レーシックと老眼について

老いは誰にもやってきます。自ら望まなくても勝手にやってきます。生きている以上は仕方ないですよね。生まれたときからずっと働き続けてくれている体なのですから、そりゃあ歳を取れば機能も低下してきますよね・・・。

若いときに近視のためレーシック治療で視力矯正ができても、残念ながらそれは必ずしも永遠の視力ではありません。40代を過ぎて、老眼年齢を迎えたら、例えレーシック治療を受けていても、老眼になるのを防ぐ事はできません。

ちまたでよく、「眼のいい人は早く老眼になる」と言われますが、レーシック治療で近視回復している分、早く老眼になるか?と聞かれたら、そのような事は無いようです。

かといって、レーシック治療は受けたことがないが、老眼になってしまった今、レーシック治療で老眼を治すことはできるのか?と聞かれたら、それも無理です。

現時点では、レーシックでは老眼までは防げない。現時点では、レーシックで老眼は治せない。と言う現実になってしまいます。しかし、技術は日々進歩し続けています。

視力矯正にはメガネしか無かったところが、コンタクトレンズが開発され煩わしさを解消してくれました。そしてまた、レーシックの開発で、不便さがより解消されました。

眼の外に付ける物が、眼の中に入れるものになり、眼そのものを治療する時代にまで来たのですから、老眼を克服できる物が誕生しても決しておかしくないですよね。そんな時代が身近に迫っているのは確かなのではないでしょうか。



Copyright (C) 2008 What's レーシック. All Rights Reserved.
2style.net