Page-1

Page-2 Page-3 Page-4 Page-5
                                              
<Homepage      ◯ 
     ◯
アクセスカウンター
since 2014/12/1
 
 
 
 
 


Jw_cad初期設定と使用方法

 Jw_cadを初めて使用する人は、初期設定方法や使い方が解からず苦労するかも知れない。線を引く時、左上の直線ボタンを押してから、任意の場所で左クリックする。最初のクリックが始まりの座標、次の左クリックが終わりの座標。線が切れないときはキーボード左上のEscキーを押すか任意のボタンをクリックする。「Escキー」は、ひとつ前に戻る時に使用。失敗してもすぐ前に戻す事ができる。

Jw_cadは、パソコンで設計図を描く時に使用されている。線種・太さ・m・cm・mm・角度・文字・範囲内切取り・移動・縮小拡大率の設定ができ、Bump画像もレイアウトしたり縮小拡大・移動させる事ができる。



青い囲いは頻繁に使用するボタン。赤い①②は実際のメートル数で左下に表示される縮小値の設定。初期設定でA3サイズ、縮小1/50にしている。図面左側の正四角形は、縦横6mの長さ。直線を描き、①[設定]メニュー下の空白ボックスに7を入力すると、図面上で7,000mm/50=140mmに伸縮する。縦横の直線を自動的に一定にするには、コントロールバー左側の[水平垂直]チェックマークを必ず付けてから始める。●縮尺を1/10や1/100に変更する場合は、「図寸固定」をチェックマークし、「OK」をクリックする。



[Jw_cad重要基本操作]

 
  1. 建築設計用書体はMSゴシック(細・太)だけで、MSPや明朝は不適切。
  2. 文字色を黒に指定するには、メニュー[設定]→[基本設定]→[文字]→[文字種5,6]→[色No]を2に変更→[OK]
  3. 図面の手速い拡大は、マウスのスクロールボタンを押しながら右下へドラッグする。左上へドラッグすると縮小。
  4. 設計画面のその他の拡大縮小は、⑤の[矢印キーで画面移動]をチェックする。キーボードの→キー」で移動、「PageUpキー」が拡大、「PageDownキー」が縮小、「Homeキー」を押すと元画面に戻る。
  5. 間違った場合は、キーボード左上の[Esc]エスケープキーで戻る事ができ、文字入力以外は何度も修正する事ができる。文字入力後、戻すにはメニュー[編集]→[戻る]で文字を消す事ができる。
  6. はみ出し線をカットする最も手早い方法は、[伸縮]をクリックし、はみ出し線の根本をクリック→はみ出し線上で正確な位置をクリックすると、はみ出し線が正確な位置まで縮む。さらに正確な線にするには、キーボードの[Page up]キーで拡大、同じ方法でより正確な線に直す事ができる。



[Jw_cadの初期設定と基本操作方法]
  1. Jw_cadで最も重要なのは、左下の寸法数値をm表示に置換する設定で、①②③の順でm表示にする事ができる。住宅平面図であれば、[設定]→[サイズ指定]A3サイズ・縮小1/100か1/50。地積測量図などの日本法令98様式であればB3サイズ・縮小1/500。設計図面は、[A3サイズ]で作図する。
  2. ④の寸法値にチェックマークを入れると、線を引いた時に青い数値でmが表示される。青い数値を消す場合は、寸法値ボックスのチェックマークを外す。
  3. 文字サイズや字体指定は、[文字]ボタンを押してから、左上に現れるFree W/H/Dボタンをクリックして設定する。
  4. 文字の[任意サイズ]で、数値を2.5~5.5に入力しなおし、MSゴシックで文字・数字を適切な場所に配置する。固定した後の文字・数字の移動も[範囲]ボタンと[切り取り選択]チェックで可能。
  5. 線移動は、[範囲]ボタンをクリックした後、右クリックでアクティブになり、文字の場合は、左クリックの後、右クリックするとアクティブになる。角度を指定してから移動させる場合は、[範囲]と[移動]をクリックし、回転角度欄で数字を入力してから移動させる事ができる。文字や数字も、より適切な場所に後から配置しなおす事ができる。
  6. 図面を拡大してから、ピンク色のアクティブ線を正確な位置に移動し、左上の/ボタンをクリックすると、黒色線で定着する。
  7. 一部の線を太くしたい場合は、マウスのスクロールボタンを押しながらドラッグで図面を拡大し、正確な厚さの分だけ平行に2本線(又は3本線)を引くと、Homeキーで標準図面サイズに戻した時、線が太く見えるようになる。その他、図面全ての基準線の太さを指定する事もできるが、コーナーが丸くなるので普通は太線を使用しない。設定→基本設定→色・画面→端点の形状[丸]を[四角]に選択。
  8. 線の長さと位置を正確に確定するには、図面を拡大した後、[範囲]を選択し、右クリックで線をアクティブにして移動させる方法が最も正確。あらかじめ線の長さを指定して並べ、確定線を移動し組みたてる方法が最も標準的。
  9. 線の微細な重なりやズレを無くすには、線を引き直すか、[伸縮]ボタンで線を延長する。その他、[消去]ボタンのコントロールバーで指定範囲を部分的に消したり、[伸縮]ボタンで、線上と線の延長線上の2ヶ所を左クリックして伸ばしたり縮める事もある程度可能(線の伸縮方法は練習が必要)。
  10. 寸法値の数字の大きさを指定する場合は、左側最上部の/ボタンをクリックするとコントロールバーが現れるので[寸法値]をチェックし、メニューバーの[設定]→寸法設定→文字種類2を3にすると少し大きく見えやすい黒い寸法数字が自動的に表示される。
  11. 数字や文字を90度傾けるには、[文字]ボタンをクリックした後、左上に現れる「直角」にチェックマークを付ける。赤い文字枠が90度左側に傾いたら、数字・文字をボックスに入力し、適切な位置でクリックすると、その場所に文字が固定される。
  12. 直交する線の長さが足りない場合は減点×、少しはみ出た場合は正解○だが、かなり拡大してきっちり正確に描くのが基本。新聞、印刷所、デザイン事務所、設計事務所で仕事をする場合は、最終段階のはみ出し線は「失格」になる場合があるので注意。地積測量図などの線を参考にする。
  13. 仕上げる前に確認修正する時は、拡大しながら[伸縮]で、はみ出し線を無くす。


[文字色の変更]

  1. カラー文字色を黒に変えることができる。JwCadを開き、メニューの[設定]→[基本設定]→[文字]→文字種3~6を「2」に変更、最後に「OK」ボタンを必ずクリックする。



 

<参考資料サイト>

  1. JW_CAD for Windowsの使い方
  2. JW_CAD for Windows再入門
  3. JW_CADの使い方 レイヤー(重要)
  4. 建築設計図面記号と共通指定事項(平成21年度版)





2style.net