半の段落の多さと「油蝉」が漢字だったことです。前半部分は、現在と過去の回想の2つで段落を分けるぐらいの方が、テンポよく読めると思いました。
「油蝉」はカタカナの方がよいですね。
□名無しさんからの批評 (2003/11/28 00:54) フォント
発想
構成
表現
総合
いい話ですね。
父とのエピソードがもうちょっとあると良かったと思いますが、この文字数では仕方ないのでしょうか。
『〜た』で終わるところが多いかなと、少し気になりました。
□名無しさんからの批評 (2003/11/28 04:12) フォント
発想
構成
表現
総合
良くも悪くも長編小説から抜き取ってきた一部分という感じでした。
文章は非常に上手く関心しましたが、ただそれだけという感じでした。
アイディアが貧相で、ただの昔物語…主人公が目の前の子供たちと子供だった自分を重ねるという小学校高学年の国語の教科書に載っていそうなお話に面白みを感じませんでした。
児童文学としてはそこそこだと思いますが、『俺』って言ってるからなぁ…

アイディアに一工夫ほしかったです。
←目次へ
2style.net