レーシックについて

視力が悪いとなにかと不便ですよね。メガネやコンタクトレンズで矯正すれば良いだけの話しですが、維持費がかかったり、手間がかかったりするばかりではありません。

運動するからメガネは不便、けれど、コンタクトレンズはどうしても体質に合わない・・・そんな方も多く居るのではないでしょうか?そんな方には「レーシック」はいかがでしょう?

「レーシック」って何?とおっしゃる方も多いことでしょう。これは、一言で言えば、「視力を回復させるための手術」です。

日本人にしてみれば、「視力回復のために手術?」と一歩引いてしまいがちですが、アメリカで開発された「レーシック」は、アメリカ人にとってはもはや当たり前の域のようです。

日本では2000年にレーシック手術は認可され、徐々に手術希望者は増えてきているようです。レーシックは簡単に言うと、レーザーで角膜を削り、屈折率を変えることでピントを合わせます。

角膜を削る?と聞いただけで、尻込みしてしまいますよね?とは言え、手術は両眼でわずか30分程度で終わり、入院の必要はありません。

もちろん、それまでに事前の詳しい説明があったり、細かい検査があったり、術後の検査があります。手術前の説明をきちんと受け、自分なりに十分納得が行った上で、手術を受けることは大事だと思います。



Copyright (C) 2008 What's レーシック. All Rights Reserved.
2style.net